HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
560 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
呼吸器の診断と治療に直結する身体所見
−肺聴診を中心に;聴診器を上手に使えるようになるために−
長坂行雄先生
■講師
長坂行雄先生

(洛和会音羽病院 京都呼吸器センター センター長)
【セミナー概要】
 聴診は、呼吸器診療の基本です。しかし活用されていないように感じます。有名な先生に何年も診てもらったけど聴診器を当てられたことはなかった、という患者さんもいました。

 聴診や身体所見はリアルタイムで状態を把握できる大事な所見ですが、実際の診断や治療に直結しているでしょうか。肺聴診だけで何十ページもある身体所見のテキストもありますが、実地診療で使える情報量ではありません。どれだけ知っているかではなく、どれだけ使いこなせるかが重要です。

 英語学習の基本英単語のように毎日の診療で身体所見を使いこなしましょう。それには病態生理が重要です。身体所見を診れば自信をもって呼吸器の診断も治療もできる、というお話をします。聴診器をお持ちいただいて、どのように当てて、どのように呼吸させて聴くかも体験していただきます。
 皆さま、奮ってご参加ください。

 開催日
2019年9月16日(月) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
長坂行雄 先生(洛和会音羽病院 京都呼吸器センター センター長)
 分野/対象
■分野:
■対象:
発達障害3 「注意欠如・多動症(ADHD)」の理解と支援(4回シリーズ)
篠山大明先生
■講師
篠山大明先生

(信州大学医学部)
【セミナー概要】
 近年のわが国における「発達障害」への急激な関心の高まりには目を見張るものがあります。しかし、「発達障害」という言葉だけが先行し、理解や支援が追いついていない現状があることも否めません。どこまでが発達障害であるかの線引きは時代とともに変化しており、昔であれば何ら異常とされなかった人たちまでもが発達障害と見なされる現状に違和感を覚える方も多いことかと思います。
 医療のみならず、教育や福祉の領域でも発達障害への理解が欠かせない時代になり、実際に診断される人数も急上昇しています。今回の4回シリーズでは、発達障害の基本的な概念や医学的定義についての解説はもちろん、具体的な事例の紹介等も通じて、発達障害への理解を深めていただき、日々の診療や日常生活に活かしていただけるような内容にしたいと考えております。
 皆さま、ぜひ奮ってご参加ください。

テーマ:ADHD
  前半:ADHDの定義・概念
  後半:ADHDへの対応
 開催日
2019年9月15日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
篠山大明 先生(信州大学医学部)
 分野/対象
■分野:
■対象:
心電図異常と心エコー、冠動脈造影における心病変
田邉晃久先生
■講師
田邉晃久先生

(やまと中央循環器内科院長、海老名総合病院循環器内科顧問,東海大学客員教授、社会福祉法人徳寿会・晃風園理事長)
【セミナー概要】
 心電図から、心筋肥厚(高血圧性心疾患、肥大型心筋症など)、心筋梗塞、心筋虚血(ST上昇、ST下降)、急性心膜炎、各種不整脈などの診断が可能です。そのような場合、心臓にどのような病変が、どのような箇所に、どの程度の重症度をもち、どのような治療を選択すべきかなど多くの情報を示唆してくれます。 しかし、心電図はあくまで、心病態をイメージで想像するのみで、これに画像診断法を加えると、さらに正確な病態が確認されます。その手法の代表的なものが、心エコー法と冠動脈造影検査です。
 本医療技術セミナーでは、時間に限りはありますが、できるだけ多くの心電図に接していただき、対応した心エコー図、冠動脈造影図を観察しながら、その治療法を(薬物療法を中心)を含め、一緒に学んでいきたいと存じます。
 日常、診療でのお役に立つよう、またスキルアップにつながるお話をしたいと思っておりますので、皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2019年9月15日(日) 15:30〜17:30
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
田邉晃久 先生(やまと中央循環器内科院長、海老名総合病院循環器内科顧問,東海大学客員教授、社会福祉法人徳寿会・晃風園理事長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
昼間の神経学、夜間の神経学
−神経専門医はこう診る−よく遭遇する神経疾患を中心に−
吉井文均先生
■講師
吉井文均先生

((神奈川県済生会平塚医療福祉センターセンター長/東海大学 名誉教授)
【セミナー概要】
 通常の外来診療は昼間に行われるので、神経疾患に限らず、診察所見は昼間の状態を診て判断することが多いと思います。しかし、疾患によっては夜間に症状が出現し、また顕著になるものがあり、その場合は問診で症状を確かめる必要があります。
 今回の 医療技術セミナーでは、実地医家の先生方も経験することが多い夜間の神経症状を取り上げ(診察デモ付き)、その対処法について解説してみます。夜間症状への対応が患者さんのQOL向上に大きく影響します。 夜間の神経学にも注目することで、先生方の診療の幅も広がると思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年9月1日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
吉井文均 先生((神奈川県済生会平塚医療福祉センターセンター長/東海大学 名誉教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
サイエンス漢方処方セミナー2 1.かぜ・インフルエンザ、2.老年症候群、3.Common disease
−漢方薬の作用機序を数理工学で解明− 東洋医学とは本質的に異なる斬新な運用法−
井齋偉矢先生
■講師
井齋偉矢先生

(日高徳洲会病院 院長、サイエンス漢方処方研究会 理事長)
【セミナー概要】
 漢方薬を診療に使いたい医師は多いのであるが、実際に使おうとしたときには、サイエンスに基づかない理解しにくい古典的運用法がネックとなる。歴史的にみると試行錯誤で出来上がった漢方薬が先で、古典的運用法は後付けに過ぎない。古典的運用法によらないで漢方薬を処方することを邪道と非難し認めない漢方の専門家も多い。しかし漢方薬は最近の研究で、薬理学が従来想定していなかった、超多成分の全く新しいタイプの薬剤であると考えないと、漢方薬を服用したあとに患者の中で起こることを説明できないことが明らかになりつつある。
 これを踏まえて、今回の医療技術セミナーでは、サイエンス漢方処方という新しい切り口で漢方薬を認識し、新しい運用法によって全ての医師が漢方薬を的確に処方できるようにしたい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年8月25日(日) 13:00〜17:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
井齋偉矢 先生(日高徳洲会病院 院長、サイエンス漢方処方研究会 理事長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/薬剤師/管理栄養士・栄養士
セミナー終了報告
IoTと医療の未来
−ボイスコントロールの新しい電子カルテ−
後藤利夫先生
■講師
後藤利夫先生

(レモンテクノロジー社 代表/新宿大腸クリニック 院長)
【セミナー概要】
第1部 IoTと医療の未来

IoT(Internet of Things、モノのインターネット)をご存知ですか?
インターネットは30年前デスクトップパソコン、20年前ノートパソコン、10年前タブレット、現在スマートフォンとどんどん小型化してきました。

今後10年はさらに小型化して小さなチップとなってモノに組み込まれるでしょう。

医療の世界でも、聴診器、体温計、消灯、室温管理とカーテン・窓の閉開、ゴミ箱の管理、薬の配布、待ち時間管理、遠隔診療への応用など、ありとあらゆるモノにインターネットが繋がるとそれがインテリジェント化し、便利に効率よく働きだします。

難しくはありません。プログラムの知識は無くても大丈夫です。

IoTとはどういうモノか?それがなにができるのか?実際にどのようにすればできるのか?をお話しします。

きっと先進的なあなたの医院の業務の効率化に役立つと思います。

さらにIoTの主役となるグーグルボイスの他、グーグルスプレッドシート、グーグルカレンダーの医療業務への利用などにも言及したいと思います。



第2部 ボイスコントロールの新しい電子カルテ
〜使いやすさと業務効率改善〜

レモンテクノロジー社は、現在アドバンスドメディア社の日本一の音声認識アミボイスエンジン搭載の電子カルテ「オレンジ」を開発中です。

従来の電子カルテはキーボード入力に抵抗がある方や紙のカルテの方が業務効率がいいという理由で採用しないクリニックや中小病院が多くありました。

従来はモニタを見ながらキーボードとマウスで操作していましたが、この「オレンジ」は入力や読みとりが音声でできるばかりではなく、すべての操作が音声でできます。

すなわち、モニタ、キーボード、マウスが無くてもいいのです。

例えば、ナースが病棟にいてカルテを書くとき、ナースステーションに戻って入力するのではなく、現場から音声で入力できます。

例えば、内視鏡医が、診察室に戻ってカルテを書かなくても、内視鏡中に検査室で所見を書けます。
近々、発売予定のIoTから派生して生まれたこの電子カルテの詳細をご紹介します。
 開催日
2019年8月25日(日) 10:00〜12:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
後藤利夫 先生(レモンテクノロジー社 代表/新宿大腸クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 病院経営
■対象: 医師/看護師/医事課
セミナー終了報告
科学的根拠に基づけば緩やかな糖質制限(ロカボ)は必然(500回記念セミナー)
−ロカボ、こう考える、こう指導する−
山田悟先生
■講師
山田悟先生

(北里研究所病院糖尿病センター センター長)
【セミナー概要】
 2019年アメリカ糖尿病学会(ADA)は糖質制限食を唯一無二の立ち位置に格上げしました(Diabetes Care 2019, 42, 731)。
 振り返れば、ADAの最初の食事療法勧告(1971年)では、エネルギー制限食が推奨されるも(Diabetes 1970, 20, 633)、1994年にエネルギー制限食は長期の有効性が得られないとし(Diabetes Care 1994, 17, 519)、替わりに様々な食事様式を推奨しつつも2006年まで否定していた糖質制限食(Diabetes Care 2006, 29, 2140)を、2008年以降は容認するようになり、ついに2019年唯一無二の立ち位置に格上げしたのです。
 本医療技術セミナーでは、実地医家の先生方にこうした糖質制限食の立ち位置の変化の背景にある科学的根拠を共有していただき、また、なぜ、日本においては今なお糖質制限食批判が残るのかについて、日本における「科学的根拠に基づく医療」への理解の乏しさという観点からご理解いただこうと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください!
 開催日
2019年8月18日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
山田悟 先生(北里研究所病院糖尿病センター センター長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師/管理栄養士・栄養士
セミナー終了報告
無痛大腸内視鏡「水浸法」の実演
後藤利夫先生
■講師
後藤利夫先生

(新宿大腸クリニック 院長、)
【セミナー概要】
 95%麻酔不要の痛くない水浸法を東京・北千住の井口病院で実演いたします。

 水浸法は空気の代わりに水を入れるだけなので見れば明日からすぐできますが、水浸法に最適化した挿入法である「ワンパターン挿入法」も合わせて実演します。

 『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』(中外医学社)がベースとなりますが、この本をまだ読まれていない方や読んだけど今ひとつピンとこない方も、百聞は一見に如かず、です。見たらわかると思いますので、ぜひご参加ください。(※今回は講義はありません。講義テキストもありません。できましたら事前に読んでおいてください)

 皆様、是非ご参加下さい。

 開催日
2019年8月4日(日) 10:00〜15:00
 会場
スタンダード会議室 日本橋室町店
(東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏ビル3F)
 講師
後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長、)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
実地医家のための 創傷治療 up−to-date
前川武雄先生
■講師
前川武雄先生

(自治医科大学皮膚科 准教授)
【セミナー概要】
 近年、創傷治療理論の2つの柱として、moist wound healing(MWH)とwound bed preparation(WBP)の概念が確立されています。MWHとは、創傷を湿潤環境に保つことであり、滲出液に含まれる細胞増殖因子などを創面に保つことにより、創傷治癒を図る方法です。WBPとは、創傷治癒を阻害する壊死、細菌、滲出液、ポケットなどに対して積極的に手を加えコントロールする方法です。この2つの理論に基づいて、創傷治癒を進める必要があります。
 一方、創傷の局所治療は主に外用薬、創傷被覆材、陰圧閉鎖療法などにより行われます。特に創傷被覆材や陰圧閉鎖療法は、年々新しい製品が登場し、従来型の欠点を補うような改良が加えられてきています。MWHやWBPを効率良く進めていく上で、局所治療の選択はとても重要です。
 本医療技術セミナーでは、創傷の状況を適切に把握した上で、どの局所治療を選択していくかを中心に解説させていただきます。
 開催日
2019年7月28日(日) 10:00〜15:00
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
前川武雄 先生(自治医科大学皮膚科 准教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
腎生検から学ぶ糖尿病性腎症(DKD)の診断と治療
乳原(うばら)善文先生
■講師
乳原(うばら)善文先生

(虎の門病院腎センター内科 部長)
【セミナー概要】
 糖尿病患者の腎機能障害は,近年,その多様性から糖尿病性腎臓病(diabetic kidney disease:DKD)と称されるようになった。糖尿病患者に腎障害がみられた場合, 糖尿病に特有な糸球体病変を呈する糖尿病性腎症,◆糖尿病に特有な糸球体病変は乏しいが小血管病変が見られる場合、:糖尿病性腎症以外の糸球体腎炎など他の腎疾患,ぁ(,泙燭廊)+を鑑別する必要がある.これらを厳密に診断するには腎生検が有効との意見もある.また,糖尿病が透析導入に至る原疾患の一位を占め,その克服が叫ばれている現状において,典型的な糖尿病性腎症に対する腎生検は,腎病理所見から腎予後を推定し,治療介入をするための重要なツールに成りつつある.さらに,本症のさらなる病因の究明は新たな治療法の開発に大きく貢献することも期待される.
 今回の医療技術セミナーでは、糖尿病性腎症の診断と治療にについて、腎生検から得られた知見を含めた解説を行う.
 皆さま、奮ってご参加ください.
 開催日
2019年7月21日(日) 10:00 〜14:30
 会場
アットビジネスセンター(ABC)東京駅
(東京都中央区京橋 1-11-2八重洲MIDビル)
 講師
乳原(うばら)善文 先生(虎の門病院腎センター内科 部長)
山内(やまのうち)真之 先生(虎の門病院腎センター内科)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
560 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー