HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > “シリーズ”のご案内

“シリーズ”のご案内

“シリーズ”のご案内【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
「スキルアップ」セミナー復習用DVD シリーズDVD 旧メディカル・コア復習用DVD
医療・健康サポートDVD
臨床医学教育DVD一覧
医療技術セミナーの日々の開催の積み重ねの中から生まれた復習用DVDの「シリーズ化」です。
講師ごと、テーマごとにまとめました。
内容には特に手を加えず、そのまま まとめました。ネット会員限定の、送料別です。
なお、医学図書館、病院図書館、医局、クリニック等でお揃えになるのに最適ですので対応します。
104 件中 [51-60] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 次の10件
最新 心エコー図診断のコツ =基礎編=
全3巻(各巻20分)
的確な診断を可能にする心エコー図を描出するための体位の選択、探触子の微妙な走査方法などを解説・実技。断層法、Mモード法、ドプラ法など心エコー法による最新の診断方法をわかりやすく解説。
  監修・指導
鈴木 真事 (東邦大学第3内科講師)
  収録内容
第1巻 基礎 [1]
胸骨左縁左室長軸断面・基本断面の走査法と正常心エコー図(実技)
第2巻基礎 [2]
胸骨左縁左室短軸断面・基本断面の走査法と正常心エコー図(実技)
第3巻基礎 [3]
心尖部四腔断面、胸骨上窩からの断面ほか・走査法と正常心エコー図(実技)
  価格
全3巻 66000 円(税込)
各1巻 22,000 円(税込)
  購入申し込み
DVD購入フォーム
最新 綿引秀夫先生の『精神疾患の裏ワザ』シリーズ
全2巻(各巻240分)
  監修・指導
綿引秀夫 (わたひきクリニック・土浦)
  収録内容
第1巻 知っておくと便利な精神科疾患の実際的診療−睡眠障害とパニック障害(#387)
第2巻うつ症状の見分け方−症例をもとに考える;うつ病? 統合失調症? ADHD(注意欠陥/多動性障害)? それとも内科疾患?(#372)
 精神科の病気でも、うつ病、統合失調症、ADHD(注意欠陥/多動性障害)などでうつ症状を呈します。どのように区別したらよいのか解説します。また、症例を通して考えていきましょう。
 また、体の病気でも、うつ症状を呈する病気はたくさんあります。どのような病気がうつ症状を呈するのか、一問一答形式で考えていきます。
 さらに、少し時間がありましたら、日ごろの診療で困っている患者さんにどのように接したらよいのかについても解説し、質問に答えさせていただきます。 
 難しいことではなく、明日からの診療に実際に役立つようなセミナー、講義にしたいと思います。
 
  価格
全3巻 11,000 円(税込)
各1巻 5 円(税込)
  購入申し込み
DVD購入フォーム
最新 後藤利夫先生 2 実地医家のためのピロリ新時代の胃カメラ観察法と細径スコープを使った新しい大腸内視鏡挿入法
全2巻(各巻240分)
(ご注意:このシリーズは、特に編集を加えたものではなくて、数ある復習用DVDの中から、特定のテーマに基づいて集めて、利用の便に供するものです)
編集なし  ネット会員限定販売
  監修・指導
後藤利夫 (新宿大腸クリニック 院長)
  収録内容
第1巻 実地医家のためのピロリ新時代の胃カメラ観察法と細径スコープを使った新しい大腸内視鏡挿入法(#312)
午前の部:後藤・佐藤先生
「ピロリ菌時代の新しい胃カメラの考え方と見落としのない高速観察法」
 2013年2月21日慢性胃炎にピロリ菌の除菌が保菌適応になりました。まさに「胃がん革命」です。それに伴い、胃カメラの考え方も変化しています。慢性胃炎の見方が格段に進歩し、日常診療も一変しました。その変更点を中心に解説します。
 またピロリ菌知識の一般普及に伴い、胃カメラ需要は高まっています。そこで大量の人数を短時間で見落としなく観察できる科学的観察手順である粒良式観察法の理論と手順を紹介します。

午後の部:後藤→佐藤先生
「受動弯曲と極細スコープを使った誰でもできる大腸内視鏡」
 大腸内視鏡にはプッシュ法とプル法があります。プッシュ法は初心者でも行いやすいのですが痛みが強いのが難点でした。
 最近極細スコープや受動弯曲スコープなど押しても痛くないスコープが開発されています。プル法と比べての利点や、極細スコープを使うときの注意点など、「誰でもできる、押しても痛くない、極細スコープを使った大腸内視鏡挿入技術」を公開します。
第2巻無送気で無麻酔で無痛の大腸内視鏡挿入法−注水ポンプを使った”水浸法”の秘伝のテクニックを全公開(#335) 
”水浸法”の集大成!
 大腸内視鏡の挿入は当てずっぽうやカンでやるのではなく、理論的にやりましょう。直腸、S状結腸、SD−J、脾彎曲、横行結腸、肝彎曲と部位別に分け、その挿入理論とテクニックを説明し、実際のビデオを使って理論がどのように実践されているかを確認します。
言われてみれば簡単なことも言われないとなかなか気づかないのがコロンブスの卵。この講演では、今まで本に書かれていない初めての知見をたくさん紹介します。
機ネ論編(10:00〜11:00)
 平均挿入3分台、無麻酔で95%無痛
 2つの古典的挿入法(プッシュ法とプル法)
 無送気法は直線化しやすい(短縮抵抗性)
 短縮は早いほどよい(早期短縮と先端フック)
 1日25件やっても疲れない(抵抗1/4理論)
 人でもワンパターンで挿入できる(ワンパターンメソッド)
 ワンパターンメソッドのシュミレーション(指内視鏡)

供ゥ肇譟璽縫鵐以圈複隠院В娃亜腺隠押В娃亜
 アングル操作(ロックトゥーロック)
 ローテーション操作(ローテーション720度)
 超高速スラローム操作(アングルとローテーションの同時操作)
 ライトアングルをレフトアングルで代用する(アングルチェンジ)
 先端角度は見なくてもわかる(2倍進角の法則)
 ループ解除はこうやる(ループ最小円理論)
 2つのループ判定法(定点固定法)
 コロンモデル練習で3ヶ月でマスター(コロンモデル10倍則)

掘ゼ汰編(13:00〜14:00)
 注水ポンプの使い方
 正しいスコープの選び方(スコープ選択システム)
 硬度可変の使い方
 Rのワンパターンとスペシャルテクニック(バイブレーション)
 Sのワンパターンとスペシャルテクニック(アングルチェンジ)
 SDのワンパターンとスペシャルテクニック(左下腹部手のひら圧迫)
 Spのワンパターンとスペシャルテクニック(右側臥位体位変換)
 Tのワンパターンとスペシャルテクニック(レフトターンダウン)
 Hpのワンパターンとスペシャルテクニック(深吸気息こらえ)

検ゥ櫂螢撻編(14:00〜15:00)
 高周波は出力を変える
 ホットは富士山をつくる
 ポリープは6時にもってくる
 スネアは奥からかける
 EMRは1発で上げる
 クリップは斜めにかける
  価格
全3巻 11000 円(税込)
各1巻 5,500 円(税込)
  購入申し込み
DVD購入フォーム
最新 國松淳和先生の 『内科で診る不定愁訴』シリーズ =「診断マトリックス」でよくわかる不定愁訴の診かた=
全5巻(各巻240分)
(ご注意:このシリーズは、特に編集を加えたものではなくて、数ある復習用DVDの中から、特定のテーマに基づいて集めて、利用の便に供するものです)
編集なし  ネット会員限定販売

 患者さんの「不定愁訴」に悩まされていませんか? その中の何人かは、実は内科的な全身疾患の症状かもしれません。これをうまく見抜けるようになるには、”堋蟒チ陛となる内科疾患について効率よく学ぶ、不定愁訴的な患者さんとうまく面談する、の2つが必要です。実際にはどちらも一筋縄でゆかないことですが、”不定愁訴の患者と接したときの「落ち着かない気持ち」を消すこと”をこの医療技術セミナーの3回シリーズ共通の目標にしたいと思います。実は「不定愁訴診断マトリックス」は実地医家の先生方にこそ有用と考えており、当日が本当に楽しみです! 拙著「内科で診る不定愁訴」(発行:中山書店)を読んで来ていただくと大変理解が進みやすくなるかと思います。既にご購入の方は当日ご持参ください。セミナー当日会場でも販売致します。講義自体は書籍がなくても大丈夫なように組み立てますのでご安心ください。

内科で診る不定愁訴―診断マトリックスでよくわかる不定愁訴のミカタ
國松 淳和 (単著)
固定リンク: http://www.amazon.co.jp/dp/4521739962
  監修・指導
國松淳和 (国立国際医療研究センター病院 総合診療科)
  収録内容
第1巻 実地医家のための 内科で診る不定愁訴(#309)(全3回シリーズ)-不定愁訴にみえる患者から内科疾患を見抜く!;診断マトリックスでよくわかる不定愁訴の診かた
第1回:不定愁訴診療 総論から実践へ 
〜不定愁訴をどうとらえるか?と5つの原則〜

「不定愁訴」というものの厳密な定義がないなかで、内科臨床医である私たちが不定愁訴をどのようにとらえていくべきか、自分の考えをもとに解説します
多忙な中、効率良く精査をしていく方法論を呈示するのが今回の拙著「内科で診る不定愁訴」の主旨の一つですが、これについてもゆっくり解説したいと思います。
傾聴や共感は疲れますが、好奇心は疲れません。好奇心をもって、患者さんの不定愁訴に取り組めるようになっていただくことも目標の一つです。
もし時間に余裕があれば、私の不定愁訴診療について、エピソードを紹介したり、失敗例などにも触れていき、実際には一筋縄でいかないということについてもディスカッションできればと思っています。
第2巻実地医家のための 内科で診る不定愁訴(#326)(全3回シリーズ)-不定愁訴にみえる患者から内科疾患を見抜く!;診断マトリックスでよくわかる不定愁訴の診かた
第2回:不定愁訴ケーススタディ part I, part II

今回は具体的な事例をたくさんご紹介いただきます。

不定愁訴の患者さんから、本当の内科疾患をみつけたときの「嬉しさ」というものが私にはあるのですが、そのような事例をケーススタディ方式で読み解いていきます。
総論で述べたことが実際のケースでどのように活かされるか、不定愁訴診療のための「マトリックス」がどのように応用されるかなどについて、追体験できるような形でゆっくり解説します。
著書にあげたケースのみならず、講義当日までに経験したホットな症例について紹介できるかもしれません!
ケースの中で、臨床検査をどのように組み込んでいくかもテーマになります。内科診断学的な回になると思われます。
第3巻実地医家のための内科で診る不定愁訴(#340)(全3回シリーズ)-不定愁訴にみえる患者から内科疾患を見抜く!;診断マトリックスでよくわかる不定愁訴の診かた
第3回:不定愁訴患者との面談のコツと一般内科医にもできる不定愁訴の対症療法

 まず前半に不定愁訴患者との面談のコツを、私が実践していることを紹介しつつ解説します
認知機能のとらえ方、心身症や身体表現性障害のみたて方など、身体疾患が否定されたのちの状態の患者さんへの取り組み方にも触れていきたいと思います。
一部は精神科・心療内科の領域のお話になるかもしれません。これらの科にすんなりと患者さんを紹介できますか?一般内科医も「本当の不定愁訴」の患者さんにうまく対症療法ができると良いですね。この回では、それらの実践について一緒に考えていきたいと思います。
「症状のみたて〜対症療法の方向性〜実際の処方」を意識しますが、漢方薬や抗不安薬などにも触れ、これらをうまくつかいこなす方法論についても解説します。
第4巻再び“不定愁訴”を考える;不定愁訴を見抜き、治療する4(#587)
尾久守侑先生と共同講師
 國松の拙著「内科で診る不定愁訴」の発刊から5年。あれから色々な症例にさらに出会いました。ただし、わかってきたのは、「不定愁訴診療は難しい」ということです。あらためて「今」の國松がお届けする、不定愁訴診療の一端をお届けします。今回は、慶應義塾大学精神科の尾久守侑先生にも登壇してもらい、不定愁訴と思われる患者の症状・治療の進め方について解説をお願いしております。内科×精神科のノウハウをお示ししますので、どうぞ明日からの診療にお役立てください。
午前 10:00〜12:00 不定愁訴を見抜く臨床検査  國松 淳和
・不定愁訴だと見放してしまう前に
・限りある時間の中で、「とりあえずこれを調べればいい」というパターンを知る
・診断と治療の併行


午後 12:30〜14:30 不定愁訴を治療する 尾久 守侑
・検査の時点で治療は始まっている
・精神科医ならなんとかしてくれるという幻想
・内科外来という構造はむしろ有利
第5巻コロナで具合が悪くなる5(実地医家のための 3たび不定愁訴を考える;#620)
 新型コロナウイルスの流行は、感染拡大の規模をはるかに超えた社会的影響を及ぼしています。
 臨床的には、新型コロナウイルスに感染していないのにも関わらず、感染への恐怖や不安、症状への恐怖や不安、そして抑うつや全般性不安障害や不定愁訴の患者などが激増しています。
 また、医療者にも問題を突きつけました。臨床ウイルス学や感染管理、基本的な症候診断学、検査の意義や適切な検査の適応、などに関する日々の習得や知識の多寡が、医療者に問われる形となりました。
 また患者さんが戻ってきてもらうために何をすべきか、一緒に考えて行きましょう。 講義当日は、「コロナ必勝法」についてお話するのではなく(そんな話はありません)、きわめて地道な話をしますので、それに了解できる方のご参加をお待ちしております。
10:00-12:00 COVID-19の概要、CIAMS(シャムズ)概説、他
・COVID-19の臨床経過(ごく簡単に)
・今、どんな患者が増えているか
・CIAMS(シャムズ)とは?
・基本的な対応が大事(症例より)

12:30-14:30 不定愁訴を治療する、今後の予想
(一般外来の立場でどうするか)
・結局は「不定愁訴学」が重要
・「診てあげる」「なんとかしてあげる」というマインドが患者を惹きつける
・今後の予想(一般外来の立場でどうするか)


新型コロナウイルスに感染したのではなく、間接的に影響を受けて不定愁訴となった患者さんたちをどうするか? コロナは最前線の医療者だけの問題ではない
前半:COVID-19の概要、CIAMS(シャムズ)概説、他
後半:不定愁訴を治療する、今後の予想(一般外来の立場でどうするか)
  価格
全3巻 円(税込)
各1巻 5,500 円(税込)
  購入申し込み
DVD購入フォーム
最新 実地医家のためのひとりで学ぶ大腸内視鏡挿入法 =1カ月で身につく! 身近な素材で練習できる! スコープ挿入上達のポイントを惜しまず語る=
全2巻(各巻240分)
(ご注意:このシリーズは、特に編集を加えたものではなくて、数ある復習用DVDの中から、特定のテーマに基づいて集めて、利用の便に供するものです)
編集なし ネット会員限定販売
  監修・指導
仲道孝次 (福岡徳洲会病院消化器内科 部長)
※【専門】 消化器疾患、大腸内視鏡
  収録内容
第1巻 実地医家のためのひとりで学ぶ大腸内視鏡挿入法 1カ月で身につく! 身近な素材で練習できる! スコープ挿入上達のポイントを惜しまず語る(#295)
 ひとりで学ぶ大腸内視鏡検査の挿入法の中で、午前の講義は、「わかりやすい軸保持短縮法」を取り上げました。09年6月から、1年間365日、毎日動画つきの記事をブログに連載。11年8月5日、「ひとりで学ぶ大腸内視鏡挿入法」を羊土社から出版した。そして、この領域でのベストセラーになった。具体的な技術構成の内容としては、軸保持短縮法、体位変換法、浸水法、圧迫法などの、いろいろな手段を使い、パターン化された効率的な全大腸内視鏡(TCS;total colonoscopy)習得法を追究することです。
 午後の講義は、 「軸保持短縮法ができないときの挿入法」を取り上げました。1カ月で身につく!身近な素材で練習できる! スコープ挿入上達のポイントを惜しまず語ります。
第2巻実地医家のためのひとりで学ぶ大腸内視鏡挿入法◆歛臘夏盪覿請淨法の習得のための上部消化管内視鏡(挿入術)活用法(#299)
前回、2月15日開催の「大腸内視鏡挿入法」に続いて、今回は「TCS(total colonoscopy)流 上部消化管内視鏡挿入法(EGD;Esophagogastroduodenoscopy)」を取り上げる。
 一般的に、上部消化管内視鏡EGDのテクニックは、大腸内視鏡TCSでは役に立たない。しかし、大腸内視鏡TCSの達人が、上部消化管内視鏡挿入法EGDの挿入に困ることはない。つまり、TCSのテクニックで、EGDが可能なのだ。
 そこで、胃を最も簡単な大腸と仮想して、TCSの挿入テクニックで挿入を試みた。このテクニックを習得すると、研修医は、TCSを試みるときに、まるでEGDを行っているようなイメージで、容易に挿入が可能であった。かつて、某TCSの達人に、タダで話すものではないと忠告されたテクニックである。TCSに応用可能な上部消化管内視鏡の挿入と観察法を惜しまず語ります。
 
  価格
全3巻 11000 円(税込)
各1巻 5,500 円(税込)
  購入申し込み
DVD購入フォーム
最新 折田純久先生の「腰痛」「肩痛」
全4巻(各巻240分)
腰痛は国民愁訴においてトップを占める愁訴であり、近年の高齢化社会ではますます重みを増している疾患であることを強調されました。しかしながら、腰痛の85%が原因がはっきりしないもので「非特異的腰痛」とされてきたのは、腰痛の解明とともに、「痛み」全般に対する知識・認識不足と腰痛の考察不足があった・・・ということで解説を進められました。要するに、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離症/分離すべり症等の原因が究明できれば、治す手立て腰痛は国民愁訴においてトップを占める愁訴であり,近年の高齢化社会ではますます存在感を増しています.しかしながら、これまでその診断と治療は経験と慣習に基づくものが中心であり統一の見解があるとは言えない状況でした.これは腰痛の85%が原因が明らかではない「非特異的腰痛」であるという事実以外に,「痛み」全般に対する医療従事者の知識・認識不足,これに伴う不十分な腰痛の考察も原因として挙げられます.このように腰痛をはじめとする運動器疼痛の診療では基礎医学的な疼痛機序を含む確固たる知識なくしては十分な治療効果は得られません.
 今回の医療技術セミナーでは,この10年で劇的に発展してきた疼痛基礎研究に基づく痛み診療等の最新知見をはじめ,日本整形外科学会主導で策定された腰痛診療ガイドラインを中心にしてプライマリの現場で重要となる問診,診察や画像診断を中心とした診断など,現代の腰痛診療に必要な知識を網羅的に解説します.腰痛を中心に扱う整形外科医の先生方はもちろん,プライマリの現場で腰痛に接する全ての先生方の学習の場としたいと考えています.
  監修・指導
折田純久 (千葉大学大学院医学研究院附属病院整形外科学 助教)
※東京大学修士課程修了(医用精密工学)00年、千葉大医学部04年卒業
  収録内容
第1巻 プライマリケアでの腰痛診療;痛みの基礎と腰痛診療(#290)
第2巻プライマリケアでの肩痛治療;痛みの基礎と肩痛診療の実際(#343)
 肩こりや腰痛などの運動器慢性痛は、現在の超高齢社会において日常茶飯事と言えます。しかしながら、これまでその診断と治療は経験と慣習に基づくものが中心であり統一の見解があるとは言えない状況でした。今回、前回1月開催の「腰痛」セミナーに引き続き「肩こり」に焦点を置いて解説します。たかが肩こり、されど肩こり。単なる筋・筋膜性のものから、特に手術を要する頸椎疾患、肩関節疾患など様々な原因が潜んでいます。
 また,「痛み」全般に対する医療従事者の知識・認識不足、これに伴う不十分な考察も原因として忘れてはならず、運動器疼痛の診療では基礎医学的な疼痛機序を含む確固たる知識なくしては十分な治療効果は得られません。
 今回の医療技術セミナーでは、この10年で劇的に発展してきた疼痛基礎研究に基づく痛み診療等の最新知見をはじめ、肩こりの病態や治療など、プライマリの現場で肩こりに出会った際に考えるべきことを網羅的に解説します。
 運動器慢性疼痛を中心に扱う整形外科医の先生方はもちろん、「痛み」について復習しながらプライマリの現場で痛みに接する全ての先生方の学習の場にしたいと考えています。
第3巻整形外科領域の診察の仕方(#401)
超高齢社会に移行している昨今,国民の主要な主訴である腰痛,関節痛は 診療科にかかわらず遭遇する機会が非常に多く,痛みの治療と四肢・関節の診察はますます重要なものになってきています.
 これまで本医療技術セミナーでは,腰痛,肩こりなどについてお話ししながら疾患各論やその特徴について,疼痛医学の基礎も踏まえながらご説明してきました.
 今回の医療技術セミナーでは最新の知見を加えながら、これらを復習し,さらに腰や四肢を中心とした整形外科的な診察についても実習形式を加えながら網羅的に解説します.運動器慢性疼痛を中心に扱う整形外科医の先生方はもちろん,「痛み」について復習しながらプライマリの現場で痛みに接する
全ての先生方の学習の場にしたいと考えています.
第4巻痛み・しびれの診かた(#464)
 超高齢社会に突入しつつある昨今,腰痛,関節痛は診療科にかかわらず遭遇する機会が非常に多く,運動器の痛みやしびれについての理解はますます重要なものになっています.
 これまで本セミナーでは,腰痛,肩こりなどについてお話ししながら疾患各論やその特徴について,疼痛医学の基礎も踏まえながらご説明し,さらには診察手技についても解説してきました.そして今回,これまで参加された先生方からもう一度これらを解説してほしいという声を多くいただきました.
 そこで本医療技術セミナーでは「痛み・しびれ」について整形外科分野に限らない最新の知見を加えながら復習し,さらに前回ご好評をいただいた腰や四肢を中心とした整形外科的な診察についても実習形式を加えながら網羅的に解説します.運動器慢性疼痛を中心に扱う整形外科医の先生方はもちろん,「痛み」について復習しながらプライマリの現場で痛みに接する全ての先生方の学習の場にしたいと考えています.
  価格
全3巻 22000 円(税込)
各1巻 5,500 円(税込)
  購入申し込み
DVD購入フォーム
最新 山田悟先生の糖質制限と糖尿病治療
全4巻(各巻240分)
 第435回医療技術セミナー『実地医家のための糖尿病治療の変化−栄養学の変遷と薬物療法の展開』は盛会裏に終了しました。
 講師には、「糖質制限−ロカボ」の運動での旗振り役で、今を時めく北里研究所病院糖尿病センターの山田悟先生をお招きしました。山田先生は4回目、昨年の11月に続いてのご登場で、前回は「ロカボの実際」(ポイントは栄養学の変遷)でしたが、今回のセミナーの発案となったそもそものきっかけは『薬物療法の展開』にポイントがあります。ホントに栄養学はそもそもの理論が覆り、カロリー主義や、脂質の摂取については特に激動しており、パラダイムシフトが進んでおり、「ロカボ」についても着実に進行・定着しつつあると認識しております。
 講義の組立は、以下の通りで、午前の講義のタイトルは『糖尿病栄養学の変遷1;栄養学変遷』であり、
 1.現在までの糖尿病食事療法の在り方 
 2.カロリー制限食について検証する 
 3.脂質制限食について検証する 
 また、午後の講義の前半の部分のタイトルは『糖尿病栄養学の変遷2;栄養学の変遷(後半)』で、
 4.たんぱく制限食について検証する 
 5.糖質制限食について検証する 
 さらに、午後の講義の後半の部分のタイトルは『糖尿病栄養学の変遷 2;薬物療法の変遷』であり、数多存在します以下の種類の糖尿病治療薬の概説と選択の要点、使用法等について詳細な解説が行われました。 
 SGLT2     DPP4   チアゾリジン/
 GLP1受容体作動薬  ゥ瓮肇侫ルミン
 この薬剤療法の領域については、いつもそうで、今回も例にもれず質疑はなかなかに盛り上がりました。特に、メトフォルミンの再評価が進み、SGLT2が当初の構想から大いに見直され、評価が進んでいるようです。
 前半の「栄養学の変遷」の中では、カロリー制限という概念がここ10年で覆り脂質に対する見直し(それでも実際の家庭の中や、料理を作る人の頭の中は、そうそう変わっていなくて、難しいものがあるのではないか)は特に大きく違ってきている・・ことを実感しました。
 後半の山田先生のお話の中で「欧米の糖尿病患者は概して肥満であるが、日本人の糖尿病患者の半数は肥満だけど、残りの半数は肥満ではない・・・という実態がある」との言葉がありました。日本の、あるいは日本人の糖尿病治療のむつかしさなのでしょうか
  監修・指導
山田悟 (北里大学北里研究所病院糖尿病センター センター長)
  収録内容
第1巻 糖質制限による糖尿病をはじめとした代謝性疾患の治療;糖質制限、今はじめなかったらやばいです(#284)
 かつて、糖質制限食には批判の意見がありました。しかし、昨今の無作為比較試験はすべからく糖質制限食の血糖、体重、脂質、血圧に対する有効性を示しており、かつての批判の意見の根拠とされた観察研究についても東アジア人のデータはすべからく糖質摂取の少なさとアウトカム(医学的利益)との関連を示しています。
 本医療技術セミナーでは、糖尿病の現状と糖尿病患者さんの全般的な診療の仕方をお伝えしたうえで、食事療法としての糖質制限の有効性とその根拠、簡便な糖質制限食の指導法についてお伝えします。これから糖尿病患者さんの診療をしたいと考えている実地医家の先生方にぜひお聞きいただきたく思います。
第2巻糖質制限による糖尿病をはじめとした代謝性疾患の治療
 最近、緩やかな糖質制限食(ロカボ)がはやっています。無作為比較試験における糖質制限食の血糖、体重、脂質、血圧に対する有効性の証明と、日本人を含む東アジア人での観察研究における糖質摂取の少ない群における総死亡率、心血管死亡 本医療技術セミナーでは、食事療法としての糖質制限食の有率、糖尿病発症率の低さの報告があるからです。一方、なお、糖質制限食を批判する医療従事者が残存していることも確かです。また、こうした糖質制限食批判者が妄信しがちなのが、エネルギー制限食(俗称カロリー制限食)です。
効性とその機序、簡便な糖質制限食の指導法についてお伝えしつつ、ありがちな糖質制限食批判の誤謬とカロリー制限食指導の問題点について解説します。糖尿病や肥満の患者さんに寄り添う診療をしたいと考えている実地医家の先生方にぜひお聞きいただきたく思います。

第3巻糖尿病治療の変化;栄養学の変遷と薬物療法の展開(#435)
 この10年で栄養学が大きく転回しました。かつて40年以上に及んで世界を席巻していた脂質制限食が意義のないものとされ、逆にかつて民間療法の立場に甘んじていた糖質制限食が医学的に堅い食事法として扱われるようになったのです。この間、極端な糖質制限食が一時的に流行したこともあったのですが、結局は脱落者が多いこともあって十分に世に普及しませんでした。現在、世の中に浸透しつつあるのが緩やかな糖質制限食(ロカボと呼称される)であり、食品業界市場を動かす形で世の中に浸透しつつあります。
 本医療技術セミナーでは、食事療法としての糖質制限食の有効性とその機序、簡便な糖質制限食の指導法についてお伝えしつつ、最近の糖尿病薬物療法についての展開についてもお話ししたいと思います。常識に流されずに科学的根拠に基づいて、患者さんに寄り添う診療をしたいと考えている実地医家の先生方にぜひお聞きいただきたく思います。
  価格
全3巻 22000 円(税込)
各1巻 5,500 円(税込)
  購入申し込み
DVD購入フォーム
最新 創傷治療革命
全5巻(各巻240分)
 従来,傷の治療といえば消毒してガーゼを当てることが常識とされ,それが一般家庭でも病院でも行われてきました。しかし,創傷治癒のメカニズムからすればこれは全く間違っています。擦過創から熱傷,深い組織欠損創にいたる様々な外傷の治療法を詳しく説明します。
夏井睦(石岡第一病院 傷の治療センター長)
鳥谷部俊一(たかせクリニック 顧問・東京都大田区)
和田浄史(川崎協同病院外科 科長)
夏井睦(練馬光が丘病院傷の治療センター センター長)
前川武雄(自治医科大学皮膚科 准教授)
  監修・指導
夏井睦、鳥谷部俊一、和田浄史、前川武雄 ()
  収録内容
第1巻 最新「外傷の湿潤治療」;痛くなく、速くきれいに傷を治そう(#028)
夏井睦(石岡第一病院 傷の治療センター長)
 ”外傷の湿潤治療法”とはこれまでの常識をことごとく覆らせた治療法で、講師の夏井睦先生が01年頃から提唱され、多くの反対意見の中でも5年間程を過ぎて定着を見始め、今ではほとんどの診療現場で受け入れられている画期的な治療法であると言っても過言ではないでしょう。夏井先生のお言葉を借りれば、「この治療法を受け入れないのは、現在では大学の医局とその現場だけ」ということです。この日講師に夏井先生を迎え、会場は多くの受講者の熱気が満ちあふれました。講義では、「傷の治り方」「創傷被覆材の理論と種類」「創感染はなぜ起きるか」と講義は進み、「治療の実際」ということで、擦過傷・挫創や裂傷、動物咬傷、熱傷、術後創、陥入爪、皮膚炎、褥創等々の具体的な症例と治療法についての解説が詳しく行われました。受講者の方々は、「これまで何回か話を聞いたが聞けば聞くほどに判りやすくなって、目からウロコが何枚も落ちたようだ」との感想を残して帰られました。なお、「褥創」については、夏井先生の相棒であります鳥谷部俊一先生により「褥創のラップ療法・開放性湿潤治療(OpWT)」というテーマで、5月16日の午前に、改めて取り上げていただく予定です。
第2巻褥瘡のラップ療法・開放性湿潤療法(OpWT) (床ずれパッド作製の実演付)(#084)
鳥谷部俊一(たかせクリニック)
 超高齢社会を迎え,病院,施設,在宅を問わず褥瘡対策が大きな課題となっております.この十数年間に多くの知見が集積され,褥瘡の予防治療は飛躍的に進歩しました.1996年に講師が発案した“ラップ療法”は,だれでも簡単にできる処置法(開放性湿潤療法)に進化しました.2008年には医療用ドレッシング(モイスキンパッド)が発売され、ラップ療法の可能性を広げました.第11回日本褥瘡学会学術総会(2009年)のラップ療法シンポジウムでは,大会場の参加者を前に白熱した議論が展開されました.学会はラップ療法検討委員会を設置し,ガイドラインにおけるラップ療法の位置づけの検討に着手しました.ラップ療法に対する関心が全国的に高まる一方で,不確実な知識でラップ療法を行うことに不安を感ずる方々も多いと思われます.講演会では,講師の褥瘡治療経験(1500例)をもとに,ラップ療法の歴史,理論,手技,治療例などについて楽しく解説しますので,受講後は「明日からの褥瘡診療・治療が楽しみになる」ことは間違いありません.多くの医療関係者にご参加いただき,褥瘡でお悩みの患者家族のもとにラップ療法の正しい知識をお届けすることができれば幸甚です.
床ずれのラップ療法−在宅アタマの褥瘡対策−(床ずれパッド作成実演つき)
第3巻他科医のための創傷治療のABC(実技指導付)(#185)
和田浄史(川崎協同病院外科 科長)
 診療所の外来や在宅診療、介護福祉施設、病院の入院診療などにおいて、外科に紹介するほどではないけれども外科医の「目」あるいは「手」がちょっと借りたいなと思う場面にはしばしば遭遇します。この時、まず行うべき正しいファーストエイドが容易に行えることと、自分が手を離すべき境界・限界をきちんと知っておくことが、プライマリケアを担う全ての医療者に必要不可欠です。
 今回の医療技術セミナーでは、外傷をはじめとする各種創傷、熱傷、褥瘡、日常目にする爪や皮膚疾患、終末期ケアにおける各種の外科的処置について、他科医でもぜひ身につけておきたいファーストエイドを中心に勉強していただき、さらに、実際の手順や手技については、実習参加型のデモンストレーションを行います。
 今まで苦手だった小外科領域の処置や在宅での処置が、自信を持ってできるようになるための、理論と実際の手技を身につける絶好の機会です。日常の診療の幅が一気に広がるプログラムですので、プライマリケアや家庭医療を担う多くの医師・コメディカルの参加をお待ちしております。
第4巻最新『外傷の湿潤治療 供戞#258)
夏井睦(練馬光が丘病院傷の治療センター センター長)
 日本における創傷治療のやり方を根底から変えた”湿潤療法”−提唱し始めて約15年、日本の創傷治療を根底から変え、ますます磨きがかかる“湿潤療法”−

 従来,傷の治療といえば消毒してガーゼを当てることが常識とされ,それが一般家庭でも病院でも行われてきた。しかし,創傷治癒のメカニズムからすればこれは全く間違っている。
創面では欠損した組織の細胞の増殖で組織修復が得られるが,細胞培養と同じメカニズムである。培養液がなければ培養細胞が死滅するように,創面を乾かせば創修復のために必要な細胞も死滅する。また,創面からは細胞の増殖に最適のサイトカインを豊富に含んだ浸出液が分泌されており,創面を被覆材で覆えば,創は自動的に湿潤になり早期の治癒が得られる。一方,消毒薬は蛋白質変性作用で殺菌するが,消毒薬には人体由来の蛋白質と細菌由来の蛋白質の区別がつかず,どちらも変性させるが,人体細胞と細菌では細胞壁に守られている細菌の方が消毒薬に強い抵抗力を持っている。このため,創面を消毒しても細菌は死なず,創傷治癒に必要な人体細胞のみ選択的に死ぬことになる。
 このような原理から,擦過創から熱傷,深い組織欠損創にいたる様々な外傷の最新の治療法を詳しく説明する。
第5巻『創傷治療 up−to-date』(#561)
前川武雄(自治医科大学皮膚科 准教授)
 近年、創傷治療理論の2つの柱として、moist wound healing(MWH)とwound bed preparation(WBP)の概念が確立されています。MWHとは、創傷を湿潤環境に保つことであり、滲出液に含まれる細胞増殖因子などを創面に保つことにより、創傷治癒を図る方法です。WBPとは、創傷治癒を阻害する壊死、細菌、滲出液、ポケットなどに対して積極的に手を加えコントロールする方法です。この2つの理論に基づいて、創傷治癒を進める必要があります。
 一方、創傷の局所治療は主に外用薬、創傷被覆材、陰圧閉鎖療法などにより行われます。特に創傷被覆材や陰圧閉鎖療法は、年々新しい製品が登場し、従来型の欠点を補うような改良が加えられてきています。MWHやWBPを効率良く進めていく上で、局所治療の選択はとても重要です。
 本医療技術セミナーでは、創傷の状況を適切に把握した上で、どの局所治療を選択していくかを中心に解説させていただきます
  価格
全3巻 27500 円(税込)
各1巻 5,500 円(税込)
  購入申し込み
DVD購入フォーム
最新 岡  寛  先生の 『線維筋痛症』シリーズ
全2巻(各巻240分)
  監修・指導
岡  寛 (東京医科大学八王子医療センター リウマチ性疾患治療センター 教授)
  収録内容
第1巻 よく遭遇する慢性疼痛症、特に線維筋痛症のマネージメント−疾患の鑑別・診断法、痛みの評価、物理療法、薬物療法を網羅(#276)
 2010年に調査された20歳以上の本邦の3ヶ月以上、痛みが10段階で5以上の慢性疼痛の方は、なんと22.5%いることが明らかになりました。この慢性疼痛が進行した線維筋痛症も、人口の2.1%、約250万人の患者さんがいます。
日常の診療でも、慢性疼痛の患者さんと頻繁に遭遇します。それらの患者さんを単にメンタルの病気としていいものでしょうか。早期の症例では治療の介入により、痛みがなくなり、社会復帰もできます。
本医療技術セミナーでは、診断、治療、性格による対処法などを実例も交えて解説します。
第2巻慢性疼痛症、線維筋痛症、慢性疲労の対処法−病因論、診断、鑑別診断、痛みの評価、薬物治療、注射治療などを網羅()#537
 平成28年度の国民生活基礎調査によると、国民の有訴者数の再頻度は、「腰痛」 「肩こり」「関節の痛み」「頭痛」という慢性の痛みの疾患である。
 さらにPain in Japan 2010の調査でも、成人人口の22.5%が慢性疼痛症に該当し、「腰痛」「肩こり」「頭痛」「関節痛」の頻度であった。従って、慢性疼痛は本邦の最大の課題であり、線維筋痛症は慢性疼痛の進行病態である。
 本医療技術セミナーでは、慢性疼痛症、線維筋痛症、慢性疲労の診断と治療について詳しくお話しします。
  価格
全3巻 円(税込)
各1巻 5 円(税込)
  購入申し込み
DVD購入フォーム
最新 後藤利夫先生 1 ”水浸法”による大腸内視鏡検査 理論とトレーニング
全5巻(各巻240分)
 (ご注意:このシリーズは、特に編集を加えたものではなくて、数ある復習用DVDの中から、特定のテーマに基づいて集めて、利用の便に供するものです)
編集なし 
     ネット会員限定販売
  監修・指導
後藤利夫 (新宿大腸クリニック 院長)
※<略歴>
  収録内容
第1巻 実地医家のためのわかりやすい大腸内視鏡挿入法−1.“水浸法”とワンパターンメソッド(#273)
 今まで空気を入れていたから入らなかった。空気の代わりに水を入れたらこんなに簡単に入る。
 簡単、マスターしやすい、痛くない!“水浸法”の全てを公開します。(あわせて水浸法ポンプの作り方と使い方も公開)
 千差万別の人間の腸がワンパターンで挿入できる?そんな夢のような話が“ワンパターンメソッド”です。これは水浸法という原理に最適の挿入技術のことです。どこでどの技術を使うかが分かります。今まで当てずっぽうに入れていた人も挿入で迷うことが無くなるでしょう。
1.水浸法
2.ポンプの作り方と使い方
3.ワンパターンメソッド
4.実例動画
第2巻実地医家のためのわかりやすい大腸内視鏡挿入法−2.部位別テクニックと実際のビデオによる供覧(#281)
 大腸内視鏡の挿入は当てずっぽうやカンでやるのではなく、理論的にやりましょう。直腸、S状結腸、SD−J、脾彎曲、横行結腸、肝彎曲と部位別に分け、その挿入理論とテクニックを説明し、実際のビデオを使って理論がどのように実践されているかを確認します。
 言われてみれば簡単なことも言われないとなかなか気づかないのがコロンブスの卵。この講演では、今まで本に書かれていない初めての知見をたくさん紹介します。水浸法の人もそうでない人も、ご期待下さい!!
第1部 10:00−12:00 前半
1.直腸のテクニックと実際のビデオ
2.S状結腸のテクニックと実際のビデオ
3.SD−Jのテクニックと実際のビデオ
4.脾彎曲のテクニックと実際のビデオ
  (ここまでが前半、これからが後半)

(12:00-13:00 昼食・休憩)

第2部 13:00−15:00 後半 (9/29 改定)
5. 横行結腸のテクニックと実際のビデオ
6. 肝彎曲のテクニックと実際のビデオ
7. 挿入困難例のテクニックと実際のビデオ
8. ポリペクトミーのテクニックと実際のビデオ
第3巻実地医家のための大腸内視鏡検査における挿入困難例の検討と解決法(#249)
 挿入困難はループ解除ができないからです。どんなときにも使えるループ解除の奥義を紹介します。
 また、そもそもループを作らず挿入するにはどうしたらよいか、その心構えから、S状結腸、脾彎曲、横行結腸、肝彎曲の各部位別困難解決法、また前処置不良やスパスムの強いときの対処法の奥義をイラスト、動画を使ってわかりやすく説明します。
 最後に実例動画を使ってそれらが実際にどのように使われているかを解説します。
午前の部 10:00−12:00 後藤利夫先生 
 1.ループ解除の理論と練習、ループ解除の奥義
 2.S状結腸、脾彎曲、横行結腸、肝彎曲の各部位別困難解決法
 3.前処置不良やスパスムの強いときの対処法
 4.挿入困難実例動画解説
 5.自由質問コーナー
第4巻安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際と新しい麻酔を使った”評判のとれる”胃カメラ法(#168)
国の徳洲会病院で大腸内視鏡医を50人以上指導してきた無麻酔・無痛内視鏡「水浸法」の第一人者である講師が、いままでおよそ2万個の大腸ポリープを無事故で切除したポリペクトミーのワンパターンメソッドを伝授する「安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際」と「新しい麻酔を使った”評判のとれる”胃カメラ法」を、動画や実際の内視鏡を駆使して、すべてのテクニックを公開し、その技を伝授します。
午前(10:00〜12:00):安全な大腸内視鏡ポリペクトミーの実際
〜開業医でどこまでできるか?〜
見逃さない観察法/失敗しないワンパターンメソッドのポリペクトミー/リピーターを生むフォローアップシステム
午後(13:00 〜15:00):新しい麻酔を使った評判を生む胃カメラ
〜喉麻酔も、経鼻内視鏡も不要〜
新しい麻酔の安全な使い方/Xp時代の新しい挿入法/保険請求の仕方/ 新しい麻酔の保険請求の仕方/苦痛のない観察法
第5巻医師とコ・メディカルのための便秘と各種の大腸疾患、健康食品−生活習慣、薬物療法、ダイエット、ヨーグルト等の健康食品の選択(#144)
 大腸がんは女性のがん死のトップです。男女合わせても肺がんに次いで2位となっています。
 大腸内視鏡検査を4万件実施した専門の医師が気づいたことはいくらやっても増えていく、原因を断たなければならないということでした。肥満と間違ったダイエットが、便秘と腸内環境の悪化を引き起こし、慢性腸炎と大腸がんの増加となった。対処法としてそれぞれ、正しいダイエットの知識、便秘治療と乳酸菌、大腸がんの予防、大腸内視鏡検査で予防する、ことが必要です。それぞれについて詳しく説明します。
1.肥満と大腸がん
2.正しいダイエットの知識
3.便秘と腸内環境の悪化
4.便秘治療と乳酸菌
5.慢性腸炎と大腸がんの増加
6.大腸がんの予防、大腸内視鏡検査
  価格
全3巻 27500 円(税込)
各1巻 5,500 円(税込)
  購入申し込み
DVD購入フォーム
104 件中 [51-60] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 次の10件
▲ページの先頭に戻る
臨床医学教育DVD
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー