HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:76件
一般医学系:113件
消化器科系:93件
呼吸器科系:68件
循環器科系:97件
神経内科系:82件
心療内科系: 13件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 73件
老人科系:16件
感染症科系:42件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:44件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 5件
整形外科系:75件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:9件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 20件
医療法律系: 2件
その他:62件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
消化器科系
93 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次の10件
実地医家のための がん予防:胃がんと大腸がん
鈴木秀和先生
■講師
鈴木秀和先生

(東海大学医学部消化器内科 教授)
【セミナー概要】
 日本人のがん罹患者数のうち、死亡数が多いのは肺がんに次いで「胃がん」と「大腸がん」であります。昨今のコロナ禍では、外出自粛による運動不足や過食も伴って、消化管内環境の停滞が余儀なくされ、消化管に対する負担も増加していると考えられます。一方で、コロナ禍での検診控えの影響もあり、早期でみつかるべき癌が進行癌としてみつかることも懸念されています。そもそも、胃がんや大腸がんの病因は多彩であります。胃がんでは、世界最大の感染症である、ピロリ菌感染の制御が注目されてきましたが、これを基軸に撲滅をめざした対策が必要です。大腸がんは、近年、罹患患者数が増えており、その病因として遺伝的なものもあれば、生活習慣(食習慣や運動習慣など)に起因するものもあります。そのため、生活習慣介入は重要です。このように、消化管の細菌叢やその代謝物、食物との相互作用など発がん現場である消化管腔内環境を整えることが「がん予防:胃がんと大腸がん」に重要と考えられます。
 今回の医療技術セミナーでは、胃がんと大腸がんの予防の観点から、現時点における発がん機構への考察と可能な限りの予防法をお示ししたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2022年2月27日(日)
 講師
鈴木秀和 先生(東海大学医学部消化器内科 教授)
 診療科目
消化器科系
 備考
がん、胃がん、大腸がん
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
慢性便秘や便秘型IBSの診療:新たな治療薬の使い方
鈴木秀和先生
■講師
鈴木秀和先生

(東海大学医学部消化器内科 教授)
【セミナー概要】
 本邦では超高齢社会の到来とともに、慢性便秘症の罹患率は上昇傾向で、便秘症のマネジメントがますます重要になってきています。特に、昨今のコロナ禍での精神的ストレスは大きく、外出自粛による運動不足も伴って、慢性便秘や便秘型IBSを発症する可能性はさらに高まっています。そのため、慢性便秘や便秘型IBSへの積極的介入は、患者の不安軽減、医師・患者間の信頼関係構築の面でも重要であります。従来、酸化マグネシウムと刺激性下剤が汎用されてきましたが、刺激性下剤の乱用や酸化マグネシウムによる高マグネシウム血症の問題もあり、徐々に新知見が集積されています。さらに 2012年以来、上皮機能改善薬という様々な機序の新たな緩下剤が上市され、治療選択肢も急激に増えてきました。
 今回の医療技術セミナーでは、慢性便秘症の最新の国内外の知見をもとに、個々の治療薬の特徴を理解し、患者にあった薬剤を適切なタイミングで選択することを考えていきたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2021年9月5日(日)
 講師
鈴木秀和 先生(東海大学医学部消化器内科 教授)
 診療科目
消化器科系
 備考
慢性便秘、便秘型過敏性腸症候群(IBS)
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
腸内細菌叢の検査・分析の勧め
−腸内細菌叢の検査で拓く疾病と医療の未来  成果報告編−
増山博昭先生
■講師
増山博昭先生

(シンバイソシス・ソリューションズ(株)代表取締役)
【セミナー概要】
 シンバイオシス・ソリューションズ蠅蓮日本最大の腸内細菌叢解析データベース(国立研究開発法人理化学研究所・辨野特別研究室と一般社団法人日本農業フロンティア開発機構が構築)を用いた、腸内細菌叢と疾病の関係などに関する独自の研究にもとづき、個人の腸内細菌叢からその人の疾病リスクなどを評価する腸内細菌叢の検査・分析サービスの開発を進めてきました。2020年6月から本年4月にかけて実施した連携医療機関による試験運用を経て、本年8月に正式運用を開始した本サービスを通じて、増え続ける生活習慣病や自己免疫疾患等の予防・改善のための新たなソリューションを開発・提供する社会事業に取り組んでまいります。
 今回の医療技術セミナーでは、約18,000人の日本人の腸内細菌叢解析データベースを用いた腸内細菌叢と疾病の関係に関する研究の概要と、腸内細菌叢の検査・分析結果から被検者の疾病リスクを推定する新たな手法について解説し、本サービスのご利用方法などについて説明いたします。

〈診療と検査の流れ〉
^綮佞量篆任鮗けて、検査キットを受け取る。
⊆宅で採便し、検体をアンケート・同意書とともに返信用封 筒で送る。(アンケート・同意書はWebでの回答も可)
8‖里料付から約4週間後に検査結果のレポートが医師宛に 送付される。
ぐ綮佞ら検査結果の説明を受け、疾病の予防・改善のための 食事等のアドバイスを受ける。
 開催日
2021年9月5日(日)
 講師
増山博昭 先生(シンバイソシス・ソリューションズ(株)代表取締役)
 診療科目
消化器科系
 備考
腸内細菌叢と疾病、腸内細菌叢の検査・分析、疾患の予測
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 肛門部の疾患の診断と治療3
−国民病と呼ばれる痔疾の保存・薬物療法と手術療法を含めて−
岡本欣也先生
■講師
岡本欣也先生

(東京山手メディカルセンター大腸肛門病センター部長)
【セミナー概要】
 日本人の3人に1人は肛門疾患を患っていると言われています。そのため治療の専門が違っても相談を受けたドクターも多いのではないでしょうか。ところが学生時代や研修医時代を振り返ってみても、授業や実臨床で詳しく習うことはなかったと思います。かく言う私も消化器外科医となった駆け出しの頃、先輩に聞いても適切なアドバイスをもらえなかった事を記憶しています。
 今回の医療技術セミナーでは、診断の要となる診察の方法から代表的な肛門疾患の概要、最新の内科的治療、外科的治療について概説いたします。
 内科領域の先生方には、的確な診断に導くための問診・視診、適切な薬剤を選択した薬物療法、保存療法の限界と専門医への紹介のタイミングについて、外科領域の先生方にはより詳細な診断をするための肛門鏡の効果的な使用方法、補助診断としてのMRI、肛門エコーの知識、外来でできる外科治療のコツ、最先端の手術療法や手技のポイントを写真やビデオを用いて解説します。
 多くの方にご参加いただき、肛門疾患への理解を深め、今後の診療にお役立ていただければ幸と存じます。
 皆様、奮ってご参加下さい。
 開催日
2021年4月25日(日)
 講師
岡本欣也 先生(東京山手メディカルセンター大腸肛門病センター部長)
 診療科目
消化器科系
 備考
肛門部の疾患、痔疾の保存療法、脂質の薬物療法、痔疾の手術療法
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 日常診療で遭遇する 逆流性食道炎の診断と治療
鈴木秀和先生
■講師
鈴木秀和先生

(東海大学医学部内科学系消化器内科学領域 主任教授)
【セミナー概要】
 生活習慣の欧米化、超高齢化、メタボの増加などにより、わが国での胃食道逆流症(GERD)の診断頻度は急速に増しています。このGERDは、消化器病の専門医だけでなく、プライマリ・ケアを含む多領域の先生方が診療する機会が多いと考えられます。最近では、コロナ禍の影響により、過食、運動不足、肥満などからGERDが増えている傾向があります。近年、高解像度食道マノメトリーや24時間pHモニタリングなどの診断法や酸分泌抑制薬を中心とした治療法の進歩で、GERD診療が格段に進歩し、体系的に整理されてきました。日本消化器病学会のガイドラインやRome基準でもGERD関連項は常にアップデートされております。
 今回の医療技術セミナーでは、GERDの診断・治療をより深く理解するために、GERDの病態や鑑別診断、さらには治療オプションやその懸念事項も含めてお話しさせていただきます。多くの先生方のご参加をお待ちしております。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2021年4月18日(日)
 講師
鈴木秀和 先生(東海大学医学部内科学系消化器内科学領域 主任教授)
 診療科目
消化器科系
 備考
逆流性食道炎(GERD)、逆流性食道炎の薬物療法
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
サイエンス漢方処方セミナー供檻魁‐嘆輯鏖/神経内科/女性特有の疾患・便秘/訪問・施設・在宅医療
−漢方薬の作用機序を数理工学で解明− 東洋医学とは本質的に異なる斬新な運用法−
井齋偉矢先生
■講師
井齋偉矢先生

(日高徳洲会病院 院長、サイエンス漢方処方研究会 理事長)
【セミナー概要】
 漢方薬を診療に使いたい医師は多いのであるが、実際に使おうとしたときには、サイエンスに基づかない理解しにくい古典的運用法がネックとなる。歴史的にみると試行錯誤で出来上がった漢方薬が先で、古典的運用法は後付けに過ぎない。
古典的運用法によらないで漢方薬を処方することを邪道と非難し認めない漢方の専門家も多い。しかし漢方薬は最近の研究で、薬理学が従来想定していなかった、超多成分の全く新しいタイプの薬剤であると考えないと、漢方薬を服用したあとに患者の中で起こることを説明できないことが明らかになりつつある。これを踏まえて、今回の医療技術セミナー(供砲任蓮▲汽ぅ┘鵐拘訴処方という新しい切り口で漢方薬を認識し、新しい運用法によって全ての医師が漢方薬を的確に処方できるようにしたい。 
皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2020年11月8日(日)
 講師
井齋偉矢 先生(日高徳洲会病院 院長、サイエンス漢方処方研究会 理事長)
 診療科目
消化器科系/神経内科系/婦人科・産科系/その他
 備考
消化器科、神経内科・心療内科、女性と灸の疾患・便秘、訪問医療、施設医療、在宅医療
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
日常診療で遭遇する がんと似ているIgG4関連疾患の診断と治療
−腎臓病変を中心に−
乳原善文先生
■講師
乳原善文先生

(虎の門病院分院腎センター・リウマチ膠原病内科 部長)
【セミナー概要】
●1888年 Mikuliczが両側涙腺・顎下腺・耳下腺の無痛性腫脹を呈する症例をMikulicz病として報告。しかし近年自己免疫性膵炎,間質性腎炎等の多臓器病変を呈することが知られIgG4関連疾患としてまとめられた。
●臨床的に複数臓器に特徴的なびまん性、あるいは限局性腫大、腫瘤、結節、肥厚性病変を認めることが前提。
●診断確定には、血清学的所見として高IgG4血症(135mg/dl以上)を認めること。
●生検を行い、病理学的所見として組織への著明なリンパ球、形質細胞の浸潤と線維化を認めることともにIgG4陽性形質細胞浸潤が認められることが条件となっており診断される。
●腎臓病変としては尿細管間質性腎炎や膜性腎症に加え,腎臓内に限局性腫瘤を認めることが特徴的である。
●鑑別診断としては同時に合併する高ガンマグロブリン血症を特徴とする多中心性Castleman病やMALTリンパ腫,他の悪性腫瘍が大切である。
●類縁疾患としてのシェーグレン症候群や近年注目されてい
るTAFRO症候群についても具体的な症例を提示して紹介する。
 開催日
2020年9月6日(日)
 講師
乳原善文 先生(虎の門病院分院腎センター・リウマチ膠原病内科 部長)
 診療科目
消化器科系/循環器科系/内分泌科系
 備考
IgG4関連疾患、腎臓病、シェーグレン症候群、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
無痛大腸内視鏡「水浸法」の実演
−現在日本で販売されている高研、京都科学、MICOTOの3社のコロンモデルを使ったハンズオンセミナー−
後藤利夫先生
■講師
後藤利夫先生

(新宿大腸クリニック)
【セミナー概要】
 麻酔を使わなくても95%痛くない大腸内視鏡挿入法の「水浸法」を東京・北千住の井口病院で実演します。
 
 水浸法は空気の代わりに水を入れるだけなので見れば明日からすぐまねできますが、水浸法に最適化した挿入法である「ワンパターン挿入法」も合わせて見学できます。

 テキストは「水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル」(中外医学社;4800円)がベースとなりますが、本をまだ読まれていない方や読んだけど今ひとつピンとこない方も、百聞は一見に如かずで。見たらわかります。

 皆様、是非ご参加下さい。
(※今回は講義はありません。講義テキストもありません。)
 開催日
2020年8月23日(日)
 講師
後藤利夫 先生(新宿大腸クリニック)
 診療科目
消化器科系
 備考
大腸内視鏡検査、挿入手技と訓練、コロンモデルを使った教育
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
腸内細菌叢の検査・分析の勧め
−腸内細菌叢の検査で拓く疾病と医療の未来−
増山博昭先生
■講師
増山博昭先生

(シンバイソシス・ソリューションズ(株)代表取締役)
【セミナー概要】
 シンバイオシス・ソリューションズ蠅蓮日本最大の腸内細菌叢解析データベース(国立研究開発法人理化学研究所・辨野特別研究室と一般社団法人日本農業フロンティア開発機構が構築)を用いた、腸内細菌叢と疾病の関係などに関する独自の研究にもとづき、個人の腸内細菌叢からその人の疾病リスクなどを評価する腸内細菌叢の検査・分析サービスの開発を進めてきました。2020年5月からの連携医療機関による試験運用を経て、本年中に運用を開始するこのサービスを通じて、増え続ける生活習慣病等の予防・改善のための新たなソリューションを開発する社会事業に取り組んでまいります。
 今回の医療技術セミナーでは、約18,000人の日本人の腸内細菌叢解析データベースを用いた腸内細菌叢と疾病の関係に関する研究の概要と、腸内細菌叢の検査・分析結果から被検者の疾病リスクを推定する新たな手法について解説します他、医療機関向け腸内細菌叢の検査・分析サービス『SYMGRAM』(試行版)による試験運用について説明いたします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2020年5月24日(日)
 講師
増山博昭 先生(シンバイソシス・ソリューションズ(株)代表取締役)
 診療科目
消化器科系/循環器科系/神経内科系
 備考
腸内細菌叢、SYMGRAM、日本人の腸内細菌叢の特徴
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための ピロリ菌感染症の診断と治療
鈴木秀和先生
■講師
鈴木秀和先生

(東海大学医学部内科学系消化器内科学 教授)
【セミナー概要】
 1982年にオーストラリアのWarrenとMarshallが初めて分離培養に成功して以来、ピロリ菌は、胃・十二指腸潰瘍や胃炎ばかりでなく、胃MALTリンパ腫、胃癌や免疫性血小板減少性紫斑病(ITP)などの疾患との関連も次々に分かってきました。また、最近、ピロリ菌関連ディスペプシアという疾患概念も提唱され、ピロリ菌感染に伴う上腹部症状も注目されています。  2013年から我が国では、ピロリ菌感染胃炎に対する除菌治療が保険適用となり、ほとんどの方が保険診療で除菌可能となり、日常診療での除菌の機会も増えてきました。一方で、内視鏡での胃炎の診断や除菌薬の選択、あるいは除菌判定に迷うケースが多いのも事実です。除菌治療に関しては、三次除菌やペニシリンアレルギーなど症例によって最適な治療法を選択する必要があります。
 今回の医療技術セミナーでは、国内外のガイドラインや最新知見を理解するためのピロリ菌診療のエッセンスを詰め込んだプログラムです。
 多くの方のご参加をお待ちしています。
 開催日
2020年1月26日(日)
 講師
鈴木秀和 先生(東海大学医学部内科学系消化器内科学 教授)
 診療科目
消化器科系
 備考
ピロリ菌感染症、ディスペプシア、除菌判定、除菌薬の選択、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー