HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:67件
一般医学系:109件
消化器科系:85件
呼吸器科系:60件
循環器科系:87件
神経内科系:71件
心療内科系: 9件
血液内科系: 0件
内分泌代謝内科系: 68件
老人科系:16件
感染症科系:40件
小児科系:14件
精神・神経科系:28件
皮膚科系:41件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 5件
整形外科系:70件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:32件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:7件
婦人科・産科系:10件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 15件
医療法律系: 2件
その他:55件
生活習慣病: 17件
高齢者医療: 14件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
精神・神経科系
28 件中 [21-28] を表示 前の10件  1 | 2 | 3
他科医のための成人の”てんかん”の診断と治療
−日常診療での”見逃し”を少なくするために−
兼本浩祐先生
■講師
兼本浩祐先生

(愛知医科大学精神科学 教授)
【セミナー概要】
 成人の”てんかん”は数も多く、多くの先生が出会う疾患であり、逆に日常診療の中では見逃されている例も多いと思います。実は、コツさえつかめば、7割の人が治療に容易に反応する治療しやすい疾患でもあります。
 今回の医療技術セミナーでは、てんかんが全体としてはどのような病態から成り立っているかを概観できるようにすることと、てんかんの7割の人を診療できるノウハウを伝達すること、を目的とします。またてんかんの診療でとても大切な心因性非てんかん性発作についても触れる予定する。さらにてんかん診療の中で、ネックになる脳波の判読を、脳波を全く判読せずにてんかん診療をする場合から、脳波のABCを修得しようとする人などそれぞれに解説します。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2015年10月4日(日)
 講師
兼本浩祐 先生(愛知医科大学精神科学 教授)
 診療科目
神経内科系/精神・神経科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
パーキンソン病の治療戦略と治療の実際
服部信孝先生
■講師
服部信孝先生

(順天堂大学医学部脳神経内科 教授)
【セミナー概要】
 パーキンソン病は神経内科領域でcommon diseaseとして捉えるべき頻度の高い疾患である。ガイドラインなど治療の指針が発表されているが、匙加減が最も必要な疾患であり、ある程度現場における経験が必要とされる。
本セミナーでは最先端の治療の現状と問題点を中心に医療技術スキルアップとして研修医、あるいはベテラン医師にとって有意義なプログラムです。パーキンソン病の治療のノウハウを身につけていただけると思います。皆様 奮ってご参加下さい。 

 開催日
2012年10月21日(日)
 講師
服部信孝 先生(順天堂大学医学部脳神経内科 教授)
 診療科目
総合診療系/神経内科系/精神・神経科系/老人科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための睡眠障害の臨床
−−日常診療で見逃されている睡眠の病態と治療の実際−−
岡靖哲先生
■講師
岡靖哲先生

(愛媛大学医学部睡眠医療センター長・准教授)
【セミナー概要】
 わが国では成人の5人に1人が睡眠の問題を抱えているともいわれますが,睡眠障害の中には医療従事者でも認知度が低いものが少なくありません.メディアで疾患が取り上げられて患者が受診しても,医療従事者が疾患を知らなかったという声もよく耳にします.睡眠障害の多くは生活習慣病や加齢に伴って増加することから,日常診療で遭遇する睡眠障害を知っておくことは,患者のQOLを向上させる上でも重要な要素となります.
 本医療技術セミナーでは,睡眠のメカニズムについての理解を深め,日常診療ですぐに使える問診ツールから専門的な睡眠評価法までその実際を紹介します.睡眠障害については,臨床所見から診断するためのコツや,治療の実際について詳しく解説します.睡眠障害の診療は決して特殊なものではなく,日常診療ですぐに生かすことができるものです.睡眠とその障害についてまとめて学ぶ絶好の機会として,多くの医師とコメディカルのご参加をお待ちしています. 
 開催日
2012年9月22日(土)
 講師
岡靖哲 先生(愛媛大学医学部睡眠医療センター長・准教授)
 診療科目
総合診療系/神経内科系/精神・神経科系/老人科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
プライマリケアでの認知症の診断と治療 
−薬剤の使い分け−
小山主夫先生
■講師
小山主夫先生

(藤沢市民病院神経内科 部長)
【セミナー概要】
 日本は高齢者の急速な増加とともに認知症患者が急増していて、かかりつけ医など非専門医でも認知症診療は避けられないことになっています。2011年にアルツハイマー病治療薬3剤が認可され、今年の4月から長期処方も可能になりました。また、既存薬のドネペジル(アリセプト)も後発薬が発売され、アルツハイマー病の薬物治療の選択枝が世界標準になりました。本医療技術セミナーではそれらの薬剤の特徴とそれに応じた使い分けを中心にお伝えします。それに加え認知症診療、診断について教科書的なことではなく、実践的ですぐに役立つコツをお話しします。さらに認知症患者の在宅介護でもっとも問題となるBPSDの治療についてもお話しすることで、認知症診療全体を網羅する実臨床に役立つ医療セミナーとします。
 皆さま、奮ってご参加ください。 
 開催日
2012年7月8日(日)
 講師
小山主夫 先生(藤沢市民病院神経内科 部長)
 診療科目
総合診療系/神経内科系/精神・神経科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
非定型(現代型)うつ病の診断と治療
貝谷久宣先生
■講師
貝谷久宣先生

(医療法人和楽会 心療内科・神経科 赤坂クリニック理事長)
【セミナー概要】
 非定型うつ病は大うつ病性障害の約4割を占めるといわれている。若年者、女性に多く難治性である。現代型うつ病の中に入れられていることもあるが、実はその疾病概念の歴史は決して新しいものではない。本医療技術セミナーでは非定型うつ病の歴史的な流れを展望し、DSMにおける診断クライテリアの効用と限界、症例の提示、薬物療法と精神療法、および生活指導にも言及する。本医療技術セミナーに参加していただくことにより、非定型うつ病の診断と治療に理解を深めていただき、実地臨床での実力が付くことをもくろんでいる。
 どうぞ 皆様 奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。
 開催日
2012年3月25日(日)
 講師
貝谷久宣 先生(医療法人和楽会 心療内科・神経科 赤坂クリニック理事長)
 診療科目
一般医学系/神経内科系/精神・神経科系
 DVD価格
3,300円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
痛み、しびれ、ふるえ、脱力の診かた
−明日から役立つ外来診療のコツ−
梶龍兒先生
■講師
梶龍兒先生

(徳島大学HB研究部 感覚情報医学 臨床神経科学分野 教授)
【セミナー概要】
 痛み・しびれ・脱力はすべての診療科のなかで最も頻度の高い訴えの1つです。整形外科・脳外科・内科・神経内科・麻酔科などをはじめとする領域の外来診療で鑑別にまようことが多く、とくに“痛み”に関しては重大な疾患の可能性を含みます。また、“しびれ”についても独自のみかたをお話ししたいと考えております。神経内科医として数多くの患者を日常診療で診てきましたが、ハンマーやわずかな日常診療で用いる器具だけで的確に診断と治療を行う領域の教育に携わってきました。本医療技術セミナーにご参加いただくことで、画像や特殊検査に頼ることなく、日常の外来診療で、または新幹線や飛行機の中で突然発症した病態でも的確に処置を行える基本的な考え方を身に着けていただけます。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2011年12月4日(日)
 講師
梶龍兒 先生(徳島大学HB研究部 感覚情報医学 臨床神経科学分野 教授)
 診療科目
総合診療系/内分泌科系/神経内科系/精神・神経科系/整形外科系/老人科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
循環器系(脳と心臓)のMRI画像の読影トレーニング(原理の解説と症例の提示)
−疾患の部位による撮影方法・方向等、撮影の依頼の仕方を含めて−
山本正博先生
■講師
山本正博先生

(横浜市立脳血管医療センター神経内科 部長)
【セミナー概要】
今回のセミナーでは、まずMRIの基礎となっている核磁気共鳴をわかりやすく解説説明していただく(灰田先生)。ついで脳卒中の診断および病態把握におけるMRIの重要性を症例中心に解説するとともに、脳卒中予防面におけるMRIの重要性を解説する(山本先生)。第3部では、最近の心臓疾患の診断へのMRIの寄与について、症例を通じて解説する(飯野先生)。講演を聴いていただいて、MRIの原理および画像診断上の進歩を把握していただき、診療に役立たせられると感じていただければ幸いです。

 開催日
2010年2月7日(日)
 講師
山本正博 先生(横浜市立脳血管医療センター神経内科 部長)
灰田宗孝 先生(東海大学医療技術短期大学 学長)
飯野美佐子 先生(東海大学基礎診療学系 講師)
 診療科目
循環器科系/精神・神経科系/脳神経外科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
日常診療で必ず遭遇する精神科疾患の診断と治療
−気分障害(うつ)、不安障害、パニック障害を中心に−
山田和夫先生
■講師
山田和夫先生

(横浜クリニック 院長 / 東洋英和女学院大学 教授)
【セミナー概要】
 現代日本社会は大変生き辛くなり、気分障害(うつ病)、不安障害、パニック障害が急増しています。構造改革の結果、企業は社員に対して非常に厳しくなりました。少数の正社員と多数の非正社員・派遣社員で構成されるようになり、非正社員家庭は貧困化し、大きな較差社会になってきています。正社員は正社員で過重労働になり易く、企業のメンタルヘルス相談の60%が30代の正社員です。そういう社会の中で、10代、20代、30代のうつ病が急増しています。特に子どものうつ病が急増しています。子ども達が「ゆとり教育」等の結果、ストレスや挫折に弱くなったためです。また、うつ病が最も多い世代は70代女性です。孤独な老人女性が増加しているためです。そんな所に「後期高齢者保険制度」が導入されてしまい、高齢者のうつ病者が益々受診できない状況を作ってしまいました。また「後期」と区分、分離されてしまったために益々孤独感を募らせています。
一方で、2005年より日本の人口は減少を始めました。国立社会保障・人口問題研究所の推測によりますと、現在の特殊生涯出生率1.3で今後も推移していきますと、あと500年程度で日本人はゼロになります。少子化の勢いは年々増していますので、実際はもっと早く日本人は消滅すると思います。日本人は消滅しても日本は存在します。現在、急速に日本における中国人の比率が増加しています。しかも中国人は日本人の嫌がるような仕事や、低賃金の仕事を黙々とこなしています。また情報産業の中心にはインド人やバングラディッシュ人が高レベルの仕事をしています。日本の将来像は目に見えています。日本人は減少するだけでなく、弱体化しつつあります。21世紀になって、うつ病を中心とした心の病は急増しています。少子化の原因は女性の圧倒的な社会進出と社会不安障害による非婚化です。女性が働いている家庭の平均子ども数は0.9です。日本人の半数近くが「上がり症」です。「上がり症」が強くなりますと社会不安障害と診断するようになりました。かつては「対人恐怖」と言われていました。「上がり症」も「対人恐怖」もかつては性格の問題と思われていましたが、今はフルボキサミンなどのSSRIで治ります。これは大変画期的な事です。子どもに社会不安障害がありますと、不登校になったり、ひきこもったりします。社会不安障害は学生時代までに治す必要があります。
 開催日
2009年7月20日(月)
 講師
山田和夫 先生(横浜クリニック 院長 / 東洋英和女学院大学 教授)
 診療科目
精神・神経科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー