HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※DVDのネット会員価格は 5,000円+消費税+送料(900円)でこれまで通りですが、非ネット会員価格は、DVD 25,000円+送料(900円)+消費税。TEXTは、5,000円+送料(900円)+消費税と、2022年8月1日より新たに設定します。できるだけ次項のネット会員にご入会いただきますようお願い申し上げます。
※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:78件
一般医学系:115件
消化器科系:96件
呼吸器科系:71件
循環器科系:100件
神経内科系:84件
心療内科系: 13件
血液内科系: 3件
内分泌代謝内科系: 74件
老人科系:16件
感染症科系:45件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:45件
腫瘍科系: 2件
美容・形成外科系:6件
外科系: 6件
整形外科系:77件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:11件
脳神経外科系:9件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 20件
医療法律系: 2件
その他:62件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
在宅医療・訪問医療系
18 件中 [11-18] を表示 前の10件  1 | 2
実地医家にできる糖尿病の薬物療法とインスリンの外来処方(症例検討含)
−インクレチン関連薬導入後 2年間のまとめ と、インスリンの外来処方−
内田大学先生
■講師
内田大学先生

(木更津・ほたるのセントラル内科 院長)
【セミナー概要】
 現在、経口糖尿病薬は6種類が臨床で使用されている。これだけ種類が増えると、患者の病態を考慮して適切な薬を選択する必要がある。我が国の2型糖尿病は従来からインスリン分泌低下が主体と考えられていたが、近年の生活習慣の欧米化により小太りのインスリン抵抗性が強い症例も増えてきている。どのような切り口で患者の病態を判断し、どのような薬剤を選択するべきなのかをわかりやすく解説する。特に2年前から我が国でも臨床使用できるようになったDPP4阻害薬とGLP-1受容体アゴニストは糖尿病治療に大きな変革をもたらした。これらの薬剤の使用経験と症例についても解説をする。
 インクレチン関連薬が使用できるようになった現在でも、インスリン治療の重要性が変わったわけではない。現在でも、インスリン導入が遅れて合併症が進行した不幸な症例を作らないようにすることが重要である。近年、インスリン製剤やペン型注射器は進歩し、自己血糖測定の器具も改良が進み、インスリン導入の垣根が低くなった。もはや外来でインスリン導入することが一般的になっている。特に実地医家にも簡単にできるインスリン導入法として、従来の経口薬治療に持効型インスリン1回打ちを併用するBOTを解説する。BOTをきっかけにインスリン治療を身近なものとしていただき、早期インスリン導入が普及されることを期待したい。

<ご注意>
午前中の「糖尿病の処方薬に依存しない治療」にもご出席になる受講者にはお弁当をご準備しますので、できるだけ事前に受講の登録をしてください。)
 開催日
2012年2月5日(日)
 講師
内田大学 先生(木更津・ほたるのセントラル内科 院長)
 診療科目
一般医学系/循環器科系/内分泌科系/神経内科系/在宅医療系/その他
 DVD価格
3,300円(税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
糖尿病の薬物に依存しない治療法(健康食品等を使った体質改善による治療)
−代謝からインクレチン、そして新しい治療法へ〜いま一度 糖尿病を考える −
弘田明成先生
■講師
弘田明成先生

(あざみのヘルスクリニック 院長)
【セミナー概要】
毎年のように糖尿病患者が増え続け、近年では専門外
来だけでなく一般外来でも糖尿病診療がかなりの部分
を占めるようになっています。糖尿病治療に忙殺され
るあまり、なぜインスリンの働きが不十分だと糖尿病
になるのか、なぜ多彩な合併症が現れるのかといった
病因、病態などをじっくり考える時間も十分ではない
のが現状でしょう。インクレチン関連の新しい経口血
糖降下剤のみならず数々のインスリン製剤も次々上市
され、糖尿病治療もかなりオーダーメイド傾向になっ
てきていると言っても過言ではありません。今後さら
にiPS細胞などの登場により糖尿病治療はますます進歩
するものと期待されています。

<ご注意>
午後の「糖尿病の薬物治療」にもご出席になる受講者にはお弁当をご準備しますので、できるだけ事前に受講の登録をしてください。
 開催日
2012年2月5日(日)
 講師
弘田明成 先生(あざみのヘルスクリニック 院長)
 診療科目
一般医学系/内分泌科系/在宅医療系/老人科系/その他
 DVD価格
3,300円(税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
外傷、熱傷、爪のトラブル、フットケア(特別企画;DDOとの共催)
和田浄史先生
■講師
和田浄史先生

(川崎協同病院外科 科長)
【セミナー概要】
 訪問看護や介護、施設の利用者へ日常的に接する上で、小さな傷や火傷、表皮剥離、巻爪などに対する適切なファーストエイドは、知っているのといないのとでは、大きな違いに発展することがあります。
 外科の先生に診てもらうほどではないけれども、ある程度きちんとした処置をしておく必要があると感じることは多いのではないでしょうか。
 こうした時、正しい処置を行えることと、自分の手を離して専門家にゆだねるべき境界・限界を知っておくことは、現場で患者・利用者の方々に接する看護師にとって、必要不可欠な課題であると言えます。
 また、介護士にとっては、状況を正しく把握し、理解して、適切に看護師や医師に伝えることのできる知識や心構えが必要です。
 今回のセミナーは、これまで苦手だった小外科領域の処置や、あいまいだった知識について、自信を持って対応できるようになるため、現場で仕事をする人がぜひ見につけておきたい理論、知識、技術を身につけていただく絶好の機会です。看護や介護に直接携わる方々にとって、明日からすぐに役立つ内容を学んでいただけることと思います。
 皆様ふるってご参加ください。

(このセミナーは、会場にLANの設備がありませんのでLIVE中継は出来ませんが、2月8日(水)以降、オンデマンド配信と復習用のDVDの頒布を行い(@3,000円)ます。Live中継はできませんが、6日午後よりオンデマンド配信を行います。ご期待ください。)


 開催日
2012年2月4日(土)
 講師
和田浄史 先生(川崎協同病院外科 科長)
 診療科目
一般医学系/皮膚科系/美容・形成外科系/在宅医療系/老人科系/その他
 DVD価格
3,300円(税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家が遭遇しやすい泌尿器科疾患の話
−プライマリケアで診る排尿障害・尿閉、頻尿・尿失禁−
山西友典 先生
■講師
山西友典 先生

(獨協医科大学泌尿器科 教授)
【セミナー概要】
高齢社会を迎え、生活の質(QOL)が重要な課題となってまいりました。その中でも排尿障害は最も重要な課題の一つです。排尿障害(広義には下部尿路障害と言います)は、頻尿・尿失禁などの蓄尿障害と排尿困難、尿閉などの(狭義での)排尿障害に分けられます。蓄尿障害を起こす疾患としては過活動膀胱、腹圧性尿失禁、間質性膀胱炎などがあり、排尿障害を起こす疾患としては前立腺肥大症、低活動膀胱(神経因性膀胱)、骨盤臓器脱などがあります。また、高齢者や前立腺肥大症、神経因性膀胱では、蓄尿・排尿の両障害がみられることがしばしばあります。これらの下部尿路障害は、泌尿器科の専門医よりも、一般医家の先生方で内科、婦人科などの先生方を受診される患者様が多いのが現状です。そこで一般医家の先生方を対象に、過活動膀胱診療ガイドライン、男性下部尿路症状診療ガイドライン、夜間頻尿診療ガイドラインが発行されました。しかしながら、これらの診療ガイドラインをすべて熟読し、それぞれの疾患に合った診断、治療を選択するのは困難です。今回の医療技術セミナーでは、これらの下部尿路障害の原因につきお話をし、診療ガイドラインにもとづいた診断、治療につき解説したいと思います。
奮ってご参加ください。
 開催日
2011年6月26日(日)
 講師
山西友典  先生(獨協医科大学泌尿器科 教授)
 診療科目
一般医学系/在宅医療系/泌尿器科系/その他
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
在宅療養支援(訪問専門)クリニックに学ぶ(在宅医療を志す実地医家に贈る)
−−なぜ在宅医療なのか? なぜ訪問専門クリニックなのか?−−
高瀬義昌先生
■講師
高瀬義昌先生

(大田区・たかせクリニック 院長)
【セミナー概要】
 2007年、「現代のエスプリ」(至文堂刊)という雑誌で、“在宅医療”について「在宅医療〜そのミッション・ビジョン・ゴール〜」というタイトルで監修した折、地域の「医療コンシェルジュ」という考え方を提言しましたが、今でもその考え方は通じると思います。実際に、在宅療養支援診療所を立ち上げようと思えば、病院の勤務医時代とは全く逆の発想も持たざるを得ないことも事実です。このことを、わかりやすくお伝えします。
 在宅医療の現場では、「ネットワーク」「フットワーク」「チームワーク」の三つをキーワードにして地域を回っています。劇的ビフォー&アフターとも言える実際の症例を交えて、その醍醐味や、様々な職種とどのように連携し、どう在宅支援診療所を立ち上げていくかということについてお話したいと考えています。
 在宅医療に関心をお持ちの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 (高瀬先生の関連する、活動紹介は、「日経メディカル」誌の11年2月号の『読者から』欄182頁にも綴られておりますので、ご参照下さい)
 開催日
2011年5月8日(日)
 講師
高瀬義昌 先生(大田区・たかせクリニック 院長)
 診療科目
在宅医療系/その他
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
終末期医療へのチームアプローチ−病院から在宅までの終末期医療を支える−
−絶対に燃え尽きない在宅医療のチームを作るための3つの秘訣(新春謝恩講演会;在宅医療を支援する!!◆法
和田浄史先生
■講師
和田浄史先生

(川崎協同病院外科 科長)
【セミナー概要】
<開催のねらいとお誘いの言葉>
 病棟においても在宅医療においても、患者さんの終末期医療を支えるのは多職種からなる医療チームです。風通しのよいチームが、さらに患者さんやご家族と強力なタッグを組むことで、患者さんの人生の最期をよりいっそう輝かせることができます。終末期における患者さんの自己決定権を尊重し、真のQOL向上に寄与するには、どのようなチームアプローチが求められるのでしょうか。
 終末期に発生する様々な倫理的ジレンマを乗り越え、スタッフが燃え尽きることなく生き生きと終末期のケアにかかわるためには、患者さんやご家族の情報の共有だけでなく、スタッフやご家族も含め、患者さんを支えるチームのビジョンが患者さん本人のビジョンと一致していることが最も大切です。
 患者さんのかかえる様々な恐怖や苦悩と正面から向き合い、患者さんの本当の思いを汲み取って実現するためのノウハウと、患者さんと医療者がともに満足できる関係の構築について、在宅医療を支える全てのスタッフに向けてお話させていただきたいと思います。皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2011年1月10日(月)
 講師
和田浄史 先生(川崎協同病院外科 科長)
 診療科目
一般医学系/在宅医療系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
在宅医療−午後から地域へ;エキサイティングな医療の薦め
−これから在宅医療を始める実地医家のために;在宅医療は医療者としての当たり前のやりがいをかみしめることができるエキサイティングな医療です−
太田秀樹先生
■講師
太田秀樹先生

(医療法人アスムス 理事長/おやま城北クリニック 院長)
【セミナー概要】
 「うちの婆さん、足腰弱って、病院さ連れて行けなくなった。だけんど、入院させるほど、悪かねえ。どしたらよかんべか?」。外来でこんな相談が増えています。身体運動機能が低下して、通院で診るのが難しくなった患者は、これからますます増えます。そんな時、気軽に往診に応じることができれば、“動く医療”へのニーズは地域に埋もれています。
 介護保険制度サービスも充実しつつあります。有能な訪問看護師とチームを組めば、在宅で終末期まで支えることは、さほどたいへんなことではありません。
 患者の住む家を訪れてみると、外来診療だけでは知ることのできない気づきがたくさんあります。患者さんの暮らしをみないで医療をやってきた危うさを感じることもあります。在宅医療はけっして厄介な医療ではなく、医療者としての当たり前のやりがいをかみしめることができるエキサイティングな医療です。出前医者19年の語り部として、在宅医療の魅力をお伝えしたいと思います。
 皆様、ぜひご参加ください。

 開催日
2010年12月5日(日)
 講師
太田秀樹 先生(医療法人アスムス 理事長/おやま城北クリニック 院長)
村井邦彦 先生(宇都宮市・村井整形外科/自治医科大学麻酔科 非常勤講師)
 診療科目
在宅医療系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家にもできる緩和ケア・がん疼痛医療
−在宅医療への導入の実際−
服部政治先生
■講師
服部政治先生

(財団法人癌研究会有明病院 麻酔科 医長 兼 がん治療支援緩和ケアチームリーダー)
【セミナー概要】
がん患者は、がんの治療のためだけの入院ではなく、がん性疼痛のために退院できずに入院を余儀なくされることも少なくない。なるべく自宅で余生を過ごしたいという希望のある患者さんでは、痛みの治療を在宅で行えるようになればその希望を実現させることができる。
本医療技術セミナーでは、病院で行う疼痛治療の実際を癌研有明病院麻酔科医長の服部政治医師に、その治療法を含めて在宅で疼痛治療を継続するために必要な知識と問題点を、数多くの病院から在宅医療を依頼され実践している「わたクリニック」の首藤真理子医師に話していただく。皆様、奮ってご参加下さい。
 開催日
2010年8月1日(日)
 講師
服部政治 先生(財団法人癌研究会有明病院 麻酔科 医長 兼 がん治療支援緩和ケアチームリーダー)
首藤真理子 先生(葛飾区・わたクリニック 医師)
 診療科目
一般医学系/在宅医療系/緩和医療・ホスピス系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー