HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:77件
一般医学系:113件
消化器科系:93件
呼吸器科系:69件
循環器科系:98件
神経内科系:82件
心療内科系: 13件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 74件
老人科系:16件
感染症科系:43件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:45件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 6件
整形外科系:75件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:9件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 20件
医療法律系: 2件
その他:62件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
呼吸器科系
69 件中 [51-60] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 次の10件
高齢者の診かた(2)−心身医療、循環器、呼吸器、運動機能(2回シリーズ)
−2.心身医療、呼吸器科−
秋下雅弘先生
■講師
秋下雅弘先生

(東京大学医学系研究科加齢医学/老年病科 准教授)
【セミナー概要】
 高齢者医療は内科診療の延長では上手くいかない。高齢者を診るには、合併症や高齢者特有の症状(老年症候群)、生活機能、生活環境などその人の健康に関わるすべてを把握した上で、重要な問題は何かを見極め、それに基づいて医療やケアの優先順位付けをして提供することである。しかしながら、医療制度や患者側の専門医指向、医療への盲信なども障壁となって、そのような医療実践はまだまだ不十分である。
 本医療セミナーでは、高齢者医療でも重要な4つの分野を取り上げ、各分野の専門医でもある老年科医が講義を行う。普段診なれた疾患を通して老年医学の考え方を身に付ける良い機会となろう。

このセミナーは当初、4月7日開催の予定でしたが、都合により
4月14日に変更させていただきました。
 開催日
2013年4月14日(日)
 講師
秋下雅弘 先生(東京大学医学系研究科加齢医学/老年病科 准教授)
山口泰弘 先生(東京大学医学系研究科加齢医学/老年病科 講師)
 診療科目
一般医学系/呼吸器科系/神経内科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
薬の副作用マスターコース(新春記念セミナー1)
−薬もリスク!;実際にあった症例と薬剤のものすごい裏話を満載−
徳田安春先生
■講師
徳田安春先生

(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 教授)
【セミナー概要】
 超高齢社会は薬剤の副作用社会でもある。確かに、新たな薬の開発によってさまざまな疾患の治療ができるようになった。予後がよくなった疾患も多い。しかしながら同時に、薬の副作用の問題が深刻化してきている。とくに高齢者でそのリスクが高い。なぜなら、高齢者は腎機能・肝機能などの薬物代謝機能が低下している。高齢者は体脂肪割合が高く、脂溶性薬剤が蓄積しやすい。高齢者は、多くの疾患を併存してもっており、多剤併用 (Polypharmacy)を受けることが多く、薬剤相互作用によって薬剤代謝が影響されやすい、などが挙げられる。治験で薬の安全性は証明できない。多くの薬の治験では、腎機能や肝機能が正常で、併存疾患もない比較的若年者が対象となっておこなわれることが多い。NEJMなどのメジャーな医学誌に掲載された論文に出たくすりだからといって安全に使用することができるとは限らない。トログリタゾンによる肝障害、ピオグリタゾンによる膀胱癌等、枚挙にいとまがない。今回の医療技術セミナーは、製薬会社が後援・共催しないようなトピックを扱うため、ほとんど開かれるようなことがない内容を扱う貴重な機会となると考える。皆様奮ってご参加下さい。
 開催日
2013年1月13日(日)
 講師
徳田安春 先生(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 教授)
 診療科目
総合診療系/呼吸器科系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
呼吸器感染症の診療のピットフォール
−肺炎、結核、インフルエンザ、他;日常診療に潜む大きな罠−
金子猛先生
■講師
金子猛先生

(横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター 呼吸器センター 教授)
【セミナー概要】
 内科の日常診療において、呼吸器感染症を診る機会は極めて多い。本年6月に発表された厚生労働省の2011年人口動態統計月報年計によれば、肺炎は、ついに脳血管疾患を抜いて、悪性新生物、心疾患に次いで死因の第3位に繰り上がった。今後も益々高齢化が進行するにつれ、呼吸器感染症、特に肺炎の診療機会が増加することが予測される。この講演では、呼吸器感染症診療において、迅速な診断が要求される肺炎を急性上気道炎から鑑別する際に、陥りやすい過ち、すなわちピットフォールをいかに回避し、正しい診断に到達するかに主眼を置いた診療のコツを解説する。自覚症状やバイタルサイン、聴診所見から肺炎を疑うポイントをまとめ、さらに、高齢者の肺炎における自覚症状やバイタルサインの変化にも言及する。また、肺炎の画像所見の特徴を述べ、実際に肺炎との鑑別が困難であった呼吸器疾患症例について、胸部レントゲン写真やCTを提示して、各々の症例の画像所見を解説する。中でも、肺炎の診断の際には、常に肺結核を鑑別診断に挙げることが重要である。肺結核の診断の遅れは、病状の進行を招くとともに、周囲への感染拡大を生じることにつながる。したがって、まず肺結核を疑って喀痰の抗酸菌検査を実施することが必要になる。肺結核の他にも、肺炎との鑑別が問題となる、胸部レントゲン写真で浸潤影を呈した肺癌や特発性器質化肺炎(COP)症例等を取り上げる。
 開催日
2012年11月23日(金)
 講師
金子猛 先生(横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター 呼吸器センター 教授)
新海正晴 先生(横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター 呼吸器センター 助教)
 診療科目
一般医学系/呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
胸部X線写真とCT画像の読影トレーニング
−肺がんを見落とさないための実際の読影演習−
山田耕三先生
■講師
山田耕三先生

(神奈川県立がんセンター呼吸器内科 部長)
【セミナー概要】
 日常診療において胸部単純X線写真は呼吸器領域の病気の診断・治療に活用されるもっとも身近な画像診断です。また、胸部CT検査は、胸部の画像診断においては、現在不可欠な検査です。実際、CT検査は胸部写真で異常陰影が発見された場合は、次のステップとして必ず行う検査であり、呼吸器診療においてこの胸部単純X線写真→胸部CTという検査の流れは欠かすことができません。そこで、今回は胸部写真や胸部CT画像の基本的な読影の手順をはじめ、実際の症例を使っての肺がんを見落とさないための『読影のコツ』や『読影のピットフォール』を主体に、臨床に直結する胸部写真および胸部CT、最新のPET画像なども供覧しながら、「見落とさない肺がんの読み方」について解説いたします。皆様に積極的に参加していただく講師と参加者による1対1の画像診断演習のセミナーにしていきたいと考えています。今回使用する症例は、すべてがん診療の実例です。なお、受講者の先生方で、日常の臨床において悩まれている症例等がありましたら、当日お持ちください。二人の専門医と一緒に答えを出すようにいたします。
皆様奮ってご参加ください。

 開催日
2012年8月26日(日)
 講師
山田耕三 先生(神奈川県立がんセンター呼吸器内科 部長)
村上修司 先生(神奈川県立がんセンター呼吸器内科)
 診療科目
一般医学系/呼吸器科系/感染症科系/老人科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
プライマリケアで用いる漢方2 〜「呼吸器疾患」および「さまざまな不定愁訴」〜
−「呼吸器疾患」および「さまざまな不定愁訴」の漢方治療−
野上達也先生
■講師
野上達也先生

(富山大学医学薬学研究部和漢診療学講座 助教)
【セミナー概要】
 漢方医学は中国由来の我が国の伝統医学であり、多くの患者から根強い支持を得ています。我が国では質の高い医療用漢方エキス製剤が保険診療で用いることができ、医師の約80%が日常診療に漢方薬を用いているというデータもあります。漢方薬の著効例を経験し、漢方治療の魅力にお気づきになっている先生も少なくないのではないでしょうか。
 しかしながら、多くの場合、いまだに漢方薬の使用は病名投与による限定的なものとなっており、あくまで日常診療の補助的な手段として用いられているのが実情ではないかと思います。漢方薬は病態によっては治療の中心的な手段となりうる治療薬です。もっと生かしていかなければもったいない。
 今回の医療技術セミナーでは、日常診療で出会うことの多い、「呼吸器疾患」および「さまざまな不定愁訴」について診療の漢方薬を中心的な薬剤として用いてよいと考える病態について、漢方治療のコツをご紹介し、実際の症例を提示させていただきたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年7月7日(土)
 講師
野上達也 先生(富山大学医学薬学研究部和漢診療学講座 助教)
 診療科目
総合診療系/呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
医師とコ・メディカルのための”バイタルサイン”でここまで分かる(特別企画;創立3周年記念謝恩企画4)
−診察室ならびに待合室での患者観察−
徳田安春先生
■講師
徳田安春先生

(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 教授)
【セミナー概要】
 病歴とバイタルサインの情報のみでトリアージは可能です。病歴でレッドフラッグを見つけ出し、バイタルサインを解釈し評価することが患者トリアージの必須条件です。
病歴とバイタルサインについて実践的即戦力を学び、さらに多くの臨床的疑問に応える医療セミナーです。
 ナース、薬剤師、検査技師、理学療法士の皆さんはもちろん、現場の最前線にいる救急医療関係者・メディカルスタッフの方にも強く参加をお勧めしたいと思います。
 患者観察能力を向上させ、正しいバイタルサイン測定によるアセスメントこそが、効果的な実践的トリアージの良い学習の機会になると思います。
 皆さん、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年7月1日(日)
 講師
徳田安春 先生(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 教授)
 診療科目
総合診療系/呼吸器科系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
子どもの疾患シリーズ2 子どもの喘息とアレルギーの診断と治療
−「シンプル」をキーワードに、適正な診断と治療−
勝沼俊雄先生
■講師
勝沼俊雄先生

(東京慈恵会医科大学第三病院小児科 准教授)
【セミナー概要】
 小児のアレルギー疾患は「アレルギーマーチ」と表されるように、年齢や環境の変化に応じて複合的に発現します。従って一つの疾患に偏らず、全身の幅広い診察が重要です。一方で、多岐にわたる小児のアレルギー(の診断と治療)に苦手意識を持たれるケースも少ないようです。本医療技術セミナーでは「シンプル」をキーワードに、小児喘息・アレルギー疾患の適正な診断と治療のスキルアップをしていただけるよう、分かりやすく解説させていただきます。
皆さまのご参加を待ちしています!
 開催日
2012年6月24日(日)
 講師
勝沼俊雄 先生(東京慈恵会医科大学第三病院小児科 准教授)
 診療科目
呼吸器科系/小児科系/耳鼻咽喉科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
心音と心電図所見からみた心エコーの取り方
−気になる心音と心電図所見をエコーで確かめ、関連付けて考える−
笠巻祐二先生
■講師
笠巻祐二先生

(日本大学医学部附属板橋病院総合内科 准教授)
【セミナー概要】
 心臓は興奮収縮連関によって絶え間なく収縮と拡張を繰り返す臓器ですが、これを実際の臨床に当てはめると”興奮”は心電図により、”収縮”は心エコーにより評価することができます。言うまでもなく心電図は循環器診療においては必須の検査であり、ほぼすべての心疾患の診断、評価に用いられています。同様に、心エコー検査は、X線・CT検査のような被爆の問題がなく、非侵襲的であり、繰り返し施行できる長所を有し、あらゆる心疾患の診断、評価になくてはならない検査法として用いられております。一方、これまでの多くの心エコーに関するセミナーでは、両者を結びつけて捉えるといった視点がなかったと思われます。そこで、本医療技術セミナーでは、両者の検査を結び付け、心電図の読み方の基本を押さえながら、異常所見を心エコーで確認する際のポイントを分かりやすく解説し、実際のエコー画像を見ていただきながら身につけていただきたいと考えています。また、近年、若い先生方を見ていますと、様々な医療機器の進歩に伴い、理学的所見とくに”聴診”がおろそかにされているように感じます。本医療技術セミナーでは、典型的な心雑音から何を考え、心エコーを行うべきかについても実例を呈示しながら触れたいと思います。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2012年4月22日(日)
 講師
笠巻祐二 先生(日本大学医学部附属板橋病院総合内科 准教授)
太田 昌克 先生(日本大学内科学系循環器内科学分野臨床研修指導医)
 診療科目
総合診療系/呼吸器科系/循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
プライマリ・ケアにおける”胸痛”への対応
−こんな時どうする?実際の症例で検討しよう!−
内藤俊夫先生
■講師
内藤俊夫先生

(順天堂大学医学部総合診療学 准教授)
【セミナー概要】
 ”胸痛”の原因疾患は循環器疾患から皮膚疾患まで多岐にわたりますが、いわゆる「アート」で診断されていることも少なくありません。確かに、豊富な経験に裏打ちされた「アート」は大切ですが、EBMに基づいた「サイエンス」を診療に関与させることも重要です。
本医療技術セミナー当日は、胸痛患者の症状をスコアリングして「冠動脈疾患らしさ」を判断する方法などを例示します。このセミナーでは無記名投票システム(Turning point®)を用いて、実際の症例に直面した時の選択をクイズ形式で検討します。
皆さま奮ってご参加ください。
 開催日
2012年4月8日(日)
 講師
内藤俊夫 先生(順天堂大学医学部総合診療学 准教授)
 診療科目
総合診療系/一般医学系/消化器科系/呼吸器科系/循環器科系/感染症科系/皮膚科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
グローバルヘルスの視点から見た感染症(特別企画;DDOとの共催))
−。咤腺劭咫'03年・中国)から最近の感染症の話題まで/病院・クリニックの感染症対策−
浦島充佳先生
■講師
浦島充佳先生

(東京慈恵会医科大学小児科 准教授 /総合医科学研究センター公衆衛生学 分子疫学 准教授)
【セミナー概要】
。咤腺劭咫'03年・中国)から最近の感染症の話題まで 
 2002年から2003年にかけ、中国で発生したSARS(重症急性呼吸器症候群、新型肺炎)は医療関係者に大きな衝撃を与え、流行期間中にはWHOが世界規模の警報を発する事態へと発展しました。また、2009年の新型インフルエンザの流行も記憶に新しいところです。海外が発生源の感染症であっても、交通網がきわめて発達した現代は、瞬く間に世界的規模の流行が引き起こされる危険をはらんだ時代であると言えます。こうしたことから、日常的な医療・介護現場においても、「グローバルヘルスの視点」が強く求められるようになっており、これに立った正しい看護・介護の知識と技術が不可欠であると考えられます。
 本セミナーでは、豊富な実例に基づき、グローバルな視点から見た現場のあり方について、わかりやすく解説をしたいと思っております。




このセミナーは、会場にLANの設備がありませんのでLIVE中継は出来ませんが、2月22日(水)以降、オンデマンド配信と復習用のDVDの頒布を行い(@3,000円)ます。
 開催日
2012年2月18日(土)
 講師
浦島充佳 先生(東京慈恵会医科大学小児科 准教授 /総合医科学研究センター公衆衛生学 分子疫学 准教授)
小山 智弘  先生(株式会社サンエイ 代表取締役)
 診療科目
一般医学系/呼吸器科系/感染症科系/小児科系/在宅医療系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー