HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:67件
一般医学系:109件
消化器科系:87件
呼吸器科系:62件
循環器科系:90件
神経内科系:71件
心療内科系: 9件
血液内科系: 0件
内分泌代謝内科系: 69件
老人科系:16件
感染症科系:40件
小児科系:14件
精神・神経科系:28件
皮膚科系:41件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 5件
整形外科系:71件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:32件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:7件
婦人科・産科系:10件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 16件
医療法律系: 2件
その他:55件
生活習慣病: 17件
高齢者医療: 15件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
感染症科系
40 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 次の10件
実地医家のための 呼吸器診療における胸部単純X線写真の活かし方
−鑑別診断への早道を学ぼう−
松島秀和先生
■講師
松島秀和先生

(さいたま赤十字病院呼吸器内科 部長)
【セミナー概要】
 呼吸器疾患は多種多彩な疾患が含まれ、診断自体が難しいとされています。その中で最初に行なう検査として胸部単純X線写真があり、その読影により次へのステップが決まるくらい、胸部単純X線写真の評価が重要になってくるかと思います。その胸部単純X線写真をうまく活かして呼吸器診療(特に診断)に少しでも自信を深めていきませんか?
 今回の医療技術セミナーでは、胸部単純X線写真から診断のきっかけになるポイントを伝授したいと思います。また、胸部単純X線写真には限界もあるのは事実であり、そのあたりをcommon diseaseのひとつである呼吸器感染症にスポットを当てて解説できればと思います。胸部単純X線写真の読影について不安に思っている先生方の御参加をお待ちしています。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2020年7月26日(日)
 講師
松島秀和 先生(さいたま赤十字病院呼吸器内科 部長)
 診療科目
呼吸器科系/感染症科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
コロナの次の波 の到来と、with coronaの時代の感染対策と診療
−アフターコロナの時代における診療現場での感染対策−
大路 剛先生
■講師
大路 剛先生

(神戸大学付属病院感染症内科 准教授、感染制御部 副部長、神戸大学都市安全研究センター 准教授)
【セミナー概要】
 2019年12月ごろに中国の武漢から流行しはじめたCovid-19(新型コロナウイルス)は、当初は中国国内だけでとどまることを期待されていましたが、韓国、日本から、更には欧州と北米に伝搬していきました。特に欧州、北米と南米では猖獗を極めており、多数の死者を出しています。
 日本においてもクルーズ船でのアウトブレイクから始まり、その後欧州からの第二波が襲来したのが4月と5月でした。日本は早期の休校処置と自粛措置で乗り切ってまいりましたが、今後の再流行は必須でしょうがどのような規模で来るか分かりません。今後はwith coronaの時代になることは必定です。
 現時点でプライマリケアの現場でできること、病院でできることを具体的に、実際に考えていきながら、今回はいつも以上に臨床の疑問点を共有していきたいと思います。

通常の受講料を半額にして特別料金を設定しました。
奮ってご参加ください。
 開催日
2020年6月14日(日)
 講師
大路 剛 先生(神戸大学付属病院感染症内科 准教授、感染制御部 副部長、神戸大学都市安全研究センター 准教授)
 診療科目
感染症科系
 備考
感染症、新型コロナウイルス感染、with coronaの時代、第2波・第3波、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 成人VPD(Vaccine Preventable disease)と破傷風
大路剛先生
■講師
大路剛先生

(神戸大学附属病院感染症内科 准教授)
【セミナー概要】
 前半は、成人で忘れがちな予防接種2019updateと、後半は破傷風です。

 2019年8月、静岡県で百日咳が流行し、県からも注意喚起が出されました。感染した新生児は成人から感染した症例ばかりです。予防接種は小児への接種が最も重要ですが、同時に成人においても様々な理由から予防接種を考慮するセッティングがあります。成人における予防接種をお勧めするタイミングなどを概説します。また、予防接種の同時接種は日本でも一般的になってきましたが、一部のワクチンは同時接種を避けた方が良いことが分かってきています。最近の知見もご紹介します。
 後半は破傷風についてです。ワクチンの定期接種化により激減した破傷風ですが、国内では未だに年間100例程度、2011年の東日本大震災の際には10例の震災関連破傷風が報告されています。破傷風菌は環境中に常在しており、小さな傷からも感染するリスクがあります。知っているようで知らない破傷風。温故知新、破傷風のこれまでの歴史と診断・治療・予防、そして、定期接種化前の世代に対するキャッチアップを含め、今私たちにできることを概説します。
 開催日
2020年3月8日(日)
 講師
大路剛 先生(神戸大学附属病院感染症内科 准教授)
海老沢馨 先生(神戸大学医学部附属病院感染症治療内科)
 診療科目
感染症科系
 備考
成人予防接種、破傷風
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
新型コロナウイルス感染の世界的拡大と終息を考える
大路剛先生
■講師
大路剛先生

(神戸大学医学部附属病院感染症治療内科 准教授)
 開催日
2020年3月8日(日)
 講師
大路剛 先生(神戸大学医学部附属病院感染症治療内科 准教授)
 診療科目
感染症科系
 備考
新型コロナウイルス、強力な感染力、肺炎、血栓
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
増加中のコモンな神経疾患(デメンチア(認知症)・パーキンソン病・心因性疾患)に対応しよう
福武敏夫先生
■講師
福武敏夫先生

(亀田メディカルセンター神経内科 部長)
【セミナー概要】
 本年3月には、「還元主義的なマニュアルやガイドラインの中に、魅力的な、語り口のスタイルを吹き込もう」という私の神経診断学の基本的な考えかたを、頭痛・めまい・しびれというコモンな三大神経症状と非典型的脳梗塞をテーマとして、解説しました。
 今回の医療技術セミナーでは、少し前から近未来にかけて増加中の三大神経疾患を選んで、私の基本的な考え方を解説したいと思います。第一はデメンチア(認知症)です。教育年数の増加や血管危険因子への対策の進歩から、頻度はそれほど増加しないのではという考えもありますが、長寿化により必ず実数は増加します。第二はパーキンソン病です。65歳以上の1%と言われてきましたが、いくつかの研究によりますと、今後アルツハイマー病よりも速度が速く増加し、20年後には2%になると言われます。そして、今や非運動症状は全科にわたる課題です。第三は心因性神経症状で、これも増加傾向にありますが、心因性と紛らわしい症例も多く鑑別が必要です。
 開催日
2019年11月4日(月)
 講師
福武敏夫 先生(亀田メディカルセンター神経内科 部長)
 診療科目
感染症科系/神経内科系
 備考
認知症、パーキンソン病、心因性疾患・症状
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 抗酸菌感染症 update 2019
−結核菌、ライ菌を含む−
大路剛先生
■講師
大路剛先生

(神戸大学医学部附属病院感染症治療内科 准教授)
【セミナー概要】
 結核については、いろいろな場所で話題に上がりますが、抗酸菌には結核以外の様々な抗酸菌が知られています。よく知られているMAC(Mycobacterium avium/intracellular complex)以外にも迅速発育菌と呼ばれる様々な抗酸菌が人に病気を起こします。特に結核も含め肺外の病変の時にどのように疑い、どのように治療するかは意見が分かれるところです。また内科以外の診療科での院内感染の原因としても抗酸菌は有名です。近年まれになったライ菌も含め、抗酸菌のトピックを概説します。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年10月14日(月)
 講師
大路剛 先生(神戸大学医学部附属病院感染症治療内科 准教授)
 診療科目
感染症科系
 備考
抗酸菌感染症、結核菌、ライ菌
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 外来での発熱診療
−感染臓器と免疫不全の診断から慢性発熱の診断まで−
大路剛先生
■講師
大路剛先生

(神戸大学付属病院感染症内科 准教授)
【セミナー概要】
 外来での発熱診療は簡単なようでいて非常に難しいです。感染症の頻度が高い一方、自己免疫疾患・自己炎症疾患や悪性腫瘍の初期症状である可能性があります。頻度の多い感染症診療をいかに感染臓器や微生物にあたりを付けるかが第一のポイントになります。これは患者の情報源を”体鮗覚症状、⊃搬凌濃 ↓8〆坐竿未3つに分類することでうまく迫ることができます。そのうえで外来、入院を問わず、すべての感染症診療に共通するスタイルを分かりやすく解説します。
 また、一般内科外来でどのように自己免疫疾患、自己炎症疾患を除外していくか、悪性腫瘍を含めどのような検査をオーダーして紹介していくかも自分自身の失敗談を含めて解説していきたいと思います。感染症では特に播種性感染症(いわゆる粟粒結核や播種性真菌感染症など)や感染性心内膜炎など分かりにくい感染症の拾い上げのコツも解説します。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年6月30日(日)
 講師
大路剛 先生(神戸大学付属病院感染症内科 准教授)
 診療科目
消化器科系/呼吸器科系/感染症科系/神経内科系
 備考
外来での発熱診療、感染臓器、免疫不全
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
一般外来における免疫疾患・膠原病の見つけ方
−みたことがない疾患でも疑い、拾い上げる(非感染性炎症性疾患を中心に)−
國松淳和先生
■講師
國松淳和先生

(南多摩病院総合内科・膠原病内科)
【セミナー概要】
 比較的めずらしい疾患というのは、年に1例とか数年に1例とかなので、準備しておくのが難しいと思います。知識として勉強したとしても、みたことがない疾患や経験数が少ない疾患を、うまく診断できるとは限りません。
 今回の医療技術セミナーは、非感染性炎症性疾患を中心にこうした少し稀な疾患の解説をします。解説といっても、教科書的な平板な知識を伝授するのではありません。また、巷でよくあるケーススタディをしていくのともちょっと違います。ケースは使いますが、実際の受診パターン(発症様式や初期症候)や注目すべき所見、症状のバリエーション、何よりこうした日常的には出会わない疾患を実際にどう疑うかなど、診断プロセスを可能なかぎり追体験していただく工夫をしつつ、実際に自分自身で拾い上げることができるようになることを目標に解説します。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年2月11日(月)
 講師
國松淳和 先生(南多摩病院総合内科・膠原病内科)
 診療科目
総合診療系/感染症科系/整形外科系
 備考
免疫疾患、膠原病、非感染性炎症性疾患、リウマチ性多発筋痛症(PMR)、結節性紅斑、菊池ー藤本病、関節リウマチ、亜急性甲状腺炎、血管炎、全身性エリテマトーデス
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
腰痛にご注意〜脊椎関節炎
−1.目・皮膚・腸に注意〜脊椎関節炎て何ですか?〜/2.生物学的製剤とステロイド使用時の注意点−
岸本暢将先生
■講師
岸本暢将先生

(聖路加国際病院リウマチ膠原病科)
【セミナー概要】
 脊椎関節炎(SpA)は強直性脊椎炎 (AS),反応性関節炎(ReA),乾癬性関節炎(PsA),若年性SpA,腸 炎関連脊椎関節炎(IBD-SpA),分類不能型SpA(uSpA)に大きく分けられる. これらSpAは特徴的な症候を呈するが,共通症候として,仙腸関節や脊椎など体軸関節の慢性炎症からくる腰背部痛,左右非対称性少関節炎(特に下 肢の関節),指趾炎(ソーセージ指),付着部炎を呈することが特徴 である. その他,頭部・臀裂部・陰部に乾癬などの皮膚症候,ぶどう膜炎 などの眼症候,下痢などの腸炎の症候を合併することもあり,これらの症状が感染症後に発症することもある.
 さらに,家族歴、炎症反応上昇,さらにHLA-B27と強く関連 していることなどが特徴的である.前半では、プライマリケアで疑う脊椎関節炎の症状と鑑別診断につき解説する。
SpAの治療薬の進歩近年非常に速く、特に 乾癬・乾癬性関節炎の領域ではMTX(公知申請中),さらには生物学的製剤である抗 TNF阻害剤,IL-12/23阻害剤,IL-17阻害剤, IL23阻害薬など保険適応が広がり、海外も含めJAK阻害剤、CTLA4-Igなども臨床試験が進行中である.このような状況も踏まえ、後半では、SpAや関節リウマチでも多く使用される生物学的製剤やステロイド日常診療で役立つモニタリング法なども解説したい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年12月23日(日)
 講師
岸本暢将 先生(聖路加国際病院リウマチ膠原病科)
 診療科目
内分泌科系/感染症科系/整形外科系
 備考
強直性脊椎炎、反応性関節炎、乾癬性関節炎、若年性脊椎関節炎、腸炎関連脊椎関節炎
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
プライマリ・ケアでの エコーを活用した腹部症状診療のコツ2
−腹部症状をエコーによる描出像から考える−婦人科領域、他−
豊田英樹先生
■講師
豊田英樹先生

(亀山市・ハッピー胃腸クリニック 院長)
【セミナー概要】
 エコーの診断方法については たくさんのテキストが出版されておりますが、エコーで得られた所見をどのように生かして実際の診療を行うかについてはあまり触れられていません。これらの本の著者の多くはエコー診断のプロであり、これらの先生方がエコー検査をしながら一般の外来診療を行うことが少ないためと思われます。 一方、開業医などプライマリ・ケアを担う医師は診察をしながらエコーを利用し、その所見を基に病態を考え治療する、あるいは後方支援病院に紹介するわけです。
 今回はプライマリ・ケアを担う医師が、実際の診療の場でどのようにエコーを活用すると患者満足度が高い診療が可能になるかについて、私の経験を基に解説します。
 最近、エコーの専門家の間では「ベッドサイドで臨床医が行う超音波検査、point-of-care ultrasound : POCUS」が注目されています。POCUSは、ベッドサイドや診察室などで行う超音波検査のことです。今回のセミナーの内容は「クリニックで遭遇する腹部症状に対するPOCUSの実際についてについて」とも言い換えることもできます。救急医が執筆されたPOCUSのテキストも既に数冊出版されており、とても勉強になるのですが、救急外来を受診される患者が対象となるため、同じ患者を長年にわたりケアしていくプライマリ・ケアとはやや視点が異なるのも事実です。
 今回の医療技術セミナーでは、始めに前回のセミナーの重要ポイントの復習を手短に行います。次に、様々な症例をエコー動画でご覧いただき、描出のコツ、画像の読影、エコー所見を実際の診療でどのように活用しているのかについて解説します。また、このセミナーは医師だけではなく、技師がエコー所見を医師に伝える際にも役立つのではないかと考えています。
「患者様のハッピー」と「クリニックの生き残り」のために役立つ腹部エコー活用法を皆様と一緒に考えたいと思います。
 皆様のご参加をお待ちしております。
 開催日
2018年8月26日(日)
 講師
豊田英樹 先生(亀山市・ハッピー胃腸クリニック 院長)
 診療科目
消化器科系/感染症科系
 備考
腹部疾患、エコー検査、胃のみかた、十二指腸のみかたと
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー