HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:60件
一般医学系:106件
消化器科系:81件
呼吸器科系:55件
循環器科系:86件
神経内科系:64件
心療内科系: 9件
血液内科系: 0件
内分泌代謝内科系: 65件
老人科系:15件
感染症科系:34件
小児科系:14件
精神・神経科系:20件
皮膚科系:38件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 1件
整形外科系:64件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:32件
泌尿器科系:9件
脳神経外科系:6件
婦人科・産科系:10件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 13件
医療法律系: 2件
その他:55件
生活習慣病: 14件
高齢者医療: 8件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
耳鼻咽喉科系
32 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 次の10件
これから舌下免疫療法を始める実地医家へ
松根彰志先生
■講師
松根彰志先生

(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 教授)
【セミナー概要】
 現在わが国ではダニによるアレルギー性鼻炎、スギ花粉による花粉症に対して舌下錠(液)による抗原特異的免疫療法(以後 舌下免疫療法;SLIT)が、保険診療として実施可能である。できるようになったのは2014年からで歴史はまだ浅い。それまでは注射による免疫療法(以後、皮下免疫療法;SCIT)は可能であったが、アナフィラキシー等のリスクが報告され、薬物治療に頼らない自然経過を修飾しうる有効な治療としての評価はあったが現場で敬遠される傾向にあった。しかし、SLITが始まると、その有効性と安全性が期待以上との評価が得られつつある。
 本医療技術セミナーでは、アレルギー性鼻炎治療全体におけるSLITの位置付け、原理や問題点を「SLIT概論」としてお話し、6月から開始できるように「How to do SLIT」といった「実践編」についても平易にご説明する。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年4月21日(日)
 講師
松根彰志 先生(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 教授)
 診療科目
呼吸器科系/耳鼻咽喉科系
 備考
花粉症、アレルギー性鼻炎、舌下免疫療法
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
どうしようか?帰していい?判断に迷う耳鼻咽喉・めまい疾患への対応
−いつでもどこにでも現れる可能性のある注意が必要な症例の見極めのポイント−
室伏利久先生
■講師
室伏利久先生

(帝京大学医学部溝の口病院耳鼻咽喉科 教授)
【セミナー概要】
 日常診療の中では毎日多くの患者さんがやってきます。その多くは、普通の疾患で普通に対応すれば問題ありません。しかし、そのような普通の疾患に混じって、時折「普通でない」疾患の症例がやってきます。そうした症例には、見るからに普通でない症例がある一方で、一見普通にみえる場合もあります。そのような症例をどう見極めて、どう対応するか、基本的には、私の経験した症例に基づいて解説したいと思います。
 対象には、めまいを含む耳関連疾患のほかに、眼球運動異常、咽喉頭・頸部疾患、鼻疾患を含めて、耳鼻咽喉科およびその関連領域全般を含みます。ちょっと気をつけたい疾患は、最初が肝心です。頭の片隅に情報があることで助かる場合も少なくありません。日々の臨床のためのブラッシュアップにどうぞ奮ってご参加ください。

 開催日
2018年5月13日(日)
 講師
室伏利久 先生(帝京大学医学部溝の口病院耳鼻咽喉科 教授)
 診療科目
耳鼻咽喉科系
 備考
めまいの急患、ものが二重に見える、急性難聴、顔面神経麻痺、聴器がん、咽頭炎症性疾患
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
プライマリ・ケアでの長く続く 止まらない“せき”の診かた
田中裕士先生
■講師
田中裕士先生

(医療法人社団潮陵会医大前南4条内科 理事長)
【セミナー概要】
 「先生!とにかく“せき“を止めてください」との患者の来院が、どこの科においても増えています。医療機関に来院する場合の多くは、前日”せき“のためほとんど眠れず、仕事にならないという場合や、3ヵ月以上咳が止まらない慢性咳嗽で精密検査を受けたいという場合の大きく2つがあります。”せき“を起こす受容体は、咽喉頭、気管・気管支。胸膜、下部食道に存在し、これらの受容体を刺激する病態がターゲットになります。稀ですが心膜にもせき受容体があり、心室性期外収縮でも”せき“が起こるという稀な場合もあります。最近、原因は何であれ、知覚神経上の”せき“に関する受容体が原因であるcough hypersensitivity syndromeという概念が出てきました。
 今回の医療技術セミナーでは、プライマリ・ケアでの日常診察で検査機器がほとんどない状況で、病歴と診察でどこまで診断にたどり着けるかに挑戦した内容で企画しました。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2018年3月25日(日)
 講師
田中裕士 先生(医療法人社団潮陵会医大前南4条内科 理事長)
 診療科目
呼吸器科系/耳鼻咽喉科系
 備考
長く続く止まらない”せき”、咳喘息とアトピー咳嗽、急性咳嗽、遅延性・慢性咳嗽
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
花粉症・アレルギー性鼻炎の診断と治療
−舌下免疫療法の理論と実際−
松根彰志先生
■講師
松根彰志先生

(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 教授)
【セミナー概要】
 花粉症、アレルギー性鼻炎は、日常生活の質に重大な影響を
与える、国民の3割以上が罹患している国民病です。間もなく
3月にはスギ花粉症がやってきます。そこで、診療科を超えて
患者さんのためにできることを具体的に、最新の情報も含めて
お話したいと思います。きっと明日からの日常診療にお役に立
つと思います。
 前回の345回セミナー(’17年7月)にも、花粉症・アレルギー性鼻炎やその周辺の話題についてお話ししましたが大変興味を持っていただいたとのことですので、今回は『花粉症・アレルギー性鼻炎の診断と治療◆歙絏写髪嵶屠,陵論と実際』と題して、内容をかなりリニューアルして行わせていただきます。前回ご参加いただいている先生方にもされていない先生方にも、どなたにもわかりやすく、かつ お役にたつよう準備しますのでふるってご参加下さいませ。
 お待ち申し上げております。
 開催日
2018年2月12日(月)
 講師
松根彰志 先生(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 教授)
 診療科目
耳鼻咽喉科系
 備考
IgA腎症、慢性糸球体腎炎、IgA腎症の特徴と治療
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
高齢者診療における”喉を鍛える”
西山耕一郎先生
■講師
西山耕一郎先生

(横浜市南区・西山耳鼻咽喉科医院 院長、東海大学 非常勤教授)
【セミナー概要】
 日本人の死因第3位にランクインし、着々と死亡者数が増えている肺炎。肺炎で亡くなった人の話を身近で耳にする機会も多く、シニア層にとって肺炎対策はもはや誰もが避けて通れない問題といっていいだろう。だが、医療が進歩した現代社会でなぜ肺炎なのか? そこには「のどの老化」が密接に影響していた。
 今回の医療技術セミナーでは、のどが老化していく仕組みと、のどの老化が招く「誤嚥性肺炎」、さらに飲み込み力を高める対応法、トレーニング法を具体的にわかり易く紹介する。
 皆さま、奮ってご参加ください。



西山耕一郎先生
<著書>
「高齢者の嚥下障害診療メソッド」(2014年/17年2月)
「肺炎がいやなら喉を鍛えなさい」(2017年5月)

 開催日
2018年2月11日(日)
 講師
西山耕一郎 先生(横浜市南区・西山耳鼻咽喉科医院 院長、東海大学 非常勤教授)
 診療科目
耳鼻咽喉科系
 備考
のどの老化、誤嚥性肺炎、飲み込み力を高めるトレーニング法、
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
めまい診療のポイント:危険なめまい・新型のめまいを見逃さないために
−診察室での小ワザから最新の診療機器を用いた大ワザまで−
室伏利久先生
■講師
室伏利久先生

(帝京大学医学部溝の口病院耳鼻咽喉科 教授)
【セミナー概要】
 「めまい」の診療は面倒だ、難しい、コワい、と思っていらっしゃる先生方は少なくないと思います。なぜそう思われるのでしょうか。その理由の一つは、めまいの病巣が単一ではなく、耳、脳、こころなどさまざまな部位に存在する可能性があり、その鑑別が難しいと感じられるからではないでしょうか。もちろん難しい症例がないわけではありませんが、多くの場合、注意すべきいくつかのポイントをおさえればそれほど恐れることもないのです。
 今回の医療技術セミナーの前半では、それらのポイントについて、私の臨床経験を提示しつつ理解を深めていただくことを目指します。また、これは、めまい診療に限ったことではありませんが、新しい疾患概念、新しい治療アルゴリズム、新しい検査法が次々に登場し、最新レベルにキャッチアップしてゆくことは容易ではありません。講義の後半では、こうしためまい診療における「新しい」点について解説したいと思います。 皆さま、奮ってご参加ください!
 開催日
2017年10月29日(日)
 講師
室伏利久 先生(帝京大学医学部溝の口病院耳鼻咽喉科 教授)
 診療科目
循環器科系/神経内科系/耳鼻咽喉科系/老人科系
 備考
めまい診療のポイント、危険なめまい・新型のめまい、診察室内での小ワザ、めまい診療の最新の診療機器を用いた大ワザ、
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
知っていてよかった、花粉症・アレルギー性鼻炎診療の「落とし穴」と「新しい話題」
−話題の最新療法である”舌下免疫療法”も含めて「患者満足度の高い治療」を考える−
松根彰志先生
■講師
松根彰志先生

(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 部長/教授)
【セミナー概要】
 花粉症・アレルギー性鼻炎で命を落とすことはありませんが、学習や仕事の能率を極度に低下させるなど、生活の質(QOL)を著しく悪化させる重大なQOL疾患です。しかも、国民の4割程度が罹患しており、その原因の8割は、ダニとスギ花粉です。子供からお年寄りまでしばらくは増えることはあっても減りそうにはありません。まさに国民病ですが、多くの患者さんが医療機関を受診することなく、とりあえずの市販薬などでしのぎ我慢をしておられます。中には、花粉症・アレルギー性鼻炎との自覚がないままに「かぜ症状」と誤認して正しい対処を行っておられない例も散見されます。
 本医療技術セミナ―では、こうした患者さんや患者予備軍の市民の方に「患者満足度の高い花粉症・アレルギー性鼻炎診療」を実践するための具体的でわかりやすい提案をいたします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2017年7月30日(日)
 講師
松根彰志 先生(日本医科大学武蔵小杉病院耳鼻咽喉科 部長/教授)
 診療科目
耳鼻咽喉科系
 備考
花粉症・アレルギー性鼻炎、舌下免疫療法、感作療法、
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家が知っておきたい耳鳴りと難聴の最新臨床
−脳のトレーニングで改善できる!−
新田清一先生
■講師
新田清一先生

(済生会宇都宮病院耳鼻咽喉科 科長済生会宇都宮病院 耳鼻咽喉科診療科長、聴覚センター長)
【セミナー概要】
 「耳鳴りは治らない」は、医師の間だけでなく、もはや一般常識のようになっています。しかし、それはもう過去のこと。最新の医療では耳鳴りは‘治る’ようになったのです。その背景として、最近の基礎研究・臨床研究により耳鳴りのメカニズムが解明されつつあること、そのメカニズムに応じた新しい治療法が開発されていることがあります。そのキーワードは「脳」です。耳鳴りは、難聴(多くは蝸牛障害)に応じた脳の変化によって生じ、その変化を元の状態に近づけていく‘脳のトレーニング’によって改善することが分かってきました。
 今回の医療技術セミナーでは、最新の考え方と臨床の実際、そして耳鳴患者が納得するムンテラのコツ、などをお話しします。
 難聴についても、「年だからしょうがない」「補聴器を使っても役に立たない」という訴えを良く耳にします。残念ながら医学の進歩をもってしても、加齢性難聴を元に戻すことはできません。しかし、補聴器を用いた聴覚リハビリテーションを、正しい方法で行うことにより、何歳になってもことばの聞き取りは改善します。そして、補聴器は生活に‘なくてはならないもの‘になるのです。ここでも、キーワードは「脳」です。
 今回の医療技術セミナーでは、難聴は治るのか、予防できるのか、補聴器はどれを使えばよいのか、どこで買えばよいのか、どうやってトレーニング(聴覚リハビリテーション)するのが良いのかなど、難聴の高齢者に教えてあげたい ちょっとした知識を中心にお話しします。
 皆さま、奮ってご参加ください!
 開催日
2017年3月5日(日)
 講師
新田清一 先生(済生会宇都宮病院耳鼻咽喉科 科長済生会宇都宮病院 耳鼻咽喉科診療科長、聴覚センター長)
 診療科目
耳鼻咽喉科系
 備考
耳鳴りと難聴の診断と治療、補聴器・人工内耳による脳のトレーニング、補聴器を選ぶ
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
経鼻内視鏡の進歩と利用法
−経鼻内視鏡を使った上部消化管検査の実際と諸課題−
川田研郎先生
■講師
川田研郎先生

(東京医科歯科大学医学部消化器外科 )
【セミナー概要】
 近年,NBIやBLI・LCIといった画像強調内視鏡や拡大内視鏡の活用により食道表在癌の診断が大きく進歩している。また食道癌のハイリスク症例(大酒家,喫煙歴,アセトアルデヒド脱水素酵素遺伝子多型, 中高年男性,やせ型,野菜嫌い,MCV高値,頭頸部癌の既往,咽頭口腔メラノーシス,多発ヨード不染)を中心とした重点的な内視鏡スクリーニングにより多くの頭頸部表在癌が見つかるようになってきた。これらの患者は同時性・異時性に扁平上皮領域の癌が多発するため,永続的な内視鏡による経過観察が必要である。経鼻内視鏡はここ数年で飛躍的な進歩し,従来の「患者は楽だが医者にとっては画質や操作性が悪く,ストレスの多い検査法」という常識はすでに過去のものとなり,最新の経鼻内視鏡では経口内視鏡と遜色ない検査が可能となってきた。さらに「経鼻内視鏡ならでは」の検査法の確立により,頭頸部領域をくまなく観察する事が可能で,ハイリスク症例のとっては大きなアドバンテージとなっています。
 胃癌検診に従来のバリウム検査から,内視鏡が推奨され,各自治体でも経鼻内視鏡を積極的に導入する流れがあり,今後苦痛の少なく、受容性の高く,安全にかつ精度の高い検査法の普及が求められます。
 今回の講演では経鼻内視鏡のエキスパートが,口腔〜咽喉頭〜食道〜胃を一つの癌危険地帯として,これらを消化器内視鏡医はどう発見し,またそれをどう取り扱うか? 実地に役立つ検査法のコツについてお話します。「明日から使える経鼻内視鏡活用術」です、
 皆さま、奮ってご参加下さい。
 開催日
2017年2月12日(日)
 講師
川田研郎 先生(東京医科歯科大学医学部消化器外科 )
 診療科目
消化器科系/耳鼻咽喉科系
 備考
経鼻内視鏡を使った上部消化管検査の実際と諸課題、胃内視鏡観察,早期胃癌診断
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のためのめまい診療最前線
−めまいは内耳とは限らない;中枢性めまいを見逃していませんか?−
中山杜人 先生
■講師
中山杜人 先生

(額田記念病院内科)
【セミナー概要】
 従来のめまい診療は内耳が主体となっていますが、危険因子を持つ中高年の人たちは、動脈硬化を背景にして危ないめまいや中枢性めまいを起こしやすい医療環境にあります。
 今回の医療技術セミナーでは、まずメニエール病の抗ヘルペスウイルス薬によるもう一つの治療法をご紹介します。また、現在「良性発作性頭位めまい(BPPV)」として診断・治療されていますが、実臨床では高頻度にみかける「中枢性発作性頭位めまい」の定義、機序と症例、さらに、今だ一般に関心の低い首・肩こりとめまいの密接な関連性、危ないめまいと中枢性めまいの症例とMR画像、そしてその見分け方にも触れます。
 セミナーでは、めまいという漠然とした症候を具体的症例を通して末梢(内耳)中心の診療思考から視野を広くしていただき、時代の変化に即応した思考プロセスになるような内容を心がけていきたいと思っております。
 皆さま、どうぞ奮ってのご参加をお待ちしております。
 開催日
2016年10月16日(日)
 講師
中山杜人  先生(額田記念病院内科)
 診療科目
神経内科系/耳鼻咽喉科系
 DVD価格
5,400円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー