HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:73件
一般医学系:113件
消化器科系:92件
呼吸器科系:66件
循環器科系:96件
神経内科系:80件
心療内科系: 12件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 73件
老人科系:16件
感染症科系:42件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:43件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 5件
整形外科系:73件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:8件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 18件
医療法律系: 2件
その他:57件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
循環器科系
96 件中 [21-30] を表示 前の10件  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次の10件
下肢静脈瘤の次世代治療
−日帰りストリッピング手術、血管内焼灼術からNTNTまで−
阿保義久先生
■講師
阿保義久先生

(北青山Dクリニック 院長)
【セミナー概要】
 20世紀初頭に確立された下肢静脈瘤の根治的手術であるストリッピング手術は100年にわたって標準治療として君臨してきたが、21世紀に入って硬化療法、高周波治療、レーザー治療など低侵襲治療が急速に普及し、かつ治療モダリティーも複数選択できるようになった。2014年以降は保険診療下で治療効果の大きいモダリティーを用いた低侵襲治療が可能となったため患者にとっては望ましい治療環境が整ってきた。それにより、下肢静脈瘤は手術リスクや大きい入院負担のために治療を諦めていた多数の下肢静脈瘤患者が、負担の少ない日帰り治療(外来治療)を選択するケースが大幅に増えた。実際に国内における昨今の下肢静脈瘤治療数はここ数年で急増している。
 良性疾患ではあっても進行性の疾患であり重症化の可能性もある下肢静脈瘤は、他の進行性疾患と同様に早期に治療を実践することが理想的であることから、罹患人口に見合う多くの臨床医がその診療を日常的に実施できるようになることが求められる。
 今回の医療技術セミナーが多くの臨床家にとって有意義な情報源となることを望む。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年1月21日(日)
 講師
阿保義久 先生(北青山Dクリニック 院長)
 診療科目
循環器科系/神経内科系/皮膚科系/整形外科系
 備考
下肢静脈瘤、日帰り手術導入、血管内治療
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
新春記念セミナー3 実地医家のための心不全外来管理のコツ2
−高齢者時代の心不全治療−
滝村英幸先生
■講師
滝村英幸先生

(総合東京病院 循環器内科 医長)
【セミナー概要】
 ここ数年、高齢者が増加していることは先生方も常に感じておられることかと思います。高齢者が増加すればするほど心不全患者は増加し、今後も日常臨床で診療する機会が増えていくことが予想されます。心不全は必ずと言って良いほど再入院を繰り返す症候群であり いかに再入院を抑制できるかがポイントです。また心不全とともに腎臓の機能も低下して行きます。よって心不全とともにいかに腎臓を保護するかが重要です。
 今回、外来診療において、心不全を管理するコツと薬物療法につきまして病態を考え、具体的な薬物療法を中心にevidenceに基づいて学べるような機会にしたいと考えております。日常臨床にすぐに活用できる内容を提供できたらと思いますので、ご参加をお待ちしております。
 開催日
2018年1月8日(月)
 講師
滝村英幸 先生(総合東京病院 循環器内科 医長)
 診療科目
循環器科系
 備考
心不全、心不全治療薬、心不全と心エコー検査
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
他科医師のためのヾ稍譽メラの上手な使い方と眼底写真の読影ポイント、眼科健診結果への対応〜乳幼児から成人まで〜
寺田久雄先生
■講師
寺田久雄先生

(JCHO横浜中央病院眼科 部長)
【セミナー概要】
 日常の診療で、高血圧・動脈硬化、糖尿病性網膜症等に遭遇した場合、ここで眼底が覗けたら・・・とお考えになった実地医家は多いことだろうと思います。実は、ちょっとした工夫で適切な眼底写真が撮れます。
 この医療技術セミナーの前半では、無散瞳眼底カメラで撮影するときの注意すべきポイントや、ちょっとしたコツについてお伝えします。次に眼底写真の読影手順、高血圧・動脈硬化の所見や、糖尿病網膜症などの読影のポイントについて説明いたします。さらに緑内障のスクリーニング・近視に伴う変化・白斑と鑑別が必要な所見や、最近増加している加齢黄斑変性などの黄斑部病変など、読影に必要な情報についても解説したいと思います。また、実際の眼底カメラのデモも行いますので、参加者には操作をしていただけます。
 セミナーの後半では、眼底写真読影の結果、精査を目的に眼科受診されることの多い疾患をはじめとして、小児から成人まで年代ごとに健診結果への対応と対象となることの多い疾患について解説したいと思います。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2017年12月24日(日)
 講師
寺田久雄 先生(JCHO横浜中央病院眼科 部長)
田辺由紀夫 先生(洋光台眼科クリニック 院長)
 診療科目
循環器科系/神経内科系/眼科系
 備考
レセプト請求に関する”個別指導”、”レセプト開示”指導、指定取り消しと訴訟
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための動脈硬化性疾患の診断と治療
−頸動脈エコーと下肢動脈エコー、新しい動脈硬化指標AVI(arterial velocity pulse index: AVI)の使い方(各実習付き)−
榛沢和彦先生
■講師
榛沢和彦先生

(新潟大学医歯学総合研究科呼吸循環外科 講師)
【セミナー概要】
新潟中越地震、東日本大震災、熊本地震等、災害のあった避難所での避難されてきた方々の救援活動で有名な研究者です!! 

 超高齢化社会を迎え、1億総活躍社会が提唱され高齢者も元気に働けることが本人、社会にとっても重要なことです。一方、動脈硬化の最大のリスク因子は加齢であり、加齢は避けることのできない現象であることから高齢者の動脈硬化は避けられないと思われます。しかし動脈硬化のうちで硬化だけであるならば疾病が少ない可能性があり、コレステロールによると考えられる粥状硬化症やプラーク病変を予防または悪化を防げば動脈硬化が進行しても健康寿命をまっとうできる可能性があります。最近の研究によれば心筋梗塞患者や脳梗塞患者においてLDLを低下させればさせるほど心血管イベントが低下することがわかってきています。すなわち動脈硬化が進行していても治療を強化すれば健康寿命をまっとうできる可能性があることがわかってきたのです。しかし動脈硬化も他の疾患と同様に予防と早期発見が重要であり、ある程度の年齢に達したら動脈硬化の検査を行った方が良いと思われます。
 今回の医療技術セミナーでは早期動脈硬化の指標である頸動脈エコーにおけるMax-IMTについてハンズオンを行い、その評価法と判断方法を講義する。
また片腕の血圧を測るのと同じ手技で計測可能な新しい動脈硬化の指標であるArterial velocity pulse index(AVI)についてもハンズオンと解説を行います。AVIは日本で開発された方法であり保険点数も取れるものです。AVIは大動脈などの中枢動脈の硬化度と関連することが判明しており、さらに大動脈弁狭窄症とも関連する可能性があります。一方、下肢の深部静脈血栓症(DVT)は動脈硬化性疾患と関連することが報告されています。本講義ではDVTの検査法である下肢静脈エコーについてもハンズオンと講義を行い検査方法とその治療について講義します。またXa阻害薬による深部静脈血栓症の治療についても講義します。動脈硬化性疾患だけでなく下肢静脈血栓症も早期に発見することで肺塞栓症や心房中隔の卵円孔開存による奇異性塞栓症を未然に防ぐことで健康長寿をまっとうできるものと思われます。ぜひこの機会に早期動脈硬化と早期のDVTを発見できるスキルを身につけていただき患者さんの健康長寿に貢献していただければ幸いです。
 皆さま、奮ってご参加ください!
 開催日
2017年11月23日(木)
 講師
榛沢和彦 先生(新潟大学医歯学総合研究科呼吸循環外科 講師)
 診療科目
循環器科系
 備考
動脈硬化性疾患の診断と治療、頸動脈エコーと下肢静脈エコー、動脈硬化の新しい指標AVI、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 血算・血液像から疑う 見逃してはいけない血液疾患
奈良信雄先生
■講師
奈良信雄先生

(順天堂大学特任教授、東京医科歯科大学名誉教授、日本医学教育評価機構 常勤理事)
【セミナー概要】
 
 開催日
2017年11月12日(日)
 講師
奈良信雄 先生(順天堂大学特任教授、東京医科歯科大学名誉教授、日本医学教育評価機構 常勤理事)
 診療科目
一般医学系/循環器科系/感染症科系
 備考
血液疾患、血算・血液像、赤血球系の異常、血小板と白血球系の異常、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
めまい診療のポイント:危険なめまい・新型のめまいを見逃さないために
−診察室での小ワザから最新の診療機器を用いた大ワザまで−
室伏利久先生
■講師
室伏利久先生

(帝京大学医学部溝の口病院耳鼻咽喉科 教授)
【セミナー概要】
 「めまい」の診療は面倒だ、難しい、コワい、と思っていらっしゃる先生方は少なくないと思います。なぜそう思われるのでしょうか。その理由の一つは、めまいの病巣が単一ではなく、耳、脳、こころなどさまざまな部位に存在する可能性があり、その鑑別が難しいと感じられるからではないでしょうか。もちろん難しい症例がないわけではありませんが、多くの場合、注意すべきいくつかのポイントをおさえればそれほど恐れることもないのです。
 今回の医療技術セミナーの前半では、それらのポイントについて、私の臨床経験を提示しつつ理解を深めていただくことを目指します。また、これは、めまい診療に限ったことではありませんが、新しい疾患概念、新しい治療アルゴリズム、新しい検査法が次々に登場し、最新レベルにキャッチアップしてゆくことは容易ではありません。講義の後半では、こうしためまい診療における「新しい」点について解説したいと思います。 皆さま、奮ってご参加ください!
 開催日
2017年10月29日(日)
 講師
室伏利久 先生(帝京大学医学部溝の口病院耳鼻咽喉科 教授)
 診療科目
循環器科系/神経内科系/耳鼻咽喉科系/老人科系
 備考
めまい診療のポイント、危険なめまい・新型のめまい、診察室内での小ワザ、めまい診療の最新の診療機器を用いた大ワザ、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のためのタブレット型エコー機Vscan(GE社)を活用した外来診療・在宅診療の考え方とその実際
滝村英幸先生
■講師
滝村英幸先生

(総合東京病院循環器科 医長)
【セミナー概要】
 超音波検査はリアルタイムな画像評価が非侵襲的に可能であり、診断や治療経過に威力を発揮しております。近年エコー機器の進歩により画像は鮮明化されて来ておりますが、コンパクト化も進んでおります。特に手のひらサイズのGE社のV scanは画期的な機械であります。数年前に発売された際には、画質の良さにも驚きましたが、さらにバージョンアップされ、現在はスマートフォンのように直感的な操作も可能となりました。よってベットサイドでも気軽にエコー評価が可能となり、診察室や往診先等の、病院外でも簡単にエコー検査ができる時代になっております。また高齢化が急速に進行しており、心不全や脱水が増加しており、エコーはその評価を簡便に行うことを可能とします。
 今回の医療技術セミナーではポータブルエコーの活用の仕方から、実際の評価の仕方、外来診察や往診での使い方を具体的に解説すると共に、ハンズオンにてエコー検査の実際の仕方まで学べるような機会にしたいと考えております。日常臨床にすぐに活用できる内容を提供できたらと思いますので、皆様のご参加をお待ちしております。
 開催日
2017年10月15日(日)
 講師
滝村英幸 先生(総合東京病院循環器科 医長)
 診療科目
循環器科系/在宅医療系
 備考
タブレット型エコー機Vscan、タブレット型エコー機の活用法: 心不全、脱水の評価、胸水、腹水、下肢静脈、末梢ルート確保など、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
見逃してはいけない胸痛の診断と虚血性心疾患の適切な管理
塚原健吾先生
■講師
塚原健吾先生

(藤沢市民病院循環器内科 部長)
【セミナー概要】
 実地医家の先生方が日常診療で胸痛を訴える症例を診察する機会は多いと思います。急性冠症候群(ACS)には非典型的な胸痛を主訴とする症例や心電図のST変化が分かりにくい場合も少なくないですが、危ない状況を示唆する所見を見落とすことなく迅速にリスク評価をする必要があります。病歴聴取のポイント、心電図所見、ACS以外の鑑別診断についても症例を提示しながら解説します。
 虚血性心疾患において予後改善のためには虚血の評価に基づいた適切な冠動脈インターベンション(PCI)の実施と至適薬物療法(optical medical therapy)を含む冠危険因子のコントロールが重要です。またPCI後の2剤抗血小板薬併用療法の至適期間や非心臓手術における抗血栓薬の休薬など、日常臨床で直面する難題があります。適切な虚血性心疾患の診療について最新の知見を整理するとともに、専門家ならではのコツを伝授します。
 本医療技術セミナーにご参加いただいた先生方の診療技術の向上が患者さまの予後改善につながることができたら幸いです。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2017年9月23日(土)
 講師
塚原健吾 先生(藤沢市民病院循環器内科 部長)
 診療科目
循環器科系
 備考
胸痛の診断・管理、虚血性心疾患の適切な管理、急性冠症候群(ACS)の心電図所見、冠動脈インターベンション(PCI)治療、胸痛、虚血性心疾患、薬物療法
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
近年導入された新薬による新たな2型糖尿病治療体系の提案〜肥満合併2型糖尿病の治療〜
−−患者さん自身の実感を伴う糖尿病治療を目指して;心臓血管外科医(冠動脈)の視点で;心臓血管外科医が−
菅野恵先生
■講師
菅野恵先生

(総合南東北病院心臓血管外科)
【セミナー概要】
1:当院心臓血管外科外来における2型糖尿病の比率は40%を超え ている。本県(福島)では急増中であるが、これは全国的傾向 であろう。
2:2型糖尿病治療は既に「専門医」のみではなし得ない状況で あり我々も門外漢で居続ける事は許されない。特に我々心臓 血管外科医師は、耐糖能障害から“終末期”糖尿病 症例と 広範な症例に迅速にかつ適切に対処せざるを得ない。そのた め “糖尿病”は我々の必須教養である。
3:従来の糖尿病治療であまり重要視されてこなかったと思われ る(あるいは無視されてきた)「肥満」に再度対処する事(新 薬を含めて)が、患者さんの血糖コントロール改善はもちろ んQOL改善と予後改善に繋がるものと心臓血管外医の経験か ら確信している。SU剤やインスリン治療中の体重増加は糖尿 病治療にはつきももので、ある程度は容認されて来た節があ るが、外科医としてはあまり好ましい現象ではないと考えて きた。
4:患者のやる気のなさや治療側も内心ほぼ諦めかけているよ うな「臨床的無気力」(clinical inertia)状態、あるいは  “糖尿病治療は手帳にA1cを記載する事である”という患者 の思い込みは一体何処からきたのであろうか? 2型糖尿病の 本態を完全に理解しないまま治療を行なってきた医療側こそ 問われるべきではないだろうか?
5: 野球試合には九回裏の逆転劇はありうるがそれでも最初か ら優秀投手を登板させるのが定石、一方の糖尿病治療では逆 転劇がないのにもかかわらず先発投手の選択を誤っていたの ではないだろうか。日本には何故か米国内分泌学会と臨床内 分泌学会合同のガイドラインは紹介されてこない。我々はこ の極めて理にかなったガイドラインによる治療が全く受け身 だった患者さんに行動変容を容易にもたらす事を経験してい る。この“行動変容を自然に促す事が可能である”という極 めて当たり前の事がこれからの糖尿病治療に必要なのではな いだろうか。CKDと頚動脈高度狭窄を合併する低心機能症例 (駆出率10%台)の冠動脈バイパス術などが決して珍しくなく なった昨今、心臓血管外科医にも一言、糖尿病治療に関して 一言言わせていただければ幸いである。
 開催日
2017年8月20日(日)
 講師
菅野恵 先生(総合南東北病院心臓血管外科)
 診療科目
循環器科系/内分泌科系
 備考
糖尿病の薬物療法、肥満合併況薪尿病の治療、GLP-1RA使用全国一およびSGLT-2使用率が45%超になった背景
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
心臓血管外科医が語る”家族性高コレステロール血症(FH)”の病態、診断と治療
−単なる高脂血症との違い−
菅野恵先生
■講師
菅野恵先生

(総合南東北病院心臓血管外科)
【セミナー概要】
私自身は心臓外科医で、かつ冠動脈疾患も多く手術してきたため家族性高コレステロール血症(FH)と遭遇する機会に恵まれてきた。その点ではPCIをされる循環器内科医も同様のはずであるが、診断率では当科の方がやや優っていると自負している。なぜなら今でもオペ室で初めてアキレス腱肥厚が見つかる事が稀ではないからである。
 FHであろうともなかろうとも、多枝狭窄あるいは複雑病変の有無にも関わらず、いとも簡単に循環器内科医によるカテーテル治療で拡張されているし、大多数の症例のLDLコレステロール値は強力スタチン等で120〜130 mg/dl程度以下に低下している。このような状況でFH診断の重要性と意義はどこにあるのであろうか、多くの先生方も恐らくそういう疑問をお持ちで、診断の必要性を実感されていないのだろうと推測する。本邦におけるFHの正診率が1%以下である事がその事を裏付ける。
 今回の医療技術セミナーでは、発端者が正しく診断される事によって同胞内の冠動脈疾患予防が可能となり得る事例を経験してきたので提示する予定である。また20年以上LDL apheresisを要していた難治性症例にPSCK9阻害薬を開始し、apheresis から離脱し得た事も最近経験しているので最新のLDLコレステロール低下治療の実際もご覧いただきたいと考えている。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2017年8月20日(日)
 講師
菅野恵 先生(総合南東北病院心臓血管外科)
 診療科目
循環器科系/内分泌科系
 備考
家族性高コレステロール血症(FH)の病態、診断と治療、単なる高脂血症との違い、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー