HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※DVDのネット会員価格は 5,000円+消費税+送料(900円)でこれまで通りですが、非ネット会員価格は、DVD 25,000円+送料(900円)+消費税。TEXTは、5,000円+送料(900円)+消費税と、2022年8月1日より新たに設定します。できるだけ次項のネット会員にご入会いただきますようお願い申し上げます。
※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:78件
一般医学系:115件
消化器科系:96件
呼吸器科系:71件
循環器科系:100件
神経内科系:84件
心療内科系: 13件
血液内科系: 3件
内分泌代謝内科系: 74件
老人科系:16件
感染症科系:45件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:45件
腫瘍科系: 2件
美容・形成外科系:6件
外科系: 6件
整形外科系:77件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:11件
脳神経外科系:9件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 20件
医療法律系: 2件
その他:62件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
呼吸器科系
71 件中 [31-40] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 次の10件
呼吸と循環の繋がり:肺動脈・静脈と右室のリモデリングから見た肺高血圧症
−病態の理解から臨床を深める−
坂尾誠一郎先生
■講師
坂尾誠一郎先生

(千葉大学大学院医学研究院呼吸器内科 講師)
【セミナー概要】
 肺循環は呼吸器と循環器の接点であり、その障害である肺高血圧症の病態は常に肺動静脈リモデリングと右室機能障害から考える必要があります。その病態を理解することが、現行の選択的肺血管拡張薬の開発に発展したことは言うまでもありません。
 今回の医療技術セミナーでは、肺高血圧の病態を考えながら実際の治療について解説したいと思います。実地医家にとって、外来で遭遇する患者さんとしては決して多くは無い疾患です。しかし、肺高血圧を鑑別疾患として考え、さらには専門施設へ紹介していただくための診察法や必要な検査など、また安定期における選択的肺血管拡張薬による加療継続のポイントなど、背景となる病態に即して解説したいと思います。
 皆さまのご参加をお待ち申し上げております。
 開催日
2016年12月18日(日)
 講師
坂尾誠一郎 先生(千葉大学大学院医学研究院呼吸器内科 講師)
 診療科目
呼吸器科系/循環器科系
 備考
呼吸と循環の繋がり、肺高血圧症、肺動脈・静脈・右室
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
外来診療、在宅診療にも役立つ裏ワザ超音波“肺エコー”(実技指導付き)
−今まで見れなかった肺・気道・心臓・中枢神経の生理学的異常をエコーで見破る−救急医療等における“肺エコー”の技術を日常診療に生かす!!−
鈴木昭広先生
■講師
鈴木昭広先生

(東京慈恵会医科大学付属病院麻酔科 准教授 )
【セミナー概要】
 近年、細かい診断目的とは異なり、病態を把握して即断即決で診療方針を決める、いわゆるポイントオブケア超音波に高い関心が集まっています。講師は麻酔・救急医としてドクターヘリ活動や災害医療などにも携わり、とりあえずエコーをサッとあてて、パッとヤバい病態だけは探す、というスタンスで現場を乗り切ってきました。特に生理学的なABCDの変調にどうエコーでアプローチできるかは重要で、中でも人体最大の臓器である「肺」は観察対象臓器として急速に認知度が高まっています。
 今回の医療技術セミナーでは、この肺エコー以外に、気道エコー、ショック検索の心エコー、中枢神経異常を推測するための眼球エコーの実際を紹介します。面倒な測定などはほとんどなく、「あてて、見るだけ」です。救急での手法を一般外来から在宅診療でも生かし、困ったときにちょっとあてて見るきっかけを提供できればと思います。
 皆さん、奮ってご参加下さい。
 開催日
2016年10月10日(月)
 講師
鈴木昭広 先生(東京慈恵会医科大学付属病院麻酔科 准教授 )
 診療科目
呼吸器科系/循環器科系/在宅医療系
 備考
肺エコー、肺・気道・心臓・中枢神経のエコー、目・神経のエコー
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための喘息治療・管理の臨床最前線(実技・体験付)
−吸入支援などに基づいた個別化医療:喘息症状ゼロを目指して−
西川正憲先生
■講師
西川正憲先生

(藤沢市民病院診療部長 兼 呼吸器内科部長)
【セミナー概要】
 喘息は変動性疾患のために、長期管理薬(ICS、ICS/LABA配合薬など)を使用していても、様々な要因により症状が発現し、放っておくと発作/増悪を引き起こす疾病である。喘息は治癒可能な疾患ではなく、突然の発作から急激に進行し喘息死を惹き起こすことがある。「喘息死ゼロ」や「喘息症状ゼロ」を目指すためには、  ACQなどの質問票を用いた自覚症状の評価、呼吸機能検査と強制オシレーション(FOT)法検査による閉塞性病態の評価、8撞ぐ貉晴獣眩(FeNO)濃度測定による好酸球性気道炎症の評価、およびさ枡器の特徴や個人の特性に応じた適切な吸入支援/指導(個別化医療)が重要かつ不可欠である。
 ご参加の先生方と一緒に喘息治療・管理の臨床最前線について情報共有したいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2016年7月24日(日)
 講師
西川正憲 先生(藤沢市民病院診療部長 兼 呼吸器内科部長)
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
肺がん画像読影のポイントと治療の最新情報
−今そこにある臨床の危機;肺がんを見落とさないためにどう読影し、対処するか!−
山田耕三先生
■講師
山田耕三先生

(神奈川県立がんセンター呼吸器科 部長)
【セミナー概要】
 日常診療においてデジタル胸部単純写真(以下胸部写真)は呼吸器領域の病気の診断・治療に活用されるもっとも身近な画像診断です。また、胸部CT検査も、胸部の画像診断においては、現在不可欠な検査です。実際、CT検査は胸部写真で異常陰影が発見された場合は、次のステップとして必ず行う検査であり、呼吸器診療においてこの胸部写真→胸部CTという検査の流れは欠かすことができません。忙しい臨床の現場では、肺がんを胸部写真で見落とすような事象が起こる可能性はいつでもありえます。
 そこで、今回は胸部写真や胸部CT画像の基本的な読影の手順、実際の症例を使っての肺がんを見落とさないための『読影のコツ』を主体に、臨床に直結する胸部写真および胸部CT、実際の切除検体も供覧しながら、「今そこにある臨床の危機:肺がんを見落とさないためにどう読影し、対処するか!」について解説いたします。
 また今年になって、肺がん治療に免疫チェックポイント治療が加わりました。肺がん治療は大きく変わろうとしています。
 今回、皆様に積極的に参加していただくために、肺がんの最新情報をお届けすると同時に、講師と参加者による画像診断演習および肺がん学習のセミナーにしていきたいと考えています。なお、受講者の先生方で、日常の臨床において悩まれている症例等がありましたら、当日お持ちください。私と一緒に答えを出すようにいたしましょう。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2016年6月26日(日)
 講師
山田耕三 先生(神奈川県立がんセンター呼吸器科 部長)
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家に役立つ 知らないと怖いCOPD
−すぐに使えるコンプライアンス向上のための患者教育・禁煙指導のポイント;COPDの診療において重要な動機づけ面接法による禁煙指導を軸に学ぶ −
三島渉先生
■講師
三島渉先生

(上六ッ川内科クリニック 院長)
【セミナー概要】
 COPDは喫煙・大気汚染等による肺の慢性的な炎症を基本病態とする呼吸器疾患です。日本では2013年に1万6千人以上がこの病気で死亡し、日本人男性の死亡原因第8位になっています。しかし、少なくとも530万人以上いると見積もられているCOPD患者のうち、正しく診断されて、適切な治療を受けている患者は10%にも達していません。厚生労働省は、2012年に「健康日本21」の目標としてCOPDの認知度向上を掲げ、国を挙げてCOPDの認知度向上に取り組む方針を示しました。
 こうした経緯から、COPDは呼吸器内科専門医だけが診療する疾患ではなく、実地医家がプライマリーケアの場で診療に取り組まなければいけない疾患となっています。しかし、実際の診療に当たって、COPDという病気の概念が難しく患者へ説明しても理解してもらえない。特に禁煙指導が重要であるにもかかわらず、どのようにしたら禁煙してもらえるかわからないなどといった悩みの声を多く聞きます。
 本セミナーは、そうした悩みの解消の一助となるべく企画しました。ふだんCOPDに対する患者指導にお悩みの先生方、COPDの診療に関わる可能性のある実地医家の先生方の参加をお待ちしています。
 開催日
2016年3月21日(月)
 講師
三島渉 先生(上六ッ川内科クリニック 院長)
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
病院、クリニックと家庭医で行うCOPDをはじめとした呼吸器疾患の運動療法
−理論とエビデンスを理解して実践を−
宮尾直樹先生
■講師
宮尾直樹先生

(日本鋼管病院呼吸器内科)
【セミナー概要】
 「健康日本21」では10年後にCOPDという病気の認知を全国民の80%まで上げたいとの目標を掲げました。一方、呼吸器専門医以外の医師にとってもCOPDと呼吸器疾患の病態理解と治療法は日進月歩で、複雑化し、各患者にとって最良の治療がなされていないのが現実です。
 今回の医療技術セミナーでは、薬物療法に頼りがちである治療の中で、COPDはリハビリ介入でかなり自覚症状の改善を見込めることが判明しており、実地医家の先生におかれましても家庭でのリハビリを患者に教育され、少しでもCOPDの予後を改善できればと思い、病院でのリハビリだけでなく、医院や家庭でのリハビリをご紹介します。単にリハビリの方法をご紹介するのではなく、各運動の意味、エビデンスを踏まえ、当院の呼吸器専任PTと共に紹介します。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2016年1月11日(月)
 講師
宮尾直樹 先生(日本鋼管病院呼吸器内科)
川島拓馬 先生(日本鋼管病院呼吸器専任作業療法士(PT))
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
ジェネラリストのための呼吸器疾患道場ァ糎撞朶鐃巴納蟒腑イド〜(新春記念セミナー1)
−呼吸器科領域の疾患の聴診、打診、触診、そして胸部X線写真による診断、そして治療−
長尾大志先生
■講師
長尾大志先生

(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
【セミナー概要】
 この度、『呼吸器内科 ただいま診断中!』という書籍を上梓しました。この書籍では呼吸器症状がある症例の鑑別診断を進めていく上で、知っておきたい知識をご紹介しております。
 この度、貴重な機会をいただきまして、この書籍の中でも紹介しておりますような、基本的な呼吸器症状、診察所見から診断を絞り込んでいく過程を、ジェネラリストの先生方に体験していただこうと考えております。
 プライマリの現場でよく遭遇する、咳、呼吸困難などの症状を呈する呼吸器疾患コモンディジーズの多くは、特徴的な症状、症候、身体所見があり、診断にはそれらの知識が不可欠です。それらの知識を学んでいただき、症例を通じて追体験をしていただき、現場で実践出来るお手伝いをしたいと思います。
身体診察で見られる所見がなぜ起こっているか、そしてその特異性を理解すれば、診察を戦略的に行うことが可能でしょう。
そのような知識もご紹介します。
 そして今回は、胸部X線写真が必ずしも主役ではありませんが、身体診察と組み合わせることで身体診察をより深めることができます。X線写真によって身体診察の答え合わせも可能ですので、それについても触れる予定です。
 皆様、ふるってご参加下さい。

 出版記念セミナーにもなります!!

 いつの間にか「Care Net」でもご活躍中です!!

 開催日
2016年1月10日(日)
 講師
長尾大志 先生(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家で間質性肺炎の診療に自信がつく
−びまん性間質性肺炎の全貌を理解する−画像、呼吸機能、最新の治療戦略−−
山口佳寿博先生
■講師
山口佳寿博先生

(東京女子医科大学睡眠総合診療センター センター長)
【セミナー概要】
 肺間質を病変の主座とする特発性間質性肺炎(IIPs)は呼吸器領域の中で最も理解し難い疾患であり、その診断、臨床的特徴、画像、病理所見についてある程度のコンセンスが得られたのはつい最近のことであった。IIPsには9種の亜型が存在するが、その鑑別診断は容易ではない。IIPsの中で最も注目されているのは特発性肺線維症(IPF)であるが、その原因は、IPFが多くの悪性腫瘍よりも生命予後が悪く、それに対する薬物治療が確立されていないためであった。しかし、この数年、IPFに対する有効な薬物が報告されはじめ、不治の病であったIPFに漸く光明が射し込んできた。
 今回の医療技術セミナーにおける講演では、(1) IIPsの全貌を画像、呼吸機能から理解し、IIPsに対する確実な診断能力を養うこと、(2) そのために必要な画像読影の基礎を学ぶこと、(3) さらには、呼吸機能検査解釈の基礎を学ぶこと、(4) 最後に、IPFに対する最新の治療戦略を学ぶこと、を目的とした。
 困難な疾患に立ち向かおうとする数多くの実地医家の参加を期待しています。
 開催日
2015年10月18日(日)
 講師
山口佳寿博 先生(東京女子医科大学睡眠総合診療センター センター長)
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
肺炎診療の実地を極める−肺炎の画像診断、鑑別診断、抗菌薬の適正使用
−肺炎の画像診断、鑑別診断、抗菌薬の適正使用を中心に−
山口佳寿博先生
■講師
山口佳寿博先生

(東京女子医科大学 睡眠総合診療センタ− センター長/教授)
【セミナー概要】
 本邦において、肺炎は悪性新生物、心疾患、脳血管障害に次ぐ死亡原因の第4位を占め、その死亡数は1980年以降明確に増加している。
 さらに、社会の高齢化によって肺炎を惹起する原因微生物は一般細菌から抗酸菌、真菌、原虫と多様化が進んでいる。1940年以降、これらの原因微生物に対する抗菌薬の開発が積極的に進められβ-ラクタム薬、マクロライド、アミノ配糖体、ST合剤、ニュ−キノロンを含む多数の抗菌薬が臨床の現場で使用できるようになった。
 本医療技術セミナ−では;1) 多様化した肺炎原因微生物(細菌、結核菌、非結核性抗酸菌、真菌)を胸部画像から推定するために必要な画像読影(単純X-P、CT)の基礎(鑑別診断を含む)、2) 耐性機序からみた抗菌薬の適正使用、3) 抗酸菌感染症(結核、非結核性抗酸菌)の診断と治療、4) カリニ−、アスペルギルスを中心とする真菌感染症の診断と治療、について学ぶことを目的とする。
 開催日
2015年5月31日(日)
 講師
山口佳寿博 先生(東京女子医科大学 睡眠総合診療センタ− センター長/教授)
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
ジェネラリストのための呼吸器疾患道場4〜呼吸器診断ガイド〜咳の鑑別を究める
−咳の鑑別と そのための胸部X線写真読影の実際−
長尾大志先生
■講師
長尾大志先生

(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
【セミナー概要】
 ジェネラリストの先生方にも身近な呼吸器症状である「咳」。身近であるが故に、何となく診断して、何となく処方して、何となく良くなっている…本当に良くなっているでしょうか?
 咳症状を呈する呼吸器疾患コモンディジーズの多くは、特徴的な症状、症候、身体所見があり、診断にはそれらの知識が不可欠です。それらの知識を学んでいただき、症例を通じて追体験をしていただき、現場で実践出来るお手伝いをしたいと思います。
 プライマリの現場で、胸部X線写真が必ずしも撮影出来ない、あるいは直ぐに撮影出来ない、ということもあるかもしれません。胸部X線写真なしでどこまで考えることが出来るか、専門的に考察してみたいと思います。後半では逆に、胸部X線写真を使ってどれだけ鑑別が拡がるか、胸部X線写真を見るときのポイントはどこか、正常と以上の紛らわしい所見などについて取り上げます。
 皆様、ふるってご参加下さい。
 開催日
2015年4月19日(日)
 講師
長尾大志 先生(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー