HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:59件
一般医学系:101件
消化器科系:74件
呼吸器科系:52件
循環器科系:83件
神経内科系:60件
心療内科系: 4件
血液内科系: 0件
内分泌代謝内科系: 62件
老人科系:15件
感染症科系:32件
小児科系:12件
精神・神経科系:15件
皮膚科系:33件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 0件
整形外科系:59件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:31件
泌尿器科系:8件
脳神経外科系:6件
婦人科・産科系:7件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 10件
医療法律系: 2件
その他:50件
生活習慣病: 10件
高齢者医療: 3件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
脳神経外科系
6 件中 [1-6] を表示 1
神経専門医はこう診る−よく遭遇する神経疾患を中心に
吉井文均先生
■講師
吉井文均先生

(神奈川県済生会平塚医療福祉センター 長/東海大学 名誉教授)
【セミナー概要】
 神経疾患が疑われる患者に適切にアプローチするためは、各種神経疾患の病態や症候を十分理解して、多くの神経疾患患者を通して診療経験を積み重ねることが重要です。しかし実際の臨床の場では診療時間は限られており、短い時間内で効率的に患者を診ていかざるを得ません。これは神経の専門医であっても、実地医家の先生方であっても同様です。
 そこで今回の医療技術セミナーでは神経疾患を診るためのminimal requirementについて、もう一度整理して提示してみたいと思います。このためには単なる診察技術だけではなく、必要最低限の神経解剖や神経機能の知識も必要になります。日常診療でよく遭遇する疾患を例に挙げて解説しますので、先生方の知識の復習にもお役立てください。
 皆さま、奮ってご参加ください。

 講義は、症例提示をしながら、診察、診断、検査、治療のプロセスを解説します。
 開催日
2018年11月18日(日)
 講師
吉井文均 先生(神奈川県済生会平塚医療福祉センター 長/東海大学 名誉教授)
 診療科目
神経内科系/精神・神経科系/脳神経外科系
 備考
神経疾患、神経症候、感覚機能、表在感覚路、深部感覚路、高次脳機能、
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 日常診療で診る脳卒中診察のポイントとコツ
−治療ガイドライン2015を踏まえて−
山下晃平先生
■講師
山下晃平先生

(北久里浜脳神経外科 院長)
【セミナー概要】
 高齢化が急速に進むに従い、認知症400万人時代が大きく修正され800万人時代が、近い将来来ると言われています。それに伴い脳疾患、心疾患の患者さんも増加し、脳卒中は現在 癌、心疾患に続き肺炎と死因の3,4位を争っています。有病者も300万人〜400万人と言われ、これだけ多いと大病院の専門外来のみでなく診療所の一般外来にも日常的に多くの潜在的な患者さんが訪れているはずです。症状が明らか且つ典型的であるのなら見落とすことも少ないと思いますが、軽い初期の症状で来られた場合には見逃すかもしれません。脳卒中は血管の病気、すなわち全身病の1つです。加齢による動脈硬化も原因していますし高血圧、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病も大きく関与しているのは周知の通りです。これらを発症してからではなく事前に、もしくは早期に治療介入していければ寝たきりになる率は下がると考えられています。
 今回の医療技術セミナーでは動脈硬化の概念を基本にして、専門外来ではなく一般外来目線で脳卒中の中でも現在特に多い閉塞性脳血管障害、脳梗塞の診断と治療について、そして今後増加するであろう血管性認知症についても勉強していきたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2017年4月16日(日)
 講師
山下晃平 先生(北久里浜脳神経外科 院長)
 診療科目
循環器科系/神経内科系/脳神経外科系
 備考
脳卒中診察、脳梗塞、認知症との関わり合い
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家も知っておきたいパーキンソン病のこと
吉井文均先生
■講師
吉井文均先生

(神奈川県済生会平塚医療福祉センター 長/東海大学 名誉教授)
【セミナー概要】
 社会の高齢化に伴い、パーキンソン病患者さんの頻度は増え、日常診療に於いて遭遇する機会が増えてきています。一般の開業医の先生方がパーキンソン病患者さんを長期に渡って継続診療することはないにしても、この疾患の初期診断のポイントやエビデンスに基づく基本的な治療方法は理解しておくことは大切です。
 この医療技術セミナーの前半では、最近のパーキンソン病に関するトピックスを紹介します。これでパーキンソン病に対する基本的な考え方が理解できるようになると思います。後半では認知障害や睡眠障害、痛みなどのパーキンソン病の非運動症状に焦点を当て解説します。非運動症状に対するアプローチは、患者さんのQOLの向上に最も大切な診療手段です。
 皆さま、ふるってご参加下さい。
 開催日
2017年3月19日(日)
 講師
吉井文均 先生(神奈川県済生会平塚医療福祉センター 長/東海大学 名誉教授)
 診療科目
神経内科系/精神・神経科系/脳神経外科系
 備考
パーキンソン病、認知症を含む非運動症状
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地診療に役立つ神経眼科
−眼から脳と神経を探る−
石川弘先生
■講師
石川弘先生

(埼玉医科大学眼科学 客員教授)
【セミナー概要】
 12本の脳神経のうち、第暁梢牲个了訖牲个ら第芝梢牲个瞭蘯神経までの7本が眼に関係します。さらに、大脳、脳幹、および小脳に病変がおこると、視野障害や眼球運動障害を始めとする多彩な眼症状が出現します。これらの眼症状は自覚しやすいため、医師に訴えやすいことが特徴です。さらに、特殊な器械を用いなくても、他覚的に容易に観察することが可能です。眼症状を的確に捉えることができれば、神経疾患の診断が飛躍的に向上することは間違いありません。そのためには、まず正確な問診が必要であり、眼と手を駆使した神経眼科的検査を用いて病態を把握することが大切です。しかし、画像診断を含めた医療機器の進歩により、このような基本的な診察が疎かにされている傾向がみられます。画像診断で検出できない神経疾患は多数あります。また、基本的な診察で把握できた病態を考え合わせれば、画像診断などで得られた所見の価値はより高まります。
 今回の医療技術セミナーでは、問診の際に注意すべき点、肉眼的な観察の要点、および眼科医以外の実地医家の先生でも可能な、特殊な器械を必要としない基本的な神経眼科的検査の方法についてわかりやすく解説します。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 開催日
2016年11月6日(日)
 講師
石川弘 先生(埼玉医科大学眼科学 客員教授)
 診療科目
眼科系/脳神経外科系
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
他科医のための耳鼻咽喉科の疾患の診かた
−日常診療で遭遇しやすい耳鼻咽喉科の疾患の知識と他の疾患との関連について−
藤倉輝道先生
■講師
藤倉輝道先生

(日本医科大学耳鼻咽喉科 准教授、)
【セミナー概要】
 実地医家が、日常診療の中で遭遇する疾患の主要徴候の中で、耳鼻咽喉科領域に該当すると思われるのは意外に多くて多種多様である。それらの兆候の例を挙げれば、難聴、めまい、耳鳴り、鼻出血、咽頭痛、咳、喀痰、血痰、喀血、構音障害、嗄声、嚥下障害あたりであろうか。同じく避けて通れない疾患としては急性中耳炎、良性発作性頭位眩暈症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、上気道炎、扁桃炎、花粉症などが挙げられる。さらに対象症候を広げると嗅覚、味覚障害や唾液分泌障害、頸部のしこり、耳漏、耳痛、鼻漏、鼻閉塞、いびきなどが挙げられる。
 これらの項目の基礎を医学生に戻って再確認し、さらに実地医家レベルの具体的な診断法、治療法、医療面接のコツ、専門医への紹介のタイミング、保険診療上の取り扱いなどの話題をご提供したい。
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2013年3月31日(日)
 講師
藤倉輝道 先生(日本医科大学耳鼻咽喉科 准教授、)
 診療科目
一般医学系/耳鼻咽喉科系/眼科系/脳神経外科系
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
循環器系(脳と心臓)のMRI画像の読影トレーニング(原理の解説と症例の提示)
−疾患の部位による撮影方法・方向等、撮影の依頼の仕方を含めて−
山本正博先生
■講師
山本正博先生

(横浜市立脳血管医療センター神経内科 部長)
【セミナー概要】
今回のセミナーでは、まずMRIの基礎となっている核磁気共鳴をわかりやすく解説説明していただく(灰田先生)。ついで脳卒中の診断および病態把握におけるMRIの重要性を症例中心に解説するとともに、脳卒中予防面におけるMRIの重要性を解説する(山本先生)。第3部では、最近の心臓疾患の診断へのMRIの寄与について、症例を通じて解説する(飯野先生)。講演を聴いていただいて、MRIの原理および画像診断上の進歩を把握していただき、診療に役立たせられると感じていただければ幸いです。

 開催日
2010年2月7日(日)
 講師
山本正博 先生(横浜市立脳血管医療センター神経内科 部長)
灰田宗孝 先生(東海大学医療技術短期大学 学長)
飯野美佐子 先生(東海大学基礎診療学系 講師)
 診療科目
循環器科系/精神・神経科系/脳神経外科系
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー