HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:73件
一般医学系:113件
消化器科系:92件
呼吸器科系:66件
循環器科系:96件
神経内科系:80件
心療内科系: 12件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 73件
老人科系:16件
感染症科系:42件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:43件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 5件
整形外科系:73件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:8件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 18件
医療法律系: 2件
その他:57件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
循環器科系
96 件中 [41-50] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次の10件
プライマリケアに必要な高尿酸血症の診断・治療のコツ
−メタボをベースに、高尿酸血症を中心に、高血圧、糖尿病、脂質と最近の進歩を含めて総合的なレクチャー−
栗山哲先生
■講師
栗山哲先生

(東京国税局診療所・健康管理センター 所長、東京慈恵会医科大学腎臓高血圧内科学 教授)
【セミナー概要】
 本医療技術セミナーに興味を持たれる実地医家の諸先生は、日常診療で健診結果の評価に携わることも多いと思います。昨今は、高血圧、糖尿病、脂質異常症など内臓肥満をベースにした、いわゆるメタボリック症候群(メタボ)が圧倒的に多いことは自明です。メタボは、近年の飽食の時代に明らかな臨床症状もなしに緩慢に進行し、様々な脳・心・腎障害を介して重篤な心血管疾患を発症させるsilent killerとして知られる重大な国民病です。
 さて、最近のトピックはメタボにしばしば併存する高尿酸血症です。高血圧・高血糖・脂質異常などは血管障害性が明らかで、高リスクの病態を生む事は比較的容易に理解できますが、高尿酸血症に関しては、「善玉説」と「悪玉説」があり、その病態生理学的意義は必ずしも明確ではありません。最近の尿酸研究の大御所Richard Johnsonの論説によると尿酸の心血管リスクとしての役割を、innocent bystander (罪なき傍観者)からcentral player(リスクの主役)へと、変わりつつとあります。
 本医療技術セミナーでは、これらの新たな潮流も見据えて、メタボに関する最新の考えに加え高尿酸血症の新たな概念とその診断・治療を皆さんと一緒に考えていきたいと考えます。メタボや高尿酸血症は、早期発見・早期治療が極めて重要です。特に、プライマリーケアを担うかかりつけドクターにおいては、健診結果を受けステージの軽い時期に適切に対処すべき疾患群と考えます。
 皆さん、奮ってご参加下さい。
 開催日
2016年5月29日(日)
 講師
栗山哲 先生(東京国税局診療所・健康管理センター 所長、東京慈恵会医科大学腎臓高血圧内科学 教授)
 診療科目
循環器科系/内分泌科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家が知っておくべき 新規抗凝固薬NOACの使い分け
−より有効に、より安全に使うための方法−新・旧抗凝固薬の作用機序の違いによる安全性への期待−
根岸耕二 先生
■講師
根岸耕二 先生

(横浜市立市民病院循環器科 部長)
【セミナー概要】
 凝固薬は、心房細動に伴う心原性脳塞栓症の予防と深部静脈血栓症、肺塞栓症の予防・治療に主に用いられます。長らくワーファリン一剤しかなかったものが、4年前から新たな作用機序の薬剤NOACが使用可能となり適応症例が増えています。
 抗凝固療法の目的はひとたび発症すると極めて予後の悪い心原性脳塞栓症(脳梗塞)の予防です。一度の発作で寝たきりとなる「ノックアウト型脳梗塞」が40〜50%を占め、介護負担も含めてその予防は大きな社会目標です。原因疾患の大部分を占める心房細動は無症状で未発見例を含めると70歳台で5%、80歳台で10%程度の有病率が見込まれ、高齢化の進む日本では今後更に発症リスクが高まります。
 心房細動に起因する心原性脳塞栓症の予防には3つのステップがあります。/緩失抛阿糧見、適切な抗凝固療法、9涯展破,良堙切な中断を避ける、の3つです。当日は ↓に関しても簡単に触れますが△鮹羶瓦箸靴匿憾酸脳塞栓症予防の総合的アプローチについて話をさせていただこうと考えています。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2016年4月10日(日)
 講師
根岸耕二  先生(横浜市立市民病院循環器科 部長)
酒井正憲 先生(横浜市立市民病院循環器科 )
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
静脈血栓塞栓症(VTE)と下肢の末梢動脈疾患(PAD・ASO)の診断と治療
−下肢静脈・動脈エコー検査の実習付き−
榛沢和彦先生
■講師
榛沢和彦先生

(新潟大学附属病院呼吸循環外科 講師)
【セミナー概要】
 東日本大震災では厳しい環境の避難所で静脈血栓塞栓症(DVT)が多発し、肺塞栓症(PE)の発生も少なくありませんでした。このように日本人でもDVTおよびPEが増加しいています。欧米では既にDVTとPEは静脈血栓塞栓症(venous thrombo-embolism; VTE)として統合した疾患とされており、密接に関係することがわかっています。 本医療技術セミナーでは、VTEの診断に関してエコー検査から造影CTまで、その方法と読影方法などを体系的に解説します。また治療に関しては弾性ストッキングなどの理学療法から血栓溶解療法、そして最新のNOACによる抗凝固療法までを体系的に解説します。
 一方、閉塞性動脈硬化症(ASO)は欧米では末梢動脈疾患(peripheral arterial disease; PAD)と称されるようになっています。これはPADが冠動脈疾患や頸動脈疾患などの他の動脈疾患と密接に関連することにあります。末梢動脈疾患PAD(ASO)は症状の無い状態から始まっており、早期診断治療が重要であり、特に薬物治療と運動療法が有用です。本医療技術セミナーでは、PADの診断法についてABI(ankle-brachial pressure index)やエコー検査などから造影CTまで体系的に説明します。また、治療に関しても薬物治療・運動治療から外科的治療の適応までを体系的に解説します。
  静脈血栓塞栓症(VTE)は予防できる疾患であり、下肢の末梢動脈疾患(PAD)は早期発見・治療で進行を遅らせることができる疾患です。ぜひこの機会に両者の早期診断法と治療法を知っていただき、一人でも多く患者様が肺塞栓症で死亡しないように、また下肢切断とならないようにしていただければと思います。  
 皆様、奮ってご参加ください。


 当日は、新しい動脈硬化の検査装置PASESA(日本光電工業)や、DVTの見逃し予防のためにDダイマー測定装置(小型の手のひらサイズのもの;ロシュ・ダイアグノスティックス)を、展示かたがた受講者の使用に供することになっております。ご期待ください。(記入日;2月9日)
 開催日
2016年2月21日(日)
 講師
榛沢和彦 先生(新潟大学附属病院呼吸循環外科 講師)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための心電図から読み解く虚血性心疾患、不整脈、心不全 等の診断と治療
−“声に出して覚える心電図”の手法活かして−心電図の基本をマスターし診療に活かす−
高沢謙二先生
■講師
高沢謙二先生

(東京医科大学病院健診予防医学センター センター長)
【セミナー概要】
 心電図は難しい、わかりづらいという声をよく聞きます。しかしながら循環器疾患の診断に何をおいても欠かせないといったらやはり心電図です。しかも比較的低価格で、場所もとらず患者さんにも苦痛を与えずに記録できる検査とあっては、循環器専門の医師のみならず一般内科医にとっても、あるいは一緒に医療に携わる看護師、検査技師の方々にとっても、どうしても判読をマスターしたい検査といえるでしょう。一方、私が20数年にわたる教育活動等から得た手法として、肝心で重要な事項は永久記憶になるよう”声に出して覚える”手法です。それを実地に活かす。幹さえしっかりしていれば枝葉は後でいくらでもつけられます。必要に応じて専門書からの知識も増やせます。まずは判読の基本をマスターしましょう。
 今回の医療技術セミナーの午前中は、声に出して覚える心電図の手法を用いて徹底的に基本的な心電図判読をマスターすることをめざします。そして正常を正常と断定できる能力こそ異常を見逃さない力であることを理解していただきます。午後のセッションでは、基本知識を活かして、虚血性心疾患、不整脈、心不全等の心疾患の診断と治療に関して多くの設問を用意して検討・解説します。また実地医家の方々の関心事項としての薬物治療についても、私の実践をご紹介します。
 皆様のご参加をお待ち申し上げております。
 開催日
2015年12月20日(日)
 講師
高沢謙二 先生(東京医科大学病院健診予防医学センター センター長)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家に役立つ抗血栓薬の使い方
−循環器疾患を中心に:より有効で、より安全に−
岩出和徳先生
■講師
岩出和徳先生

(国立病院機構横浜医療センター 外来診療部長、東京女子医科大学循環器内科 非常勤講師)
【セミナー概要】
 心臓・血管を扱う循環器疾患には、多くの場合心腔内や血管内の血栓形成がその病態に関与しています。使用可能な抗血栓薬も多岐に渡り、また近年新しい抗血栓薬が次々に発売され使用可能になってきました。しかし、各種抗血栓薬にはそれぞれ適応病態・疾患が異なり、また少なからず出血性合併症も発症し不幸な転帰を見ることも多く、その使用に躊躇されている先生方も多いようです。
 本医療技術セミナーでは、血栓形成の基本的な考え方、循環器科領域における血栓症の位置づけを踏まえた抗血栓療法の現状、そして抗血栓薬の各病態を考慮した選択方法、より安全な使い方のコツについて、実臨床に役立つ内容を考えています。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2015年7月26日(日)
 講師
岩出和徳 先生(国立病院機構横浜医療センター 外来診療部長、東京女子医科大学循環器内科 非常勤講師)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための心電図から心臓を覗く
−心エコー法を含めて形態・動態、治療を考える−
田邊晃久先生
■講師
田邊晃久先生

(海老名総合病院 顧問)
【セミナー概要】
 前回(昨年12月21日午前)の「心電図から心臓を覗く(1)」では肥大心、梗塞心を中心に、心電図を示し、形態、動態を心エコー法あるいは冠動脈造影法で観察しながら、その治療法を含めお話ししました。
 今回は、その続きとして、まず、肥大型心筋症、拡張型心筋症、急性心膜炎などの従来知られる心膜・心筋疾患のほか、新たに注目されているたこつぼ型心筋症、左室緻密化障害などの心筋症などの心電図を提示し、心エコーで形態、動態を観察し、診断法、治療法などを概説したいと思います。そのあと、再度、心電図・不整脈の基本という立場から、脚ブロック、電解質異常、頻脈性不整脈、徐拍性不整脈などの重要な例を多数示し、個々について、治療法(薬物治療を中心)を一緒に学びたいと存じます。できるだけ、やさしく、わかりやすく解説いたします。
 皆さま、奮ってご参加下さい。 
 開催日
2015年7月19日(日)
 講師
田邊晃久 先生(海老名総合病院 顧問)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
中心血圧の計測を取り入れた新しい血圧の考え方と計り方(実習付き)
−新しい血圧計HEM9000AIを使った実習を含めて−
高沢謙二先生
■講師
高沢謙二先生

(東京医科大学病院健診予防医学センター センター長/教授)
【セミナー概要】
 午前中については、中心血圧発達の背景と意義について説明し、この概念は今後の血圧評価に必須のものであるということ、特に現在わが国において降圧薬として9割以上を占めている血管拡張薬の効果判定には欠くべからざるものであるということを徹底して解説したい。
 また、午後は、午前中に開発の経緯について解説したわが国で開発された中心血圧測定装置(HEM-9000AI)について、測定の注意点と正確な値を得るためのポイントとコツ、そしてそれぞれの症例の解釈を伝授します。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2015年6月28日(日)
 講師
高沢謙二 先生(東京医科大学病院健診予防医学センター センター長/教授)
松本知沙 先生(東京医科大学附属病院循環器内科 臨床助教)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
腎保護を考えたいろいろな降圧薬の使用法
−降圧剤が蛋白尿を減らすメカニズムを知る−特にN型カルシウムチャネルブロッカーを中心に−
西山成先生
■講師
西山成先生

(香川大学医学部薬理学 教授)
【セミナー概要】
 慢性腎臓病(CKD)に対する特効薬はありませんが、高血圧を合併する患者が多いため、腎臓の保護を考慮して降圧薬を選択するケースが多いと思います。これに対して高血圧ガイドラインが2014年に改訂され、CKD合併高血圧患者に対する降圧薬の選択基準にも変更がありました。しかし、この「CKD」という病態には、多くの異なった腎疾患が含まれており、これらを一律に考えることは難しいのが現状です。そのため、臨床エビデンスによって決められているCKD合併高血圧患者に対する降圧ガイドラインについても、なぜそういった降圧薬を選択するのかについて、なかなか理解が進みません。
 今回の医療技術セミナーでは、高血圧や糖尿病などに合併する「蛋白尿」にターゲットを絞って、病態を理解した上で降圧治療を実践するために、必要な知識を身につけていただくことを目的としました。まず、蛋白尿とは腎臓のどういった病態の指標なのかについて、蛋白尿が生じるメカニズムを含めて解説します。続いて、なぜ蛋白尿を生じると心筋梗塞や脳卒中などのイベントが増えるのかについて考えて行きます。これらの理解を進めた上で、蛋白尿を生じるCKD合併高血圧患者に対する降圧薬として、最初にレニン・アンジオテンシン系阻害薬を選択する理由について、科学的データを示して説明します。最後にこの効果が不十分であった時に、次の一手をどう考えるのかについて、副作用も含めて薬理学的な見地から私の考えを述べ、皆さんとdiscussionしたいと思います。
 今回の2時間のセミナーで高血圧の病態における蛋白尿の意義についての知識を身につけ、実際の診療での理論的な降圧治療につながれば幸いです。
 皆さま、奮ってご参加下さい!
 開催日
2015年5月10日(日)
 講師
西山成 先生(香川大学医学部薬理学 教授)
 診療科目
循環器科系/内分泌科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
症例に応じた高齢者の血圧管理
−高齢者を中心に CKD(慢性腎臓病)を考慮に入れて−
安田隆先生
■講師
安田隆先生

(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院腎臓・高血圧内科部長、透析療法部部長 准教授、)
【セミナー概要】
 高血圧は通院疾患の中で最も頻度の高い疾患です。高血圧の割合は加齢とともに増加しますので、高齢化の進行とともに高血圧症例は今後もますます増加します。このことは診療する高血圧症例のほとんどは高齢者である、ということを意味します。一方、CKD(慢性腎臓病)も加齢とともに有病率が増加します。高血圧はCKDのリスクですので、高齢の高血圧症例では高率にCKDを合併しています。CKDでは血圧管理が重要ですが、高齢者では加齢に伴う腎血流調整機構の障害などから副作用のみられる割合が高まります。
 今回の医療技術セミナーでは、CKDを考慮に入れた高齢者高血圧の管理を中心に、二次性高血圧や治療抵抗性高血圧の管理についても話す予定です。実地医家の先生方が個々の症例に応じて適切に血圧管理を行うために必要な実践的な基本的な考え方を分かりやすく解説します。たかが血圧、されど血圧です。より良い血圧管理を目指す多くの医師のご参加を心よりお待ちしています。
 開催日
2015年2月22日(日)
 講師
安田隆 先生(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院腎臓・高血圧内科部長、透析療法部部長 准教授、)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
虚血性心疾患の心電図診断
−心電図所見の持つ意味−基礎と応用 −
吉野秀朗先生
■講師
吉野秀朗先生

(杏林大学医学部内科学供塀朶調鐺皺福法ゞ擬)
【セミナー概要】
 循環器疾患の診断と治療において、多くの検査の中での心電図検査の位置付けは、その再現性、簡便性、経済性(安価であること)、迅速性、非侵襲性において、他の検査法に比べ明らかに優位である。しかし、心電図検査そのものは、心臓の電気現象を観察しているに過ぎず、心電図検査結果のみを観察してもその意味付けはなかなか困難である。しかし、他の多くの侵襲的、非侵襲的検査と比較しながら、その意味を見直してみると、これまでと異なった世界が広がる。一枚の心電図をよく観察し、その意味を検討すると、思いの外、多くのことを語ってくれる。
 今回の医療技術セミナーでは、狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患の特徴について言及すると共に、心筋症や弁膜症、左室肥大など他の心疾患の心電図変化についても対比して言及したい。とくに虚血性心疾患については、心電図所見を他の検査所見と対比したり、臨床研究結果と対比したりしてその所見の持つ意味を議論したい。
 皆さま、ふるってご参加ください。
 開催日
2015年2月1日(日)
 講師
吉野秀朗 先生(杏林大学医学部内科学供塀朶調鐺皺福法ゞ擬)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー