HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:73件
一般医学系:113件
消化器科系:92件
呼吸器科系:64件
循環器科系:95件
神経内科系:79件
心療内科系: 12件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 73件
老人科系:16件
感染症科系:41件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:42件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 5件
整形外科系:73件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:8件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 18件
医療法律系: 2件
その他:57件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
生活習慣病
23 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 次の10件
心不全の基本的病態から新しい心不全治療薬を極める
滝村英幸先生
■講師
滝村英幸先生

(総合東京病院循環器科 医長)
【セミナー概要】
 心不全パンデミックと言われてきたように、ここ数年心不全患者が急激に増えています。心不全は再入院を繰り返す症候群であり、高齢社会においていかに心不全増悪入院を抑制するかが重要です。COVID-19の影響により心不全急性増悪時の非侵襲的陽圧人工呼吸(NPPV)の使用制限や肺炎合併例の対応などの問題も出現し、より心不全増悪を予防することの重要性が増しています。
 さて、心不全治療薬は10年目にトルバプタンが登場し、利尿薬に対する考え方が変わってきました。さらに昨年よりARNIやイバブラジン、そしてSGLT2阻害薬、ベルイシグアトなど新しい治療薬が急に登場してきています。この4月には心不全ガイドラインもアップデートされました。ここで問題は、これらの薬剤をどのように使ったら良いか、どのように導入していったら良いか迷いとともに疑問が出てくるかと思います。勿論これまで使われてきたβ遮断薬や抗アルドステロン薬もまだまだ使用する意義はあります。
 よって今回の医療技術セミナーでは、これまでの薬剤と新たな薬剤のそれぞれを徹底的に解説し、私なりの導入活用方法を解説したいと考えております。日常臨床にすぐに活用できる内容を提供できたらと思いますのでご参加お待ちしております。
 開催日
2021年8月8日(日)
 講師
滝村英幸 先生(総合東京病院循環器科 医長)
 診療科目
循環器科系
 備考
心不全、心不全治療薬
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
褐色脂肪細胞を活性化させ食事でメタボになりにくい身体をつくる
−食品成分で肥満と動脈硬化の隠れリスクである食後高脂血症に挑む−
高橋信之先生
■講師
高橋信之先生

(東京農業大学応用生物科学部食品安全健康学科生理機能学 教授/医学博士)
【セミナー概要】
 食品は薬剤とは異なり、特定の成分を摂取することで疾病を改善できるわけではありません。しかし、明らかに日々の食生活が生活習慣病の発症に関係していることは明らかです。薬剤に比べると穏やかな作用ではあるものの、研究で食品成分にも明確なアンチメタボの作用を持っていることが示されており、継続して摂取することでメタボになりにくい身体をつくることが可能です。
 今回、抗肥満作用が期待されている褐色様脂肪細胞の機能と動脈硬化性疾患発症リスクとして注目されている食後高脂血症増悪化について、基礎研究の最前線で明らかになっている点を解説し、医療における食事指導などに応用できるよう、食品成分による褐色様脂肪細胞の活性化および食後高脂血症増悪化の改善について提案します。

褐色様脂肪細胞活性化による肥満の予防と改善:現在、脂肪細胞には白色脂肪細胞以外に、蓄えた脂肪を燃焼させることで熱産生を行う褐色様脂肪細胞があり、その活性化は抗肥満作用が期待されています。しかし多くの人でこの褐色様脂肪細胞が不活性化されており、そのメカニズムとどうすれば不活性化が解除できるのかについて解説します。
食後高脂血症増悪化改善によるメタボの予防と改善:食後に血中中性脂肪濃度が上昇する食後高脂血症は、空腹時中性脂肪濃度よりも動脈硬化性疾患の発症と高い相関があります。空腹時中性脂肪濃度には異常がなくても、食後高脂血症が悪化している人が多くおり、現在、健康診断では分からない「隠れリスク」として注目されています。この食後高脂血症の増悪化メカニズムおよびその改善方法について解説します
 開催日
2021年8月1日(日)
 講師
高橋信之 先生(東京農業大学応用生物科学部食品安全健康学科生理機能学 教授/医学博士)
 診療科目
一般医学系
 備考
高脂血症、肥満、食事
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実臨床で良好なCOPDおよび喘息コントロールの達成・維持するための治療戦略
杉野圭史先生
■講師
杉野圭史先生

(一般財団法人慈山会医学研究所付属坪井病院呼吸器内科 間質性肺炎・肺線維症センター)
【セミナー概要】
 COPD患者の予後改善の秘訣は,併存症の早期診断・治療と増悪予防・軽減することであり,身体活動性の向上・維持に加え,安定期の患者には積極的に吸入薬である長時間作用型抗コリン薬 (LAMA)を使用するべきである.増悪抑制の点から効果が不十分であれば,同じく吸入薬である長時間作用型β2刺激薬 (LABA)との併用療法を検討する.
 一方,喘息患者は,吸入ステロイド薬 (ICS)の登場以降,喘息死やコントロール不良患者の減少をもたらした.さらに近年,高用量ICSだけではコントロール不良な患者や*難治性喘息患者に対して,抗IgE抗体製剤,抗IL-5抗体製剤,抗IL-5受容体α鎖抗体製剤,抗IL-4受容体α鎖抗体製剤の4種類が使用できる.
 COPDおよび喘息の安定期治療においては,一般的にステップアップ方式がとられるが,最近ではICS, LABA, LAMAの合剤であるトリプル吸入薬が登場しており,治療開始早期からの良好なコントロールを得る目的で,ステップダウンを意識した治療法も選択肢の一つとなってきている.
 このように最新のCOPDおよび喘息診療においては,様々な臨床情報から病態(臨床病型やバイオマーカー)把握を行い,フェノタイプ,エンドタイプを意識して適切なタイミングで治療法を選択することが重要である.

*難治性喘息とは,コントロールに高用量ICSおよびLABAに加えてロイコトリエン受容体拮抗薬,テオフィリン徐放製剤,LAMA,経口ステロイド薬,抗IgE抗体の投与を要する喘息,またはこれらの治療でもコントロール不能な喘息であり,一般的に重症喘息とも呼ばれる.       

 開催日
2021年6月27日(日)
 講師
杉野圭史 先生(一般財団法人慈山会医学研究所付属坪井病院呼吸器内科 間質性肺炎・肺線維症センター)
 診療科目
呼吸器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 明日からの読影にすぐに使える 心電図の読み方
−心電図の自動診断のための考え方と症例−
三原純司先生
■講師
三原純司先生

(三原内科循環器科クリニック 院長)
【セミナー概要】
 心電図検査は、自動診断のみに頼ると思わぬ間違いをおかします。心電図の結果で着目すべき点、ほかに確認すべき点などについて症例形式で解説し、著者らが日々の臨床の中で発見したピットフォールや教訓をおしみなくご紹介します。心電図を専門としない医師にも簡単に理解できて、明日からの読影にすぐに役立つ内容です。皆様、奮ってご参加ください。この講座に出席頂ければ、1日で健診心電図がある程度さばけるようになります! 会場受講者に下記の著書のプレゼント付き!!

<著書>
『検診で使える 心電図自動診断との付き合い方−明日からの読影にすぐに役立つ症例集』(三原内科循環器科クリニック 院長 三原純司、元 東京女子科大学循環器内科教授 関口守衛 共著、2020年4月、南山堂)  症例数35症例
B5判 168頁、定価(本体3,000円+税)
 開催日
2021年1月17日(日)
 講師
三原純司 先生(三原内科循環器科クリニック 院長)
 診療科目
循環器科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
糖尿病の最新の薬物療法(CKD,DKD,腎性貧血に対して) (新春記念セミナー2)
−CKD,DKD,腎性貧血に対して最新の実践的な手法を効果的に学ぶ!−
最上康生先生
■講師
最上康生先生

(総合医療センター成田病院 診療部長)
【セミナー概要】
 現在、高齢社会の到来と共に慢性腎臓病(CKD)の患者数が増大してきています。日本においてはCKDの患者数は1330万人(20歳以上の8人に1人)とされており、新たな国民病とも言われています。CKDは高血圧、糖尿病、メタボリックシンドロームとの関連が深く、今後さらなる増加が見込まれます。さらにCKDは心血管系疾患の重大な危険因子にもなっています。つまりCKDの治療は心血管系合併症の予防につながります。
 さらにCKDでは比較的早期より、エリスロポエチン産生が低下し腎性貧血を発症します。貧血は心不全の独立した危険因子であり、貧血の治療にて生命予後の改善が可能です。また、貧血は独立したCKDの進行要因であり、貧血を早期に改善することにより、CKDの進行を抑制することができます。したがいまして、腎性貧血の治療はCKDに伴うさまざまな合併症予防、治療に有効であり、早期にESA(赤血球増結因子刺激製剤)による治療を開始すべきとされています。
 2020年より腎性貧血に対してHIF-PH阻害薬と言われる新しい治療薬が使用できるようになりました。そこで今回の医療技術セミナーでは、ESAやHIF-PH阻害薬による腎性貧血治療法をお話しし、さらにDKDを含めたCKDに対する最新の治療法をお示しします。
 この医療技術セミナーに参加することにより、明日からのCKD診療に自信を持てるようにられるかと存じます。皆様、奮ってご参加ください。


なお、当日は、このセミナーの前、10:00より福武敏夫先生による『神経障害』についての2時間・2コマのセミナーの開催を予定しており、その最後の1時間のコマで、『糖尿病の末梢神経障害』を取り上げていただきます。このセミナーの受講料は、昼間のセミナーに出ておられれば、夕刻のこのセミナーの受講料を50%の割引を申し上げます。

 開催日
2021年1月10日(日)
 講師
最上康生 先生(総合医療センター成田病院 診療部長)
 診療科目
内分泌科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
SGLT2阻害薬の腎保護って、実臨床で使えるの?
−糖尿病性腎臓病(DKD)治療の最新の潮流;プライマリーケアに必要な知識−
栗山哲先生
■講師
栗山哲先生

(東京慈恵会医科大学客員教授(大学直属)、医療法人優穂会・三穂クリニック院長補佐)
【セミナー概要】
 実地診療においては、高血圧、糖尿病など内臓肥満をベースにした、いわゆるメタボリック症候群(メタボ)が圧倒的に多い事は自明です。「糖尿病と高血圧」は、「癌」とならんで国民病の双璧であり、その対策は急務です。糖尿病や高血圧は遺伝的素因が関与し、それに飽食・運動不足など生活習慣が大きく影響され、無症状に緩慢に進行して、最終的には脳・心・腎障害などに障害がおこり不良な生命予後を規定するsilent killerとして知られています。特に、腎障害から透析療法に至る糖尿病腎症や腎硬化症には、エビデンスに基づいた正しい治療が必要です。最近では糖尿病に由来する腎障害を、Diabetic Kidney Disease (DKD)との概念で捉える潮流があり、その治療法にも多彩な変化が現れてきています。
 さて、糖尿病と高血圧のリスクを比較すると、高血圧は圧倒的に高リスクであり、多くの心血管アウトカム試験(CVOT)において、降圧療法が明らかに生命予後を改善するエビデンスが知られています。これに対して、糖尿病治療薬のCVOTに関しては、血糖低下作用は認めるものの、生命予後改善は明確にはされていませんでした。1990年代のUKPDS34でメトホルミンの成績によって、血糖降下薬のベネフィットが初めて評価されましたが、以後の開発されたDPP4阻害薬など多くの薬剤におけるCVOTにおいては、患者生命予後改善や心・腎保護作用を明確に証明するには至っていません。これに対して2010年代になり、GLP-1受容体作動薬とSGLT2阻害薬に心・腎保護のエビデンスが集積されつつあります。特に、SGLT2阻害薬のCVOTとして過去2年を見てもENPA-REG OUTCOME、CANVAS program、DECLAIRE-TIMI 58、CREDENCEの四大試験が発表され、おまけにその評価は極めて高く、糖尿病治療の将来に大きな福音となる可能性が示唆されています。
 本医療技術セミナーでは、これらの潮流も見据えて、最近の糖尿病治療やDKDの捉え方など新たな概念などを皆さんと共に考えていきたいと考えています。糖尿病や高血圧は、早期発見・早期治療が極めて重要です。特に、プライマリーケアの重責を担当される“かかりつけドクター”においては、常日頃から適切に患者さんの診断・治療・指導をする立場にあるため、最新の知識は不可欠です。
 皆さんの積極的なご参加を希望致します。
 開催日
2020年12月13日(日)
 講師
栗山哲 先生(東京慈恵会医科大学客員教授(大学直属)、医療法人優穂会・三穂クリニック院長補佐)
 診療科目
内分泌科系
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
腸内細菌叢の検査・分析の勧め
−腸内細菌叢の検査で拓く疾病と医療の未来−
増山博昭先生
■講師
増山博昭先生

(シンバイソシス・ソリューションズ(株)代表取締役)
【セミナー概要】
 シンバイオシス・ソリューションズ蠅蓮日本最大の腸内細菌叢解析データベース(国立研究開発法人理化学研究所・辨野特別研究室と一般社団法人日本農業フロンティア開発機構が構築)を用いた、腸内細菌叢と疾病の関係などに関する独自の研究にもとづき、個人の腸内細菌叢からその人の疾病リスクなどを評価する腸内細菌叢の検査・分析サービスの開発を進めてきました。2020年5月からの連携医療機関による試験運用を経て、本年中に運用を開始するこのサービスを通じて、増え続ける生活習慣病等の予防・改善のための新たなソリューションを開発する社会事業に取り組んでまいります。
 今回の医療技術セミナーでは、約18,000人の日本人の腸内細菌叢解析データベースを用いた腸内細菌叢と疾病の関係に関する研究の概要と、腸内細菌叢の検査・分析結果から被検者の疾病リスクを推定する新たな手法について解説します他、医療機関向け腸内細菌叢の検査・分析サービス『SYMGRAM』(試行版)による試験運用について説明いたします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2020年5月24日(日)
 講師
増山博昭 先生(シンバイソシス・ソリューションズ(株)代表取締役)
 診療科目
消化器科系/循環器科系/神経内科系
 備考
腸内細菌叢、SYMGRAM、日本人の腸内細菌叢の特徴
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
最新の糖尿病治療ガイドライン2019を読み解く−実地医家のための実践的なガイドラインの使用法
−ガイドラインに基いた実践的な手法を効果的に学ぶ!−
最上康生先生
■講師
最上康生先生

(総合医療センター成田病院 診療部長)
【セミナー概要】
 最近、国内外にて糖尿病患者が急増しており、それに伴い新
規糖尿病治療薬の上市やそのエビデンスが蓄積されてきてい
ます。それに対応して多くの学会が診療ガイドラインを発行し
ています。その為一般臨床医のみならず、糖尿病専門医においても百花繚乱もしくは玉石混交の状態を呈しています。
 この様な現状においては一般実地臨床医家にとりましては、どのガイドラインを参照し実際どの様に糖尿病診療を行なって行くかは五里霧中となっています。
 そこで今回の医療技術セミナーでは、日常診療に大きな影響を与える日本糖尿病学会発行の昨年改訂された糖尿病診療ガイドライン2019を読み解き、一般実地臨床医家の先生方に分かりやすくポイントをお話し、併せて欧米のガイドラインとの比較検討の結果を示します。さらに私の日々の糖尿病診療経験を踏まえて糖尿病治療指針をお話しします。それに則り最新のエビデンス及びガイドラインに基いた食事療法、運動療法、薬物療法を示します。
 このセミナーに参加することにより、先生方の糖尿病診療における最新の知識を身につけられるかと存じます。
 先生方、奮ってご参加下さい。
 開催日
2020年5月17日(日)
 講師
最上康生 先生(総合医療センター成田病院 診療部長)
 診療科目
内分泌科系
 備考
糖尿病治療、糖尿病診療ガイドライン、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
2019年最新の最新の糖尿病治療:糖尿病の食事療法、運動療法そして薬物療法のやり方
−実地医家のための実践的な糖尿病治療戦略−
最上康生先生
■講師
最上康生先生

(綜合医療センター成田病院診療部長)
【セミナー概要】
 日常診療において糖尿病患者数はますます増加し、診療に占める割合が増大してきています。従いまして、糖尿病診療は糖尿病専門医のみならず、一般臨床医においても重要な事態となっています。
 現在糖尿病治療は種々の薬剤が存在し、大規模臨床研究によるエビデンスが構築され、日々治療法が進化、進歩しています。
 この様な現状においては一般実地臨床医家にとっては、実際どの様に効率よく合理的に糖尿病を診療して行くかが、問題となっています。この様な現状においても日本糖尿病学会のガイドラインにおいては、未だに糖尿病の病態に応じた薬剤を使用しましょうと大雑把な表現となっています。
 そこで今回の医療技術セミナーでは、最新のエビデンスに基づく糖尿病治療についてお話しします。さらに現在まで私が行なっている数多くの糖尿病治療経験より導き出された治療のポイントを示します。
 まずは日常診療における食事療法及び運動療法の実践的な指導法をお話しし、急速に進歩する薬物療法について、内服薬の選択、使い方、メリットを示し、注射製剤(インスリン、GLP-1製剤)についてお話しします。さらに、血糖持続測定(CGM)についてもお話しします。このセミナーに参加することにより、明日からの糖尿病診療に自信を持てるかと思います。 皆様、奮ってご参加ください。

 開催日
2019年10月20日(日)
 講師
最上康生 先生(綜合医療センター成田病院診療部長)
 診療科目
内分泌科系
 備考
糖尿病、食事療法、運動療法、薬物療法
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
科学的根拠に基づけば緩やかな糖質制限(ロカボ)は必然(500回記念セミナー)
−ロカボ、こう考える、こう指導する−
山田悟先生
■講師
山田悟先生

(北里研究所病院糖尿病センター センター長)
【セミナー概要】
 2019年アメリカ糖尿病学会(ADA)は糖質制限食を唯一無二の立ち位置に格上げしました(Diabetes Care 2019, 42, 731)。
 振り返れば、ADAの最初の食事療法勧告(1971年)では、エネルギー制限食が推奨されるも(Diabetes 1970, 20, 633)、1994年にエネルギー制限食は長期の有効性が得られないとし(Diabetes Care 1994, 17, 519)、替わりに様々な食事様式を推奨しつつも2006年まで否定していた糖質制限食(Diabetes Care 2006, 29, 2140)を、2008年以降は容認するようになり、ついに2019年唯一無二の立ち位置に格上げしたのです。
 本医療技術セミナーでは、実地医家の先生方にこうした糖質制限食の立ち位置の変化の背景にある科学的根拠を共有していただき、また、なぜ、日本においては今なお糖質制限食批判が残るのかについて、日本における「科学的根拠に基づく医療」への理解の乏しさという観点からご理解いただこうと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください!
 開催日
2019年8月18日(日)
 講師
山田悟 先生(北里研究所病院糖尿病センター センター長)
 診療科目
内分泌科系
 備考
糖質制限(ロカボ)、エビデンス、糖尿病、食べれる食事
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー