HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:77件
一般医学系:113件
消化器科系:93件
呼吸器科系:69件
循環器科系:98件
神経内科系:82件
心療内科系: 13件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 74件
老人科系:16件
感染症科系:43件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:45件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 6件
整形外科系:75件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:9件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 20件
医療法律系: 2件
その他:62件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
整形外科系
75 件中 [41-50] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 次の10件
ボツリヌスによる痛みの治療シリーズ4(全4回) 脳卒中などに対するオフラベルボツリヌス治療
−脳卒中後の硬縮にともなう痛み、リハビリ促進、ADL改善、他 各種症状−
寺本純先生
■講師
寺本純先生

(寺本神経内科・名古屋/八重洲痛みの治療相談室 院長)
【セミナー概要】
 ボツリヌス治療は国内ではいくつかの疾患に対して保険適用となっているが、普及はまだ限定的である。片頭痛など すでに欧米での国家承認まで得た領域もあるが、国内では諸事情によって承認は無理である。
 しかし、現実には有効性を示す疾患・症状はさらに多く、保険制度の異なる欧米ではすでに広く普及している。
 ボツリヌス剤の安全性は十分確保されているが、施術にあたっては一定の経験が成績を左右する。オフラベルボツリヌス治療の対象となる症状・疾患は夥しく多いという現実は将来の医療の大切な領域である。
 TPPで混合診療の受け入れは決定的であり、一層導入しやすくなる治療法である。また診療の付加価値も求められるようになるのは必至である。
 それに先んじて診断・治療技術の習得が必要である。現状として自由診療として開始し、少しずつ経験を積んでいくことが求められる。
 本医療技術セミナーでは、今回、4回のシリーズで、特に頻度の高い症状や疾患を中心に解説したい。
1)整形外科領域でのオフラベルボツリヌス治療(10/5)
2)多汗症・花粉症等の分泌異常に対するオフラベルボツリヌス治療(12/7)
3)頭痛・片頭痛・肩こりなどに対するオフラベルボツリヌス治療(15/1/25)
4)脳卒中後の各種症状などに対するオフラベルボツリヌス治療(15/2/8) 
皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2015年2月8日(日)
 講師
寺本純 先生(寺本神経内科・名古屋/八重洲痛みの治療相談室 院長)
 診療科目
神経内科系/整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
実地医家のためのプライマリケアでの腰痛診療
−腰痛,どうしていますか?痛みの基礎と腰痛診療−
折田純久先生
■講師
折田純久先生

(千葉大学大学院医学研究院整形外科学 助教)
【セミナー概要】
 腰痛は国民愁訴においてトップを占める愁訴であり,近年の高齢化社会ではますます存在感を増しています.しかしながら、これまでその診断と治療は経験と慣習に基づくものが中心であり統一の見解があるとは言えない状況でした.これは腰痛の85%が原因が明らかではない「非特異的腰痛」であるという事実以外に,「痛み」全般に対する医療従事者の知識・認識不足,これに伴う不十分な腰痛の考察も原因として挙げられます.このように腰痛をはじめとする運動器疼痛の診療では基礎医学的な疼痛機序を含む確固たる知識なくしては十分な治療効果は得られません.
 今回の医療技術セミナーでは,この10年で劇的に発展してきた疼痛基礎研究に基づく痛み診療等の最新知見をはじめ,日本整形外科学会主導で策定された腰痛診療ガイドラインを中心にしてプライマリの現場で重要となる問診,診察や画像診断を中心とした診断など,現代の腰痛診療に必要な知識を網羅的に解説します.腰痛を中心に扱う整形外科医の先生方はもちろん,プライマリの現場で腰痛に接する全ての先生方の学習の場としたいと考えています.
 奮ってご参加下さい.
 開催日
2015年1月18日(日)
 講師
折田純久 先生(千葉大学大学院医学研究院整形外科学 助教)
 診療科目
整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
実地医家に知っておいてほしい整形外科領域の疾患
−特に日常遭遇しやすい外傷と内科疾患と間違われやすい疾患−
中澤明尋先生
■講師
中澤明尋先生

(横浜市民病院 副院長/整形外科 部長)
【セミナー概要】
 四肢や脊椎の外傷や痛みは,整形外科医のみならず実地医家にとって、日常的に遭遇する疾患です。近年の医学の進歩により,人々の平均寿命は飛躍的に伸びましたが,健康に長寿を全うできるかどうかが,次の医学界の課題です.高齢者のQOLを最も低下させる原因が,骨粗鬆症に起因する脆弱性骨折と腰痛で,その診断,治療,予防は非常に重要となってきています.午前の部では高齢者で頻度の高い骨折の診察法と対処法,骨折リスクを軽減させるための予防法について説明します.午後の部では腰痛、四肢の痛みやしびれを呈する脊椎やその周辺疾患の診断のコツ、特に見落とされがちな疾患に重点をおきつつ、鑑別の仕方に関して概説いたします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2014年11月2日(日)
 講師
中澤明尋 先生(横浜市民病院 副院長/整形外科 部長)
青田洋一 先生(横浜市立脳血管センター 副院長/横浜市立大学 客員教授(医学部運動器病態学(整形外科学))
 診療科目
神経内科系/整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
ボツリヌスによる痛みの治療シリーズ1(全4回) オフラベルボツリヌス治療の整形外科領域への応用
−欧米ですでに広く普及 大きく立ち遅れる日本;新規開業にもお薦め!!オフラベルボツリヌス治療を日本で新たに普及させる!−
寺本純先生
■講師
寺本純先生

(寺本神経内科クリニック・名古屋/八重洲痛みの診療室)
【セミナー概要】
 ボツリヌス治療は国内ではいくつかの疾患に対して保険適用となっているが、普及はまだ限定的である。片頭痛など すでに欧米での国家承認まで得た領域もあるが、国内では諸事情によって承認は無理である。
しかし、現実には有効性を示す疾患・症状はさらに多く、保険制度の異なる欧米ではすでに広く普及している。
 ボツリヌス剤の安全性は十分確保されているが、施術にあたっては一定の経験が成績を左右する。オフラベルボツリヌス治療の対象となる症状・疾患は夥しく多いという現実は将来の医療の大切な領域である。
 TPPで混合診療の受け入れは決定的であり、一層導入しやすくなる治療法である。また診療の付加価値も求められるようになるのは必至である。
 それに先んじて診断・治療技術の習得が必要である。現状として自由診療として開始し、少しずつ経験を積んでいくことが求められる。
 本医療技術セミナーでは、今回、4回のシリーズで、特に頻度の高い症状や疾患を中心に解説したい。
1)整形外科領域でのオフラベルボツリヌス治療(10/5)
2)多汗症、花粉症等、分泌異常に対するオフラベルボツリヌス治療(12/7) 
3)頭痛・肩こりのためのオフラベルボツリヌス治療(15/1/25)
4)脳卒中後の痛みなどに対するオフラベルボツリヌス治療(15/2/8)
皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2014年10月5日(日)
 講師
寺本純 先生(寺本神経内科クリニック・名古屋/八重洲痛みの診療室)
 診療科目
神経内科系/整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
実地医家が遭遇する慢性疼痛症、特に線維筋痛症のマネージメント
−疾患の鑑別・診断法、痛みの評価、物理療法、薬物療法を網羅−
岡寛先生
■講師
岡寛先生

(東京医科大学八王子医療センター リウマチ性疾患治療センター 教授)
【セミナー概要】
 2010年に調査された20歳以上の本邦の3ヶ月以上、痛みが10段階で5以上の慢性疼痛の方は、なんと22.5%いることが明らかになりました。この慢性疼痛が進行した線維筋痛症も、人口の2.1%、約250万人の患者さんがいます。
日常の診療でも、慢性疼痛の患者さんと頻繁に遭遇します。それらの患者さんを単にメンタルの病気としていいものでしょうか。早期の症例では治療の介入により、痛みがなくなり、社会復帰もできます。
本医療技術セミナーでは、診断、治療、性格による対処法などを実例も交えて解説します。
是非、ご参加下さい。
 開催日
2014年9月23日(火)
 講師
岡寛 先生(東京医科大学八王子医療センター リウマチ性疾患治療センター 教授)
 診療科目
神経内科系/整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
”中枢性めまい”を見逃さないための画像検査のピットフォール(シリーズ2)
−片頭痛関連めまい、めまい不定愁訴へのアプローチ−
新井基洋先生
■講師
新井基洋先生

(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科 部長)
【セミナー概要】
 古くから教科書や成書には「回転性めまい=耳のめまい」「非回転性めまい=脳のめまい」と記述されていますが、これを鵜呑みにしてはいけません。
 めまいをよく診る先生であれば、脳梗塞や脳出血でも回転性めまいが起こり得ることを、経験上ご存じなのではないでしょうか。そこで、今回は(救急)外来にきためまいしか訴えない患者の中で見落としがちな中枢性めまいはここだ!をお話します。医師として(救急)外来の現場で見逃したくないのは中枢性めまい。前述の通り、回転性か非回転性では判断は参考にしかできません。私は、(救急)外来にきためまいしか訴えない患者の中で見落としがちな中枢性めまいのポイントを述べます。CTで見逃しやすいのは下部小脳内側梗塞。残念ながらCTでは病巣が写りにくい時間と部位があるからです。症状もめまいしか認めないと、末梢性めまいとしてよく誤診されます。この場合の鑑別点は、臨床症状が大事となり、ここを解説します。MRIで見逃しやすいのは延髄上部内側梗塞。めまい診療ではMRI拡散強調画像さえ撮っておけば安心か?・・・残念ながらそうではありません。発症2時間で病巣が写るMRI拡散強調でも写りにくい場所。それは「延髄上部内側梗塞」です。
 以上、今回の医療技術セミナーでは、中枢性めまいを見逃さないための画像検査のピットフォールについて解説します。
 さらに、午後の講義では、めまいに伴う不定愁訴についてのアプローチや片頭痛関連めまいなど臨床のポイント満載で参ります!
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2014年9月15日(月)
 講師
新井基洋 先生(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科 部長)
 診療科目
循環器科系/神経内科系/整形外科系/耳鼻咽喉科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み DVDダウンロード購入申込み
四肢に痺れを呈する脊椎とそうの周辺疾患
−Pitfallになりやすい上殿皮・中殿皮神経絞扼−
青田洋一先生
■講師
青田洋一先生

(横浜市立脳血管センター 副院長/横浜市立大学 客員教授(医学部運動器病態学(整形外科学))
【セミナー概要】
 四肢の痺れや痛みを呈する脊椎とその周辺の代表的疾患の診断手順、さらには神経変性疾患などの神経内科疾患や末梢神経絞扼などとの鑑別のポイントを概説する。脊椎は脊髄や神経根などの神経組織のContainerであり、病変の高位と横断的局在に応じて様々な神経症状を呈する。KEYとなる症候学や鑑別上で重要となる画像診断法の選択方法、さらには読影上のポイントを網羅したい。特に腰痛関連疾患として、failed backの原因となりやすい腰椎椎間孔部狭窄や上・中殿皮神経の絞扼は日常臨床でしばしば遭遇するものである。診断と治療を兼ねた神経ブロックは簡便かつ有用である。
 皆さま、奮ってご参加ください。 
 開催日
2014年3月23日(日)
 講師
青田洋一 先生(横浜市立脳血管センター 副院長/横浜市立大学 客員教授(医学部運動器病態学(整形外科学))
 診療科目
整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
膠原病・関節炎診療シリーズ3 (3回シリーズ)膠原病・関節炎の鑑別診断と治療
−内科疾患による膠原病類似症候とピットフォール−
岸本暢将先生
■講師
岸本暢将先生

(聖路加国際病院アレルギー膠原病科(SLE、関節リウマチ、小児リウマチ))
【セミナー概要】
〜膠原病科と思ったら・・・日常診断でのピットフォール〜
 「手がこわばる」という主訴があり関節リウマチの疑いで紹介受診しましたが、実際は糖尿病にともなうバネ指、手掌屈筋腱炎であったことはよく経験されます。全身の筋痛を主訴に診断された甲状腺機能低下症もあります。今回の医療技術セミナーでは、前半は糖尿病、甲状腺疾患を中心に内分泌疾患にともなってみられる筋骨格系疾患につき解説します。後半では、リウマチ性疾患の診断、特に見た目で“一発診断!”。かっこいいですね。経験がものをいいます。
 でも落とし穴もあります。例えば、レイノー症状があって強皮症と思ったら実はSLE、などだまされてはいけません。いろいろなリウマチ性疾患の写真をご紹介し、診断のポイント、除外診断が必要な疾患を示し、さまざまな角度から解説いたします。
 皆様、奮ってご参加下さい。

 開催日
2014年3月2日(日)
 講師
岸本暢将 先生(聖路加国際病院アレルギー膠原病科(SLE、関節リウマチ、小児リウマチ))
 診療科目
消化器科系/内分泌科系/整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
DVD購入申込み
プライマリケアにおける骨粗鬆症の臨床(診断と治療、そして予防)
−患者さんに満足されるポイントと今後の治療の展望−
藤岡高弘先生
■講師
藤岡高弘先生

(志木市市民病院院長/内科)
【セミナー概要】
 日本は今後ますます高齢化社会となっていきます。そうした中、極めて大きな問題となってくるのが高齢の要介護者の増加です。実際、要介護者は450万人と言われ、高齢化の進行で、この6年間で約2倍に急増しています。また、そのうち、5人に1人が『運動器の障害すなわち骨粗鬆症関連疾患』が原因です。
 現在この骨粗鬆症は1000万人の患者がおり、しかも高齢化とともに患者数はますます増加しています。また、初期には自覚症状に乏しいことから このうち200万人程度しか治療を受けておられません。すなわち、800万人以上の患者さんが未治療のままなのです。骨粗鬆症は放置するとQOLの低下のみならず寿命の低下もきたす疾患です。一方、早期発見し適切な治療を行えばこれらの予防が十分可能です。
 この様な点を踏まえ、どのような方に骨粗鬆症を疑い、どのような検査を行えばよいか。新しい脊椎圧迫骨折の診断法、骨密度、骨折リスク評価ツール「FRAX」の使い方についてお話しいたします。各種代謝マーカーの特性と使い方、各種治療薬の特性と注意点についてもご説明いたします。
 受講後、新たな骨粗鬆症の患者さんを発見いただき、的確な診断・治療を行っていただき、患者さんの予後改善にお役立ていただければ幸です。 
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2014年2月2日(日)
 講師
藤岡高弘 先生(志木市市民病院院長/内科)
 診療科目
一般医学系/内分泌科系/整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
丸ごと頚部エコー
−甲状腺+頚動脈+リンパ・唾液腺 こっそり胸部エコー −
杉山 高先生
■講師
杉山 高先生

(浜松南病院画像診断部 顧問)
【セミナー概要】
 東京電力福島原発の放射能漏れ事故から2年以上が経ちましたが,将来,内部被曝により甲状腺癌の誘発が心配されています.今回のセミナーはこの背景と社会事情を考え,丸ごと頚部エコー「甲状腺エコー+頚動脈エコー+リンパ・唾液腺、そして、こっそり胸部エコー」としました.頚部は狭い領域に重要器官が寄り添うように存在しています.これらの器官をお手持ちの装置,コンベックスから“リニア”へ探触子を持ちかえ,ちょっとした走査のコツを知ることで,甲状腺・唾液腺・頚部リンパ節のほか,脳梗塞の危険因子と目されるプラークを頚動脈エコーで診ていくというものです.今回のセミナーには,これに胸部(肋骨骨折等)エコーを新たに加えてみました.講義では各臓器の検査法や日頃,経験した症例を呈示し,エコーの有用性を解説します.実技では親切・丁寧をモットーにベテランのスタッフが担当します.この機会に是非,お誘い合わせの上ご参集いただき,ご体験くださいますようご案内申し上げます。きっと,明日からの診療にお役立てできるものと確信します.
 奮ってご参加ください.
 開催日
2013年12月1日(日)
 講師
杉山 高 先生(浜松南病院画像診断部 顧問)
 診療科目
循環器科系/内分泌科系/整形外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー