HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※DVDのネット会員価格は 5,000円+消費税+送料(900円)でこれまで通りですが、非ネット会員価格は、DVD 25,000円+送料(900円)+消費税。TEXTは、5,000円+送料(900円)+消費税と、2022年8月1日より新たに設定します。できるだけ次項のネット会員にご入会いただきますようお願い申し上げます。
※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:77件
一般医学系:113件
消化器科系:95件
呼吸器科系:71件
循環器科系:99件
神経内科系:84件
心療内科系: 13件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 74件
老人科系:16件
感染症科系:44件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:45件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 6件
整形外科系:77件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:11件
脳神経外科系:9件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 20件
医療法律系: 2件
その他:62件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
感染症科系
44 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 | 5 次の10件
サイエンス漢方処方シリーズ供檻検,悩みに答えてシリーズ
−「41循環器内科領域」「42呼吸器内科領域」「43脳神経内科領域」「51コロナの後遺症」−
井齊偉矢先生
■講師
井齊偉矢先生

(サイエンス漢方処方研究会 理事長/日高徳洲会病院 院長)
【セミナー概要】
10:00『循環器内科領域で役に立つ漢方薬〜循環器内科医
    からのお悩みに答えて〜』
 循環器内科の日常診療で悩んでいることを数人の循環器内科医に伺いました。例えば「Q3. 狭心症/虚血性心疾患を疑われて紹介されます。ほとんどは狭心症ではありません。検査はしますが、違うときに漢方薬を使ってみます。処方する薬は様々ですが、先日は当帰湯がよく効きました。」回答例「仮性狭心症は、女性に多く、夜間に発作が起こり長時間続くことが特徴的。神経症状を伴い、胸部が拡張する感じを訴える。当帰湯が奏効する。」

11:00『呼吸器内科領域で役に立つ漢方薬 〜呼吸器内科医
   からのお悩みに答えて〜』
 呼吸器内科の日常診療で悩んでいることを数人の呼吸器内科医に伺いました。例えば「Q1. 遷延性の乾性咳嗽はいちばん困る。吸入ステロイド、無効ならコデインでお茶を濁す恥ずかしいケースがよくあります。麦門冬湯・滋陰降火湯・半夏厚朴湯がダメだと絶望的です。対処法を教えて下さい。」回答例「それほどでもない乾性咳嗽が遷延する場合には、桂枝加厚朴杏仁湯しか使える漢方薬はない。これで、リン酸コデインでお茶を濁さなくてもよくなる。」

12:30『脳神経内科領域で役に立つ漢方薬 〜脳神経内科医 
    からのお悩みに答えて〜』
 脳神経内科の日常診療で悩んでいることを2人の脳神経内科医に伺いました。例えば「Q1. パーキンソン病による睡眠障害のレム睡眠行動障害に桂枝加竜骨牡蠣湯2包分1眠前が有用です。金匱要略に「悪夢に」とあったので試したのですが、大きな副作用もなく有効でした」回答例「金匱要略には「悪夢」との記載はないが「女子夢交」という記載はある。口語訳すると「女性の夢の中の性行為」となり相手は夫以外で疲れ果てて覚醒する。これの応用」

13:30 『コロナの後遺症治療に役立つ漢方薬の役割』
 Nature Medicineの論文を参考にして、そこで述べられている対策に加えてサイエンス漢方処方からの提案を示した。また、厚労省から示されている「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の長期合併症の実態把握と病態生理解明に向けた基盤研究」をもとに漢方処方による対処法を示した

下記の内容は次回以降に回して解説します。

『外科領域で役に立つ漢方薬 〜外科医からのお悩み
    に答えて〜』
 外科の日常診療で悩んでいることを数人の外科医に伺いました。例えば「Q1. 肝切除の際にプリングル法で血行遮断を行ったとき、翌日の肝酵素が著しく上昇し、その後遷延することが多いです。グリチルリチン製剤の大量投与は査定を受けます。肝細胞傷害性だとは思うのですが、妙案は如何でしょう」回答例「肝の阻血再還流時の肝細胞障害には血管内皮細胞安定化作用のあるアルプロスタジルが奏効する。補助として茵蔯蒿湯・桂枝茯苓丸が使える。」
 開催日
2022年7月24日(日)
 講師
井齊偉矢 先生(サイエンス漢方処方研究会 理事長/日高徳洲会病院 院長)
 診療科目
呼吸器科系/循環器科系/感染症科系/神経内科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
コロナ後遺症の診療の実際
−現在できる治療の可能性を最大限に探求する−
丸毛 聡先生
■講師
丸毛 聡先生

(公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院病院長補佐 兼 呼吸器内科部長)
【セミナー概要】
 新型コロナウイルス感染症(Coronavirus disease 2019:COVID-19)は、2019 年 12 月に中国・武漢で原因不明の肺炎として報告されて以降、本邦を含む全世界に感染が拡大している。この経過の中でCOVID-19に対する多くの知見が全世界で集積され、感染対策や診断・治療・予防法が確立されつつある。そのような中、新たな課題としてCOVID-19に罹患した一部の患者にさまざまな罹患後症状(いわゆる「後遺症」)を認めることがわかってきた。これらは、post COVID-19 condition(s)、long COVID、post-acute sequelae of SARS-CoV-2 infection (PASC)、long-haul COVID などといわれているが、その病態についてもいまだ不明な点が多い。
 我々医療従事者は、この未解明な「コロナ後遺症」について、最新の疫学情報を鑑みながら患者の診療に当たり、場合によっては長期的に支えていかなければならない。しかしながら確立された診療指針は未だない。そこで本特集では、「コロナ後遺症」の診療に当たる医療従事者に少しでも役立つように、前半部分ではこれまでに分かっている後遺症の知見をまとめ、後半では当院での後遺症外来の経験を共有し、特徴的な病態を呈した症例につき考察したい。
 開催日
2022年7月3日(日)
 講師
丸毛 聡 先生(公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院病院長補佐 兼 呼吸器内科部長)
 診療科目
呼吸器科系/感染症科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
ワクチンの全貌とコロナ禍終息の処方箋
−この2年間のパンデミックイン、インフォデミックを振り返っての総括−
井上正康先生
■講師
井上正康先生

(大阪市立大学 名誉教授/健康科学研究所・現代適塾)
【セミナー概要】
 2019年末から、世界を騒がせた新型コロナウイルス感染症。この約2年間のパンデミックイン、インフォデミックを振り返っての総括です。ワクチンによるADE(抗体依存性感染増強)は、大丈夫か。そもそも、欧米より流行しなかった日本において、ワクチンのほぼ全員接種は本当に必要か。その著書「コロナワクチン幻想を切る」「新型コロナ騒動の正しい終わらせ方」やYouTube上の発表を見て、更に詳しく、更に疑問が浮かんでくる人は多いはず。
 その点を、ご参加いただき、問うてみて下さい。
 テレビでお馴染みの一般市民向け専門家とは異なった知見をドクターレベルで語っていただきます。講師は『Nature』『Lancet』など国際的論文誌への掲載実績500編以上の著者。サイエンスに基づいたもう一方の専門家です。
 皆さん、奮ってご参加ください。

 開催日
2021年12月19日(日)
 講師
井上正康 先生(大阪市立大学 名誉教授/健康科学研究所・現代適塾)
 診療科目
感染症科系
 備考
新型コロナワクチン、ワクチンの疫学、集団免疫、
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 呼吸器科疾患におけるいろいろな肺炎の鑑別演習
−感染症、悪性疾患、自己免疫疾患、先天性疾患、特発性疾患、アレルギー疾患を見分ける−
皿谷健先生
■講師
皿谷健先生

(杏林大学医学部呼吸器内科 准教授)
【セミナー概要】
 肺は感染症、悪性疾患、自己免疫疾患、先天性疾患、特発性疾患、アレルギー疾患などが出現する全身疾患が表現される臓器であり、患者は様々なプレゼンテーションで受診します。最近の、肺炎症例ではCOVID-19肺炎も鑑別からはずせない状況となっています。
 一般内科、クリニックからの紹介症例を含めて、“症状”や “疾患”毎に症例を提示し、病歴、画像にfocusして疾患の追体験をしていただきたいと思います。
 自験例を中心にこれを提示します。 プライマリ・ケアの外来で役立つ疑似体験のできる内容にしたいと思います。
 開催日
2020年12月6日(日)
 講師
皿谷健 先生(杏林大学医学部呼吸器内科 准教授)
 診療科目
呼吸器科系/感染症科系
 備考
肺炎、感染症、悪性疾患、自己免疫疾患、先天性疾患、特発性疾患、アレルギー疾患
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 呼吸器診療における胸部単純X線写真の活かし方
−鑑別診断への早道を学ぼう−
松島秀和先生
■講師
松島秀和先生

(さいたま赤十字病院呼吸器内科 部長)
【セミナー概要】
 呼吸器疾患は多種多彩な疾患が含まれ、診断自体が難しいとされています。その中で最初に行なう検査として胸部単純X線写真があり、その読影により次へのステップが決まるくらい、胸部単純X線写真の評価が重要になってくるかと思います。その胸部単純X線写真をうまく活かして呼吸器診療(特に診断)に少しでも自信を深めていきませんか?
 今回の医療技術セミナーでは、胸部単純X線写真から診断のきっかけになるポイントを伝授したいと思います。また、胸部単純X線写真には限界もあるのは事実であり、そのあたりをcommon diseaseのひとつである呼吸器感染症にスポットを当てて解説できればと思います。胸部単純X線写真の読影について不安に思っている先生方の御参加をお待ちしています。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2020年7月26日(日)
 講師
松島秀和 先生(さいたま赤十字病院呼吸器内科 部長)
 診療科目
呼吸器科系/感染症科系
 備考
呼吸器疾患における胸部単純X線写真の読影、典型例と応用例
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
コロナの次の波 の到来と、with coronaの時代の感染対策と診療
−アフターコロナの時代における診療現場での感染対策−
大路 剛先生
■講師
大路 剛先生

(神戸大学付属病院感染症内科 准教授、感染制御部 副部長、神戸大学都市安全研究センター 准教授)
【セミナー概要】
 2019年12月ごろに中国の武漢から流行しはじめたCovid-19(新型コロナウイルス)は、当初は中国国内だけでとどまることを期待されていましたが、韓国、日本から、更には欧州と北米に伝搬していきました。特に欧州、北米と南米では猖獗を極めており、多数の死者を出しています。
 日本においてもクルーズ船でのアウトブレイクから始まり、その後欧州からの第二波が襲来したのが4月と5月でした。日本は早期の休校処置と自粛措置で乗り切ってまいりましたが、今後の再流行は必須でしょうがどのような規模で来るか分かりません。今後はwith coronaの時代になることは必定です。
 現時点でプライマリケアの現場でできること、病院でできることを具体的に、実際に考えていきながら、今回はいつも以上に臨床の疑問点を共有していきたいと思います。

通常の受講料を半額にして特別料金を設定しました。
奮ってご参加ください。
 開催日
2020年6月14日(日)
 講師
大路 剛 先生(神戸大学付属病院感染症内科 准教授、感染制御部 副部長、神戸大学都市安全研究センター 准教授)
 診療科目
感染症科系
 備考
感染症、新型コロナウイルス感染、with coronaの時代、第2波・第3波、
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 成人VPD(Vaccine Preventable disease)と破傷風
大路剛先生
■講師
大路剛先生

(神戸大学附属病院感染症内科 准教授)
【セミナー概要】
 前半は、成人で忘れがちな予防接種2019updateと、後半は破傷風です。

 2019年8月、静岡県で百日咳が流行し、県からも注意喚起が出されました。感染した新生児は成人から感染した症例ばかりです。予防接種は小児への接種が最も重要ですが、同時に成人においても様々な理由から予防接種を考慮するセッティングがあります。成人における予防接種をお勧めするタイミングなどを概説します。また、予防接種の同時接種は日本でも一般的になってきましたが、一部のワクチンは同時接種を避けた方が良いことが分かってきています。最近の知見もご紹介します。
 後半は破傷風についてです。ワクチンの定期接種化により激減した破傷風ですが、国内では未だに年間100例程度、2011年の東日本大震災の際には10例の震災関連破傷風が報告されています。破傷風菌は環境中に常在しており、小さな傷からも感染するリスクがあります。知っているようで知らない破傷風。温故知新、破傷風のこれまでの歴史と診断・治療・予防、そして、定期接種化前の世代に対するキャッチアップを含め、今私たちにできることを概説します。
 開催日
2020年3月8日(日)
 講師
大路剛 先生(神戸大学附属病院感染症内科 准教授)
海老沢馨 先生(神戸大学医学部附属病院感染症治療内科)
 診療科目
感染症科系
 備考
感染症、成人予防接種、破傷風
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
新型コロナウイルス感染の世界的拡大と終息を考える
大路剛先生
■講師
大路剛先生

(神戸大学医学部附属病院感染症治療内科 准教授)
 開催日
2020年3月8日(日)
 講師
大路剛 先生(神戸大学医学部附属病院感染症治療内科 准教授)
 診療科目
感染症科系
 備考
新型コロナウイルス、強力な感染力、肺炎、血栓
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
増加中のコモンな神経疾患(デメンチア(認知症)・パーキンソン病・心因性疾患)に対応しよう
福武敏夫先生
■講師
福武敏夫先生

(亀田メディカルセンター神経内科 部長)
【セミナー概要】
 本年3月には、「還元主義的なマニュアルやガイドラインの中に、魅力的な、語り口のスタイルを吹き込もう」という私の神経診断学の基本的な考えかたを、頭痛・めまい・しびれというコモンな三大神経症状と非典型的脳梗塞をテーマとして、解説しました。
 今回の医療技術セミナーでは、少し前から近未来にかけて増加中の三大神経疾患を選んで、私の基本的な考え方を解説したいと思います。第一はデメンチア(認知症)です。教育年数の増加や血管危険因子への対策の進歩から、頻度はそれほど増加しないのではという考えもありますが、長寿化により必ず実数は増加します。第二はパーキンソン病です。65歳以上の1%と言われてきましたが、いくつかの研究によりますと、今後アルツハイマー病よりも速度が速く増加し、20年後には2%になると言われます。そして、今や非運動症状は全科にわたる課題です。第三は心因性神経症状で、これも増加傾向にありますが、心因性と紛らわしい症例も多く鑑別が必要です。
 開催日
2019年11月4日(月)
 講師
福武敏夫 先生(亀田メディカルセンター神経内科 部長)
 診療科目
感染症科系/神経内科系
 備考
認知症、パーキンソン病、心因性疾患・症状
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 抗酸菌感染症 update 2019
−結核菌、ライ菌を含む−
大路剛先生
■講師
大路剛先生

(神戸大学医学部附属病院感染症治療内科 准教授)
【セミナー概要】
 結核については、いろいろな場所で話題に上がりますが、抗酸菌には結核以外の様々な抗酸菌が知られています。よく知られているMAC(Mycobacterium avium/intracellular complex)以外にも迅速発育菌と呼ばれる様々な抗酸菌が人に病気を起こします。特に結核も含め肺外の病変の時にどのように疑い、どのように治療するかは意見が分かれるところです。また内科以外の診療科での院内感染の原因としても抗酸菌は有名です。近年まれになったライ菌も含め、抗酸菌のトピックを概説します。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年10月14日(月)
 講師
大路剛 先生(神戸大学医学部附属病院感染症治療内科 准教授)
 診療科目
感染症科系
 備考
抗酸菌感染症、結核菌、ライ菌
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー