HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:77件
一般医学系:113件
消化器科系:93件
呼吸器科系:71件
循環器科系:99件
神経内科系:83件
心療内科系: 13件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 74件
老人科系:16件
感染症科系:44件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:45件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 6件
整形外科系:75件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:9件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 20件
医療法律系: 2件
その他:62件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
循環器科系
99 件中 [51-60] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次の10件
腎保護を考えたいろいろな降圧薬の使用法
−降圧剤が蛋白尿を減らすメカニズムを知る−特にN型カルシウムチャネルブロッカーを中心に−
西山成先生
■講師
西山成先生

(香川大学医学部薬理学 教授)
【セミナー概要】
 慢性腎臓病(CKD)に対する特効薬はありませんが、高血圧を合併する患者が多いため、腎臓の保護を考慮して降圧薬を選択するケースが多いと思います。これに対して高血圧ガイドラインが2014年に改訂され、CKD合併高血圧患者に対する降圧薬の選択基準にも変更がありました。しかし、この「CKD」という病態には、多くの異なった腎疾患が含まれており、これらを一律に考えることは難しいのが現状です。そのため、臨床エビデンスによって決められているCKD合併高血圧患者に対する降圧ガイドラインについても、なぜそういった降圧薬を選択するのかについて、なかなか理解が進みません。
 今回の医療技術セミナーでは、高血圧や糖尿病などに合併する「蛋白尿」にターゲットを絞って、病態を理解した上で降圧治療を実践するために、必要な知識を身につけていただくことを目的としました。まず、蛋白尿とは腎臓のどういった病態の指標なのかについて、蛋白尿が生じるメカニズムを含めて解説します。続いて、なぜ蛋白尿を生じると心筋梗塞や脳卒中などのイベントが増えるのかについて考えて行きます。これらの理解を進めた上で、蛋白尿を生じるCKD合併高血圧患者に対する降圧薬として、最初にレニン・アンジオテンシン系阻害薬を選択する理由について、科学的データを示して説明します。最後にこの効果が不十分であった時に、次の一手をどう考えるのかについて、副作用も含めて薬理学的な見地から私の考えを述べ、皆さんとdiscussionしたいと思います。
 今回の2時間のセミナーで高血圧の病態における蛋白尿の意義についての知識を身につけ、実際の診療での理論的な降圧治療につながれば幸いです。
 皆さま、奮ってご参加下さい!
 開催日
2015年5月10日(日)
 講師
西山成 先生(香川大学医学部薬理学 教授)
 診療科目
循環器科系/内分泌科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
症例に応じた高齢者の血圧管理
−高齢者を中心に CKD(慢性腎臓病)を考慮に入れて−
安田隆先生
■講師
安田隆先生

(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院腎臓・高血圧内科部長、透析療法部部長 准教授、)
【セミナー概要】
 高血圧は通院疾患の中で最も頻度の高い疾患です。高血圧の割合は加齢とともに増加しますので、高齢化の進行とともに高血圧症例は今後もますます増加します。このことは診療する高血圧症例のほとんどは高齢者である、ということを意味します。一方、CKD(慢性腎臓病)も加齢とともに有病率が増加します。高血圧はCKDのリスクですので、高齢の高血圧症例では高率にCKDを合併しています。CKDでは血圧管理が重要ですが、高齢者では加齢に伴う腎血流調整機構の障害などから副作用のみられる割合が高まります。
 今回の医療技術セミナーでは、CKDを考慮に入れた高齢者高血圧の管理を中心に、二次性高血圧や治療抵抗性高血圧の管理についても話す予定です。実地医家の先生方が個々の症例に応じて適切に血圧管理を行うために必要な実践的な基本的な考え方を分かりやすく解説します。たかが血圧、されど血圧です。より良い血圧管理を目指す多くの医師のご参加を心よりお待ちしています。
 開催日
2015年2月22日(日)
 講師
安田隆 先生(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院腎臓・高血圧内科部長、透析療法部部長 准教授、)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
虚血性心疾患の心電図診断
−心電図所見の持つ意味−基礎と応用 −
吉野秀朗先生
■講師
吉野秀朗先生

(杏林大学医学部内科学供塀朶調鐺皺福法ゞ擬)
【セミナー概要】
 循環器疾患の診断と治療において、多くの検査の中での心電図検査の位置付けは、その再現性、簡便性、経済性(安価であること)、迅速性、非侵襲性において、他の検査法に比べ明らかに優位である。しかし、心電図検査そのものは、心臓の電気現象を観察しているに過ぎず、心電図検査結果のみを観察してもその意味付けはなかなか困難である。しかし、他の多くの侵襲的、非侵襲的検査と比較しながら、その意味を見直してみると、これまでと異なった世界が広がる。一枚の心電図をよく観察し、その意味を検討すると、思いの外、多くのことを語ってくれる。
 今回の医療技術セミナーでは、狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患の特徴について言及すると共に、心筋症や弁膜症、左室肥大など他の心疾患の心電図変化についても対比して言及したい。とくに虚血性心疾患については、心電図所見を他の検査所見と対比したり、臨床研究結果と対比したりしてその所見の持つ意味を議論したい。
 皆さま、ふるってご参加ください。
 開催日
2015年2月1日(日)
 講師
吉野秀朗 先生(杏林大学医学部内科学供塀朶調鐺皺福法ゞ擬)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
実地医家のための心電図から心臓を覗く(1)−心電図異常から実際の心臓病変を心エコー、冠動脈造影から学ぶ
−心エコー、冠動脈造影との対比から−
田邊晃久先生
■講師
田邊晃久先生

(海老名総合病院顧問、やまと中央循環器内科院長、 前東海大学循環器内科教授・科長)
【セミナー概要】
 心電図には心臓突然死、心不全などを起こす‘危険な情報’から、当面は‘何ら生命予後や日常生活に影響しない情報’までを示す幅広い所見が含まれます。また、肥大心(負荷心)、梗塞心、虚血心、各種不整脈、電解質異常、急性心膜炎などの診断が可能で、そのような場合、心臓にはどのような病変が、どの程度の重症度をもち、どのような治療を選択するかなどが示唆されます。
 本講演では、多くの心電図に接していただき、対応した心エコー、冠動脈造影を観察しながら、その治療法(薬物治療を中心)をも含め、一緒に学んでいきたいと存じます。できるだけ、わかりやすく日常の‘心電図の読みかた、考えかた’の診療技術のスキルアップにつながるようなお話をしたいと考えております。
 皆さま、奮ってご参加下さい。 
 開催日
2014年12月21日(日)
 講師
田邊晃久 先生(海老名総合病院顧問、やまと中央循環器内科院長、 前東海大学循環器内科教授・科長)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
心血管イベント予防を見据えた糖尿病の実践的治療スキルアップ
島袋充生先生
■講師
島袋充生先生

(徳島大学ヘルスバイオサイエンス研究部心臓血管病態医学分野 特任教授)
【セミナー概要】
 糖尿病は心臓血管病の主要なリスクファクターです。心臓血管病の徹底的予防を見据えたとき、糖尿病治療のスキルは極めて大きな意味をもちます。糖尿病患者の心臓血管病予防を目指した観察研究&介入研究から、ポジティブあるいはネガティブなエビデンスが、次々と分かってきました。糖尿病でおこる心臓血管病のメカニズムがわかりつつあること、また、さまざまなクラスの糖尿病治療薬がでてきたことにより、個々の医師の糖尿病治療スキルが、糖尿病患者の予後を大きく変えると考えています。
 本医療技術セミナーは、「心血管イベント予防を見据えた糖尿病の実践的治療スキルアップ」と題して、糖尿病治療のエビデンスを正しく整理・理解し、実践的治療スキルをつけていただくことを目的としました。午前は、糖尿病の治療スキルを身につける上で必須の知識を習得し、午後は、実践的スキルをつけていただくプログラムとしました。
 皆さま、奮ってご参加ください!

 ところで、強力で大型の台風19号が近づいて来ておりますが、12日は開催を強行する予定です。台風の進行が遅く、直接的に影響が出るのは13日の月曜日以降であるとの報道もあり、かつ 何よりも代替日が求められませんので。
 ご出席の皆様は、気を付けておいでください。
 開催日
2014年10月12日(日)
 講師
島袋充生 先生(徳島大学ヘルスバイオサイエンス研究部心臓血管病態医学分野 特任教授)
 診療科目
循環器科系/内分泌科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
”中枢性めまい”を見逃さないための画像検査のピットフォール(シリーズ2)
−片頭痛関連めまい、めまい不定愁訴へのアプローチ−
新井基洋先生
■講師
新井基洋先生

(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科 部長)
【セミナー概要】
 古くから教科書や成書には「回転性めまい=耳のめまい」「非回転性めまい=脳のめまい」と記述されていますが、これを鵜呑みにしてはいけません。
 めまいをよく診る先生であれば、脳梗塞や脳出血でも回転性めまいが起こり得ることを、経験上ご存じなのではないでしょうか。そこで、今回は(救急)外来にきためまいしか訴えない患者の中で見落としがちな中枢性めまいはここだ!をお話します。医師として(救急)外来の現場で見逃したくないのは中枢性めまい。前述の通り、回転性か非回転性では判断は参考にしかできません。私は、(救急)外来にきためまいしか訴えない患者の中で見落としがちな中枢性めまいのポイントを述べます。CTで見逃しやすいのは下部小脳内側梗塞。残念ながらCTでは病巣が写りにくい時間と部位があるからです。症状もめまいしか認めないと、末梢性めまいとしてよく誤診されます。この場合の鑑別点は、臨床症状が大事となり、ここを解説します。MRIで見逃しやすいのは延髄上部内側梗塞。めまい診療ではMRI拡散強調画像さえ撮っておけば安心か?・・・残念ながらそうではありません。発症2時間で病巣が写るMRI拡散強調でも写りにくい場所。それは「延髄上部内側梗塞」です。
 以上、今回の医療技術セミナーでは、中枢性めまいを見逃さないための画像検査のピットフォールについて解説します。
 さらに、午後の講義では、めまいに伴う不定愁訴についてのアプローチや片頭痛関連めまいなど臨床のポイント満載で参ります!
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2014年9月15日(月)
 講師
新井基洋 先生(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科 部長)
 診療科目
循環器科系/神経内科系/整形外科系/耳鼻咽喉科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
実地医家のための遺伝子検査で予防・治療する生活習慣病
−オーダーメイド医療の普及とネットワーク作りに参加を!−
山概糎先生
■講師
山概糎先生

(株式会社サインポスト 代表取締役;大阪大学発ベンチャービジネス/元 大阪大学大学院病態情報内科学 助教授)
【セミナー概要】
 究極の医療は、発症前にハイリスク症例を同定し、オーダーメイド(個別化)で予防的医療により発症を未然に防ぎ、健康寿命を維持することである。講師らは、生活習慣病(肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、歯周病など)の発症にかかわる多数の遺伝因子(遺伝子多型)を検索し、その遺伝子多型に対応した栄養素や生活習慣の改善法を提示するサービスを行っている。さらに、この生活習慣を被検者自身が実践することで、従来の生活習慣病に対する指導では得られない効果が3年間以上もの長期にわたり長く続くことを明らかにしてきた。この臨床支援サービスを日常、生活習慣病の診療に取組まれている実地医家にも導入・普及していただきたく、遺伝子検査と予防医療というオーダーメイド医療の意義と効果をわかりやすく解説するとともに、今後の検査や普及のネットラーク化を一層広め強くするための端緒とする機会にしたい。皆さま、奮ってご参加ください。

 希望される医家に、ご自身の解析結果を基に、生活習慣病予防をめざしたオーダーメイド医療を体験していただけます。”スキルアップ”まで、ご連絡ください。
 開催日
2014年6月29日(日)
 講師
山概糎 先生(株式会社サインポスト 代表取締役;大阪大学発ベンチャービジネス/元 大阪大学大学院病態情報内科学 助教授)
 診療科目
一般医学系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
静脈血栓塞栓症(VTE)と下肢の末梢動脈疾患(PAD/ASO)の診断と治療
−エコー検査の実習付き−
榛沢和彦先生
■講師
榛沢和彦先生

(新潟大学医歯学総合研究科呼吸循環外科 講師)
【セミナー概要】
 今回の医療技術セミナーで、急遽、新しい動脈硬化の検査法を紹介します!!

 さて先日2015年4月19日、20日、5月10日、11日と岩手の被災地で下肢深部静脈検診を行いました。そのときにPASESAという新しい装置で動脈硬化指標AVIを被災者対象に測定しました。その結果、復興の進んでいない地域で足の血栓が多く、またAVI値が高いことが判明しました。また病院から近い仮設住宅団地ではAVIが低いという結果も得られ、血圧に関する病院受診行動がAVI測定でわかる可能性が示唆されました。このPASESAは理化学研究所で開発され、国の後押しもあって保険点数が検査にすでに付いています。価格は1台ABI測定装置の1/3〜1/4程度で、保険点数が50点付くので血圧計代わりに使えばすぐに元が取れます。また簡単に動脈硬化の進展予測や降圧剤の内服状況が予測できるので非常に医者としては便利です。今回のセミナーで、この装置を会場でハンズオンすることにいたしました。さらに今回は超小型のポータブルエコーも持ち込んで皆様に使っていただき、非常の際に役立つことを理解してもらいたいと思います。エコー実技については、エコーを用いた血管穿刺のテクニックも代用品を使って実際にやってもらいます。それから、DVT予防と治療に使う弾性ストッキングの基礎と応用も行います。
 今回の新たなメニューとして
|得ストッキングの着用練習
⊃卦抗凝固療法薬の特徴と今後のDVTへの臨床応用について(治験の経験から)
エコーによる穿刺の練習(T字型プローブの可能性)
PASESAによる新たな動脈硬化指標の測定実習とその意義について
ツ蕎型携帯型エコー装置による災害時下肢静脈エコー検査の方法
新たな頸動脈血流モニタリング装置の実習 


 東日本大震災では厳しい環境の避難所で静脈血栓塞栓症(DVT)が多発し、肺塞栓症(PE)の発生も少なくありませんでした。このように日本人でもDVTおよびPEが増加しいています。欧米では既にDVTとPEは静脈血栓塞栓症(venous thrombo-embolism; VTE)として統合した疾患とされており、密接に関係することがわかっています。 本医療技術セミナーでは、VTEの診断に関してエコー検査から造影CTまで、その方法と読影方法などを体系的に解説します。また治療に関しては弾性ストッキングなどの理学療法から血栓溶解療法、そして最新の抗凝固療法までを体系的に解説します。
 一方、閉塞性動脈硬化症(ASO)は欧米では末梢動脈疾患(peripheral arterial disease; PAD)と称されるようになっています。これはPADが冠動脈疾患や頸動脈疾患などの他の動脈疾患と密接に関連することにあります。末梢動脈疾患PAD(ASO)は症状の無い状態から始まっており、早期診断治療が重要であり、特に薬物治療と運動療法が有用です。本医療技術セミナーでは、PADの診断法についてABI(ankle-brachial pressure index)やエコー検査などから造影CTまで体系的に説明する。また、治療に関しても薬物治療・運動治療から外科的治療の適応までを体系的に解説します。
  静脈血栓塞栓症(VTE)は予防できる疾患であり、下肢の末梢動脈疾患(PAD)は早期発見・治療で進行を遅らせることができる疾患です。ぜひこの機会に両者の早期診断法と治療法を知っていただき、一人でも多く患者様が肺塞栓症で死亡しないように、また下肢切断とならないようにしていただければと思います。  
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2014年6月8日(日)
 講師
榛沢和彦 先生(新潟大学医歯学総合研究科呼吸循環外科 講師)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
実地医家のための危険な不整脈の診かた・考え方
−ホルター・イベント心電図における評価を中心に−
田邉晃久先生
■講師
田邉晃久先生

(海老名総合病院心臓血管センター顧問/前東海大学医学部循環器内科教授)
【セミナー概要】
 不整脈には心臓突然死、心不全、脳梗塞などを起こす‘たちの悪い不整脈’と放置しても何ら生命予後や日常生活に影響しない‘たちの悪くない不整脈’があります。その見極めと対策はきわめて重要で、患者さんや家族の将来設計に大きく関与します。
 本医療技術セミナーでは、実地医家(かかりつけ医)が普段の診療で不整脈、とくに心房細動や粗動などの上室性不整脈、心室期外収縮・頻拍などの心室性不整脈、に出会った場合、どのように診て、どのように考えて、どのように対応し、どこで専門医に紹介するかを数多くの具体例をもって解説したいと思います。講演を通し、多くの心電図に親しく接していただき、ホルター心電図やイベント心電図の扱いや読みかたにも慣れ親しんでいただき、日常の‘不整脈の診療技術のスキルアップ’に直接つながるようなお話をしたいと考えております。
 皆さま、奮ってご参加ください。 
 開催日
2014年5月25日(日)
 講師
田邉晃久 先生(海老名総合病院心臓血管センター顧問/前東海大学医学部循環器内科教授)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
心電図から読み解く虚血性心疾患、不整脈、心不全等の診断と治療
−声に出して覚える心電図の手法を用いて−
高沢謙二先生
■講師
高沢謙二先生

(東京医科大学八王子医療センター センター長)
【セミナー概要】
 心電図は難しい、わかりづらいという声をよく聞きます。しかしながら循環器疾患の診断に何をおいても欠かせないといったらやはり心電図です。しかも比較的低価格で、場所もとらず患者さんにも苦痛を与えずに記録できる検査とあっては、循環器専門の医師のみならず一般内科医にとっても、あるいは一緒に医療に携わる看護師、検査技師の方々にとっても、どうしても判読をマスターしたい検査といえるでしょう。
 一方、私が20数年にわたる教育活動等から得た手法として、肝心で重要な事項は永久記憶になるよう”声に出して覚える”手法です。それを実地に活かす。幹さえしっかりしていれば枝葉は後でいくらでもつけられます。必要に応じて専門書からの知識も増やせます。まずは判読の基本をマスターしましょう。
 今回の医療技術セミナーの午前中は、声に出して覚える心電図の手法を用いて徹底的に基本的な心電図判読をマスターすることをめざします。そして正常を正常と断定できる能力こそ異常を見逃さない力であることを理解していただきます。午後のセッションでは、基本知識を活かして、虚血性心疾患、不整脈、心不全等の疾患の診断と治療に関して多くの設問を用意して検討・解説します。また実地医家の方々の関心事項としての薬物治療についても、私の実践をご紹介します。
 皆さま、奮ってご参加下さい。

*南江堂から04年に出版された『声に出して覚える心電図』が好評で版を重ね、10年に改定されておりますが、今回の医療セミナーでは、「声に出して覚える心電図」の手法を用いて、難しい心電図をやさしく解説していただきます。
 開催日
2014年4月29日(火)
 講師
高沢謙二 先生(東京医科大学八王子医療センター センター長)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー