HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:65件
一般医学系:107件
消化器科系:84件
呼吸器科系:59件
循環器科系:86件
神経内科系:68件
心療内科系: 9件
血液内科系: 0件
内分泌代謝内科系: 67件
老人科系:16件
感染症科系:36件
小児科系:14件
精神・神経科系:25件
皮膚科系:41件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 5件
整形外科系:68件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:32件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:7件
婦人科・産科系:10件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 14件
医療法律系: 2件
その他:55件
生活習慣病: 15件
高齢者医療: 14件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
呼吸器科系
59 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 次の10件
「咳嗽・喀痰の診断ガイドライン」を読み解く(新春記念セミナー1)
−咳嗽と喀痰を主訴とする患者の診療をレベルアップする−
長尾大志先生
■講師
長尾大志先生

(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
【セミナー概要】
 呼吸器非専門の先生方にとって、いや専門とされている先生方にとっても、咳を主訴とする患者の診断・治療はしばしば困難なものです。その理由は、いくつかの疾患において「診断基準が、あるようなないようなあやふやなものである」というところにもあるでしょうし、いくつかの疾患においては「診断的治療をすることで初めて診断に至る、すなわち初診時の診察室では診断がつかないまま経過を見なくてはいけない」というところにもあるでしょう。また専門的な話ですが、例えばある疾患においては日本で提唱されているものの、海外ではあまり取り上げられていないという事例もあり、教科書によって記載や定義が異なったりすることも非専門の先生方においては混乱の元になっているかと思います。
 そんな現状を踏まえて2019年、『咳嗽・喀痰の診断ガイドライン2019』が刊行されました。このガイドラインで、ある程度方向性が定められた部分もありますが、上に述べたような混乱の元は相変わらずであったりして、読んでみてもすっきりしない部分もあるかもしれません。はっきりできるところははっきりさせ、迷うところは出来る限り方向性を明らかにして、日常診療にガイドラインをどう落とし込んでいくか、皆さんとともにガイドラインを読み解き、より良い咳診療を考えていきたいと思います。
 是非先生方の日常臨床のお役に立てていただきたいと思います。
 皆様ふるってご参加ください。
 開催日
2020年1月12日(日)
 講師
長尾大志 先生(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 胸部X線写真、CT画像の読影演習
−呼吸・肺音、心音、心臓とも関連付けて−
皿谷健先生
■講師
皿谷健先生

(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科 准教授)
【セミナー概要】
 胸部X線や胸部CTの呼吸器疾患や日常診療に役立つエッセンスをお送りします。
 健診異常や呼吸器外来に紹介を受けた患者、レントゲンでの病気のかくれんぼ(ピットフォール)、代表的疾患の胸部CTなども合わせてお示しします。
 また呼吸器疾患の肺音に加え、代表的な心音、心雑音を実際の音源と身体所見と共にお見せします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年12月1日(日)
 講師
皿谷健 先生(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科 准教授)
 診療科目
呼吸器科系
 備考
胸部X線写真読影、小三J読影法、呼吸・肺音、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
呼吸器の診断と治療に直結する身体所見
−肺聴診を中心に;聴診器を上手に使えるようになるために−
長坂行雄先生
■講師
長坂行雄先生

(洛和会音羽病院 京都呼吸器センター センター長)
【セミナー概要】
 聴診は、呼吸器診療の基本です。しかし活用されていないように感じます。有名な先生に何年も診てもらったけど聴診器を当てられたことはなかった、という患者さんもいました。

 聴診や身体所見はリアルタイムで状態を把握できる大事な所見ですが、実際の診断や治療に直結しているでしょうか。肺聴診だけで何十ページもある身体所見のテキストもありますが、実地診療で使える情報量ではありません。どれだけ知っているかではなく、どれだけ使いこなせるかが重要です。

 英語学習の基本英単語のように毎日の診療で身体所見を使いこなしましょう。それには病態生理が重要です。身体所見を診れば自信をもって呼吸器の診断も治療もできる、というお話をします。聴診器をお持ちいただいて、どのように当てて、どのように呼吸させて聴くかも体験していただきます。
 皆さま、奮ってご参加ください。

 開催日
2019年9月16日(月)
 講師
長坂行雄 先生(洛和会音羽病院 京都呼吸器センター センター長)
 診療科目
呼吸器科系
 備考
肺聴診、身体所見、聴診器、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
サイエンス漢方処方セミナー2 1.かぜ・インフルエンザ、2.老年症候群、3.Common disease
−漢方薬の作用機序を数理工学で解明− 東洋医学とは本質的に異なる斬新な運用法−
井齋偉矢先生
■講師
井齋偉矢先生

(日高徳洲会病院 院長、サイエンス漢方処方研究会 理事長)
【セミナー概要】
 漢方薬を診療に使いたい医師は多いのであるが、実際に使おうとしたときには、サイエンスに基づかない理解しにくい古典的運用法がネックとなる。歴史的にみると試行錯誤で出来上がった漢方薬が先で、古典的運用法は後付けに過ぎない。古典的運用法によらないで漢方薬を処方することを邪道と非難し認めない漢方の専門家も多い。しかし漢方薬は最近の研究で、薬理学が従来想定していなかった、超多成分の全く新しいタイプの薬剤であると考えないと、漢方薬を服用したあとに患者の中で起こることを説明できないことが明らかになりつつある。
 これを踏まえて、今回の医療技術セミナーでは、サイエンス漢方処方という新しい切り口で漢方薬を認識し、新しい運用法によって全ての医師が漢方薬を的確に処方できるようにしたい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年8月25日(日)
 講師
井齋偉矢 先生(日高徳洲会病院 院長、サイエンス漢方処方研究会 理事長)
 診療科目
呼吸器科系/老人科系/その他
 備考
漢方、風邪・インフル、老年症候、コモンな疾患の漢方処方
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 外来での発熱診療
−感染臓器と免疫不全の診断から慢性発熱の診断まで−
大路剛先生
■講師
大路剛先生

(神戸大学付属病院感染症内科 准教授)
【セミナー概要】
 外来での発熱診療は簡単なようでいて非常に難しいです。感染症の頻度が高い一方、自己免疫疾患・自己炎症疾患や悪性腫瘍の初期症状である可能性があります。頻度の多い感染症診療をいかに感染臓器や微生物にあたりを付けるかが第一のポイントになります。これは患者の情報源を”体鮗覚症状、⊃搬凌濃 ↓8〆坐竿未3つに分類することでうまく迫ることができます。そのうえで外来、入院を問わず、すべての感染症診療に共通するスタイルを分かりやすく解説します。
 また、一般内科外来でどのように自己免疫疾患、自己炎症疾患を除外していくか、悪性腫瘍を含めどのような検査をオーダーして紹介していくかも自分自身の失敗談を含めて解説していきたいと思います。感染症では特に播種性感染症(いわゆる粟粒結核や播種性真菌感染症など)や感染性心内膜炎など分かりにくい感染症の拾い上げのコツも解説します。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年6月30日(日)
 講師
大路剛 先生(神戸大学付属病院感染症内科 准教授)
 診療科目
消化器科系/呼吸器科系/感染症科系/神経内科系
 備考
外来での発熱診療、感染臓器、免疫不全
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
これから舌下免疫療法を始める実地医家へ
松根彰志先生
■講師
松根彰志先生

(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 教授)
【セミナー概要】
 現在わが国ではダニによるアレルギー性鼻炎、スギ花粉による花粉症に対して舌下錠(液)による抗原特異的免疫療法(以後 舌下免疫療法;SLIT)が、保険診療として実施可能である。できるようになったのは2014年からで歴史はまだ浅い。それまでは注射による免疫療法(以後、皮下免疫療法;SCIT)は可能であったが、アナフィラキシー等のリスクが報告され、薬物治療に頼らない自然経過を修飾しうる有効な治療としての評価はあったが現場で敬遠される傾向にあった。しかし、SLITが始まると、その有効性と安全性が期待以上との評価が得られつつある。
 本医療技術セミナーでは、アレルギー性鼻炎治療全体におけるSLITの位置付け、原理や問題点を「SLIT概論」としてお話し、6月から開始できるように「How to do SLIT」といった「実践編」についても平易にご説明する。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年4月21日(日)
 講師
松根彰志 先生(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 教授)
 診療科目
呼吸器科系/耳鼻咽喉科系
 備考
花粉症、アレルギー性鼻炎、舌下免疫療法
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 日常診療に役立つ 肺音(呼吸音)を聞いて、身体所見を見て考える内科診療(仮題)
皿谷健先生
■講師
皿谷健先生

(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科 講師)
【セミナー概要】
 ラエンネック先生が聴診器を発明してから200余年が過ぎました。どんなに機器が発達しても聴診を含めた身体所見の重要性は変わりありません。身体所見は小さい成功体験の積み重ねが必要で、それは病歴や画像所見を含めたclinical contextの中でより一層輝きを放ちます。実際の症例を一例一例吟味しながら、どんな重要な所見がその症例には秘められていたのか、実際の症例の多数の動画、聴診音源を駆使して、視診、触診、打診、聴診所見の順でお話しします。
 今回の医療技術セミナーでは日常臨床で良く遭遇する肺炎,COPD, 間質性肺炎、気管支喘息、肺癌などを身体所見という切り口でお見せします。また演者が経験した実際の沢山の症例を追体験していただき、臨床的疑問から打ち出した診断のヒント/エビデンスを集約して、明日からの一般内科および呼吸器診療に必ず役に立つclinical pearlを伝授致します。
 
 開催日
2019年3月3日(日)
 講師
皿谷健 先生(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科 講師)
 診療科目
呼吸器科系
 備考
呼吸器科疾患、聴診、呼吸指導
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
ACO(エーコ−)の架け橋〜咳と低酸素(新春記念セミナー1)
−喘息とCOPDとACOと咳嗽と低酸素について理解を深める−
長尾大志先生
■講師
長尾大志先生

(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
【セミナー概要】
 呼吸器疾患の中で多い疾患といえば喘息とCOPDでしょう。喘息は人口の5〜10%、 COPDは人口の5%程度の罹患率だと言われていて、患者数はかなり多く、外来で遭遇する可能性も高いものです。外来で喘息だかCOPDだかよくわからない症例にあたることもしばしばあり、特に発作や増悪の急性期に受診したとき、とっさの治療をどうするか、安定期の治療をどうするか、悩まれることもあるのではないでしょうか。
最近では喘息と COPD の合併した状態「ACO」という疾患概念も生まれ、状況は混沌としてきています。しかしながら2018年に出た『喘息とCOPDのオーバーラップ(Asthma and COPD Overlap :ACO)診断と治療の手引き2018』、これはかなり良く出来ていて、喘息やCOPD、それにACOの診断が、わかりやすい表で表現されています。
 喘息やCOPD、ACOと診断すれば、治療の考え方はシンプルです。喘息と診断したら必ずICS(吸入ステロイド)を使います。それに対してCOPDでは、ICSを使うとかえって肺炎が増えると言われていますから、診断をきちんとしないと治療方針が定まりません。逆にCOPDの時に必須と言ってもいいLAMA(長時間作用型抗コリン薬)は、これまでは喘息の相当重症例に使う、というようになっていましたけれども、最近では早めから使ってもよくなりましたので、LAMAに関してはあまり迷うケースは少なくなってきているようです。
 今回の医療技術セミナーでは、症例を通して喘息やCOPD、そしてACOの診断に至る過程をご覧いただきます。そして診断してからの治療についてもご紹介します。後半はそれらの知識を発展させ、咳嗽や低酸素を呈する色々な疾患の診断について考えていきたいと思います。具体的な鑑別ポイント、それから数が少なくても、こういう症例は紹介すべきとかこういうX線写真はCTをとるべきとか、そういった事例の考え方についてご紹介していきたいと思います。是非先生方の日常臨床のお役に立てていただきたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。


なお、上記の講義と関連して下記の書籍が好評です。
『検査ができない!?専門医がいない!?現場で役立つ呼吸器診療レシピ』2018/3/6
長尾 大志 単行本 ¥ 3,780
 開催日
2019年1月13日(日)
 講師
長尾大志 先生(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 日常診療で遭遇する外来における「よくわからない発熱」の考え方と診かた2
−「かぜ」の次を考える!−
國松淳和先生
■講師
國松淳和先生

(医療法人社団永生会南多摩病院 総合内科・膠原病内科 医長)
【セミナー概要】
 これは「不明熱」の講義ではありません。不明熱自体は非常に稀な事象です。”よくある病気”が、ひとしきり否定された後の発熱をいうからです。よって一般診療・一般外来では「不明熱」の定義を満たすケースはごく稀であり、さまざまな「不明熱」のパターンに習熟するというstrategyは、効率が悪いです。
 そこで、外来において「よくわからない発熱」に強くなるには、いわゆる“かぜ”で片付かない、かぜの次のlayerの病態に習熟する方がよいと思われます。その例として、伝染性単核球症をはじめとするウイルス性疾患、薬剤障害、良性の非感染性炎症性疾患(菊池病や亜急性甲状腺炎など)といった、ごく日常的とまでは言えないけれど比較的コモンなものの各論的整理が欠かせません。拙著「あなたも名医!外来でよく診るかぜ以外のウイルス性疾患」は、この辺りを底上げする目的で著しました。セミナー当日はこの書籍を底とし、各々の病態につき解説をしていきます。
 皆さま、奮ってご参加ください。


 開催日
2018年7月29日(日)
 講師
國松淳和 先生(医療法人社団永生会南多摩病院 総合内科・膠原病内科 医長)
 診療科目
総合診療系/消化器科系/呼吸器科系/感染症科系
 備考
発熱、かぜ、りんご病、薬疹、感染性心内膜炎、無菌性髄膜炎、SLE


 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 日常診療で遭遇する外来における「よくわからない発熱」の考え方と診かた
−「かぜ」の次を考える!−
國松淳和先生
■講師
國松淳和先生

(医療法人社団永生会南多摩病院 総合内科・膠原病内科 医長)
【セミナー概要】
 開催当日にあたってのコメント
 
 事前にいただいたテキストデータは、関連領域におけるモノの考え方であり、本日の実質的な内容については会場に足を運んでいただかないと分からないようですが、総合診療の考え方・・・について大いに期待が持てると存じます!ぜひご来場ください。

(事前のご案内)
 これは「不明熱」の講義ではありません。不明熱自体は非常に稀な事象です。”よくある病気”が、ひとしきり否定された後の発熱をいうからです。よって一般診療・一般外来では「不明熱」の定義を満たすケースはごく稀であり、さまざまな「不明熱」のパターンに習熟するというstrategyは、効率が悪いです。
 そこで、外来において「よくわからない発熱」に強くなるには、いわゆる“かぜ”で片付かない、かぜの次のlayerの病態に習熟する方がよいと思われます。その例として、伝染性単核球症をはじめとするウイルス性疾患、薬剤障害、良性の非感染性炎症性疾患(菊池病や亜急性甲状腺炎など)といった、ごく日常的とまでは言えないけれど比較的コモンなものの各論的整理が欠かせません。拙著「あなたも名医!外来でよく診るかぜ以外のウイルス性疾患」は、この辺りを底上げする目的で著しました。セミナー当日はこの書籍を底とし、各々の病態につき解説をしていきます。
 皆さま、奮ってご参加ください。


 開催日
2018年7月22日(日)
 講師
國松淳和 先生(医療法人社団永生会南多摩病院 総合内科・膠原病内科 医長)
 診療科目
総合診療系/消化器科系/呼吸器科系/循環器科系/感染症科系
 備考
発熱、かぜ、肝障害、リンパ節腫脹、菊池病
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー