HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
530 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
実地医家のための 神経診断学のキモは病歴聴取にあり
−《知識+観察+推理》と《情熱》で診断する−
福武敏夫先生
■講師
福武敏夫先生

(亀田総合病院脳神経内科 部長)
【セミナー概要】
 自著「神経症状の診かた・考えかた」第2版(2017)の序に紹介しましたが、ある英文誌に掲載されていた”The failure of modern textbooks”(「現代の教科書の欠陥」)という論説(Allen RK: BMJ, 2010;340:c2132)に、要約すれば「現代の多くの教科書には膨大な研究と事実の生き生きしていないリストが地下鉄の時刻表のように記載されているが、著者の経験やピットフォールなどが抜け落ち、読者と『情熱』を共有しようという気持ちが喪われている。そうしたつまらない還元主義的なマニュアルの中に、魅力的な、語り口のスタイルを吹き込もう」と述べられていました。これこそ、私の神経診断学の基本です。マニュアルやガイドラインはよく整理されていると思いますが、実地臨床の現場ではあまり役に立ちません。患者さんの額に診断名が書かれているわけでないからです。
 今回の医療技術セミナーでは、頭痛やめまい、しびれなどのありふれた訴えにどう対処していけばよいかを、基本的な《知識+観察+推理》に加えて《情熱》をもって、解説したいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年3月21日(木) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
福武敏夫 先生(亀田総合病院脳神経内科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/介護職/保健師
実地医家のための見逃してはいけない神経内科領域の疾患とその症状・病態5
眞鍋雄太先生
■講師
眞鍋雄太先生

(神奈川歯科大学附属病院横浜クリニック総合内科 教授)
【セミナー概要】
 診療科を問わず、疾患にはスタンダードなものから稀なものまであり、臨床の場では、必ずしもスタンダードなケースばかりを経験するわけではない。典型的な経過を辿り、典型的な症状のみ認める症例であれば、そう診断を誤ることもないと思われるが、“最後に診た医者が名医”といった言葉があるように、非典型例の症例や稀な疾患を1st touchで診た場合、なかなか正診に至ることが困難な場合が多く、あとから診療情報提供書などを見て吃驚したこともあるのではないだろうか。神経内科領域では、そうした特殊な非典型的病態を示す症例の中に、致命的な経過をとる疾患や重篤な後遺症をもたらす疾患が紛れ込んでいる頻度が高い印象を持つ。
 本医療技術セミナーでは、代表的かつ臨床で良く経験する疾患は勿論、これと似た症状を呈しながらも稀な、かといって見逃してはならない疾患、知名度の高さのわりに亜型が多く診断に苦慮する疾患など、実例を提示しながら疾患名を考えていただき、併せて該当疾患の概念や対応法を解説してゆきたい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年3月17日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
眞鍋雄太 先生(神奈川歯科大学附属病院横浜クリニック総合内科 教授)
 分野/対象
■分野:
■対象:
セミナー終了報告
更年期の疾患の診断と治療―ホルモン療法を含めて
天野惠子先生
■講師
天野惠子先生

(新座市・静風荘病院女性外来)
【セミナー概要】
 更年期は、わが国では閉経の前後5年の合計10年とされています。更年期に現れる多種多様な症状の中で、器質的変化に起因しない症状を更年期症状と呼び、これらの症状の中で日常生活に支障を来たす病態を更年期障害と定義しています。治療は、卵巣機能の低下、加齢に伴う身体的変化、精神・心理的な要因、社会文化的な環境要因を包括的に評価したうえでなされます。生活習慣に対するアドバイス(運動、栄養、睡眠)に始まり、ホルモン療法(HRT)、漢方をはじめとする東洋医学治療、カウンセリング(家族、仕事、生き方など)・心理療法、向精神薬・鎮痛薬などの西洋医学治療、温熱療法(和温療法、温泉など)など多岐にわたります。
 今回の医療技術セミナーの講義で、皆様が更年期治療に
おいて自信が持てるようになることは間違いありません。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2019年3月10日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
天野惠子 先生(新座市・静風荘病院女性外来)
小宮ひろみ 先生(福島県立医科大学性差医療センター 教授 )
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/介護職/助産師/保健師/薬剤師/管理栄養士・栄養士
セミナー終了報告
実地医家のための 日常診療に役立つ 肺音(呼吸音)を聞いて、身体所見を見て考える内科診療(仮題)
皿谷健先生
■講師
皿谷健先生

(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科 講師)
【セミナー概要】
 ラエンネック先生が聴診器を発明してから200余年が過ぎました。どんなに機器が発達しても聴診を含めた身体所見の重要性は変わりありません。身体所見は小さい成功体験の積み重ねが必要で、それは病歴や画像所見を含めたclinical contextの中でより一層輝きを放ちます。実際の症例を一例一例吟味しながら、どんな重要な所見がその症例には秘められていたのか、実際の症例の多数の動画、聴診音源を駆使して、視診、触診、打診、聴診所見の順でお話しします。
 今回の医療技術セミナーでは日常臨床で良く遭遇する肺炎,COPD, 間質性肺炎、気管支喘息、肺癌などを身体所見という切り口でお見せします。また演者が経験した実際の沢山の症例を追体験していただき、臨床的疑問から打ち出した診断のヒント/エビデンスを集約して、明日からの一般内科および呼吸器診療に必ず役に立つclinical pearlを伝授致します。
 
 開催日
2019年3月3日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
皿谷健 先生(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科 講師)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/理学療法士/作業療法士
セミナー終了報告
実地医家のための 乳がんの診断・検診と治療up to date
−罹患率第一位の乳癌の最新の知識の整理−
明石定子先生
■講師
明石定子先生

(昭和大学医学部附属旗の台病院乳腺外科 准教授)
【セミナー概要】
 乳癌は生活様式の欧米化に伴い年々増加を続けており、今や日本人女性の罹患率第1位の癌である。国立がん研究センターの2018年がん統計予測では乳癌罹患数は8.6万人であり遭遇機会も多く、発症年齢のピークも40代後半と60代前半と他の癌腫と比較しても若年発症が多いことから、社会的インパクトも大きい。早期発見であれば9割治癒が見込めることから早期発見の意義の大きな疾患であるが、間違った認識から手遅れになってしまうと完治は難しい。
 外来で乳房の異常を訴える患者が受診した際によく出会う良性疾患と専門医へと紹介すべき診断のポイントを紹介すると共に、乳房切除術しかなかった時代とはすっかり様変わりした治療の選択肢、乳癌は1つの疾患でなく症候群であるとまで言われる治療戦略を紹介する。治療の進化が著しく、かつ身近な疾患となった乳癌について、今回の医療技術セミナーを通して知識の整理をお勧めします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年2月24日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
明石定子 先生(昭和大学医学部附属旗の台病院乳腺外科 准教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師/薬剤師/検査技師/放射線技師
セミナー終了報告
糖尿病の薬物療法2 インスリン、GLP-1製剤の外来処方
−実地医家のための実践的な注射製剤の使い方−
最上康生先生
■講師
最上康生先生

(総合医療センター成田病院 診療部長)
【セミナー概要】
 現在糖尿病患者数は日々増加してきており、糖尿病治療は専門医のみならず、一般実地医家においても、重要な位置を占めてきています。さらに糖尿病の合併症を防止するには、早期から良好な血糖コントロールが必要なことは周知の事実です。幸いなことに近年種々の作用機序を持つ経口糖尿病薬が上梓され糖尿病のコントロールは経口薬のみにて行える場合が多くなってきています。しかしながら、経口薬のみにては良好な血糖コントロールを達成できない症例も未だ存在します。そのような症例に対してはインスリン、GLP-1製剤による治療が必要となります。さらに1型糖尿病を始めとした必ずインスリン療法が必要である糖尿病の病態も存在します(インスリンの絶対的適応)。しかしながら,近年インスリン、GLP-1製剤の種類は増え一般実地医家にとっては、治療法が解り難く、導入を躊躇する場合もあります。
 そこで今回の医療技術セミナーでは、外来診療における効果的なインスリン、GLP-1製剤の導入および処方について実践的なお話しをいたします。このセミナーに参加することによって、注射製剤の使い方に自信が持てるようになるかと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。

 なお、「糖尿病の薬物療法1 SGLT2」は、2018年7月8日に開催されました。
 開催日
2019年2月17日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
最上康生 先生(総合医療センター成田病院 診療部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/薬剤
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー終了報告
一般外来における免疫疾患・膠原病の見つけ方
−みたことがない疾患でも疑い、拾い上げる(非感染性炎症性疾患を中心に)−
國松淳和先生
■講師
國松淳和先生

(南多摩病院総合内科・膠原病内科)
【セミナー概要】
 比較的めずらしい疾患というのは、年に1例とか数年に1例とかなので、準備しておくのが難しいと思います。知識として勉強したとしても、みたことがない疾患や経験数が少ない疾患を、うまく診断できるとは限りません。
 今回の医療技術セミナーは、非感染性炎症性疾患を中心にこうした少し稀な疾患の解説をします。解説といっても、教科書的な平板な知識を伝授するのではありません。また、巷でよくあるケーススタディをしていくのともちょっと違います。ケースは使いますが、実際の受診パターン(発症様式や初期症候)や注目すべき所見、症状のバリエーション、何よりこうした日常的には出会わない疾患を実際にどう疑うかなど、診断プロセスを可能なかぎり追体験していただく工夫をしつつ、実際に自分自身で拾い上げることができるようになることを目標に解説します。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年2月11日(月) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
國松淳和 先生(南多摩病院総合内科・膠原病内科)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー終了報告
酸関連疾患の診断・治療の最新のアプローチ
鈴木秀和先生
■講師
鈴木秀和先生

(慶應義塾大学医学部 教授)
【セミナー概要】
 酸関連疾患は、かつて、胃・十二指腸潰瘍が中心でしたが,近年の食生活の欧米化、H. pyloriの感染率低下,アスピリン・NSAIDs服用者の増加に加え,超高齢化や肥満,下部食道括約筋弛緩性薬剤(カルシウム拮抗薬やニトロ製剤)の処方頻度の増加などにより、胃食道逆流症が急速に増えております。また、2015年より新しい機序の強力な酸分泌抑制薬としてカリウムイオン競合型アシッドブロッカーが登場し、まさに治療法が日進月歩です。
 今回の医療技術セミナーは、最新の国内外の知見を示しつつ、酸関連疾患診療の最新のエッセンスを詰め込んでおります。
 多くの医師や医療スタッフのご参加をお待ちしています。
 開催日
2019年2月10日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
鈴木秀和 先生(慶應義塾大学医学部 教授)
森英毅 先生(国立病院機構東京医療センター消化器科)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー終了報告
オンライン診療の現状と今後の展望
島佑介先生
■講師
島佑介先生

(株式会社メドレー 執行役員/消化器科医師)
【セミナー概要】
 新聞やテレビのニュースで、「オンライン診療」という言葉を目にする機会が増えてきました。2018年度の診療報酬改定において、「オンライン診療料」、「オンライン医学管理料」が新設されたことや、厚生労働省からオンライン診療の適切な実施に関する指針(通称「オンライン診療ガイドライン)が発表されたことを受けて、いよいよオンライン診療(遠隔医療)は本格普及期を迎えています。
 今回の医療技術セミナーでは、いま注目を集める「オンライン診療」の活用事例や今後社会にもたらす変化についてお伝えします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年2月10日(日) 15:30〜17:30
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
島佑介 先生(株式会社メドレー 執行役員/消化器科医師)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師
セミナー終了報告
超音波を活用した関節リウマチの超早期診断と鑑別・治療
−一人外来でももう迷わない!−
斉藤究先生
■講師
斉藤究先生

(名古屋市・さいとう整形外科リウマチ科 院長)
【セミナー概要】
 200人に1人が罹患するといわれる関節リウマチ。Common diseaseにも関わらず、診断・治療の遅れは関節破壊という不可逆な転機を招きます。治療薬が進歩し、寛解が現実的なGOALとなった現在、最も問題となるのは医師の診断の遅れと、治療スピードの遅れです。
 今回の医療技術セミナーでは、いち早く関節超音波診療を導入し、450人が通院するリウマチクリニックでの診療経験から、初診で関節リウマチを見逃がさない超音波による超早期診断と、関節を壊さない治療のために押さえておくべきポイントにつきお話させていただきます。関節と筋肉の触診、関節超音波の当て方のコツ、リウマチ性多発筋痛や筋膜性疼痛症候群との鑑別、脊椎関節炎の触診と鑑別、MTXの上手な使い方、各種BIO選択のコツ、DMARDsとの併用療法、寛解の判断と寛解後の治療などなど、toward remissionからbeyond remissionまでリウマチ診療の勘所をお話いたします。
皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年2月3日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
斉藤究 先生(名古屋市・さいとう整形外科リウマチ科 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術/検査
■対象: 医師/看護師/検査技師
セミナー終了報告
530 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー