HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※DVDのネット会員価格は 5,000円+消費税+送料(900円)でこれまで通りですが、非ネット会員価格は、DVD 25,000円+送料(900円)+消費税。TEXTは、5,000円+送料(900円)+消費税と、2022年8月1日より新たに設定します。できるだけ次項のネット会員にご入会いただきますようお願い申し上げます。
※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:77件
一般医学系:113件
消化器科系:95件
呼吸器科系:71件
循環器科系:99件
神経内科系:84件
心療内科系: 13件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 74件
老人科系:16件
感染症科系:44件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:45件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 6件
整形外科系:77件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:11件
脳神経外科系:9件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 20件
医療法律系: 2件
その他:62件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
神経内科系
84 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次の10件
整理しておこう:実地医家でも知っておきたい神経疾患の治療の実際(仮題)
吉井文均先生
■講師
吉井文均先生

(研水会高根台病院 顧問)
【セミナー概要】
 神経疾患の治療は難しいと感じられている先生方も多いかもしれませんが、神経疾患は頻度も高いので、それによる症状で先生方の外来を受診する機会も少なくないと思います。重篤な疾患や専門性の高い疾患でなければ、通常の外来でも十分対応できます。
 今回の医療技術セミナーではよく遭遇する神経症状に対する薬剤の選択の仕方、使い方のコツを解説したいと思います。治療に際しては正確に診断することも重要ですので、診断のポイントについても合わせて述べる予定です。
 開催日
2022年10月2日(日)
 講師
吉井文均 先生(研水会高根台病院 顧問)
 診療科目
神経内科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
DVD購入申込み
サイエンス漢方処方シリーズ供檻検,悩みに答えてシリーズ
−「41循環器内科領域」「42呼吸器内科領域」「43脳神経内科領域」「51コロナの後遺症」−
井齊偉矢先生
■講師
井齊偉矢先生

(サイエンス漢方処方研究会 理事長/日高徳洲会病院 院長)
【セミナー概要】
10:00『循環器内科領域で役に立つ漢方薬〜循環器内科医
    からのお悩みに答えて〜』
 循環器内科の日常診療で悩んでいることを数人の循環器内科医に伺いました。例えば「Q3. 狭心症/虚血性心疾患を疑われて紹介されます。ほとんどは狭心症ではありません。検査はしますが、違うときに漢方薬を使ってみます。処方する薬は様々ですが、先日は当帰湯がよく効きました。」回答例「仮性狭心症は、女性に多く、夜間に発作が起こり長時間続くことが特徴的。神経症状を伴い、胸部が拡張する感じを訴える。当帰湯が奏効する。」

11:00『呼吸器内科領域で役に立つ漢方薬 〜呼吸器内科医
   からのお悩みに答えて〜』
 呼吸器内科の日常診療で悩んでいることを数人の呼吸器内科医に伺いました。例えば「Q1. 遷延性の乾性咳嗽はいちばん困る。吸入ステロイド、無効ならコデインでお茶を濁す恥ずかしいケースがよくあります。麦門冬湯・滋陰降火湯・半夏厚朴湯がダメだと絶望的です。対処法を教えて下さい。」回答例「それほどでもない乾性咳嗽が遷延する場合には、桂枝加厚朴杏仁湯しか使える漢方薬はない。これで、リン酸コデインでお茶を濁さなくてもよくなる。」

12:30『脳神経内科領域で役に立つ漢方薬 〜脳神経内科医 
    からのお悩みに答えて〜』
 脳神経内科の日常診療で悩んでいることを2人の脳神経内科医に伺いました。例えば「Q1. パーキンソン病による睡眠障害のレム睡眠行動障害に桂枝加竜骨牡蠣湯2包分1眠前が有用です。金匱要略に「悪夢に」とあったので試したのですが、大きな副作用もなく有効でした」回答例「金匱要略には「悪夢」との記載はないが「女子夢交」という記載はある。口語訳すると「女性の夢の中の性行為」となり相手は夫以外で疲れ果てて覚醒する。これの応用」

13:30 『コロナの後遺症治療に役立つ漢方薬の役割』
 Nature Medicineの論文を参考にして、そこで述べられている対策に加えてサイエンス漢方処方からの提案を示した。また、厚労省から示されている「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の長期合併症の実態把握と病態生理解明に向けた基盤研究」をもとに漢方処方による対処法を示した

下記の内容は次回以降に回して解説します。

『外科領域で役に立つ漢方薬 〜外科医からのお悩み
    に答えて〜』
 外科の日常診療で悩んでいることを数人の外科医に伺いました。例えば「Q1. 肝切除の際にプリングル法で血行遮断を行ったとき、翌日の肝酵素が著しく上昇し、その後遷延することが多いです。グリチルリチン製剤の大量投与は査定を受けます。肝細胞傷害性だとは思うのですが、妙案は如何でしょう」回答例「肝の阻血再還流時の肝細胞障害には血管内皮細胞安定化作用のあるアルプロスタジルが奏効する。補助として茵蔯蒿湯・桂枝茯苓丸が使える。」
 開催日
2022年7月24日(日)
 講師
井齊偉矢 先生(サイエンス漢方処方研究会 理事長/日高徳洲会病院 院長)
 診療科目
呼吸器科系/循環器科系/感染症科系/神経内科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
脳が持続的に幸福を感じるカギは「Small Ketogenic」(ZOOM)−基礎医学シリーズ2
−ブドウ糖神話の崩壊とケトン体の奇跡;脳エネルギー革命  認知症、うつ病・・・・の原因−
佐藤拓己先生
■講師
佐藤拓己先生

(東京工科大学応用生物学部・先端食品 アンチエイジングフード研究室 教授)
【セミナー概要】
 毎日充実した日々を過ごすためには、脳に十分なエネルギー基質を送ることが大切である。ニューロンはエネルギーの要求が高いので、エネルギー不足の影響を受ける。深刻なのは高血糖ではなく、低血糖である。海馬の錐体細胞は低血糖に弱いため、認知能力が影響を受ける。錐体細胞を保持させるには、もう一つのエネルギー基質であるケトン体を恒常的に増加させ(0.2-0.5mM)、脳をハイブリッドで駆動するのがよい。
今回の医療技術セミナーでは、脳を長持ちさせるための手段として「Small Ketogenic」を提案する。ブドウ糖とケトン体のハイブリッドで脳を駆動すれば認知能力を保持できる。脳が幸福感を持続的に感じるカギは「Small Ketogenic」である可能性が高く、長寿村の老人が幸福感を感じながら農作業をする姿はハイブリッド脳に由来するのではないか。  皆さま、奮ってご参加ください。

(最新の著書に、講演と同名の『脳の寿命を延ばす「脳エネルギー革命」−ブドウ糖神話の崩壊とケトン体の奇跡』。
光文社新書 1157 2021年9月30日 1,100円 があります。)
 開催日
2022年4月30日(土)
 講師
佐藤拓己 先生(東京工科大学応用生物学部・先端食品 アンチエイジングフード研究室 教授)
 診療科目
神経内科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
増加中のコモンな神経疾患6 内科疾患と関連の深い神経症状を学びましょう
−片頭痛、内科疾患による頭痛、脳梗塞、パーキンソン病とその周辺−
福武敏夫先生
■講師
福武敏夫先生

(亀田メディカルセンター脳神経内科 部長)
【セミナー概要】
これまで亀田総合病院レベルの日常診療で役立つ臨床神経学をお届けしてきましたが、今回から私 福武と愛知の安城更生病院から来た安藤哲朗先生のタッグで提供してまいります。

/兄代を迎えた片頭痛診療−その多様性を学び、新しい治療を知る
 ここ20数年の片頭痛治療の中心はセロトニン系作動性のトリプタン系(5HT1B/1D受容体)が担ってきたが、40年ほど前からカルシトニン遺伝子関連ペプチド (CGRP)が片頭痛の病態に関わることが判明し、それを標的にした特異的治療が可能になり、2021年、CGRP関連抗体薬による予防治療が開始された。さらに2022年以降、CGRP放出抑制効果をもつ2系統の頓服薬も登場する予定であり、片頭痛への理解を深めていただきたい。

内科疾患による二次性頭痛をよく理解する
 片頭痛などの一次性頭痛との鑑別が問題となるのは、くも膜下出血や脳腫瘍などの外科的疾患だけではない。内科疾患と関連する頭痛も単に鑑別対象であるだけでなく、その理解と対処は外来診療上極めて重要である。今回は、睡眠時無呼吸症候群に伴う頭痛や各種血液疾患、透析や甲状腺疾患などの代謝性頭痛、急性冠症候群に伴う頭痛、薬剤や内科治療に関連する頭痛などを取り上げて解説する。

G捷失豹芭鼎凌癖發鰺解して、診療方法を知る
 超高齢者となり、脳卒中患者の対応が重要な問題である。特に脳梗塞が増加している。この20年で脳梗塞の診断法と治療法が大きく進歩した。その進歩を踏まえて、一般内科医がどのように脳梗塞の急性期と慢性期に対応するのがいいかを解説する。

ぅ僉璽ンソン病とその周辺疾患を理解する
 超高齢社会では、パーキンソン病の患者が増加しており、一般内科でも出会うことが多い。パーキンソン病をどのようなときに疑うかをわかりやすく解説する。またその周辺疾患のいくつかを解説する。パーキンソン病と共通する病理を持つレビー小体型認知症は、アルツハイマー型認知症に次いで多い認知症の原因疾患である。レビー小体型認知症の特徴についても解説する。
 開催日
2022年3月20日(日)
 講師
福武敏夫 先生(亀田メディカルセンター脳神経内科 部長)
安藤哲朗 先生(亀田メディカルセンター脳神経内科 部長)
 診療科目
神経内科系
 備考
片頭痛、内科疾患関連片頭痛、トリプトファン、脳卒中、脳梗塞、t-PA、パーキンソン病、レビー小体型認知症
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 見逃してはいけない神経内科領域の疾患とその症状・病態7
−実際に経験した症例から−
真鍋雄太先生
■講師
真鍋雄太先生

(神奈川歯科大学横浜センター総合内科 教授)
【セミナー概要】
 実際の診療場面では、誰が診ても正診に至るだろう教科書的な症例から、“最後に診た医者が名医”という言葉に表される非典型的な症例、はたまた全く正体の掴めない稀な症例まで、バラエティーに富む症例を経験する。そうした中、プライマリー対応として大切なことは、丁寧な診察と各医療機関レベルに応じた鑑別を行い緊急性の高い疾患を見落とさないこと、専門性の高い疾患が想定された場合、然るべき専門診療科へ紹介することではないだろうか。
 今回の医療技術セミナーでは、一般臨床でしばしば遭遇する歩行障害やふらつきといった症候、頭痛や振戦等の症状を呈する実際の症例を供覧しながら、脳神経内科疾患と思われても、実際にはその他身体臓器疾患であるケースや、矢張り脳神経内科領域の疾患である場合など、鑑別診断のポイントを解説しながら、当該症例の治療やtopicsなどを解説したく思う。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2021年12月5日(日)
 講師
真鍋雄太 先生(神奈川歯科大学横浜センター総合内科 教授)
 診療科目
神経内科系
 備考
神経内科の疾患、脳腫瘍、脳血管障害、パーキンソン病、
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
認知症の治療と予防
−いま可能となった予防法と治療法について−
白澤卓二先生
■講師
白澤卓二先生

(お茶の水健康長寿クリニック 院長)
【セミナー概要】
 認知症の大部分を占めるアルツハイマー病は『治らない』『早期発見・治療ができても進行を遅らせるだけ』『数年のうちに寝たきりになる』と言われてきました。

 最近、東京大学など38の研究機関がまとめた、「認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の6割が3年以内に認知症を発症する」という研究結果が、アメリカの科学誌に発表されました。これは日本人を対象にした調査です。軽度認知障害とわかったとしても、半分以上が3年以内に認知症を発症するということです。では認知症を治す薬はどうかというと、根本的な治療薬は登場していません。こうしたことから、今の認知症に対する一般的なイメージは「なったら治らない」というものでしょう。

ところがこの常識をくつがえす画期的な治療法が話題になりました。
 アルツハイマー病など神経変性疾患の世界的権威である、デール・ブレデゼン博士が考案した「リコード法」で「9割の症状が改善」「500人以上が回復」など患者様にとって希望となる数字がうたわれています。
 ブレデゼン博士の書籍『アルツハイマー病 真実と終焉』が大ベストセラーとなり、日本でも翻訳本が発売され、注目を集めました。
 私はこの翻訳本を監修しましたが、私が1990年より研究してきたアルツハイマー病はじめ認知症が30年足らずで激増したことの原因を探ってきた結果と重なりました。アルツハイマー病の原因を36項目に分類したことは、ブレデセン博士の大きな功績であり、さまざまなプログラムの効果を医学的に裏付け、補強するものでもあります。
 当院ではリコード法(当院では解毒法)を元に、機能性脳波および各種検査を実施し、メキシコLIVANT Neuro Recovery CenterのDr.Luis Aguilarチームとのコラボレーションによって、機能性脳波検査解析による脳神経障害の診断をもとにサプリメント治療を行っております。

 若年性アルツハイマー病の治療をはじめ、認知症、脳血管性認知症、レビー小体病、前頭葉側頭葉型認知症、パーキンソン病、うつ病、自閉症、統合失調症、アスペルガー症候群、ADHD、脳卒中後遺症、脳挫傷後遺症においても症状が改善しており、その効果を実感しております。

 実地医家の皆様に今回の医療技術セミナーで、わたくしの経験と知見を詳しくお話し致します。
 開催日
2021年11月23日(火)
 講師
白澤卓二 先生(お茶の水健康長寿クリニック 院長)
 診療科目
神経内科系
 備考
健康長寿、認知症の治療、認知症の予防
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
分かりやすい神経疾患による感覚器障害:神経症状シリーズ9
吉井文均先生
■講師
吉井文均先生

(神奈川県済生会 湘南平塚病院 相談役)
【セミナー概要】
 Covid-19では嗅覚や味覚の障害が起こることが知られていますが、神経疾患でも感覚器の障害で気づく疾患は少なくありません。
 今回の医療技術セミナーでは、様々な感覚器障害に焦点をあて、その背景にある神経障害のメカニズム、感覚器症候の診かた、原因となる神経疾患、検査法、および一般医の方でもできる治療方法について解説したいと思います。感覚器障害は患者さんの苦痛になるばかりでなく、その頻度も高く、またCovid-19のように重大な疾患の初期症状のこともあります。本セミナーでもう一度感覚器障害に関する知識を整理してみましょう。
 開催日
2021年9月12日(日)
 講師
吉井文均 先生(神奈川県済生会 湘南平塚病院 相談役)
 診療科目
神経内科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
増加中のコモンな神経疾患5 内科疾患と関連の深い神経症状を学びましょう
−糖尿病(中枢神経障害)、ビタミン欠乏症、電解質異常、内分泌異常−
福武敏夫先生
■講師
福武敏夫先生

(亀田メディカルセンター 脳神経内科 部長)
【セミナー概要】
 脳神経内科で扱う疾患は筋疾患から末梢神経や脊髄、そして脳の障害に至るまでとても幅広いです。
 病理学的にも血行障害、炎症、外傷(神経系にとっては頚椎症も外傷性)、免疫性、代謝性、変性、腫瘍性と多様です。このうち、代謝性疾患は他の内科疾患との関連が深く、脳神経内科の知識は総合内科医や一般内科医などの日常診療にとっても共有すべき重要性を含んでいます。
 今回の医療技術セミナーでは、‥尿病の中枢神経障害(特に糖尿病性認知障害や危険な低血糖症)、▲咼織潺鷏臻馨鼻米辰B1とB12)、E轍鮗前枉錙淵船礇優蹈僖繊爾簀樟塩類喪失症候群など)、て睚泌異常(甲状腺では橋本脳症、副腎ではCushing症候群の精神症状など)を学んでいきましょう。
 開催日
2021年8月29日(日)
 講師
福武敏夫 先生(亀田メディカルセンター 脳神経内科 部長)
 診療科目
神経内科系
 備考
糖尿病、ビタミン欠乏症、電解質異常、内分泌異常
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
プライマリ・ケア医が絶対に知っておくべき精神疾患のすべて(新春記念セミナー3)
−精神科医とここが違う!−
竹村洋典先生
■講師
竹村洋典先生

(東京医科歯科大学大学院総合診療医学 教授、三重大学名誉教授)
【セミナー概要】
 医療機関に訪れるほとんどの患者に程度の差はあれ、精神疾患の要素が含まれています。プライマリ・ケアの診療において、よくある精神疾患をどのように診療し、どこまで治療できるか、お話しします。精神科医のできることの話ではなく、総合診療医ができる精神疾患の診療をお話しします。また、精神科医と身体科医の違いや連携のコツもお話しします。
 今回の医療技術セミナーの第1部では、プライマリ・ケアでよく遭遇するうつ病、パニック障害、社会不安障害、などの診断や治療の仕方をお話しします。よく身体疾患に間違われるうつ病の診断は重要です。またベンゾではなくSSRIなどの使用方法をマスターすることも重要です。
 第2部では、不眠症のメカニズム、診断や治療の仕方について講義します。不眠症でもいろいろな不眠があり、鑑別が必要です。また、それに対する治療も様々な観点から選んでいく必要があります。
 第3部では、プライマリ・ケアの医師と精神科の医師の違い、各々どのように考えているか、どのように付き合っていけばよいかをお話しします。

 講師がアメリカの総合診療の専門医研修でマスターし、日本で身体疾患のみならず精神疾患も積極的に治療してきた結果、得られた秘密の極意です。もしあなたがこの極意を知れば、その日から精神疾患の診療を楽しめるようになれます!
 開催日
2021年1月11日(月)
 講師
竹村洋典 先生(東京医科歯科大学大学院総合診療医学 教授、三重大学名誉教授)
 診療科目
総合診療系/神経内科系/精神・神経科系
 備考
精神疾患、精神科との違い
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
コモンな神経疾患の諸症状4 糖尿病による神経合併症、他(新春記念セミナー1)
福武敏夫先生
■講師
福武敏夫先生

(亀田メディカルセンター脳神経内科 部長)
【セミナー概要】
 神経診断の仕方の中で、神経症状の診かた・考えかたについて、これまで、3回に分けて「頭痛」「めまい」「しびれ」という三大神経症状と、「(非典型的)脳梗塞」「デメンチア(認知症)」「パーキンソン病」「心因性と紛らわしい疾患」「ふるえ・せん妄」「精神症状・一過性意識障害」等について解説してきました。
 これらのお話のキモは病歴聴取にあり、<知識と観察、そして推理>を<情熱>をもって進めていくことの大切さを訴えてきました。実地医家が日常遭遇する脳神経がらみの症状はまだまだあり、残念ながら見逃されてきていることを痛感しています。
 今回の医療技術セミナーでは、残されているテーマの中で、「てんかん」「肩こり」「金属」「糖尿病」を取り上げ、日常診療に少しでも還元していただければと考え、解説します。
 皆さま、奮ってご参加ください。

 なお、当日は、このセミナーが終わったより後、15:30より
最上康生先生による『糖尿病の最新の薬物療法』についての2時間のセミナーの開催を予定しております。このセミナーの受講料は、昼間のセミナーに出ておられれば、夕刻のセミナーの受講料を50%の割引を申し上げます。
  
 開催日
2021年1月10日(日)
 講師
福武敏夫 先生(亀田メディカルセンター脳神経内科 部長)
 診療科目
神経内科系
 備考
てんかん、肩こり、金属中毒、糖尿病合併症の神経症状、
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー