HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:73件
一般医学系:113件
消化器科系:92件
呼吸器科系:66件
循環器科系:96件
神経内科系:80件
心療内科系: 12件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 73件
老人科系:16件
感染症科系:42件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:43件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 5件
整形外科系:73件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:8件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 18件
医療法律系: 2件
その他:57件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
循環器科系
96 件中 [71-80] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次の10件
薬の副作用マスターコース(新春記念セミナー1)
−薬もリスク!;実際にあった症例と薬剤のものすごい裏話を満載−
徳田安春先生
■講師
徳田安春先生

(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 教授)
【セミナー概要】
 超高齢社会は薬剤の副作用社会でもある。確かに、新たな薬の開発によってさまざまな疾患の治療ができるようになった。予後がよくなった疾患も多い。しかしながら同時に、薬の副作用の問題が深刻化してきている。とくに高齢者でそのリスクが高い。なぜなら、高齢者は腎機能・肝機能などの薬物代謝機能が低下している。高齢者は体脂肪割合が高く、脂溶性薬剤が蓄積しやすい。高齢者は、多くの疾患を併存してもっており、多剤併用 (Polypharmacy)を受けることが多く、薬剤相互作用によって薬剤代謝が影響されやすい、などが挙げられる。治験で薬の安全性は証明できない。多くの薬の治験では、腎機能や肝機能が正常で、併存疾患もない比較的若年者が対象となっておこなわれることが多い。NEJMなどのメジャーな医学誌に掲載された論文に出たくすりだからといって安全に使用することができるとは限らない。トログリタゾンによる肝障害、ピオグリタゾンによる膀胱癌等、枚挙にいとまがない。今回の医療技術セミナーは、製薬会社が後援・共催しないようなトピックを扱うため、ほとんど開かれるようなことがない内容を扱う貴重な機会となると考える。皆様奮ってご参加下さい。
 開催日
2013年1月13日(日)
 講師
徳田安春 先生(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 教授)
 診療科目
総合診療系/呼吸器科系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
高血圧治療の新たな展開
−管理する時代から治癒を目指す時代へ−
市原淳弘先生
■講師
市原淳弘先生

(東京女子医科大学内科学(高血圧・内分泌内科) 教授)
【セミナー概要】
 高血圧患者の約9割は血圧上昇の原因が不明である本態性高血圧で、残りの約1割は原因が明らかである二次性高血圧です。二次性高血圧の多くは原疾患の治療による治癒が期待されますが、意外と診断が難しいのが現状です。
 一方、近年治療抵抗性の本態性高血圧患者に腎交感神経に対する焼灼術[renal denervation(RDN)]を行うと、著明な降圧、左室肥大の退縮、糖代謝の改善効果が見られることが報告され、私達も同治療を開始することになりました。また、ワクチンを用いた降圧治療の研究開発も進んでいます。本態性高血圧が「治癒」できることが現実的となってきたと考えられます。
 本医療セミナーでは、二次性高血圧の診断の秘訣や、本態性高血圧に対する最新情報などについてわかりやすくお話しいたします。皆様のご診療においてお役立ていただけるものと考えています。
 皆さま、奮ってご参加下さい。お待ちしています。
 開催日
2012年12月9日(日)
 講師
市原淳弘 先生(東京女子医科大学内科学(高血圧・内分泌内科) 教授)
森本聡 先生(東京女子医科大学内科学(高血圧・内分泌内科)  講師)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家におけるCKD(慢性腎臓病)の総合対策
−慢性腎臓病に対する多面的アプローチには早期診断が不可欠である−
鈴木洋通先生
■講師
鈴木洋通先生

(埼玉医科大学腎臓内科 教授)
【セミナー概要】
<開催のねらいとお誘いの言葉>
 現在本邦では急速な勢いで人口の高齢化が進行しており、2025年には65歳以上の高齢者が人口の3分の一を占めるといわれている。さらに平均寿命は頭打ちにはなっているが、80歳以上の高齢者も増加傾向となっている。一方、平成24年度より血清クレアチニン検査が特定健診の項目となり、CKDとして認識される人が今まで以上に増えることが予想される。これに加えて、降圧薬、脂質異常症薬、糖尿病治療薬の進歩、普及により、CKDを合併する高齢者が日常診療でより多く遭遇するようになると考えられる。そこで、今後はCKDを念頭に入れ、様々な疾患に対応することが実地医家には必須となると思われる。では現実にはどう対処していくのか。
 今回の医療技術セミナーでは,腎臓の評価と治療方針について実際の症例を提示しながら皆様方と考えていきたい。それにより明日からの診療が一変するのではないか。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年11月25日(日)
 講師
鈴木洋通 先生(埼玉医科大学腎臓内科 教授)
 診療科目
循環器科系/内分泌科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
徹底講義!実地医家のためのいまさら聞けない輸液・電解質のABC
−(「血液」につきましては3月10日に、改めて開催することになりました)−
平崎裕二先生
■講師
平崎裕二先生

(東京女子医科大学麻酔科学)
【セミナー概要】
 「いまさら輸液…?」「いまさら電解質…?」とお思いになるかもしれません。
 輸液なんて何となくできてしまいます。体液・電解質異常や貧血は日常臨床の多くの場面において遭遇する病態です。しかし、電解質異常と一口に言ってもその根幹には深い病態生理が潜んでいます。電解質異常が思わぬ症候として顕れることもあります。「鉄欠乏性貧血」に意外な原因が隠れている場合もあります。輸液が元で重篤な合併症を来すこともあります。
 今回の医療技術セミナーでは体液・血液・電解質に関する基礎知識をおさらいし、電解質異常、体液の異常、血液疾患について症例を提示しながらお話を進めてまいります。日々の臨床に役立つ知識をご紹介しつつ、参加者の皆様の知的好奇心を刺激するような講義にできればと考えております。  
 皆さま、奮ってご参加ください。 
 開催日
2012年11月3日(土)
 講師
平崎裕二 先生(東京女子医科大学麻酔科学)
 診療科目
総合診療系/循環器科系/内分泌科系/小児科系/神経内科系/泌尿器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための末梢静脈疾患・末梢動脈疾患の診断と治療
−(下肢静脈・動脈エコー検査/実技付き)−
榛沢和彦先生
■講師
榛沢和彦先生

(新潟大学大学院医歯学総合研究科呼吸循環外科)
【セミナー概要】
 近年、生活習慣の変化から日本人において下肢静脈疾患が増加している。また最近は深部静脈血栓症(DVT)、下肢静脈瘤などは慢性病と考えられるようになっており、急性期治療または術後のみならず弾性ストッキング着用などの理学療法を習慣として長期にわたって行うことが望まれる。したがってDVTや静脈瘤は予防が重要であり、危険因子を持っている場合は健常者であってもエコー検査や弾性ストッキングの着用が推奨される。
 末梢動脈疾患(PAD)は高齢化などにより日本人で増加している。PADは以前では閉塞性動脈硬化症(ASO)と呼ばれていたのであるが、脳梗塞や心筋梗塞などを合併していることが多く全身の動脈硬化が下肢に現れたものと捉えられている。したがって足を診て全身を診ないのは木を見て森を見ずに等しい。国際的にPADのスクリーニングは足背動脈血圧/上腕動脈血圧で計算されるABIである。ABI<0.9の場合はPADを考慮し下肢動脈エコーを行い造影CTが必要か否か判定するのがゴールドスタンダードである。
 本医療技術セミナーでは講義と同時に下肢静脈エコー検査によるDVTの診断方法の実技を行い、さらに下肢動脈エコー検査によるPADの診断方法と特徴所見、PADの局在診断方法などについての実技を行う。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2012年10月14日(日)
 講師
榛沢和彦 先生(新潟大学大学院医歯学総合研究科呼吸循環外科)
 診療科目
総合診療系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
レクチャー・マラソン“脳の新規治療薬 Update”
−てんかん、線維筋痛症、片頭痛、睡眠障害、むずむず脚症候群、抗凝固薬、認知症、パーキンソン病、多発性硬化症など−
黒岩義之先生
■講師
黒岩義之先生

(帝京大学医学部附属溝口病院 客員教授(神経内科)、附属 溝口病院脳卒中センター長、横浜市立大学名誉教授)
【セミナー概要】
 脳神経領域の日常診療では、次々と新基軸の治療薬が登場し、また高齢者患者の増加で、専門医だけではさばききれない状況で、第一線のプライマリ医の活躍が期待されています。このような中、第一線のプライマリ医の日常診療が、脳神経疾患領域の新しい薬の知識なしには進まない時代となりました。今回のレクチャー・マラソンでは、てんかん、線維筋痛症、片頭痛、睡眠障害、むずむず脚症候群、抗凝固薬(心原性脳塞栓症)、認知症、パーキンソン病、多発性硬化症などを解説します。脳神経領域の日常診療に欠かせない、ニーズの高い主要な新薬の使い方をまとめてお話しします。皆様の日常の忙しいご診療の一助になれば幸いです。
 奮ってのご参加をお待ち申し上げています。
 開催日
2012年9月9日(日)
 講師
黒岩義之 先生(帝京大学医学部附属溝口病院 客員教授(神経内科)、附属 溝口病院脳卒中センター長、横浜市立大学名誉教授)
 診療科目
一般医学系/循環器科系/神経内科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
医師とコ・メディカルのための”バイタルサイン”でここまで分かる(特別企画;創立3周年記念謝恩企画4)
−診察室ならびに待合室での患者観察−
徳田安春先生
■講師
徳田安春先生

(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 教授)
【セミナー概要】
 病歴とバイタルサインの情報のみでトリアージは可能です。病歴でレッドフラッグを見つけ出し、バイタルサインを解釈し評価することが患者トリアージの必須条件です。
病歴とバイタルサインについて実践的即戦力を学び、さらに多くの臨床的疑問に応える医療セミナーです。
 ナース、薬剤師、検査技師、理学療法士の皆さんはもちろん、現場の最前線にいる救急医療関係者・メディカルスタッフの方にも強く参加をお勧めしたいと思います。
 患者観察能力を向上させ、正しいバイタルサイン測定によるアセスメントこそが、効果的な実践的トリアージの良い学習の機会になると思います。
 皆さん、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年7月1日(日)
 講師
徳田安春 先生(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 教授)
 診療科目
総合診療系/呼吸器科系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
心音と心電図所見からみた心エコーの取り方
−気になる心音と心電図所見をエコーで確かめ、関連付けて考える−
笠巻祐二先生
■講師
笠巻祐二先生

(日本大学医学部附属板橋病院総合内科 准教授)
【セミナー概要】
 心臓は興奮収縮連関によって絶え間なく収縮と拡張を繰り返す臓器ですが、これを実際の臨床に当てはめると”興奮”は心電図により、”収縮”は心エコーにより評価することができます。言うまでもなく心電図は循環器診療においては必須の検査であり、ほぼすべての心疾患の診断、評価に用いられています。同様に、心エコー検査は、X線・CT検査のような被爆の問題がなく、非侵襲的であり、繰り返し施行できる長所を有し、あらゆる心疾患の診断、評価になくてはならない検査法として用いられております。一方、これまでの多くの心エコーに関するセミナーでは、両者を結びつけて捉えるといった視点がなかったと思われます。そこで、本医療技術セミナーでは、両者の検査を結び付け、心電図の読み方の基本を押さえながら、異常所見を心エコーで確認する際のポイントを分かりやすく解説し、実際のエコー画像を見ていただきながら身につけていただきたいと考えています。また、近年、若い先生方を見ていますと、様々な医療機器の進歩に伴い、理学的所見とくに”聴診”がおろそかにされているように感じます。本医療技術セミナーでは、典型的な心雑音から何を考え、心エコーを行うべきかについても実例を呈示しながら触れたいと思います。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年4月22日(日)
 講師
笠巻祐二 先生(日本大学医学部附属板橋病院総合内科 准教授)
太田 昌克 先生(日本大学内科学系循環器内科学分野臨床研修指導医)
 診療科目
総合診療系/呼吸器科系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
プライマリ・ケアにおける”胸痛”への対応
−こんな時どうする?実際の症例で検討しよう!−
内藤俊夫先生
■講師
内藤俊夫先生

(順天堂大学医学部総合診療学 准教授)
【セミナー概要】
 ”胸痛”の原因疾患は循環器疾患から皮膚疾患まで多岐にわたりますが、いわゆる「アート」で診断されていることも少なくありません。確かに、豊富な経験に裏打ちされた「アート」は大切ですが、EBMに基づいた「サイエンス」を診療に関与させることも重要です。
本医療技術セミナー当日は、胸痛患者の症状をスコアリングして「冠動脈疾患らしさ」を判断する方法などを例示します。このセミナーでは無記名投票システム(Turning point®)を用いて、実際の症例に直面した時の選択をクイズ形式で検討します。
皆さま奮ってご参加ください。
 開催日
2012年4月8日(日)
 講師
内藤俊夫 先生(順天堂大学医学部総合診療学 准教授)
 診療科目
総合診療系/一般医学系/消化器科系/呼吸器科系/循環器科系/感染症科系/皮膚科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家にできる糖尿病の薬物療法とインスリンの外来処方(症例検討含)
−インクレチン関連薬導入後 2年間のまとめ と、インスリンの外来処方−
内田大学先生
■講師
内田大学先生

(木更津・ほたるのセントラル内科 院長)
【セミナー概要】
 現在、経口糖尿病薬は6種類が臨床で使用されている。これだけ種類が増えると、患者の病態を考慮して適切な薬を選択する必要がある。我が国の2型糖尿病は従来からインスリン分泌低下が主体と考えられていたが、近年の生活習慣の欧米化により小太りのインスリン抵抗性が強い症例も増えてきている。どのような切り口で患者の病態を判断し、どのような薬剤を選択するべきなのかをわかりやすく解説する。特に2年前から我が国でも臨床使用できるようになったDPP4阻害薬とGLP-1受容体アゴニストは糖尿病治療に大きな変革をもたらした。これらの薬剤の使用経験と症例についても解説をする。
 インクレチン関連薬が使用できるようになった現在でも、インスリン治療の重要性が変わったわけではない。現在でも、インスリン導入が遅れて合併症が進行した不幸な症例を作らないようにすることが重要である。近年、インスリン製剤やペン型注射器は進歩し、自己血糖測定の器具も改良が進み、インスリン導入の垣根が低くなった。もはや外来でインスリン導入することが一般的になっている。特に実地医家にも簡単にできるインスリン導入法として、従来の経口薬治療に持効型インスリン1回打ちを併用するBOTを解説する。BOTをきっかけにインスリン治療を身近なものとしていただき、早期インスリン導入が普及されることを期待したい。

<ご注意>
午前中の「糖尿病の処方薬に依存しない治療」にもご出席になる受講者にはお弁当をご準備しますので、できるだけ事前に受講の登録をしてください。)
 開催日
2012年2月5日(日)
 講師
内田大学 先生(木更津・ほたるのセントラル内科 院長)
 診療科目
一般医学系/循環器科系/内分泌科系/神経内科系/在宅医療系/その他
 DVD価格
3,300円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー