HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:59件
一般医学系:101件
消化器科系:74件
呼吸器科系:52件
循環器科系:83件
神経内科系:60件
心療内科系: 4件
血液内科系: 0件
内分泌代謝内科系: 62件
老人科系:15件
感染症科系:32件
小児科系:12件
精神・神経科系:15件
皮膚科系:33件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 0件
整形外科系:59件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:31件
泌尿器科系:8件
脳神経外科系:6件
婦人科・産科系:7件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 10件
医療法律系: 2件
その他:50件
生活習慣病: 10件
高齢者医療: 3件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
泌尿器科系
8 件中 [1-8] を表示 1
実地医家のための 種々の臨床病理的背景下におけるIgA腎症の特徴と治療
−東京女子医科大学の1000例超のデータベースの30年予後の解析より−
森山能仁先生
■講師
森山能仁先生

(東京女子医科大学腎臓内科 准教授)
【セミナー概要】
 日本の透析患者は右肩上がりで増加し続け、2011年には30万人を超え2015年末には32万5千人となっております。IgA腎症は
糖尿病性腎症に次いで2位の透析導入の原疾患である慢性糸球
体腎炎の多くを占めるといわれております。比較的緩徐に進行する疾患ですが、20〜30歳代の若年に好発するため長期にわたって患者さんに寄り添い外来診療を続けていくことが、実地医療に求められています。その臨床背景は多岐にわたり、軽微な血尿もしくは蛋白尿だけの軽度な症例から、ネフローゼ症候群を来すような症例、急速に進行し腎機能低下を伴う症例や高齢発症する症例など様々です。どのような症例でも的確な治療により寛解に持ち込むことや進行を遅らせ腎不全への進行を回避・遅延することが重要です。
 今回の医療技術セミナーでは種々の臨床背景下による症例の特徴を捉え、どのような治療が適切か、今後の実地医療に役立てていただくことを目的にお話しします。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年3月4日(日)
 講師
森山能仁 先生(東京女子医科大学腎臓内科 准教授)
 診療科目
内分泌科系/泌尿器科系
 備考
IgA腎症、慢性糸球体腎炎、IgA腎症の特徴と治療
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための泌尿器科疾患の診断と治療
−特に女性泌尿器治療と前立腺癌治療−
高澤直子先生
■講師
高澤直子先生

(順天堂大学医学部附属病院泌尿器外科学 )
【セミナー概要】
 すさまじい勢いで進歩を遂げている医療技術において、泌尿器科領域での診断・治療も大きく変わってきております。その中で今回女性泌尿器治療と前立腺癌に関しての最新治療についての講義をさせていただきます。
 午前の女性泌尿器科のセッションでは、高齢化社会の中でQOLを低下させる重大な疾患でもある下部尿路障害、そして骨盤臓器脱について、その保存療法とともに手術療法を交えて紹介させていただきます。
 また、前立腺癌は日本の男性の疾患で最も増加している癌です。標準的な治療であるホルモン療法が無効となる去勢抵抗性前立腺癌の患者も増えており、その治療は大きな変化を迎えております。一方で手術療法においてはdaVinci surgical systemの登場で、より低侵襲な手術が可能となりました。
 今回はその治療の最前線を紹介させていただきます。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2017年4月30日(日)
 講師
高澤直子 先生(順天堂大学医学部附属病院泌尿器外科学 )
北村香介 先生(順天堂大学医学部附属病院泌尿器外科学 助教)
 診療科目
泌尿器科系
 備考
泌尿器科疾患の最新治療、女性泌尿器治療、男性前立腺癌治療
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
泌尿器疾患の診断と治療
−自覚症状から考える泌尿器疾患とその症例の研究−
寺西淳一先生
■講師
寺西淳一先生

(横浜市立大学附属市民総合医療センター泌尿器科 講師)
【セミナー概要】
 排尿障害は、高齢者では活動性の低下などQOLを損なう深刻な問題です。本邦では高齢化社会が進み、また高齢者のQOLに対する社会的関心の高まりもあり、内科の先生方の総合診療能力の一つとして泌尿器科疾患に関する知識が今後ますます重要になると思われます。
 今回の医療技術セミナーでは、自覚症状から考える泌尿器科疾患と題しまして、日常診療で遭遇する泌尿器科的症状からの理論的アプローチを通じ、各疾患の病態、診断、治療につき概説いたします。前半は、前立腺肥大、過活動膀胱など排尿障害を呈する疾患を中心に、後半は、尿路結石や前立腺特異抗原(PSA)高値例への対応など排尿障害以外の泌尿器科分野における、すぐに使える実践的な話をいたします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2016年3月6日(日)
 講師
寺西淳一 先生(横浜市立大学附属市民総合医療センター泌尿器科 講師)
 診療科目
泌尿器科系
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
プライマリケアに必要な”水・電解質異常”による疾患の診断と治療
−腎臓疾患や内分泌疾患を中心に−
栗山哲先生
■講師
栗山哲先生

(東京慈恵会医科大学腎臓高血圧内科学 教授)
【セミナー概要】
 「水と電解質疾患」は、腎臓疾患や内分泌疾患に見られる病態です。日常診療で遭遇する電解質異常としては、高Na血症、低Na血症、高K血症、低K血症、低Ca血症などが代表的な疾患です。これらの病態の診断においては、血清電解質測定が重要であり、臨床症状のみで確定診断することは困難です。一方、臨床症状から「水・電解質異常」を疑うことは極めて重要です。腎臓は水・電解質の調節系として最も重要な臓器です。慢性腎臓病においては、腎機能が低下すると様々な電解質異常が観察されます。また、腎機能低下がなくてもNa代謝系の異常は高血圧や低血圧に直結します。一方、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、副甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患も知っておく必要があります。また、高齢者での電解質異常、偽性アルドステロン症など薬剤誘発性の病態も知っておくと役立ちます。
 今回の医療技術セミナーのテーマは、常日頃しばしば遭遇するものの、時に診断に苦慮し治療に難渋することがある領域なのかもしれません。その意味で、このセミナーを介してもう一度「水・電解質異常の臨床」を考えてみるのは良い機会と思います。
 セミナー前半は、実地臨床でしばしば遭遇する水・電解質異常について解説し、後半は症例検討を中心に議論します。水・電解質異常は臓器別には分類しにくいこともあるため、系統的講義のみではなく、実践的疑問点を項目としてアンサー形式にて進めたいと思います。
 水・電解質疾患に興味のある諸先生に留まらず、多くの実地医家の先生方のご参加をお待ちしています。
 皆さま、奮ってご参加下さい!
 開催日
2015年11月15日(日)
 講師
栗山哲 先生(東京慈恵会医科大学腎臓高血圧内科学 教授)
 診療科目
内分泌科系/泌尿器科系
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家が知っておくべき泌尿器科疾患の診断と治療
−遭遇する頻度が高い出血(前立腺肥大症、過活動膀胱、前立腺癌など)、排尿障害、頻尿とEDと男性更年期など−
深貝隆志先生
■講師
深貝隆志先生

(昭和大学江東豊洲病院外科系診療センター 教授)
【セミナー概要】
 日本では高齢化に伴い泌尿器疾患の患者さんが急増しています。しかし泌尿器科の専門医は少なく、多くは内科などを専門とする実地医家(かかりつけ医)の先生方に対応していただいているのが現状です。実地医家の先生方が遭遇する泌尿器科の主な症候、疾患としては尿所見異常(血尿、尿の混濁)、排尿異常(頻尿、排尿困難、前立腺疾患)、尿路結石などがあげられます。特に近年は前立腺癌の増加に伴い、その腫瘍マーカーである前立腺特抗原(PSA)の解釈もわかりにくいとの声を良く耳にします。また勃起不全を中心とした男性更年期に関する相談も実地医家の先生が受けることが増えてきました。
 今回の医療技術セミナーではこれらの疾患に対する対応のポイントについてわかりやすく解説したいと思います。
 皆様ふるってご参加下さい。

 開催日
2015年8月30日(日)
 講師
深貝隆志 先生(昭和大学江東豊洲病院外科系診療センター 教授)
佐々木春明 先生(昭和大学医学部付属藤が丘病院 副院長/泌尿器科 教授)
 診療科目
泌尿器科系
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
プライマリケアに必要な腎疾患の診断と治療−腎不全、腎性貧血、糖尿病性腎症、ほか
−CKDの進行を遅延化する7つの臨床的手段を学ぼう−
栗山哲先生
■講師
栗山哲先生

(東京慈恵会医科大学腎臓・糖尿病内科 教授)
【セミナー概要】
 慢性腎臓病(CKD)は、糖尿病腎症、高血圧性腎硬化症、慢性腎炎が三大原因であるが、これらは程度の差こそあれ長期に経過を観察すると、慢性的に腎機能低下が進行し、いずれは慢性腎不全に進行して行く病態である。従来、CKDは腎臓専門医が診る機会が多かったが、最近ではかかりつけ医がステージの進展したCKDであっても診療する機会が増えてきている。高血圧、糖尿病などの病態は初期治療が最も効果的な進行抑制であるが、一方ではある程度進展してもその進展抑制の戦略はあり、これらはかかりつけ医にも熟知しておくべき知識と思われるため、解説する。
 本医療技術セミナーの前半では、総論的にこれらの戦略について言及し、後半では腎不全、糖尿病腎症、腎性貧血等を始めとして、具体的な治療例を各論的に症例提示して聴講者であるかかりつけ医(プライマリケア医)とのコミュニケーションを図っていく予定である。
 皆様、奮ってご参加ください。
 開催日
2014年1月26日(日)
 講師
栗山哲 先生(東京慈恵会医科大学腎臓・糖尿病内科 教授)
菅野直希 先生(東京慈恵会医科大学腎臓・糖尿病内科 助教)
 診療科目
循環器科系/内分泌科系/泌尿器科系
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
徹底講義!実地医家のためのいまさら聞けない輸液・電解質のABC
−(「血液」につきましては3月10日に、改めて開催することになりました)−
平崎裕二先生
■講師
平崎裕二先生

(東京女子医科大学麻酔科学)
【セミナー概要】
 「いまさら輸液…?」「いまさら電解質…?」とお思いになるかもしれません。
 輸液なんて何となくできてしまいます。体液・電解質異常や貧血は日常臨床の多くの場面において遭遇する病態です。しかし、電解質異常と一口に言ってもその根幹には深い病態生理が潜んでいます。電解質異常が思わぬ症候として顕れることもあります。「鉄欠乏性貧血」に意外な原因が隠れている場合もあります。輸液が元で重篤な合併症を来すこともあります。
 今回の医療技術セミナーでは体液・血液・電解質に関する基礎知識をおさらいし、電解質異常、体液の異常、血液疾患について症例を提示しながらお話を進めてまいります。日々の臨床に役立つ知識をご紹介しつつ、参加者の皆様の知的好奇心を刺激するような講義にできればと考えております。  
 皆さま、奮ってご参加ください。 
 開催日
2012年11月3日(土)
 講師
平崎裕二 先生(東京女子医科大学麻酔科学)
 診療科目
総合診療系/循環器科系/内分泌科系/小児科系/神経内科系/泌尿器科系
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家が遭遇しやすい泌尿器科疾患の話
−プライマリケアで診る排尿障害・尿閉、頻尿・尿失禁−
山西友典 先生
■講師
山西友典 先生

(獨協医科大学泌尿器科 教授)
【セミナー概要】
高齢社会を迎え、生活の質(QOL)が重要な課題となってまいりました。その中でも排尿障害は最も重要な課題の一つです。排尿障害(広義には下部尿路障害と言います)は、頻尿・尿失禁などの蓄尿障害と排尿困難、尿閉などの(狭義での)排尿障害に分けられます。蓄尿障害を起こす疾患としては過活動膀胱、腹圧性尿失禁、間質性膀胱炎などがあり、排尿障害を起こす疾患としては前立腺肥大症、低活動膀胱(神経因性膀胱)、骨盤臓器脱などがあります。また、高齢者や前立腺肥大症、神経因性膀胱では、蓄尿・排尿の両障害がみられることがしばしばあります。これらの下部尿路障害は、泌尿器科の専門医よりも、一般医家の先生方で内科、婦人科などの先生方を受診される患者様が多いのが現状です。そこで一般医家の先生方を対象に、過活動膀胱診療ガイドライン、男性下部尿路症状診療ガイドライン、夜間頻尿診療ガイドラインが発行されました。しかしながら、これらの診療ガイドラインをすべて熟読し、それぞれの疾患に合った診断、治療を選択するのは困難です。今回の医療技術セミナーでは、これらの下部尿路障害の原因につきお話をし、診療ガイドラインにもとづいた診断、治療につき解説したいと思います。
奮ってご参加ください。
 開催日
2011年6月26日(日)
 講師
山西友典  先生(獨協医科大学泌尿器科 教授)
 診療科目
一般医学系/在宅医療系/泌尿器科系/その他
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー