HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:73件
一般医学系:113件
消化器科系:92件
呼吸器科系:66件
循環器科系:96件
神経内科系:80件
心療内科系: 12件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 73件
老人科系:16件
感染症科系:42件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:43件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 5件
整形外科系:73件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:8件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 18件
医療法律系: 2件
その他:57件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
循環器科系
96 件中 [61-70] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次の10件
実地医家にできる不整脈の診かたと適切な治療・管理
長田尚彦先生
■講師
長田尚彦先生

(聖マリアンナ医科大学循環器内科 講師)
【セミナー概要】
 動悸を訴える患者は多く、診断するのは比較的苦労することが多いと思われます。安静時心電図検査は意外と来院時に動悸がなく、あまり有用な情報がとれないことも少なくないです。
 今回の医療技術セミナーの午前中は、不整脈の診断方法、不整脈心電図の見方、専門医に送るタイミングなどについて説明します。自動解析による心電図判読の際の注意点、Holter心電図や運動負荷心電図などの検査の有用性、限界などもお話させていただく予定であります。
 午後は不整脈の治療を中心にお話させていただきます。薬物治療で抗凝固薬の適切な治療法や、特に最近話題になっている心房細動に対するアブレーション治療、埋め込み型除細動器(ICD)などについても説明を加え、実地臨床の先生方がどのタイミングでこの様な治療を検討すべきかについてもお話させていただきます。
 皆様のご参加をお待ちしております。
 開催日
2013年12月15日(日)
 講師
長田尚彦 先生(聖マリアンナ医科大学循環器内科 講師)
 診療科目
一般医学系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
丸ごと頚部エコー
−甲状腺+頚動脈+リンパ・唾液腺 こっそり胸部エコー −
杉山 高先生
■講師
杉山 高先生

(浜松南病院画像診断部 顧問)
【セミナー概要】
 東京電力福島原発の放射能漏れ事故から2年以上が経ちましたが,将来,内部被曝により甲状腺癌の誘発が心配されています.今回のセミナーはこの背景と社会事情を考え,丸ごと頚部エコー「甲状腺エコー+頚動脈エコー+リンパ・唾液腺、そして、こっそり胸部エコー」としました.頚部は狭い領域に重要器官が寄り添うように存在しています.これらの器官をお手持ちの装置,コンベックスから“リニア”へ探触子を持ちかえ,ちょっとした走査のコツを知ることで,甲状腺・唾液腺・頚部リンパ節のほか,脳梗塞の危険因子と目されるプラークを頚動脈エコーで診ていくというものです.今回のセミナーには,これに胸部(肋骨骨折等)エコーを新たに加えてみました.講義では各臓器の検査法や日頃,経験した症例を呈示し,エコーの有用性を解説します.実技では親切・丁寧をモットーにベテランのスタッフが担当します.この機会に是非,お誘い合わせの上ご参集いただき,ご体験くださいますようご案内申し上げます。きっと,明日からの診療にお役立てできるものと確信します.
 奮ってご参加ください.
 開催日
2013年12月1日(日)
 講師
杉山 高 先生(浜松南病院画像診断部 顧問)
 診療科目
循環器科系/内分泌科系/整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
DVD購入申込み
新しい診療ガイドラインに基づく 最新 CKD(慢性腎臓病)の診断と治療
−新しい診療ガイドラインに基づく−
今井圓裕先生
■講師
今井圓裕先生

(宝塚市・中山寺いまいクリニック 院長)
【セミナー概要】
 CKD(慢性腎臓病)は2002年にその概念が発表され、10年がたつ。2012年に、CKDの重症度分類が改定され、従来のGFRによる分類ではなく、GFRと尿アルブミン量を組み合わせて重症度を決定するようになった。また、糸球体腎炎、血圧、腎性貧血、CKDの診断とマネジメントの4つのガイドラインがKDIGOより出版された。これを受けて、日本腎臓学会はCKD診療ガイド2012およびCKD診療ガイドライン2013を出版した。本医療技術セミナーでは、エビデンスに基づいて新しく変わったCKDの診療に関して紹介するとともに、具体的な症例も提示して治療法の実際を示す。 
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2013年11月4日(月)
 講師
今井圓裕 先生(宝塚市・中山寺いまいクリニック 院長)
 診療科目
一般医学系/循環器科系/内分泌科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家にできる睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診療と適切な管理
−SASの背景に存在する早朝高血圧、循環器疾患を見逃さない−
長田尚彦先生
■講師
長田尚彦先生

(聖マリアンナ医科大学循環器内科 講師)
【セミナー概要】
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、これまで上気道の閉塞が原因で、眠気が生じる疾患として取り扱われてきた。そのため上気道の閉塞としての呼吸器内科/耳鼻咽喉科が、眠気があるため精神神経科の医師が診療してきた。しかし近年は、睡眠時無呼吸症候群は高血圧の原因疾患として注目され、放置するといろいろな循環器疾患を発症することが知られてきたため循環器医が診療/管理することが注目されるようになった。
 SASを臨床医師が取り組むためにはどのように始めたら良いのか。また非専門家医師はどこまで理解して、どんな知識が必要なのかについて、いまだ十分理解されていないのが現状である。一般的には高血圧、循環器疾患を診療/管理できる医師は多数存在する。しかしながら睡眠時無呼吸症候群は診療したことがない、管理したことがないという医師が多数存在する。
 今回の医療技術セミナーでは、SASの背景に存在する早朝高血圧、循環器疾患を見逃さずに、実地医家にできる診療と適切な管理について解説します。
 皆様のご参加をお待ち申し上げております。
 開催日
2013年10月20日(日)
 講師
長田尚彦 先生(聖マリアンナ医科大学循環器内科 講師)
 診療科目
一般医学系/呼吸器科系/循環器科系/耳鼻咽喉科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
”めまい”を極める
−内科医から診た“めまい”の診断学−
上田剛士 先生
■講師
上田剛士 先生

(洛和会丸太町病院救急総合診療科 医長)
【セミナー概要】
「めまい」は一般外来で頻繁に遭遇する症候でありますが、ここ5年間ほどで診断学が大きく進歩した領域でもあります。例えば良性発作性頭位性めまい症(BPPV)の診療に対してある程度標準化された眼振誘発と浮遊耳石置換法の実施は不可欠となってきています。また持続的眼振を呈する前庭神経炎と脳梗塞の鑑別が、Head impulse試験を初めとする簡単な手技で可能なことが分かってきました。
 今回の医療技術セミナーでは研修医の先生のみならずベテランの実地医家の先生方にとっても有意義な企画となるように、特別な器具を一切使用せずに「めまい」を系統的に分類・診断する方法を、最新エビデンスを集約して解説いたします。
 一般外来・救急外来でめまい診療に携わる多くの先生方のご参加をお待ちしています。奮ってご参加ください。   
 開催日
2013年9月23日(月)
 講師
上田剛士  先生(洛和会丸太町病院救急総合診療科 医長)
 診療科目
総合診療系/循環器科系/神経内科系/耳鼻咽喉科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家にできる虚血性心疾患の診療と適切な管理
−外来での検査/薬物治療におけるポイント−狭心症、心不全、心筋梗塞、突然死の予防のために−
長田尚彦先生
■講師
長田尚彦先生

(聖マリアンナ医科大学循環器内科 講師)
【セミナー概要】
 臨床で虚血性心疾患を見る際に、最も求められるスキルは何でしょうか?運動負荷試験、核医学検査、心臓CT検査、採血など、多くのツールが必要と思われますが、実際にはいろいろと診療に苦慮されていることが多いのではないでしょうか。今回の医療技術セミナーでは、虚血性心疾患を診断する上において、実地医家の立場で問診、胸部写真、心電図、通常採血などのツールによってどこまで迫ることができるかをご説明します。またどの様なタイミングで専門医に送るのか、また緊急性はどうやって判断するのか、診断された虚血性心疾患の薬物治療をどうするのかなど、非専門家の立場に立ってお話したいと思っています。これまで怖かった“循環器領域の診断および治療、管理”が、自信を持てるようになれると確信しています。
 皆様方のふるってのご参加をお待ち申し上げております。
 開催日
2013年6月23日(日)
 講師
長田尚彦 先生(聖マリアンナ医科大学循環器内科 講師)
 診療科目
一般医学系/循環器科系/老人科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
EPAおよびDHAの臨床的意義を考える(設立4周年 開催200回 記念謝恩企画3)
野末剛先生
■講師
野末剛先生

(横浜栄共済病院循環器内科 副部長)
【セミナー概要】
 これまでの多数の介入試験のメタ解析結果から、スタチンによる脂質低下療法は、LDLコレステロールを低下させ、心血管イベントならびに死亡率を低下させることが示されてきた。一方、LDLコレステロールを標的とした治療だけでは心血管イベントの7-8割を予防できないことも事実である。この残余リスクを規定するものとして、近年多価不飽和脂肪酸、特にn-3系とn-6系の多価不飽和脂肪酸の比が注目されている。日本で行われたJELIS試験では、スタチン治療にEPA 1800mgを追加投与することにより主要冠動脈イベント発生率が19%低下することが示された。EPA、DHAならびにn-3系とn-6系の多価不飽和脂肪酸の比が冠動脈硬化にどのように影響するか、その臨床的意義について分かりやすく解説したい。
 皆様、奮ってご参加下さい。
 開催日
2013年4月28日(日)
 講師
野末剛 先生(横浜栄共済病院循環器内科 副部長)
 診療科目
一般医学系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
心エコーのとり方の実際と心音と心電図所見からみた心エコーのとり方
笠巻祐二先生
■講師
笠巻祐二先生

(日本大学板橋病院総合診療科 准教授)
【セミナー概要】
 心臓は興奮収縮連関によって絶え間なく収縮と拡張を繰り返す臓器ですが、これを実際の臨床に当てはめると”興奮”は心電図により、”収縮”は心エコーにより評価することができます。言うまでもなく心電図は循環器診療においては必須の検査であり、ほぼすべての心疾患の診断、評価に用いられています。同様に、心エコー検査は、X線・CT検査のような被爆の問題がなく、非侵襲的であり、繰り返し施行できる長所を有し、あらゆる心疾患の診断、評価になくてはならない検査法として用いられております。一方、これまでの多くの心エコーに関するセミナーでは、両者を結びつけて捉えるといった視点がなかったと思われます。そこで、本医療技術セミナーでは、両者の検査を結び付け、心電図の読み方の基本を押さえながら、異常所見を心エコーで確認する際のポイントを分かりやすく解説し、実際のエコー画像を見ていただきながら身につけていただきたいと考えています。また、近年、若い先生方を見ていますと、様々な医療機器の進歩に伴い、理学的所見とくに”聴診”がおろそかにされているように感じます。本医療技術セミナーでは、典型的な心雑音から何を考え、心エコーを行うべきかについても実例を呈示しながら触れたいと思います。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2013年4月21日(日)
 講師
笠巻祐二 先生(日本大学板橋病院総合診療科 准教授)
太田昌克 先生(日本大学板橋病院循環器内科 講師)
 診療科目
一般医学系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
高齢者の診かた(1)−心身医療、循環器、呼吸器、運動機能(2回シリーズ)
−1.循環器科、運動機能−
江頭正人先生
■講師
江頭正人先生

(東京大学加齢医学/老年病科 総合研修センター 准教授)
【セミナー概要】
 高齢者医療は内科診療の延長では上手くいかない。高齢者を診るには、合併症や高齢者特有の症状(老年症候群)、生活機能、生活環境などその人の健康に関わるすべてを把握した上で、重要な問題は何かを見極め、それに基づいて医療やケアの優先順位付けをして提供することである。しかしながら、医療制度や患者側の専門医指向、医療への盲信なども障壁となって、そのような医療実践はまだまだ不十分である。
 本医療セミナーでは、高齢者医療でも重要な4つの分野を取り上げ、各分野の専門医でもある老年科医が講義を行う。普段診なれた疾患を通して老年医学の考え方を身に付ける良い機会となろう。
 開催日
2013年3月24日(日)
 講師
江頭正人 先生(東京大学加齢医学/老年病科 総合研修センター 准教授)
小川純人 先生(東京大学加齢医学/老年病科 講師)
 診療科目
一般医学系/循環器科系/整形外科系/老人科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
徹底講義2!実地医家のための いまさら聞けない輸血・血液凝固管理のABC
平崎裕二先生
■講師
平崎裕二先生

(東京女子医科大学麻酔科学)
【セミナー概要】
 11月3日開催の「輸液・電解質」(#173)に続き、今回の医療技術セミナーでは、輸血と止血管理に焦点を当ててお話しいたします。
貧血は日常診療の多くの場面で遭遇する病態ですが、その 背景には様々な疾患が隠れています。「鉄欠乏性貧血」や「溶血性貧血」に意外な原因が隠れている場合もあります。出血性疾患は“ある日突然”発症したりします。出血制御のための診断技術、治療手段は大きく変化しつつあります。
 今回の医療技術セミナーでは、輸血、止血に関する基礎知識をおさらいし、貧血、出血性疾患、血栓性疾患について症例を提示しながらお話を進めてまいります。また、在宅輸血を含む輸血療法、血液分画製剤療法、抗凝固療法についても解説いたします。日々の臨床に役立つ知識と、あっと驚く症例を準備して皆様をお待ちしております。  
 皆様、奮ってご参加下さい。
 開催日
2013年3月10日(日)
 講師
平崎裕二 先生(東京女子医科大学麻酔科学)
 診療科目
一般医学系/循環器科系/在宅医療系/整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー