HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※DVDのネット会員価格は 5,000円+消費税+送料(900円)でこれまで通りですが、非ネット会員価格は、DVD 25,000円+送料(900円)+消費税。TEXTは、5,000円+送料(900円)+消費税と、2022年8月1日より新たに設定します。できるだけ次項のネット会員にご入会いただきますようお願い申し上げます。
※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:77件
一般医学系:113件
消化器科系:95件
呼吸器科系:71件
循環器科系:99件
神経内科系:84件
心療内科系: 13件
血液内科系: 2件
内分泌代謝内科系: 74件
老人科系:16件
感染症科系:44件
小児科系:14件
精神・神経科系:31件
皮膚科系:45件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 6件
整形外科系:77件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:34件
泌尿器科系:11件
脳神経外科系:9件
婦人科・産科系:11件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 20件
医療法律系: 2件
その他:62件
生活習慣病: 23件
高齢者医療: 16件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
整形外科系
77 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 次の10件
リウマチ・膠原病の診断と検査
−関節炎の鑑別診断と、膠原病の診察と検査−
岸本暢将先生
■講師
岸本暢将先生

(杏林大学附属病院膠原病科 准教授)
【セミナー概要】
 100人に1人といわれる関節リウマチ。プライマリ・ケアで遭遇する疾患です。まず、はじめに関節痛の鑑別として、変形性関節症などの非炎症性関節炎なのか、関節リウマチなどの炎症性関節炎なのかで治療は大きく異なります。他の膠原病でも多関節炎を起こすのでどのような鑑別疾患があり、それら疾患の特徴についてもご紹介し、多関節炎患者の診断までのポイントを解説します。
 さらに検査では「抗核抗体陽性」だから、「リウマトイド因子陽性」だから膠原病科コンサルト!と訳もわからずいろいろな検査を提出していませんか? 後半では、日常診療での膠原病を疑う診察所見、どのような時に検査を提出し、どのように解釈をするか解説いたします。
 皆さま、奮ってご参加ください。

コロナの感染拡大の影響により欠勤者が増え、大学病院のシフトが変わり、午前のみしか時間がないとのことで、急遽,変更させていただきました。
 開催日
2022年9月23日(金)
 講師
岸本暢将 先生(杏林大学附属病院膠原病科 准教授)
 診療科目
整形外科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
DVD購入申込み
骨粗鬆症と関節リウマチの最近の話題と最新の薬物療法
中村幸男先生
■講師
中村幸男先生

(信州大学医学部整形外科 特任教授)
【セミナー概要】
現在、我が国における骨粗鬆症患者数はおよそ1250万人と言われています。骨粗鬆症ベースの脆弱性骨折、特に大腿骨近位部骨折の発生数は年々増加しており、我が国の寝たきりの主要な原因となっています。従いまして、大腿骨近位部骨折防止への取り組みは急務であります。
骨への3栄養素(カルシウム、ビタミンD、ビタミンK)や亜鉛、マグネシウムをはじめとした骨関連ミネラルの十分な摂取、大腿骨近位部への適度な衝撃を与える運動・体操は、骨粗鬆症対策として非常に重要であります。骨関連ミネラル動態が骨代謝に与える影響、我々が考案した「おへそひっこみ・かかと落とし体操」を ご紹介いたします。
一方で、薬物療法の面では、昨今、デノスマブやロモソズマブ、テリパラチド、イバンドロネート、ミノドロネートなどの骨粗鬆症治療薬が次々と臨床使用可能になり、治療薬選択の幅が広がるとともに、生活習慣病との関連や続発性骨粗鬆症に関する知見が蓄積されてきています。さらに、我々はこれまでに、小児骨量減少・多発骨折例、妊娠・出産後骨粗鬆症、透析や糖尿病に伴う骨粗鬆症、超高齢者における骨粗鬆症、など各種薬剤の治療成績や有害事象の発生についての報告を数多く行ってきました。
 我々は骨粗鬆症治療と歯の関係についても研究を進めています。歯周病や歯の損失が骨粗鬆症と密接な関係があると考えています。医科と歯科の連携を含めた話題を提供
します。さらに、関節リウマチに関する最近の話題を提供します。
 開催日
2022年9月11日(日)
 講師
中村幸男 先生(信州大学医学部整形外科 特任教授)
 診療科目
整形外科系
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
血管炎の病態推論 臨床アタマの鍛え方
−いわゆる診断基準を斬る−
高橋良  先生
■講師
高橋良  先生

(昭和大学附属東病院リウマチ・膠原病内科 助教)
【セミナー概要】
 膠原病の診断には、あらゆる臓器・組織にわたりゲリラ的に出現してくる様々な症状や異常を漏れなく拾い上げ、点と点をつなぎ合わせ、一つの疾患の病態図を作っていく作業が求められます。病歴聴取の段階で網羅的なReview of systemを発動するその前に、ひとつの症状や異常から、出現しうる他の症状・異常を想起しclosed-endedに聴取、検索していくことが病態診断への初めの一歩となります。
 今回の医療技術セミナーでは、膠原病の中でもスペクトラムの広い疾患群、血管炎を取り上げ、その病態の本質的を深く考え、診断基準の解釈の仕方、有効な使い方、それらのピットフォールについて、ともに学んでいければと思います。
 診断基準は暗記しているだけでは使い物になりません。診断基準に対する過剰な信頼はときに大きな誤診すら生み出す危険をもはらんでいます。深く病態を学んでいくことで初めて、診断基準には合致しないような非特異的な難解ケースに対し、疑い、自身をもって次なる一手を提案することができるようになると信じています。
 開催日
2022年3月27日(日)
 講師
高橋良   先生(昭和大学附属東病院リウマチ・膠原病内科 助教)
 診療科目
皮膚科系/整形外科系
 備考
膠原病、臨床推論、診断基準
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 多関節疾患と骨代謝
−関節リウマチ、骨粗鬆症とその周辺疾患の診断と治療−
中村幸男先生
■講師
中村幸男先生

(信州大学医学部整形外科 准教授)
【セミナー概要】
開催のねらいとお誘いの言葉

 変形性関節症をはじめ、関節リウマチ、骨粗鬆症など、多くの関節疾患の原因は不明です。多くの関節疾患の根本的な治療方法は手術しかありません。そのため、各関節疾患の病態を解明することは急務です。
 1つ1つの関節疾患に対して正確な診断を行い、適切な基礎療法(患者教育)、薬物療法、手術療法、そしてリハビリテーションを行う事が重要です。
 今回の医療技術セミナーでは、先生方とご一緒に、骨粗鬆症、変形性関節症、関節リウマチ、リウマチ類似疾患を含め、関節疾患全般に対して、その病態に迫り、学会シンポジウムの御紹介、リウマチ医学賞受賞講演の御紹介を含め、様々な観点から考えてみたいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2021年9月23日(木)
 講師
中村幸男 先生(信州大学医学部整形外科 准教授)
 診療科目
整形外科系
 備考
多関節疾患、骨代謝、関節リウマチ、骨粗鬆症、
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 整形外科疾患の診断と治療−中高年の肩痛・肩こりを中心に
−たかが五十肩、老化現象で済ませていませんか−
岩堀裕介先生
■講師
岩堀裕介先生

(あさひ病院スポーツ医学関節センター 長(春日井市)、愛知医科大学医学部整形外科 客員教授)
【セミナー概要】
 一般の方々のみならず整形外科医においても、中高年の肩関節疾患に対する関心は低く、認識されている疾患と言えば「肩こり」「五十肩」くらい です。いずれも重症感はなく湿布を貼ったりマッサージしていれば自然に 治るものと思われています。しかし、「肩こり」の原因は長時間の坐位、不良姿勢、枕の不適合、頚椎疾患、眼瞼下垂など多岐にわたり、脳動脈瘤や狭心症の部分症状であることもあります。たかが「肩こり」と軽視せず、 個々の患者さんの要因に即した治療手段を講じる必要があります。「五 十肩」(正式には「凍結しゅ肩」、または「肩関節周囲炎」)は巷では放っておいても自然に治る疾患と言われている代表格ですが、実際に無治療で元通りに治るのは 50%以下との報告があり、また治るまでの期間も長いと数年かかることもあります。より短期間に確実に治すための治療が求められ ます。そして高齢化に基づき急増している「腱板断裂」が「五十肩」と誤診されているケースが多いのも問題です。腱板断裂の多くは非外傷性に生じますが、いまだに単純X線画像のみのチェックで、先行する外傷がないから「五十肩」と安易に診断されています。また、「肩こり」「凍結肩」「腱板 断裂」といった一般的な肩関節疾患に隠れて見逃されがちなのが、Neuralgic amyotrophy・頸椎症性筋萎縮症・胸郭出口症候群・腋窩神経 障害などの神経疾患や、変形性肩関節症・変形性肩鎖関節症・関節リウマチ・偽痛風・感染などの変性・炎症性疾患で、これらの疾患も常に念頭に置く必要があります。そして最近の診療の トレンドであるエコーや体外衝撃波療法は日常診療に変革をもたらしています。ただ、私達整形外科医の最も頼りになるパートナーは優秀な理学 療法士・作業療法士であり、そうした人材の確保・育成が患者さんに満足していただける医療を提供する上での必須条件です。  今回の医療技術セミナーでは以上のコンセプトに基づいた中高年の肩痛・肩こりの診療のポイントを概説いたします。
 開催日
2021年5月9日(日)
 講師
岩堀裕介 先生(あさひ病院スポーツ医学関節センター 長(春日井市)、愛知医科大学医学部整形外科 客員教授)
 診療科目
整形外科系
 備考
中高年者の肩痛、中高年者の肩こり、
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 関節リウマチとその周辺疾患の診断と治療
中村幸男先生
■講師
中村幸男先生

(信州大学医学部附属病院整形外科 准教授)
【セミナー概要】
関節リウマチは、滑膜炎と関節破壊を主体とする自己免疫性疾患ですが、いまだ発症要因や病態は不明な点が多いと考えます。
アンカードラッグであるメトトレキサートと生物学的製剤の登場により、薬物療法は飛躍的に進歩し、Treat -to-Target(T2T)の概念に基づいた寛解導入の症例も増えてきています。
近年、生物学的製剤やJanus kinase(JAK)阻害薬の登場により、関節リウマチ治療はさらなる進歩を遂げております。
進歩を遂げている薬物療法がある一方で、骨破壊や高度な変形を伴った関節外科の手術をきちんと行うことは大変重要です。
さらに関節リウマチの類似疾患もきちんとした診断、治療方法を行うことも大切です。
以上、先生方と御一緒に、関節リウマチとその周辺疾患につきまして、様々な観点から考えてみたいと思います。
皆さま奮ってご参加ください。
 開催日
2021年3月28日(日)
 講師
中村幸男 先生(信州大学医学部附属病院整形外科 准教授)
 診療科目
整形外科系
 備考
関節リウマチ、関節リウマチの薬物療法
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための骨粗鬆症の診断と治療
−疫学、骨代謝、骨折の観点から−
中村幸男先生
■講師
中村幸男先生

(信州大学医学部整形外科 骨粗鬆症)
【セミナー概要】
 大学病院からは、コロナの関係で出張許可が出ないので、当日はZoomによるテレワーク講演になりましたので、ご承知おきください。 

 現在、我が国における骨粗鬆症患者数は約1280万人と言われています。骨粗鬆症ベースの脆弱性骨折は年々増加しており健康寿命を損なう主な原因となっています。従いまして骨折防止への取り組みは急務です。
 効果的な栄養素の摂取及び体操実施は骨粗鬆症対策として非常に重要です。私が考案したおへそひっこみ・かかと落とし体操などをご紹介いたします。
 我々はこれまでに、小児骨量減少・多発骨折例、妊娠・出産後骨粗鬆症、透析や糖尿病に伴う骨粗鬆症、超高齢者における骨粗鬆症、など治療成績についての報告を数多く行ってきました。対象患者は2歳から110歳、合計3500名程度です。
 本講演会では上記を中心に、聴講者の皆様のニーズに合わせた内容をお話いたします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2020年9月20日(日)
 講師
中村幸男 先生(信州大学医学部整形外科 骨粗鬆症)
 診療科目
整形外科系
 備考
骨粗鬆症、食事療法、運動・体操
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 様々な疼痛から診断を明らかにできる!
竹村洋典先生
■講師
竹村洋典先生

(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科全人的医療開発学講座総合診療医学分野 教授。三重大学名誉教授。)
【セミナー概要】
“痛み”といっても、様々な種類があります。その種類を明らかにすることで診断名を明らかにできることが少なくありません。例えば、傷害受容性疼痛の代表格である腹痛。病歴から内臓痛であれば急ぐことはないけれども、体性痛であればすぐに外科にコンサルトが必要。その際に聞き出さなくてはならないのは部位や発症の時間経過などの病歴。これをマスターすれば急性腹症は怖くはない。
 一方、しびれを伴う神経障害性疼痛であれば、部位などの情報は重要。整形外科疾患が多い単神経障害(手根管症状群や帯状疱疹など)、内科的な多発単神経障害や多発神経障害(飲酒、糖尿病など)の病歴や身体診察法を知ると、診断に至るのは難しくありません。腰痛についても詳細にその部位診断方法を説明します。全身の疼痛についても甲状腺機能異常、電解質異常、筋炎、リウマチ性多発筋痛症、線維筋痛症など様々な疾患を臨床推論し、診断名をあぶりだすことができます。
 さらに、これらの疼痛の各々には、各々の治療があります。これを間違えるといつまでたっても患者の満足は得られません。疼痛の診断や治療をシステマティックに解説します。
 今回の講演をお聞きになれば、疼痛の診察を楽しめるようになります。是非ともご聴講くださいませ。
 開催日
2020年5月10日(日)
 講師
竹村洋典 先生(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科全人的医療開発学講座総合診療医学分野 教授。三重大学名誉教授。)
 診療科目
総合診療系/神経内科系/整形外科系
 備考
疼痛、傷害受容性疼痛、神経障害性疼痛、
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
リウマチ・膠原病を見抜く診察と検査
−関節リウマチの診断(鑑別診断)と検査/膠原病疾患の診察所見と検査−
岸本暢将先生
■講師
岸本暢将先生

(杏林大学附属病院膠原病科 准教授)
【セミナー概要】
開催時間が、通常通りの10時からの開始になりましたので、ご注意ください。

 100人に1人といわれる関節リウマチ。プライマリケアで遭遇する疾患です。まずはじめに関節痛の鑑別として、変形性関節症などの非炎症性関節炎なのか、関節リウマチなどの炎症性関節炎なのか治療は大きく異なります。他の膠原病でも多関節炎を起こすのでどのような鑑別疾患があり、それら疾患の特徴についてもご紹介し、多関節炎患者の診断までのポイントを解説します。特に検査では「抗核抗体陽性」だから、「リウマトイド因子陽性」だから膠原病科コンサルト!と訳もわからずいろいろな検査を提出していませんか?後半では、日常診療での膠原病を疑う診察所見、どのような時に検査を提出し、どのように解釈をするか解説いたします。

 開催日
2020年3月20日(金)
 講師
岸本暢将 先生(杏林大学附属病院膠原病科 准教授)
 診療科目
整形外科系
 備考
関節リウマチ、膠原病、
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 糖尿病患者における健康寿命確保を目指した治療戦略
−血糖変動・骨粗鬆症との深い関係とは−
岡田洋右先生
■講師
岡田洋右先生

(産業医科大学第一内科 准教授)
【セミナー概要】
 糖尿病治療の最終目的は合併症制御による健康寿命の確保です。実地臨床においてHbA1cは合併症抑制に関して優れたエビデンスのある指標ですが、近年ではHbA1cでは分からない低血糖や血糖変動の重要性が明らかになっています。また、寝たきりの大きな要因となる骨折に関しても糖尿病患者では骨折リスクが高く、現在では骨粗鬆症も合併症の1つとされています。しかし、血糖変動の国際統一指針も2019年の米国糖尿病学会で初めて示されたばかりですし、糖尿病患者における骨粗鬆症治療の重要性に関しても未だ未だ十分な認識がされていないのが現状です。
 今回の医療技術セミナーでは、健康寿命と血糖変動や骨粗鬆症との深い関係について出来る限り実地臨床のデータを用いて、実地医家の先生方が明日から実践できる治療戦略について議論したいと思います。
 皆さま、奮ってご参加ください。


(ご注意)
 当初のタイトルであります『糖尿病治療におけるDPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬の位置付け』に関する内容は代わりませんが、特に血糖変動の観点を中心に第1部で話させていただきます。合併症(今回は骨粗鬆症)をテーマにした第2部での講演内容との関係で、総括的な演題名に変更しました


 開催日
2020年2月9日(日)
 講師
岡田洋右 先生(産業医科大学第一内科 准教授)
 診療科目
内分泌科系/整形外科系
 備考
糖尿病、健康寿命確保、血糖変動、骨粗鬆症
 DVD価格
5,500円(会員価格/税込) + 送料:900円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー