HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:60件
一般医学系:106件
消化器科系:81件
呼吸器科系:55件
循環器科系:86件
神経内科系:64件
心療内科系: 9件
血液内科系: 0件
内分泌代謝内科系: 65件
老人科系:15件
感染症科系:34件
小児科系:14件
精神・神経科系:20件
皮膚科系:38件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 1件
整形外科系:64件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:32件
泌尿器科系:9件
脳神経外科系:6件
婦人科・産科系:10件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 13件
医療法律系: 2件
その他:55件
生活習慣病: 14件
高齢者医療: 8件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
高齢者医療
8 件中 [1-8] を表示 1
心電図異常と心エコー、冠動脈造影における心病変
田邉晃久先生
■講師
田邉晃久先生

(やまと中央循環器内科院長、海老名総合病院循環器内科顧問,東海大学客員教授、社会福祉法人徳寿会・晃風園理事長)
【セミナー概要】
 心電図から、心筋肥厚(高血圧性心疾患、肥大型心筋症など)、心筋梗塞、心筋虚血(ST上昇、ST下降)、急性心膜炎、各種不整脈などの診断が可能です。そのような場合、心臓にどのような病変が、どのような箇所に、どの程度の重症度をもち、どのような治療を選択すべきかなど多くの情報を示唆してくれます。 しかし、心電図はあくまで、心病態をイメージで想像するのみで、これに画像診断法を加えると、さらに正確な病態が確認されます。その手法の代表的なものが、心エコー法と冠動脈造影検査です。
 本医療技術セミナーでは、時間に限りはありますが、できるだけ多くの心電図に接していただき、対応した心エコー図、冠動脈造影図を観察しながら、その治療法を(薬物療法を中心)を含め、一緒に学んでいきたいと存じます。
 日常、診療でのお役に立つよう、またスキルアップにつながるお話をしたいと思っておりますので、皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2019年9月15日(日)
 講師
田邉晃久 先生(やまと中央循環器内科院長、海老名総合病院循環器内科顧問,東海大学客員教授、社会福祉法人徳寿会・晃風園理事長)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
DVD購入申込み
昼間の神経学、夜間の神経学
−神経専門医はこう診る−よく遭遇する神経疾患を中心に−
吉井文均先生
■講師
吉井文均先生

((神奈川県済生会平塚医療福祉センターセンター長/東海大学 名誉教授)
【セミナー概要】
 通常の外来診療は昼間に行われるので、神経疾患に限らず、診察所見は昼間の状態を診て判断することが多いと思います。しかし、疾患によっては夜間に症状が出現し、また顕著になるものがあり、その場合は問診で症状を確かめる必要があります。
 今回の 医療技術セミナーでは、実地医家の先生方も経験することが多い夜間の神経症状を取り上げ(診察デモ付き)、その対処法について解説してみます。夜間症状への対応が患者さんのQOL向上に大きく影響します。 夜間の神経学にも注目することで、先生方の診療の幅も広がると思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年9月1日(日)
 講師
吉井文均 先生((神奈川県済生会平塚医療福祉センターセンター長/東海大学 名誉教授)
 診療科目
神経内科系
 備考
レム睡眠行動異常症、パーキンソン病、夜間頻尿、睡眠時無呼吸症候群、ムズムズ脚症候群、夜間せん妄
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための高齢者の関節痛から疑う疾患と安全性モニタリング
岸本暢将先生
■講師
岸本暢将先生

(聖路加国際病院immuno-rheumatology center)
【セミナー概要】
 高齢化社会を迎え、日常診療において高齢発症のRAは増加している。2010年ACR/EULARにより発表された関節リウマチ(以降RA)の早期診断のための分類基準によりRAは除外診断となった。特に高齢者に起こる関節炎の鑑別疾患として重要なリウマチ性多発筋痛症(polymyalgia rheumatica;PMR)では、小関節の滑膜炎を呈することは珍しくなく、その類似疾患であるRS3PE(remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema)においては、突然発症の手指関節の関節炎と、著明な手背、足背の陥凹性浮腫を特徴としRAとの鑑別が困難な例もある。同様にピロリン酸カルシウム二水和物(CPPD)結晶沈着症においても病変が膝などの大関節に加え、手首や肘などの小関節に関節炎を起こすとRAとの鑑別が困難な例も遭遇する。
 今回のセッションでは、高齢者で注意する関節炎の鑑別疾患につき解説したい。後半では、DMARDsおよび生物学的製剤の使い方、その時に日常診療で注意することやモニタリングについてまとめてみたい。

1.高齢者の関節痛から疑う疾患とその鑑別
2.経口DMARDsおよび生物学的製剤の使い方と安全性モニタリ
  ング
 開催日
2019年4月21日(日)
 講師
岸本暢将 先生(聖路加国際病院immuno-rheumatology center)
 診療科目
整形外科系
 備考
高齢者の関節痛、関節リュウマチ、安全性モニタリング
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための見逃してはいけない神経内科領域の疾患とその症状・病態5
眞鍋雄太先生
■講師
眞鍋雄太先生

(神奈川歯科大学附属病院横浜クリニック総合内科 教授)
【セミナー概要】
 診療科を問わず、疾患にはスタンダードなものから稀なものまであり、臨床の場では、必ずしもスタンダードなケースばかりを経験するわけではない。典型的な経過を辿り、典型的な症状のみ認める症例であれば、そう診断を誤ることもないと思われるが、“最後に診た医者が名医”といった言葉があるように、非典型例の症例や稀な疾患を1st touchで診た場合、なかなか正診に至ることが困難な場合が多く、あとから診療情報提供書などを見て吃驚したこともあるのではないだろうか。神経内科領域では、そうした特殊な非典型的病態を示す症例の中に、致命的な経過をとる疾患や重篤な後遺症をもたらす疾患が紛れ込んでいる頻度が高い印象を持つ。
 本医療技術セミナーでは、代表的かつ臨床で良く経験する疾患は勿論、これと似た症状を呈しながらも稀な、かといって見逃してはならない疾患、知名度の高さのわりに亜型が多く診断に苦慮する疾患など、実例を提示しながら疾患名を考えていただき、併せて該当疾患の概念や対応法を解説してゆきたい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年3月17日(日)
 講師
眞鍋雄太 先生(神奈川歯科大学附属病院横浜クリニック総合内科 教授)
 診療科目
神経内科系/精神・神経科系
 備考
各種神経症状、診断と治療
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 日常診療に役立つ 肺音(呼吸音)を聞いて、身体所見を見て考える内科診療(仮題)
皿谷健先生
■講師
皿谷健先生

(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科 講師)
【セミナー概要】
 ラエンネック先生が聴診器を発明してから200余年が過ぎました。どんなに機器が発達しても聴診を含めた身体所見の重要性は変わりありません。身体所見は小さい成功体験の積み重ねが必要で、それは病歴や画像所見を含めたclinical contextの中でより一層輝きを放ちます。実際の症例を一例一例吟味しながら、どんな重要な所見がその症例には秘められていたのか、実際の症例の多数の動画、聴診音源を駆使して、視診、触診、打診、聴診所見の順でお話しします。
 今回の医療技術セミナーでは日常臨床で良く遭遇する肺炎,COPD, 間質性肺炎、気管支喘息、肺癌などを身体所見という切り口でお見せします。また演者が経験した実際の沢山の症例を追体験していただき、臨床的疑問から打ち出した診断のヒント/エビデンスを集約して、明日からの一般内科および呼吸器診療に必ず役に立つclinical pearlを伝授致します。
 
 開催日
2019年3月3日(日)
 講師
皿谷健 先生(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科 講師)
 診療科目
呼吸器科系
 備考
呼吸器科疾患、聴診、呼吸指導
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
ACO(エーコ−)の架け橋〜咳と低酸素(新春記念セミナー1)
−喘息とCOPDとACOと咳嗽と低酸素について理解を深める−
長尾大志先生
■講師
長尾大志先生

(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
【セミナー概要】
 呼吸器疾患の中で多い疾患といえば喘息とCOPDでしょう。喘息は人口の5〜10%、 COPDは人口の5%程度の罹患率だと言われていて、患者数はかなり多く、外来で遭遇する可能性も高いものです。外来で喘息だかCOPDだかよくわからない症例にあたることもしばしばあり、特に発作や増悪の急性期に受診したとき、とっさの治療をどうするか、安定期の治療をどうするか、悩まれることもあるのではないでしょうか。
最近では喘息と COPD の合併した状態「ACO」という疾患概念も生まれ、状況は混沌としてきています。しかしながら2018年に出た『喘息とCOPDのオーバーラップ(Asthma and COPD Overlap :ACO)診断と治療の手引き2018』、これはかなり良く出来ていて、喘息やCOPD、それにACOの診断が、わかりやすい表で表現されています。
 喘息やCOPD、ACOと診断すれば、治療の考え方はシンプルです。喘息と診断したら必ずICS(吸入ステロイド)を使います。それに対してCOPDでは、ICSを使うとかえって肺炎が増えると言われていますから、診断をきちんとしないと治療方針が定まりません。逆にCOPDの時に必須と言ってもいいLAMA(長時間作用型抗コリン薬)は、これまでは喘息の相当重症例に使う、というようになっていましたけれども、最近では早めから使ってもよくなりましたので、LAMAに関してはあまり迷うケースは少なくなってきているようです。
 今回の医療技術セミナーでは、症例を通して喘息やCOPD、そしてACOの診断に至る過程をご覧いただきます。そして診断してからの治療についてもご紹介します。後半はそれらの知識を発展させ、咳嗽や低酸素を呈する色々な疾患の診断について考えていきたいと思います。具体的な鑑別ポイント、それから数が少なくても、こういう症例は紹介すべきとかこういうX線写真はCTをとるべきとか、そういった事例の考え方についてご紹介していきたいと思います。是非先生方の日常臨床のお役に立てていただきたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。


なお、上記の講義と関連して下記の書籍が好評です。
『検査ができない!?専門医がいない!?現場で役立つ呼吸器診療レシピ』2018/3/6
長尾 大志 単行本 ¥ 3,780
 開催日
2019年1月13日(日)
 講師
長尾大志 先生(滋賀医科大学呼吸器内科 講師)
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための見逃してはいけない神経内科領域の疾患とその症状・病態4
眞鍋雄太先生
■講師
眞鍋雄太先生

(神奈川歯科大学附属病院横浜クリニック内科 教授)
【セミナー概要】
 診療科を問わず、疾患にはスタンダードなものから稀なものまであり、臨床の場では、必ずしもスタンダードなケースばかりを経験するわけではない。典型的な経過を辿り、典型的な症状のみ認める症例であれば、そう診断を誤ることもないと思われるが、“最後に診た医者が名医”といった言葉があるように、非典型例の症例や稀な疾患を1st touchで診た場合、なかなか正診に至ることが困難な場合が多く、あとから診療情報提供書などを見て吃驚したこともあるのではないだろうか。
 神経内科領域では、そうした特殊な非典型的病態を示す症例の中に、致命的な経過をとる疾患や重篤な後遺症をもたらす疾患が紛れ込んでいる頻度が高い印象を持つ。
 本医療技術セミナーでは、代表的かつ臨床で良く経験する疾患は勿論、これと似た症状を呈しながらも稀な、かといって見逃してはならない疾患、知名度の高さのわりに亜型が多く診断に苦慮する疾患など、実例を提示しながら疾患名を考えていただき、併せて該当疾患の概念や対応法を解説してゆきたい。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年8月19日(日)
 講師
眞鍋雄太 先生(神奈川歯科大学附属病院横浜クリニック内科 教授)
 診療科目
神経内科系
 備考
認知症、意識障害、高齢者てんかん、パーキンソニズム、めまい・ふらつき、
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための高齢者診療における薬の使い方
−有効性と安全性に配慮した薬物療法−
江頭正人先生
■講師
江頭正人先生

(東京大学医学部老年病科 准教授)
【セミナー概要】
 高齢者では、薬物有害事象の頻度が高く、しかも重症例が
多いことが知られています。高齢者に対して安全で有効な
薬物療法を行うことは、老年医学における最大の課題の一
つになります。高齢者では、多くの薬剤を服用し、薬物反応
の影響する慢性疾患を数多く有していることが多いのです。
急性または慢性の疾患は、加齢に伴って落ちている生理的
予備能をさらに枯渇させ、薬物有害事象のリスクをさらに高
める可能性があります。これらを背景として、高齢者薬物療
法の安全性を高める目的で日本老年医学会では「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン」が作成され2015年に全面的に改訂されました。
 今回の医療技術セミナーでは、このガイドラインを紹介するとともに、安全で有効な薬物療法のあり方について具体例をあげながら概説したいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2017年1月22日(日)
 講師
江頭正人 先生(東京大学医学部老年病科 准教授)
 診療科目
 備考
高齢者診療における薬の使い方、高齢者の処方適正化スクリーニングツール、フレイルについて、特に慎重な投与を要する薬物
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー