HOME サイトマップ プライバシーポリシー 事業概要 お問合せ
HOME > セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内

セミナー復習用DVDのご案内(ネット会員限定)【最新医療技術セミナー「スキルアップ」】
セミナーDVDのご案内
最新医療技術セミナー“スキルアップ”では、会員向けに復習用DVDを頒布させていただいております。
★過去の終了セミナー全て(※注)に対応致します。
※2014年4月からの消費税の8%への値上げへの対応として、 復習用のDVD@5,000円を外税(@400円)にさせていただきます。
送料も @500円に改定させていただきます。

※注:一部不許可の分あり
セミナー一覧
※開催セミナーの一覧が表示されます。
★フリーワード検索:  
※複数キーワードを指定する場合は全角スペースで区切って下さい
■復習用DVD頒布の他に、データのダウンロードサービスを
  開始します(詳細はこちらをクリックしてください)
  ※会員限定です
セミナーDVDのご案内
復習用DVD頒布リスト
ダウンロード(995KB)
Get! Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
【診療科別】
総合診療系:67件
一般医学系:109件
消化器科系:87件
呼吸器科系:62件
循環器科系:90件
神経内科系:71件
心療内科系: 9件
血液内科系: 0件
内分泌代謝内科系: 69件
老人科系:16件
感染症科系:40件
小児科系:14件
精神・神経科系:28件
皮膚科系:41件
腫瘍科系: 1件
美容・形成外科系:6件
外科系: 5件
整形外科系:71件
眼科系:6件
耳鼻咽喉科系:32件
泌尿器科系:10件
脳神経外科系:7件
婦人科・産科系:10件
緩和医療系:4件
在宅医療・訪問医療系: 18件
医業経営系: 16件
医療法律系: 2件
その他:55件
生活習慣病: 17件
高齢者医療: 15件
※診療科別のボタンをクリック頂きますと、講師名、所属施設名及びセミナータイトル等の詳細が表示されます。
■【診療科別】抽出結果■
精神・神経科系
28 件中 [1-10] を表示 1 | 2 | 3 次の10件
”統合失調症”の診断と治療
−実地医家に期待される精神疾患対応法のエッセンス3−
功刀(くぬぎ)浩先生
■講師
功刀(くぬぎ)浩先生

(帝京大学医学部精神神経科学 教授)
【セミナー概要】
 統合失調症は幻覚・妄想、自閉、意欲低下、認知機能障害など多彩な精神症状を呈する重度の精神疾患の1つで、生涯罹患率は1%程度とされています。思春期から成人早期の発症が多く、重症化させないためには早期からの専門的治療的介入が重要とされます。かかりつけ医から専門医への紹介がスムーズになるよう、診断・治療・対応法のエッセンスをお話しします。 近年、統合失調症の患者さんは肥満、脂質異常、糖尿病、高血圧などのメタボリック症候群に関連した合併症をもつことが多く(およそ外来患者の3分の1)、これらの合併症によって内科などを受診する機会が多いことも知られています。身体合併症によって統合失調症患者さんの寿命は一般に比べて20%程度短いともいわれます。統合失調症患者さんへのこうした身体合併症に関する対応法についても詳しくお話ししたいと思います。 

 開催日
2020年6月7日(日)
 講師
功刀(くぬぎ)浩 先生(帝京大学医学部精神神経科学 教授)
 診療科目
精神・神経科系
 備考
統合失調症、精神疾患、身体合併症
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
”双極性障害”と”パニック障害”の診断と治療
−実地医家に期待される精神疾患対応法のエッセンス2−
功刀(くぬぎ)浩先生
■講師
功刀(くぬぎ)浩先生

(帝京大学医学部精神神経科学 教授)
【セミナー概要】
 双極性障害は躁うつ病ともいわれ、生涯罹患率は数パーセントとされます。従来、うつ病とともに「感情障害」あるいは「気分障害」に分類されていましたが、近年、うつ病とは異なった治療を行う必要があることがわかってきました。
 今回の医療技術セミナーでは、うつ病との区別や薬物療法のちがい、日常生活指導などについてエッセンスをお話します。 次に、パニック障害は頻度の高い不安障害の1つで、動悸、呼吸困難感などの身体症状が多く出現するほか「死の恐怖」などの精神症状を伴うため、内科などの身体科や救急外来を受診する機会が多い精神疾患です。外出などが困難になることもあり、社会的機能を大きく損なうことも少なくありません。
 今回の医療技術セミナーでは診断、治療、病態メカニズムの要点をお話し、一定の対応ができるようになることを目標とします。
 開催日
2020年4月29日(水)
 講師
功刀(くぬぎ)浩 先生(帝京大学医学部精神神経科学 教授)
藤井猛 先生(国立精神・神経医療研究センター病院精神科 医長)
 診療科目
精神・神経科系
 備考
精神神経疾患、双極性障害、パニック障害、うつ病
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
”うつ病”の診断と治療
−実地医家に期待される精神疾患対応法のエッセンス1−
功刀(くぬぎ)浩先生
■講師
功刀(くぬぎ)浩先生

(帝京大学医学部精神神経科学 教授)
【セミナー概要】
 現代のストレス社会においてうつ病は猛威をふるっており、およそ20人に一人が罹患しているとされ、「障害を受ける年数」は先進国においてはあらゆる疾患の中で第一位であるといわれています。長期休職の主な要因の1つであり、また、およそ年間2万人存在する自殺の大きな要因となります。しかし、精神科専門医を受診している患者はいまだに少数とされ、他方、内科患者の中にはうつ病に罹患している人が少なくないとされます。従って、実地医家がうつ病に対応する機会は多いのが現実ではないでしょうか。
 今回の医療技術セミナーではうつ病者への診断、治療、対応のエッセンスについてお話し、うつ病に対する基本的な考え方を学んでいただき、患者さんに対して適切に対応できるようになることを目標とします。治療では、薬物療法だけでなく、生活指導についてもエビデンスに基づいて紹介いたします。
 開催日
2020年4月12日(日)
 講師
功刀(くぬぎ)浩 先生(帝京大学医学部精神神経科学 教授)
 診療科目
精神・神経科系
 備考
精神神経疾患、うつ病、
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための フローチャートで迫る神経内科領域の疾患6
−実際に経験した症例から考える−
眞鍋雄太先生
■講師
眞鍋雄太先生

(神奈川歯科大学附属病院高齢者内科 教授)
【セミナー概要】
 診療科を問わず、臨床の場では必ずしもスタンダードな ケースばかりを経験するわけではない。典型的な症例で あれば診断を誤ることもないと思われるが、“最後に診 た医者が名医”といった言葉があるように、非典型例の 症例や稀な疾患を 1st touch で診た場合、なかなか正診 に至ることが困難な場合が多く、あとから診療情報提供 書などを見て吃驚したことがあるのではないだろうか。
 本医療技術セミナーでは、脳神経内科領域における代表 的かつしばしば臨床で経験する疾患は勿論、これと似た 症状を呈しながらも稀な、かといって見逃してはならな い疾患、知名度の高さのわりに亜型が多く診断に苦慮す る疾患など、実例を提示しながら疾患名を考えていただ き、併せて該当疾患の概念や対応法を解説してゆきた い。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年12月15日(日)
 講師
眞鍋雄太 先生(神奈川歯科大学附属病院高齢者内科 教授)
 診療科目
神経内科系/精神・神経科系
 備考
頭痛、脳血管障害、てんかん、神経変性疾患・レビー小体病、精神疾患
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
発達障害4 「学習障害(LD)やその他の発達障害の支援、事例から学ぶ発達障害と支援者の役割」
篠山大明先生
■講師
篠山大明先生

(信州大学医学部精神神経科 准教授)
【セミナー概要】
 近年のわが国における「発達障害」への急激な関心の高まりには目を見張るものがあります。しかし、「発達障害」という言葉だけが先行し、理解や支援が追いついていない現状があることも否めません。どこまでが発達障害であるかの線引きは時代とともに変化しており、昔であれば何ら異常とされなかった人たちまでもが発達障害と見なされる現状に違和感を覚える方も多いことかと思います。
 医療のみならず、教育や福祉の領域でも発達障害への理解が欠かせない時代になり、実際に診断される人数も急上昇しています。今回の4回シリーズでは、発達障害の基本的な概念や医学的定義についての解説はもちろん、具体的な事例の紹介等も通じて、発達障害への理解を深めていただき、日々の診療や日常生活に活かしていただけるような内容にしたいと考えております。
 皆さま、ぜひ奮ってご参加ください。
 開催日
2019年11月3日(日)
 講師
篠山大明 先生(信州大学医学部精神神経科 准教授)
 診療科目
精神・神経科系
 備考
発達障害、学習障害(LD)、障害者の支援
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための慢性疼痛症、線維筋痛症、慢性疲労の対処法
−病因論、診断、鑑別診断、痛みの評価、薬物治療、注射治療などを網羅−
岡寛先生
■講師
岡寛先生

(東京リウマチ・ペインクリニック 院長/東京医科大学 兼任教授(八王子医療センターリウマチ科)聖マリアンナ医科大学 客員教授(免疫学))
【セミナー概要】
 平成28年度の国民生活基礎調査によると、国民の有訴者数の再頻度は、「腰痛」 「肩こり」「関節の痛み」「頭痛」という慢性の痛みの疾患である。
 さらにPain in Japan 2010の調査でも、成人人口の22.5%が慢性疼痛症に該当し、「腰痛」「肩こり」「頭痛」「関節痛」の頻度であった。従って、慢性疼痛は本邦の最大の課題であり、線維筋痛症は慢性疼痛の進行病態である。
 本医療技術セミナーでは、慢性疼痛症、線維筋痛症、慢性疲労の診断と治療について詳しくお話しします。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年10月27日(日)
 講師
岡寛 先生(東京リウマチ・ペインクリニック 院長/東京医科大学 兼任教授(八王子医療センターリウマチ科)聖マリアンナ医科大学 客員教授(免疫学))
 診療科目
精神・神経科系/整形外科系
 備考
慢性疼痛症、線維筋痛症、慢性疲労
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 最新の頭痛、耳鳴り、めまいの診断と治療 
−脳過敏症候群を含めて−
清水俊彦先生
■講師
清水俊彦先生

(東京女子医科大学脳神経外科)
【セミナー概要】
 頭痛や耳鳴り、めまいを主訴として訪れる患者は、外来診療でも数多く、その治療は限られた時間内の外来診療の中でも、最も困難かつ工夫を要し、また根本的な解決方法が得られぬまま、表面の痛みや症状に対して、対処療法のみを行わざるを得ないことが多いと思われます。片頭痛や群発頭痛、緊張型頭痛に対する、近年の病態生理の解明が進む中、根本原因はいまだ明らかになっていないものの、痛みの水面下では大脳の過敏状態が引き起こされており、この過敏状態が適切な加療や対処を欠くことで慢性化し、経年性に側頭葉にある聴覚野の過敏状態をきたし、難治性の耳鳴り(頭鳴症状)や、さらに片頭痛の起源といえる後頭葉の視覚野の過敏状態や視床小脳路を介しての小脳の過敏状態が複雑に関連して、浮動性の眩暈症状をきたすことが推測されています。また頭痛の増悪因子として本邦人には多いとされている甲状腺機能障害や三叉神経領域で起こる副鼻腔炎や花粉症など合わせて加療することにより頭痛が軽減することもしばしば経験されます。また近年の研究により、小児期に罹患した水痘のウイルスが三叉神経節に潜在し、このウイルスが経年性の免疫力の低下に伴い、三叉神経節内で季節的に再活性化することが頭痛の増悪因子や群発頭痛の誘因となっている可能性も私たちの研究で明らかになりつつあります。しかし頭痛患者の中には、生命予後に支障をきたすクモ膜下出血や脳血管解離さらには脳腫瘍などの頭蓋内器質性疾患に伴う二次性頭痛が潜んでいることも忘れてはならず、CTやMRIなどの診断機器の備わった医療機関ならまだしも、一般診療所では必ずしも受診当日に正確な診断が行えないこともままならずあり得ると思われます。特に脳血管解離に関しては突然に発症することが大多数であり、過去のMRI 所見などは有用ではないことが多いのです。このような現状を踏まえ、限られた一般診療内科医の先生方がどのような対処を行い、どのような加療を継続してゆくことが必要なのかを本講演ではお話し、明日からの日常診療に有効に生かすことができるよう努めてまいります。
 第一部では慢性頭痛から耳鳴り、めまいの治療に関して幅広くお話し、第二部では生命予後に支障をきたす二次性頭痛の見分け方と対処に関してお話する予定です。なお、当日は限られた時間内でのお話となりますので、事前に下記に紹介しました私の一般向けの論文(脳過敏症候群 上智大学グリーフケアー研究所刊)に関して眼を通しておいていただけたら幸いです。
 皆さま、奮ってご参加ください。
 開催日
2019年10月22日(火)
 講師
清水俊彦 先生(東京女子医科大学脳神経外科)
 診療科目
精神・神経科系/脳神経外科系
 備考
慢性頭痛、耳鳴り、めまい、脳過敏症
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
実地医家のための 再び“不定愁訴”を考える
−不定愁訴を見抜き、治療する−
國松淳和先生
■講師
國松淳和先生

(南多摩病院総合内科・膠原病科)
【セミナー概要】
 國松の拙著「内科で診る不定愁訴」の発刊から5年。あれから色々な症例にさらに出会いました。ただし、わかってきたのは、「不定愁訴診療は難しい」ということです。あらためて「今」の國松がお届けする、不定愁訴診療の一端をお届けします。今回は、慶應義塾大学精神科の尾久守侑先生にも登壇してもらい、不定愁訴と思われる患者の症状・治療の進め方について解説をお願いしております。内科×精神科のノウハウをお示ししますので、どうぞ明日からの診療にお役立てください。
 開催日
2019年9月23日(月)
 講師
國松淳和 先生(南多摩病院総合内科・膠原病科)
尾久守侑(おぎゅう かみゆ) 先生(慶應義塾大学医学部精神神経科学/南多摩病院総合精神科)
 診療科目
総合診療系/一般医学系/精神・神経科系
 備考
不定愁訴、神経衰弱状態、精神・神経科の薬物療法
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
発達障害3 「注意欠如・多動症(ADHD)」の理解と支援(4回シリーズ)
篠山大明先生
■講師
篠山大明先生

(信州大学医学部)
【セミナー概要】
 近年のわが国における「発達障害」への急激な関心の高まりには目を見張るものがあります。しかし、「発達障害」という言葉だけが先行し、理解や支援が追いついていない現状があることも否めません。どこまでが発達障害であるかの線引きは時代とともに変化しており、昔であれば何ら異常とされなかった人たちまでもが発達障害と見なされる現状に違和感を覚える方も多いことかと思います。
 医療のみならず、教育や福祉の領域でも発達障害への理解が欠かせない時代になり、実際に診断される人数も急上昇しています。今回の4回シリーズでは、発達障害の基本的な概念や医学的定義についての解説はもちろん、具体的な事例の紹介等も通じて、発達障害への理解を深めていただき、日々の診療や日常生活に活かしていただけるような内容にしたいと考えております。
 皆さま、ぜひ奮ってご参加ください。

テーマ:ADHD
  前半:ADHDの定義・概念
  後半:ADHDへの対応
 開催日
2019年9月15日(日)
 講師
篠山大明 先生(信州大学医学部)
 診療科目
小児科系/精神・神経科系
 備考
注意欠如、多動、ADHD、薬物療法、支援
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
発達障害2 「自閉スペクトラム症」
篠山大明先生
■講師
篠山大明先生

(信州大学医学部)
【セミナー概要】
 近年のわが国における「発達障害」への急激な関心の高まりには目を見張るものがあります。しかし、「発達障害」という言葉だけが先行し、理解や支援が追いついていない現状があることも否めません。どこまでが発達障害であるかの線引きは時代とともに変化しており、昔であれば何ら異常とされなかった人たちまでもが発達障害と見なされる現状に違和感を覚える方も多いことかと思います。
 医療のみならず、教育や福祉の領域でも発達障害への理解が欠かせない時代になり、実際に診断される人数も急上昇しています。今回の4回シリーズでは、発達障害の基本的な概念や医学的定義についての解説はもちろん、具体的な事例の紹介等も通じて、発達障害への理解を深めていただき、日々の診療や日常生活に活かしていただけるような内容にしたいと考えております。
 皆さま、ぜひ奮ってご参加ください。
 開催日
2019年7月14日(日)
 講師
篠山大明 先生(信州大学医学部)
 診療科目
精神・神経科系
 備考
発達障害、自閉スペクトラム症、支援
 DVD価格
5,500円(税込) + 送料:500円
 セミナー詳細
aaaセミナー終了報告(開催の模様と終了日記)
DVD購入申込み
▲ページの先頭に戻る
セミナー情報
無料体験セミナー【無料動画配信中!】
セミナー終了報告
お知らせ
事業概要 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー