HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:68件
一般医学系:109件
消化器科系:88件
呼吸器科系:62件
循環器科系:90件
神経内科系:73件
心療内科系: 11件
血液内科系: 1件
内分泌代謝内科系:69件
老人科系:16件
感染症科系:40件
小児科系:14件
精神・神経科系:28件
皮膚科系:41件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 5件
整形外科系:71件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:32件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:8件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系:18件
医業経営系: 16件
医療法律系: 2件
その他:55件
生活習慣病: 17件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
実地医家のためのプロポフォール麻酔と粒良式観察法によるまったく苦痛のない胃カメラ検査法
−プロポフォールの使い方と最速最短の観察法−
後藤利夫先生
■講師
後藤利夫先生

(新宿大腸クリニック 院長)
【セミナー概要】
10:00-12:00 
「胃カメラ検査時のプロポフォール麻酔の使用法」
 プロポフォールを使えば「今までこんなに楽な検査は無かった」と患者さんの圧倒的な支持が得られ、その地域の胃カメラ No.1クリニックになれるでしょう。画質の悪い経鼻スコープを用意する必要もありません。長時間の安静も必要ありません。高価な拮抗薬も必要ありません。しかし麻酔剤ですので今までの鎮静剤や鎮痛剤とは使い方が違います。10年前から導入し、今までグループ全体で30万件以上使用した実績のある医師がプロポフォールの安全な使用法を具体的に実践的に解説します。
13:00-15:00
「早くて見逃しのない粒良式観察法の実際」
 プロポフォール麻酔は覚醒が早く、早くて見逃しのない観察法が必要です。従来の回転式観察法はスコープ先端の移動距離が長く、操作も複雑でした。東大・粒良式の垂直観察法は合理的で無駄が無いので、観察は早いのに見逃しが少ない観察法です。この講義時間内でマスターできるようにビデオを利用して観察手順と観察のコツを実践的に解説します。

プログラムの詳しいご案内はhttp://消化器内視鏡.comで見られます。


なお、2月下旬に、G県のE医師より、後藤先生に質問が届いたことにより、以下のディスカッションが行われました。大変、重要な内容でしたので、以下に公開させていただきます。

問1:「プロポフォール」は、人工?呼吸装置がないところでは使えないし、そういう使い方は保険適応外ではないでしょうか。添付文書には書かれていません。そういうことでは、一般の開業医には広まらないのではないか? 因みに、自分は「セルシン」を使った無痛処置をやって成果を上げている・・・

答:プロポフォールの使用は日本でもだんだん広まってきてます。もちろん、生体モニタ、アンビューや送管キットなどは用意します。セルシンにも添付文書には重大な副作用として「2)舌根の沈下による上気道閉塞(0.1〜5%未満)が、また、慢性気管支炎等の呼吸器疾患に用いた場合、呼吸抑制(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。」とあり、アンビューや送管キットなどはいずれにしても用意した方がいいと思われます。
 アンビューや送管は私はしたことがありませんが、もしあったとしてもすぐに醒めるので5分です。添付文書に内視鏡とは書かれていなくても合法的に使うことはできます。そもそもセルシンの添付文書にも内視鏡とか検査に伴う薬剤などとは書かれていません。保険の請求方法はセルシンは鎮静剤で内視鏡検査に伴う薬剤として請求できますが、プロポフォールは麻酔薬ですので内視鏡検査に伴う薬剤としては請求できません。内視鏡検査以外に、検査に伴う短時間の麻酔という項目を立て、それに使われた薬として請求します。
 胃カメラに伴う使用は都道府県により請求が通る県と通らない県があるようです。(都会の方が通りやすい?)もし通らないときは、病院持ち出しとなりますが、薬価が安いのと、薬価の高い拮抗薬が必要ないので十分な安静スペースをとれない病医院では重宝します。
 開業医さんは勤務医時代に使っていたものを使いますので、一般の開業医にも今後ゆっくりと広まるものと思われます。
私自身はは、セルシン+オピスタン10年、ドルミカム10年、プロポフォール10年使用しましたが、次第に短時間作用のものに変わっています。
 なぜプロポフォールがいいかというと、セルシンは追加投与を普通しませんので効く人は楽だったといいますが、中には効かない人がでてきます。ベテランなら適量をさじ加減でできるかもしれませんが絶対ではありません。追加投与してもいいのですが効果が出るのに時間がかかるので検査時間が長くなります。また、追加投与すると醒めも遅くなります。
 ところが効きが早く醒めも早いプロポフォールは1ccずつ追加投与していきベストな量を入れますのでベストな効果を期待できます。規定の量ではなくその人にあったオーダーメードの量を投与しますので全員が一定の深さの麻酔をかけられるのが最大の違いです。

問2:丁寧なご返答に御礼申し上げます。
 私は、循環器専門医ですが、30年以上胃内視鏡検査を続けております。2万例を超えていると思います。
 20〜30年前に、ヨーロッパではセルシンを使用して、ブスコバンを使用しないという文献を読んで、そのようにしていました。これまで嘔吐反射のない経口胃内視鏡検査を考え続けて行ってきております。検査の記憶をなくすことでなく、嘔吐反射をなくせば楽に検査ができます。
 75歳以上の高齢者も多いため、20歳代から年齢体重別の表を私が独自に作り、訂正を繰り返して、セルシンの静注量は各患者さんで様々です。また、気付いた点として、セルシンは静注直後より5〜10分後(過緊張の患者さんは10分前後)に鎮静効果が高いと思っております。検査中は会話ができる程度の量で、検査終了後も歩行ができます。念のため、1時間休憩してから説明し帰宅させていますが、検査の記憶がないほどのセルシン投与量は、最近は使用しておりません。
 呼吸抑制は、文献的には書かれていますが、一度も経験はありません。
 もう一つ大切な点は、キシロカインスプレー(80mg/ml)の噴霧量だと思います。添付文書の用法・用量欄には0.5mg(最大1mgまで)となっていますが、2〜30年以上体重年齢別の考慮がなされていません。この点を考えて噴霧していますが、ほとんど嘔吐反射はありません。毎日、あらゆる患者さんで100人以上の診察もしており、多忙で時間がないため、以上のようなことを公表するのは初めてですが、これから経口胃内視鏡を行おうとしている先生には参考になると思います。
 余談ですが、良性頭位性めまいで嘔吐しながら来院する患者さんや、パニックで血圧が200前後まで上がる患者さんには、セルシン静注1〜5mg前後で2〜3分で著効します。そのような経験も内視鏡での使用に役立っています。
 プロポフォールは、人工呼吸器のない施設でも本当にいいでしょうか? 高齢者ではかなりの注意が必要で、経験的な投与量をしっかり徹底するのも大切ではないでしょうか?

答2:先生のご意見とても参考になりました。ありがとうございます。以下、お返事に追加いたします。
 セルシンを10年間2万件、ドルミカムを10年間2万件、プロポフォールを10年間2万件行った経験があります。
プロポフォールは10年間に千葉西総合病院、湘南鎌倉病院、湘南厚木病院、鎌ヶ谷総合病院等の関連病院に紹介し、今まで全体で約30万件の使用実績を持っております。
検査の記憶を無くすという表現はプロポフォールには当てはまりません。セルシン=半覚醒(半分起きているが鎮静効果で落ち着いている)ドルミカム=逆行性健忘(検査途中に苦しくても一度寝たら忘れる) プロポフォール=麻酔下(検査前に意識が無く検査終了とほぼ同時にしっかり醒める)
 プロポフォールは半覚醒ではなく無意識の麻酔下ですので嘔吐反射は全く起きません。またプロポフォールはキシロカインスプレーなしでも反射なく検査できます。キシロカインをいやがる人、アレルギーの人、喘息発作を誘発する人には喜ばれます。プロポフォールが人工呼吸器がないと使えないと言うのはどちらで聞かれたのでしょうか? プロポフォールは血中濃度半減期が短く、醒めるのが早いので万一深くかかってしまってもすぐに起きます。万一横隔膜が止まり呼吸停止が来てもアンビューで5分間酸素を投与したら手が疲れる前に目が醒めるのです。プロポフォールは通常は点滴で入れますが、内視鏡検査時は安全のため検査前にワンショットで静注します。
これを知らない麻酔科の先生が使っている現場を見たこともないのにプロポフォールを危険だといっていることが多いようです。
 血中濃度半減期は、以下の通りです。
セルシン 約50時間/ドルミカム 約2時間/アネキセート 約50分/プロポフォール 約5分
 セルシンやドルミカム後にアネキセートで起こしても、あるいはベッド上安静後起こしてもまだ少し残っていてボーとする感じが嫌で麻酔をいやがる人も居ます。プロポフォールは拮抗剤を使わなくてもスッキリ目覚めて熟睡後の爽快感があります。初めて検査を受けた人はみないつ検査したのかと驚きます。検査後フラフラせず歩くことができ、しっかり医師の説明を聞くことができます。ある地域で初めて導入するとその地域で一人勝ちします。プロポフォール検査を一度受けた人は他の検査が受けられなくなると思います。
セルシンやプロポフォールでは70歳未満、70〜80歳、80歳以上で量を決めますが、極端に痩せていたり小さい人、呼吸状態の悪い人はその分加減します。そのさじ加減は長い使用経験によるカンが必要です。しかし、プロポフォールは全員、その人の睡眠の状態を見ながら少量ずつ入れます。つまり経験やカンで入れるのではなく、状態を観察しながら科学的に入れるので状態を把握できるようになるための一定の慣れは必要ですが、長い経験は要りません。コツをつかめばだれでも安全に行えます。
 開催日
2016年7月17日(日)
 講師
後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック 院長)
佐藤達雄 先生(元 東京大学病院 物療内科)
 診療科目
消化器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー