HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > 過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー

過去に開催されたセミナー【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
過去の開催セミナー
 過去に開催されたセミナーをご紹介します。ご参加の皆様ありがとうございました。
 ※開催の模様と終了日記をご覧いただけます。 → 「セミナー終了報告」ボタンをクリック
656 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
認知症の治療と予防
−いま可能となった予防法と治療法について−
白澤卓二先生
■講師
白澤卓二先生

(お茶の水健康長寿クリニック 院長)
【セミナー概要】
 認知症の大部分を占めるアルツハイマー病は『治らない』『早期発見・治療ができても進行を遅らせるだけ』『数年のうちに寝たきりになる』と言われてきました。

 最近、東京大学など38の研究機関がまとめた、「認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の6割が3年以内に認知症を発症する」という研究結果が、アメリカの科学誌に発表されました。これは日本人を対象にした調査です。軽度認知障害とわかったとしても、半分以上が3年以内に認知症を発症するということです。では認知症を治す薬はどうかというと、根本的な治療薬は登場していません。こうしたことから、今の認知症に対する一般的なイメージは「なったら治らない」というものでしょう。

ところがこの常識をくつがえす画期的な治療法が話題になりました。
 アルツハイマー病など神経変性疾患の世界的権威である、デール・ブレデゼン博士が考案した「リコード法」で「9割の症状が改善」「500人以上が回復」など患者様にとって希望となる数字がうたわれています。
 ブレデゼン博士の書籍『アルツハイマー病 真実と終焉』が大ベストセラーとなり、日本でも翻訳本が発売され、注目を集めました。
 私はこの翻訳本を監修しましたが、私が1990年より研究してきたアルツハイマー病はじめ認知症が30年足らずで激増したことの原因を探ってきた結果と重なりました。アルツハイマー病の原因を36項目に分類したことは、ブレデセン博士の大きな功績であり、さまざまなプログラムの効果を医学的に裏付け、補強するものでもあります。
 当院ではリコード法(当院では解毒法)を元に、機能性脳波および各種検査を実施し、メキシコLIVANT Neuro Recovery CenterのDr.Luis Aguilarチームとのコラボレーションによって、機能性脳波検査解析による脳神経障害の診断をもとにサプリメント治療を行っております。

 若年性アルツハイマー病の治療をはじめ、認知症、脳血管性認知症、レビー小体病、前頭葉側頭葉型認知症、パーキンソン病、うつ病、自閉症、統合失調症、アスペルガー症候群、ADHD、脳卒中後遺症、脳挫傷後遺症においても症状が改善しており、その効果を実感しております。

 実地医家の皆様に今回の医療技術セミナーで、わたくしの経験と知見を詳しくお話し致します。
 開催日
2021年11月23日(火) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
白澤卓二 先生(お茶の水健康長寿クリニック 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師/管理栄養士・栄養士
セミナー終了報告
サイエンス漢方-6 「冷え症」「脳神経外科」「急性期病棟」「救急」
井齋偉矢先生
■講師
井齋偉矢先生

(サイエンス漢方処方研究会 理事長、日高徳洲会病院 院長)
【セミナー概要】
 漢方薬を診療に使いたい医師は多いのであるが、実際に使おうとしたときには、サイエンスに基づかない理解しにくい古典的運用法がネックとなる。歴史的にみると試行錯誤で出来上がった漢方薬が先で、古典的運用法は後付けに過ぎない。古典的運用法によらないで漢方薬を処方することを邪道と非難し認めない漢方の専門家も多い。しかし漢方薬は最近の研究で、薬理学が従来想定していなかった、超多成分の全く新しいタイプの薬剤であると考えないと、漢方薬を服用したあとに患者の中で起こることを説明できないことが明らかになりつつある。これを踏まえて、今回の医療技術セミナー(供砲任蓮▲汽ぅ┘鵐拘訴処方という新しい切り口で漢方薬を認識し、新しい運用法によって全ての医師が漢方薬を的確に処方できるようにしたい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2021年11月21日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
井齋偉矢 先生(サイエンス漢方処方研究会 理事長、日高徳洲会病院 院長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー終了報告
不整脈診療において、病診・病病連携の経験をもとに、実地医家に伝えたいこと
新田順一先生
■講師
新田順一先生

(榊原記念病院 副院長/循環器内科 主任部長)
【セミナー概要】
不整脈診療において、カテーテルアブレーションやペースメーカーなどのデバイス治療は著しく進歩している。一方、検診などで不整脈を早期発見し、生活習慣の改善や血圧管理などで増悪するのを予防し、侵襲的治療を必要としないようにコントロールすることも実地医家にとっては重要である。また、治療選択が広がる一方で、高齢化社会に伴い、ガイドラインのみではその選択に難渋することも多い。
 今回の医療技術セミナーでは最新の不整脈治療について紹介するとともに、病診・病病連携において不整脈のためにご紹介いただき、侵襲的な治療後にあるいは侵襲的な治療を行わずに紹介元に加療をお願いしている症例なども含め、当院での病診・病病連携の現状について提示させていただく。日常診療に役立てていただければ幸いである。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2021年11月7日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
新田順一 先生(榊原記念病院 副院長/循環器内科 主任部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
コロナの時代における、好酸球性鼻副鼻腔炎と重症スギ花粉症に対する生物学的製剤について
−ステロイドか?生物学的製剤か?など現場目線の論点を交えて−
松根彰志先生
■講師
松根彰志先生

(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科学 教授/武蔵小杉病院耳鼻咽喉科学 部長)
【セミナー概要】
 近年、難治性疾患や重症化リスクが問題となる疾患に対する生物学的製剤の役割、重要性が増しています。
 最近本邦では、今年7月にパンデミック状態にあるCOVID -19に対して、抗体カクテル療法が製造販売の特例承認を取得しました。この製剤は、原因ウイルスであるSARS-CoV-2のスパイクタンパク質の受容体結合部位に2種類の抗体、カシリビマブおよびイムデビマブが非競合的に結合することで、SARS-CoV-2に対する中和活性を示します。まさに今話題の治療方法の1つであります。
 今回の医療技術セミナーのテーマである鼻副鼻腔炎治療の分野でも、難治性・易再発性の鼻茸を有する鼻副鼻腔炎(好酸球性鼻副鼻腔炎)に対する治療薬として抗IL-4, IL-13受容体抗体(デュピルマブ)が、重症スギ花粉症に対する治療薬として抗IgE抗体(オマリズマブ)が昨年から保険診療として行えるようになりました。これらの製剤は、臨床試験段階で良好な成績が得られ診療現場での効果が期待されていました。実際使ってみて確かによく効いています。また、副作用の点でも現時点で問題無さそうです。当科では、「適正使用」に基づいて治療法の1つの選択肢として生物学的製剤を大いに活用しています。そして、治療成績や安全性のみならず、血液中の好酸球数、総IgE値、その他の生物学的指標の推移も検討しています。これらのデータをもとに、画期的ともいえる生物学的製剤の、他の治療法との整合性(手術、ステロイドなどの薬物治療)を含めたいくつかの論点をお話させていただきます。最近の抗体カクテル療法にも触れつつ、現場目線で役立つお話をと思っております。ご参加をお待ちしております。
 開催日
2021年10月24日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
松根彰志 先生(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科学 教授/武蔵小杉病院耳鼻咽喉科学 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
プライマリ・ケアの現場で役立つ一発診断5
−一目で見抜く診断の手掛かり−
中川紘明先生
■講師
中川紘明先生

(福島県立医科大学総合内科/前 愛知医科大学総合診療科/プライマリケアセンター)
【セミナー概要】
 忙しい日常臨床の外来では、多くの医師はいくつかのキーワードとなる病歴・身体所見を拾い上げ、時間をかけずに診断していると言われています。
 一発診断(直観intuition)は、限られた重要な情報を的確に把握して仮診断し、自分の頭の中にストックされているillness script(重要な情報でまとめられた病気の脚本)と仮診断とが完全に合致しているかを検証するため、診断エラーになりにくいと言われています。しかし、症状・所見のみを取り上げて自分の過去の経験に短絡的に結びつけてしまうと、それは単なる直感(insight)になり、診断エラーにつながります。
 本医療技術セミナーでは、今までに経験した症例をクイズ形式で提示し、皆様に一発診断していただこうと思います。また、鑑別診断とその鑑別ポイントについてもお話しし、プライマリ・ケアの外来ですぐに役立つ内容にしたいと思います。
 皆様、奮ってご参加ください。

 開催日
2021年10月17日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
中川紘明 先生(福島県立医科大学総合内科/前 愛知医科大学総合診療科/プライマリケアセンター)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師
セミナー終了報告
実地医家のための 血算を読む
−どのような所見があれば疑い、どこまで診て、どこから紹介するか−
押川学先生
■講師
押川学先生

(武蔵野赤十字病院血液内科 部長)
【セミナー概要】
 血液疾患はとかく敬遠されがちである。
 元々頻度が少ないために診療に不慣れな先生方が多いことに加え、かなり極端な血算データの異常で見つかることが多く、また不治の病というイメージもあいまって、血液疾患は近寄り難い存在となっている。
 しかし、実際には実地医家でも十分対応が可能な血液疾患が少なくない。
 例えば貧血の大部分は鉄欠乏性貧血であり、診断は採血のみで可能であり、補充療法で速やかに改善する。ビタミンB12や葉酸欠乏による血球減少も同様である。
 一方、白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などはいずれも専門の医療機関で診療すべき血液疾患だが、これらの疾患の多くは昨今治療成績が著しく向上しており、たとえば慢性骨髄性白血病は今では内服薬で病勢コントロールが出来るようになり、多発性骨髄腫では多くの新薬登場により予後が大幅に改善している。したがって、これらの疾患では疑わしい患者さんをいかに的確に拾い上げて専門医診療に繋げていけるかということが今まで以上に重要になりつつある。
 今回の医療技術セミナーでは、血液異常やリンパ節腫脹などを有する患者さんを診た時に、どのような所見があれば血液疾患を疑うべきか、そしてどこまでは実地医家で診療が可能か、どこから先は血液専門医に紹介すべきかにつき具体的な症例も交えてお話ししたい。その結果として少しでも皆さまの血液疾患に対する苦手意識を払拭出来ればと考えている。
 皆さま奮ってご参加下さい!
 開催日
2021年10月10日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
押川学 先生(武蔵野赤十字病院血液内科 部長)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師
セミナー終了報告
実地医家のための 多関節疾患と骨代謝
−関節リウマチ、骨粗鬆症とその周辺疾患の診断と治療−
中村幸男先生
■講師
中村幸男先生

(信州大学医学部整形外科 准教授)
【セミナー概要】
開催のねらいとお誘いの言葉

 変形性関節症をはじめ、関節リウマチ、骨粗鬆症など、多くの関節疾患の原因は不明です。多くの関節疾患の根本的な治療方法は手術しかありません。そのため、各関節疾患の病態を解明することは急務です。
 1つ1つの関節疾患に対して正確な診断を行い、適切な基礎療法(患者教育)、薬物療法、手術療法、そしてリハビリテーションを行う事が重要です。
 今回の医療技術セミナーでは、先生方とご一緒に、骨粗鬆症、変形性関節症、関節リウマチ、リウマチ類似疾患を含め、関節疾患全般に対して、その病態に迫り、学会シンポジウムの御紹介、リウマチ医学賞受賞講演の御紹介を含め、様々な観点から考えてみたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2021年9月23日(木) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
中村幸男 先生(信州大学医学部整形外科 准教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/薬剤師
セミナー終了報告
多角的アプローチで迫る! ケースで学ぶ臨床推論
會田哲朗(あいた てつろう)先生
■講師
會田哲朗(あいた てつろう)先生

(福島県立医科大学総合内科)
【セミナー概要】
 総合診療医が世間で認識されるようになり、メディアでも取り上げられ問診による「臨床推論」は広く認識され注目されてきています。
 一方で、実際の臨床では問診に加え、バイタルサイン、身体所見、Basicな検査を踏まえ、全ての知識を動員し、「推論」することで病気の診断に迫ります。高度な先進医療が発達したこの世の中でもそれらの重要性は普遍と考えます。
 今回の医療技術セミナーでは、医師として基本的なスキルを丁寧にかつ十分に使用し、多角的な視点をもってアプローチすることで診断することができるということをお伝えできればと思っております。
 ぜひ奮ってご参加いただき、臨床推論の醍醐味を一緒に楽しんでいきましょう!

 開催日
2021年9月19日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
會田哲朗(あいた てつろう) 先生(福島県立医科大学総合内科)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師
セミナー終了報告
分かりやすい神経疾患による感覚器障害:神経症状シリーズ9
吉井文均先生
■講師
吉井文均先生

(神奈川県済生会 湘南平塚病院 相談役)
【セミナー概要】
 Covid-19では嗅覚や味覚の障害が起こることが知られていますが、神経疾患でも感覚器の障害で気づく疾患は少なくありません。
 今回の医療技術セミナーでは、様々な感覚器障害に焦点をあて、その背景にある神経障害のメカニズム、感覚器症候の診かた、原因となる神経疾患、検査法、および一般医の方でもできる治療方法について解説したいと思います。感覚器障害は患者さんの苦痛になるばかりでなく、その頻度も高く、またCovid-19のように重大な疾患の初期症状のこともあります。本セミナーでもう一度感覚器障害に関する知識を整理してみましょう。
 開催日
2021年9月12日(日) 10:00〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
吉井文均 先生(神奈川県済生会 湘南平塚病院 相談役)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師
セミナー終了報告
慢性便秘や便秘型IBSの診療:新たな治療薬の使い方
鈴木秀和先生
■講師
鈴木秀和先生

(東海大学医学部消化器内科 教授)
【セミナー概要】
 本邦では超高齢社会の到来とともに、慢性便秘症の罹患率は上昇傾向で、便秘症のマネジメントがますます重要になってきています。特に、昨今のコロナ禍での精神的ストレスは大きく、外出自粛による運動不足も伴って、慢性便秘や便秘型IBSを発症する可能性はさらに高まっています。そのため、慢性便秘や便秘型IBSへの積極的介入は、患者の不安軽減、医師・患者間の信頼関係構築の面でも重要であります。従来、酸化マグネシウムと刺激性下剤が汎用されてきましたが、刺激性下剤の乱用や酸化マグネシウムによる高マグネシウム血症の問題もあり、徐々に新知見が集積されています。さらに 2012年以来、上皮機能改善薬という様々な機序の新たな緩下剤が上市され、治療選択肢も急激に増えてきました。
 今回の医療技術セミナーでは、慢性便秘症の最新の国内外の知見をもとに、個々の治療薬の特徴を理解し、患者にあった薬剤を適切なタイミングで選択することを考えていきたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2021年9月5日(日) 12:30〜14:30
 会場
アットビジネスセンター 東京駅八重洲通り
(東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル6F)
 講師
鈴木秀和 先生(東海大学医学部消化器内科 教授)
 分野/対象
■分野: 診療・診察技術
■対象: 医師/看護師/保健師/薬剤師
セミナー終了報告
656 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 次の10件
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー